じゅにじゅに

浦和レッズサポーターによるブログです。浦和レッズに関するネタが多いですが、代表とか女子サッカーのことにも時々触れています。

その他

エイプリルフール

私は嘘を申しません。



4/1午後、追記

まあ、嘘も方便というのもあり

あけましておめでとうございます。

旧年中は私の稚拙な文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

今年も浦和レッズのシーズンチケットを更新しましたので、ぼちぼち浦和レッズを追いかけた記事を中心に思う事、感じた事を書いていく所存ですので、よろしくお願いいたしますm(__)m

今日はサッカーの話じゃなくて、Pebble Time Roundというスマートウォッチを買ってみたお話

Pebble Time Roundたまにはサッカーとは関係ないお話を。


Pebble Time Roundを買いました。もう1ヶ月以上経ったかな。

もともと腕時計しない派で、時刻はスマホを見て確認してました。それ十分だったんですが、でも、職場が変わった事をきっかけに、所謂スマートウォッチが欲しくなったんですね。

今の職場は、スマホ禁止。持ち込みまでは禁止されていないのですが、職場での使用禁止。カメラとかで情報漏洩を恐れてのルールだと思いますが、とにかくルールには従わなくては。

ということで、職場でスマホは使えません。ま、休憩所では使えますけど。

でもまあ、仕事中にスマホが使えなくても全く問題はありません。というか、普通は使いません。で、それがPebble Time Round購入に何故つながったかと言うと、スマホが使えないと電話もメールも取れないんですね。まあ、当たり前で普通は困らないんですが、それが困った事が2度起こりました。

1度は、親父が緊急搬送されたという電話に気づかなかったこと。

もう1度は、学校で娘が発熱して帰宅を命じられたという連絡に気づかなかったこと。

いずれもスマホがポケットに入っていて着信音はオフだったもののバイブレーションはオンになっていました。それでも気付かなかったのです。
大事には至らなかったの良かったのですが、こりゃまずい、なんとか緊急連絡を確実に受け取れる方法はないものか・・・と考えて行き着いたところがスマートウォッチだったわけです。


ということで、僕がスマートウォッチに必要だった機能は、スマホへの受信を通知くれる機能です。まあ、スマートウォッチを名乗る製品のほとんどにある機能ですかね。

何種類か市販されているスマートウォッチの中でPebble Time Roundにしたのは、
・値段がそこそこ(2万円ちょっと)
・バッテリーが比較的長持ち
・丸いので知らない人はスマートウォッチだと思わない
ってところですかね。

バッテリーですが、他社製品は軒並み1日くらいしか持たないのに対し、Pebble Time Roundは48時間前後持ちます。「たった」48時間なのか48時間「も」なのか議論はあるかもしれませんが、1日しか持たない製品が多いなかでは、良い方。(ちなみに、Pebbleの他製品は7〜10日持つようです。)
そして、機能的には僕の要求事項はしっかり満足しがています。通知としてはスマホのアプリ毎に設定できるので、電話、メール、LINE、Twitterなどを設定しています。使い始めてから緊急の連絡はないのですが、着信する毎にPebble Time Roundが振動して教えてくれるので便利です。

ちなみに、Pockmon GOの通知には対応していません。9月頃発売とされているPockemon GO PlusはBlue Toothを使っているそうなので、Pebbleでも拾えそうな気がするのですが、Pockmon GOのバージョンアップ待ちかな?

でも、Pebble OSは仕様が公開されていてその気になれば誰でもアプリを開発可能なので、ぼちぼちPebble用Pockmon GOアプリが出始めているようですね。どれか試してみようかな。


他の機能としては、時計の機能は当然として、歩数計とか睡眠時間計測とかデフォルトで付いてます。他には、有料・無料合わせてアプリがいろいろリリースされているので、それらを使うのも楽しそう。(使ってないけど)

ちなみに盤面は、アナログ風とかデジタル風とか、色違いとか、時計と思えないものとか、いろいろ変えられるのでそれも楽しいです。

デザインは、丸くて盤面を普通のアナログ風にしておけば、さりげなくて、知らない人は気づきません。かといって決してかっこ悪いわけではなく、むしろかわいい感じ。ごつごつしていないので女性がしていても全く違和感ないですね。

というわけで、現在、お気に入りの一品です。
欲をいえば、バッテリーの持ちはもうちょっと長くならないかなあ。

あ、そうそう、年内には後継機種が発売されるようですよ。僕はその情報を知っていながら待ちきれずに買っちゃいましたけど。






レッズランドのアグリフィールド2015へ行ってきた・・・サツマイモとネギと田植えの巻

20150524レッズランドのアグリフィールド2015今年もやってまいりました、レッズランドのアグリフィールド。

我が家は4年目の参加ですが、ご存知ない人のためにアグリフィールドってなんぞ?って話を書いておきますと、まあ、簡単に言うと、農作業体験イベントですね。5月頃から12月頃まで、月1回か2回くらいのペースでレッズランドの田畑で作物を作る体験が出来るわけです。

もちろん、農作物は月1〜2回くらいではちゃんと育ってくれません。参加者が畑に来ない時は、適宜レッズランドのスタッフが様子を見てくれています(たぶん)。とは言っても、雑草は参加者が抜かないと草茫々の畑になっちゃいますけど。

育てる作物は、サツマイモと稲は定番として、大根、カボチャ、枝豆、落花生などを毎年替えてやってます。今年は、サツマイモ、稲、ネギ、ジャガイモが予定されています。10月には収穫祭ってことでバーベキュー、12月には焼き芋といったイベントもあります。

なお、レッズランドのスタッフは、もちろん、農業のプロではないので、そこはJAの方が指導してくれますし、ボーイスカウトの方も手助けしてくれます。

アグリフィールド2015の1回目は、開会式の後に、サツマイモの植え付け、ネギの植え付け、そして、田植えです。

20150524サツマイモの苗まずは、サツマイモ。
苗はこんな感じ。毎年、サツマイモの苗を受け取ると思うのは、こんなに萎れてて大丈夫なの?ってこと。サツマイモは乾燥には強くないって話も聞きましたし、苗を植えた後に水をあげるわけでもないし・・・。でも、ちゃんと育つんですよね。不思議です。

20150524サツマイモを植えたで、植えました。
JAの方のオススメは、地面に対して苗を斜めに差し込むように植えること。
5本もらった苗のうち、3本はその通りに斜めに植えましたけど、2本は真っ直ぐ立てて植えました。真っ直ぐ植えると芋は大きくなりますが、芋の数は増えず、収穫量は期待できません。でも、大きな芋を作りたいってのもあって、立て植えも採用。去年は、これで大きな芋が収穫できました。

201500524 ネギを植えた次はネギ。
ネギは簡単。畝にネギを並べて根元に土をかけるだけ。(ホントは、ネギの白い部分を作るために、頃合いを見計らって土をもっとかけたりするんだけど、そこはレッズランドのスタッがやってくれるらしい。)

20150524レッズランドで田植えそして、この日の最大のイベントである田植え。

他のところでやってる田植え体験イベントとかは、綺麗に一列に並んで、きっちりと等間隔で植えることを指導されたりするようですが、レッズランドのアグリフィールドは小学生やその下の年代の子供達の参加も多いこともあるんでしょうね、ちょっとしたコツ(2〜3本を30cm感覚で後ろに下がりながら植える)だけ説明したら後はやるだけ。

そんな感じなので、曲がったり、間隔がまちまちだったり、カエルを追いかけるのに夢中でせっかく植えた苗を踏んづけちゃう子供がいたり、そりゃあまあ楽しい(笑)田植えでありました。

うちの娘も、最初は田んぼの泥に入るのを嫌がってたんですけどね。アグリフィールドで知り合った友達と一緒だったこともあって、楽しそうでした。

この後は、ネギの土寄せしたり、ジャガイモ植えたり、草むしりしたり、草むしりしたり、サツマイモのつる返ししたり、草むしりしたり、稲刈りしたり・・・。


というわけで、今年も12月までレッズランドのアグリフィールドに参加してます。次回はちょっと間が空いて7月の予定。もしかすると、それまでに様子を見に行くかもしれません。



大混乱の国立競技場の建て替え。ちゃんとしたものが建つんだろうか???の巻

混乱してますねえ。国立競技場の立て直し。

デザインを公募して、有名な建築家の安藤忠雄さんが座長になってデザインを決定。まあ、そのあたりでは特に何も無かったと思いますが、しばらくして、いざ作るとなったら、建設コストが想定をはるかに上回るとか、景観が台無しになるんじゃ?とか、そもそも建設可能なデザインなのか?とか、いろいろ吹き出して、さらに解体工事入札でも不手際があって2度の入札し直しで工事開始が遅延・・・で、結局、屋根がつかないかも?とか、酷い混乱ですね。

新国立競技場、現行案大幅修正!20年五輪は屋根なし(スポーツ報知)

新国立競技場、屋根が間に合わないことが判明【東京オリンピック】(ハフィントンポスト)

建設費も「国立」なんで国がお金を出すのが基本なんでしょうけど、500億円は東京都に負担を持ちかけているようです。ただ、ここでも約束あったの無かったのと混乱しているようですね。

【舛添都知事日記】新国立競技場の建設について、誰が最終的に責任を持つのか!?(現代ビジネス)


お金がかかり過ぎるとか、間に合わないとかグダグタですけど、さらに、オリンピック後の年間維持費の捻出も明確なプランは無かったようで、野球かサッカー専用に改修するとか、客席を5万人くらいに減らすとか、何を今更という気がしますけど、いったいどうなってるんでしょうね。舛添さんんが言うように、いったい誰が責任者なんでしょう???

屋根が無くて5万人規模だとFIFAワールドカップを招致しても、使えない可能性もあるし、野球かサッカーのプロチームを誘致するったって、何処が手を挙げるんでしょうね。
どうせなら、商業施設とかを一緒に入れて、競技が行われない日にも人が集まるような施設にして欲しいんですが、「国立」じゃ無理ですかねえ。


というか、その前に出来るんですかね?当初のデザインが大幅に変えざるを得なかったようですが、最終的にはどんな形になるんでしょう?
新国立競技場の基本設計が終わらない理由3(ハフィントンポスト:1年前の記事)

いっそのこと、陸上は日産スタジアムで、サッカーは埼玉スタジアムでやった方がいいんじゃ?という気がしてきました。

いずれにしろ、血税を使って建て替えるんですから、いいオリンピックにして欲しいし、オリンピック後も有効活用できるスタジアムにして欲しいと思います。



Archives
記事検索
お天気
Google+じゅにじゅに
楽天市場
  • ライブドアブログ