2015年05月14日

RIDE.351 「揺らぐ総北」

今回はがっつり総北サイドのお話。タイトルからして不穏…!

覚悟はしてたけど、内容思いっきり暗雲です。

安心できる要素が一個もねぇぇぇ!!(泣笑)

 
もしかして…と思ってたけど巻ちゃん>< そういう選択しちゃいますか。。

鳴子の表彰式を、遠く駐車場から眺める総北OBの3人。

田所「おめーが決めていいんだぜ 一番遠くから来てんだ…」
巻島「クハ…!! いいショそれで」

顔出さないなーとは思ってたけど。タイミング見計らってたわけじゃないのね。
何と総北3年生。揃ってインハイ初日日光まで追いかけながらも顔を見せずに立ち去るようです。
 
えええ!? (思わず三度見)


先週「出ない方がいいパターン?」と書いたがそれは顔出さなくていいって事じゃなくてね!!(泣)

いや、先輩達の気持ちもわかるんですけどね>< 
総北今ほんとに岐路に立ってる所だから、自分たちが顔出したら緩んだりどこかで頼りたくなってしまうかもしれないから。(特に坂道で巻ちゃんとか) 成長してきた足を戻すような行為はしたくないわけですね先輩。
グラグラで拙くても、あくまで自分たちの足で歩みを進めて欲しいという。 
うーん、厳しいけれどこれも親心。 

巻ちゃんなんかイギリスから半日以上かけてやってきて、成長した坂道と手嶋さんと、本当なら皆に会いたいはずなのに。

これも、総北が初日勝利して大丈夫だって感触を先輩たち得てたらまた結果違ったのかなぁ、とか思うとね、普通に激励に顔だしてくれたのかなと思うとね。切ないね。
2位勢もまた同じぐらい辛くなっちゃう気がします>< 

せめて寒咲先輩とか古賀さんには会ってってもいいんじゃないかな?(しつこく食い下がる)


表彰式も終わり、鳴子がまだ戻らない千葉・総北のテント。

簡易ベッドの上で手嶋さんがゴリ蔵にマッサージを受けてます。

まさかのゴリ蔵大役を…!!!

純太がいい悶え方しててなんかヤバイ雰囲気漂ってますが本人「大丈夫だ」って言ってるから大丈夫だと…いや純太の大丈夫は信用ならない。(こらこら)
 
マッサージを受ける手嶋さんは相当重症のご様子。 
イタキモなはずのマッサージであぶら汗流すってよっぽどだよね。全身ガチガチかな。

怪我ないといいけど、去年やってる肉離れクセになってないかなぁ。。と心配。あれも脚に負荷をかけすぎた末だったしね。

古賀さんはもくもくと自転車メンテしてくれてるし、幹ちゃんも綾ちゃんも働いてるし、杉元達は表彰式撮影にいって、皆いい働き者です。総北いいチームだな。
鳴子もチームメイトが観ててくれるのが一番嬉しいよねきっと。
何のかので競っての全国2位だから後輩達もこっそり鳴子さんすげえ!ってリスペクトしてるはず。


青八木さんはメンバーの中では比較的無事のようで古賀さんと話したりもしています。副部長も働き者。

坂道、自分の役目を全うできず手嶋さんに負担をかけてしまった事に責任を感じます。
不可抗力なんだけどね…坂道も辛いね。
手嶋さんは「ゼッケン1の包囲網」も「京都伏見の足止め」もお見通しだったのか。
その上で坂道に追いついて来いメッセージを自分の行動で残したんだね。

そんな中、綾ちゃん爆弾発言。
「手嶋さん こんな状態で明日走れるの?」

ヒィ直球すぎ!!
全員が、本人ですらも薄々感じてながら、決して声に出せなかった事。
何というか、客観的目線の綾ちゃんがいると話に広がりが出ますね。暗黙の了解という言葉いらず(笑)


そんな中、また新たなトラブルが。 
さっきまで元気に憤っていた鏑木、バタリと音もなく倒れました。 

鏑木(ハハッ まさかオレ様が倒れる? そんなことあるわけないだろう)

周囲は全員大動揺。

今泉(レース中やレースの後はアドレナリンが出てるから元気にしてられるんだ 一気に来るんだ蓄積した疲労が!!)

一差、体が疲労に耐えきれなかったようです。
レース慣れしてないわけじゃないだろうけど、今回のプレッシャーと強度は半端なかったんだろうな。まだ1年で体も出来てないしね。
あああ、あちこちトラブルで気が気じゃない。 

今泉も、去年は感じる事のなかった重圧をしこたま背負ってますね。
部長でも副部長でもないんだけど、チームエースとしての自負があるだろうし、先輩としても真面目で責任感が強いから。(そしてネガティブスイッチ入りやすい)

一差はちょっと熱中症と疲労が来た感じでしょうかね。
対した事ない事を祈ります>< もうポカリ飲んだら復活ぐらいにしといてくれないと気が気じゃない><

そもそも純太と鏑木これじゃあ青八木さん心労いかばかりか><

鏑木運ぶの手伝おうとしたり仰いだりしてる坂道天使だけどね。
ゴリ蔵がすでに坂道の扱い把握してるあたりが微妙に可愛い。


手嶋「小野田 鳴子 さがしてきてくれ…メンバー6人に今日の宿…行く前に 話しておかないきゃいけないことがある」

手嶋さんから発された不穏な言葉。
いやもう不安しかうかばないよ何なの純太><

鳴子を探して歩き回る坂道。坂道も流石に足は筋肉痛。

坂道も責任は大きくなってるし、これが学年上がるって事なんだな。 

去年はほんと全部3年の先輩が弱い所見せないでしょいこんでくれてたんだなぁ。 

実は一昨日出た別チャンの金城バイク話が凄すぎて現在めっちゃ金城さんブームなんですが(笑)
(皆、迷ってる人読んだ方がいいよ!? 何かもう金城さんのルーツ見た感じっていうか、濃いから!!) 

思えば金城さんはオーダーの中に後輩へのメッセージ沢山残してくれてたんだな。 

「誰かが倒れたらお前が支えろ」 
「成長しろ」 
「6人そろってる事が大事だ」
「総北は支え合って走るチームだ」 

そんな坂道の元に、もぼろしではないかというタイミングで現れた金城さん。 

シンゴぉぉぉ!!! 

あ、違う。金城さん!!!!(落ち着け) 
 
現在洋南大生なうの金城さんです。
まさかのご対面に、驚きを隠せない坂道。

金城「見ていたぞゴール前で いいチームに仕上がってるじゃないか小野田」
 
チームの危機に、金城さんをテントまで連れて行こうとする坂道。 

はげみになりますから、と誘う坂道に、金城さんはすげなく「行けない」とだけ伝えます。
元キャプテンの仕事か、重い役割だね金城さん。
その心は、

金城「支え合うのはおまえたちだ」

新生総北に、自分たちの力で歩かせるために。
いざという時に支え合えるのは、レースを走っている6人だけ。
 いつでも見守って支えてくれていた先輩たちだけに、金城さんに突き放されたのはショックは大きいだろうな。

次回予告を見ると、「その金城の言葉を受け、総北6人のとるべき行動とは…!?」とあるので。
解釈いろいろ出来ますが、金城さんが坂道に何らかの伝言を託した、という考え方が自然でしょうか。
それぞれが何か受け取る事がある言葉なんだろうなぁ。気になる。

総北はますます厳しい状況になりました。 満身創痍ながら、全員がますます成長をしないといけないステージ。

体ボロボロの手嶋さん、優勝逃したショックを隠す鳴子、脚の調子良くないらしい(だいぶ前の設定←いっそ忘れれときたい)今泉、突然倒れた鏑木、多方向でショックが大きい坂道、そんなメンバーを手嶋さんの分もまとめないといけない青八木さん。

手嶋キャプテンからのミーティングもすごく気になります>< 
宿に帰る前、って何か意味があるのかな?(他のテントに声聞こえちゃいそうですよね?わざと?)←

この状況で手嶋純太がキャプテンとして何を言い出すのか。
もしあえて会場のテントで言うのが偵察対策だったら。宿では全然違う事言うんだと思う。(穿ちすぎ?)


そして一番言いそうなのは「2日目俺は置いていけ」だから怖いんだよー><
去年の田所さん不調を目の当たりにしてるT2だからね。
多分、鏑木は連れてってやれって言いだす気がする。

実のところ、鳴子と今泉は2人揃って好タイムでゴールしてるから、チームとしてはトップ成績なわけで。これも好機といえば好機。
対して葦木場、御堂筋とも単独ゴールなので2日目はしばらく一人で走らないといけない。
(葦木場は1人で走らず仲間を待つ、という選択もありますが御堂筋は1人で走りそうだなぁ)

智将・手嶋さんがどんな結論を出すか心臓ばくばくします。


今回は総北サイドしか描かれていませんが、京伏・箱学はどうなってるのかな?

去年の今年だから、流石に2日目出ないとかそんな子供っぽいこと言ってないとは思いますがみどくん?(笑)
(そもそも表彰式出なかった時点で鳴子には子供っぽいと思われてそう…)
小鞠ちゃんもまだまだやらかしそうだし、水田山口はこの後輩達どう接したらいいのか…とりあえずゴールは出来てるぞ2日目も頑張れ!

ところで一個気になる事言っていい?
ペダステでインハイ3日目やった時、水田は石垣さんより前にリタイアしてたよね。
私、原作読んだ時、水田と辻さんは集団飲まれながらもゴールはしたと勝手に思ってたんだけどそこんとこどうなんだろう?
今年でもいいから水田くん語ってくれないかな?


そして1日目王権復興成し遂げた箱学。

黒田さんの安否以外は一片の曇りもなく好調です。(いやそこ超重要だろ)
泉田キャプテンも満足げだったから大丈夫と思っていいのかな?
 
実はゴールしたかすら定かじゃないユキちゃん一番問題だよね。。

天下のハコガクが初日リタイアって展開だけは避けたいけど、チームメイト達が黒田さん救出せずにゴールしてたのもいまだに謎で。もし単独でゴールしたとしても一人だけはるか後方の順位だよね? 

泉田はそろそろスプリント狙いに来そうだし2日目コースどこだか全然読めないけど、悠人or真波に黒田さん引かせてのクライマータッグで追い付いたら…というのが個人的理想です。(何なら純太も連れてってくれ)

とりあえず来週は総北展開が続くと思います。

新生総北がそれぞれの心で出した結論見守りましょ! 
(余談:2日目青八木さん活躍見たいです ←さりげなく要望) 


no4pd at 23:50|Permalink原作(漫画)感想 

2015年05月08日

RIDE.350 「栄光のウイング」

祝・弱ペダ350話!!!

人気投票も出まして、巻頭カラーでチャンピオン表紙も坂道くんだし、賑やかな今週です。
っていうか、そんな記念回に葦木場見開きのカラーとか贅沢すぎる~。ありがとうございますありがとうございます><

えー、、実はですね。。
 
前回、感想書いた2日後ぐらいに「次回予告」に表彰式と書いてる事に気が付いて、新しいスレでコメント書いたつもりだったんですよ。
消えてしまっている…! 地味にショック…!!

あ、、いや大したこと書いてないんですけどね(^^;)
表彰式やるの!? ハコガクだらけの表彰大会を!? 御堂筋は今年も表彰式欠席かな? みたいなことざっくり書いただけです…(笑)
後は忘れた;;

うん、大丈夫。気を取り直して。
 
 
 
人気投票、結果出ましたね。
 
巻ちゃん強い…!!!

ちょうど投票受け付けてた時期に、チャンピオンの単独表紙を巻ちゃんが飾ったのも大きかったかもしれませんが。
いずれにせよ、巻ちゃんファンの方が頑張ったって事だよな~。おめでとうございます。
私も推しに入れたんだけどね! 新開さんと葦木場・黒田コンビに二票ずつ…参加出来たから悔いは無いよ。

 
手嶋さん2位も凄いね!
前回の3位はフロックじゃなかった…! 何となく好きなキャラ3人には入れておこうかなな手嶋マジックかと思ってたんですがとんでもなかった! 今回ますます順位上げてきた。
中盤まで手嶋さんがトップだったらしいです。最後巻ちゃんにかわされたけど、得票差200票ぐらい。人気あるな~! 3位との差が1200票なのでこの二人がほんと強かった。
今回レースに参加してる手嶋さんが人気高いのも嬉しいですね。

トレカは勿論応募します♪(あ、でも既存絵なんですね…描き下ろしと勘違いしてた;;)

終わってみればまさかの総北キャラが1、2トップ。
おかしいな…靖友は人気投票やると何故低いんだろう…ダントツ人気な気がするのに…
私の世界が狭いのか??


改めまして、内容行きましょう!
 
今週は前半は葦木場メイン、後半のメインは鳴子です。誰の回かと言われれば鳴子だなぁ…うん。鳴子回です。


巻頭見開きで、先週のゴールシーンから。
1着、葦木場拓斗。

両手を横に大きく広げる、その長さ約2m。
広げた腕の下に他の選手がすっぽり入ってしまいそうですね。
箱学ギャラリーが今日一番観たかった光景です。

葦木場くんこのポーズは1年の頃からやってるんですが、今回改めて「ウイングポーズ」という名前がついたらしい。勝ってこれをコンスタントに見られるようになったのはもしかしたら3年で黒田さんと組みだしてからかもしれないですね。
 
真波と翼で被るのはこの際気にしないでおきましょう!!
あれかな、真波のは天使の羽だけど葦木場のは飛行機のウイング的な。
 
ゴールを見守っていた後輩達、歓喜と共に駆け寄り勝者を囲みます。
拓斗後輩に愛されてるなぁ。

モブ後輩「拓斗さん絶対やってくれるって信じてました」
 
葦木場まさかの後輩にも名前呼びされていた。

こう…何つーか、葦木場も黒田さんも無防備っていうか周囲に気安すぎだろうお前ら。

いや…いいんだけどね。皆のシキバで皆のユキちゃんでもさ…。別にね、腿ぐらい触らせたってね。←気にしてる
とりあえず、去年のエースとアシストの100倍ぐらい近寄りやすい人たちなのはわかりました。(笑)
アットホーム新箱学。
そいえば2年の頃から葦木場の面倒見てくれてる後輩一人いたよな。あの子だったら拓斗って呼ぶ権利ある気もする。

 
更に気になる2位は。まさかの。
 
「2位同着ー!!」
 
ウワー!!! こんな事あるんすか! 鳴子が勝ったかと勝手に思ってたけど、二人同着だった。
 
ほんっとキワキワの勝負してるなぁ…。勝負つかなかったんですね。

鳴子「アホ…か 2位…なんか…」
御堂筋「意味 ない わ」
 
まぁ、御堂筋にとっては2位以下なら何位でも同じ、ですよね、そう来ますよね勿論。
御堂筋さんブレなさが素敵だと思います(^^)
 
昨年の、3人同着1位からの、今年は2位2人同着。

大変珍しい事になりました。
なんて運営泣かせなんだ!!!(^^;) 台用意したりゼッケン用意したり大変じゃないか…!

2.5kmから先行して、すわ逃げ切り、という所まで一人で粘った鳴子と御堂筋もかなりすごいですよね。
激戦でした。
インハイ初日、どこを取っても熱い勝負ばっかだった。


歓喜の箱学と対照的に、ハンドルに拳を打ちつけ怒号と共に悔しがる鳴子。

杉元、古賀さんもゴールに駆け付けたようです。
総北全員の補給こなした2人が走ってゴールで待ち構えてるのは不思議ですが気にしない!!(笑)
車が追い付いた事にしておこう…。

惜敗を喫した鳴子に、定時号泣。最後まで頑張って応援してくれました。
優しい杉元も鳴子の悔しさを慮ります。ほんとなぁ…勝たせてあげたかったよTT 一時は鳴子獲るかと思ってたもん…。

そして4位は今泉。巻き込まれる事なく、安定した走りで無事にゴールしました。
明日は総北のオールラウンダー2人がすぐにスタート切れるから心強さもある。

御堂筋は「モ ラ!!」と謎の言葉を残したままバスタオルだけ取ってどこかへ消えます。
みど語に戸惑う新入生たち。恐々だけど、それでも御堂筋を多分尊重してる。
多少態度がアレでチームの事をコマとしか思ってなくても、京都伏見で全国のトップと堂々と張れるエースは御堂筋だけです。(小鞠は色々未知数ですが)


そしてファンをひそかに心配させまくっている黒田雪成の安否。

トップ集団がゴールしても、まだ激突した場所から動けずにいます。
大会スタッフも慌てて意識確認に出てきました。

黒田「やりやがった 拓斗!!」

黒田さんとりあえず意識はしっかり。嬉しそうなのはいいんですが。

無事ゴール出来たのかな、とそこですよね。
足切りになる程時間は切羽詰まってませんが、あまりにも起き上がれないようなら、顔も体も強打してるわけだしドクターストップ的なものが無いか心配。

それでも、多分後続の箱学メンバーが黒田さん拾って一緒にゴールしてくれるかと思ってたんですが、その中に黒田さんいないんですよ。4人は晴れ晴れした表情でゴールしてるし。
(そのすぐ後ろに総北)

多分今週読んだ人全員気にしてます。

黒田雪成2日目出れるんですか?
そこんとこどうなの!?


倒れたっきり一コマも出てきてないんで、安否がわかるまで落ち着きません><
タンカ退場とかやめてね? アシストが1日で仕事終えちゃ駄目だよね? ね!?

もうわたるん先生わざとそのへんボカしてるとしか思えねぇ…。。。

真波はFCの女子にもファンサを欠かしません。山神の後きっちり継いでる…!
真波には半公式設定で「女の子大好きv」というのがあるのである意味東堂さんより上(笑)
東堂さんは女子女子言いながら常に <巻ちゃん だったからな(^^;) ←多分このへんがモテても男に嫌われない理由

総北は何とか全員揃ってたどり着いたものの、悔しさの残るゴール、1日目となりました。

鏑木「くそ ハァ!?」

一差のその正直さ好きだよ(^^)

京伏も無事に本体ゴールしたそうです。小鞠どこ行った…一応5位には入ったのか?(^^;)


そしてメインステージで始まる表彰式。
銅橋と真波がそばにいるの「同級生」って感じでいいなぁ。対極的な二人だけどつるんでたら嬉しい。

御堂筋は安定の表彰式欠席。
ちゃんと御堂筋の代役用意するあたり先輩達慣れてる…(泣笑)
 
葦木場が一番高い所でカップと花を掲げ、「ミス日光」からイエローゼッケンを受け取ります。
 
去年は福ちゃん(と金城さんと御堂筋)が受け取った初日イエローゼッケン。連勝でつなぎました。

2位の鳴子は表彰台に来てます。惜しかった、ほんと惜しかった><
大きい葦木場と小さい鳴子。あまりの身長差に、写真撮影をする観客から笑いが。

観客「身長差がすごいな…」 「マメツブ?」 
鳴子「きこえとるでー!! 誰がマメツブじゃーい!!」
相変わらずコミュ力の高い鳴子さん、地獄耳です(笑) 観客もいじるいじる。
マイクを奪い取り去年の田所さんばりにお客を盛り上げてくれます。
 
鳴子「段差や 段差のせいや」 

葦木場も意外とノリがいい、鳴子を一番上の台に立たせ、自分は2位の台に上がっても葦木場の方が全然大きい。
鳴子「何さすんじゃゴルァ」
 
鳴子さん初日からお客さんのハートつかみまくってますね(^^)
葦木場もきっとつっこまれてもニコニコしてる。(天性のボケ) 自分の身長ネタに出来るぐらいだから葦木場もコンプレックス克服かな(^^)

スプリントリザルトのグリーンゼッケン、2年銅橋。
山岳リザルトのレッドゼッケン、2年真波。
ゴールを獲ったイエローゼッケン、3年葦木場。
初日ハコガクに3枚のゼッケンが揃いました。
 
アナウンス「王座復権!! 王者 箱根学園が全てのカラーゼッケンを手にしました!!」


葦木場を中心に、真波と銅橋と3人でくっついて写真撮影タイム。
え、何このファンサ慣れ?(笑)
 
常勝校やっぱ違うわー!!! 勝った後の諸々に慣れている。
一人だけグワッて気合入ってる銅橋も可愛いし、大人と子供みたいな体格差で真波の胸のへん抱いてる葦木場も可愛い。この二人仲良いというか、すごい平和そう。(ツッコミ不在)
銅橋頑張れ、来年の黒田ポジション間違いなく君だ…。

箱学が本来あるべき姿を取り戻して、泉田キャプテンも満足げ。
泉田「アブ アッブだ!!」

うん、塔一郎、ユキちゃんどこ行った?
葦木場の「獲ったよ」は遠くのユキちゃんに言ってると都合よく解釈していいのか??


そんな表彰式の様子をテントから見守る鏑木。銅橋が「オレたちは強いぜ」と盛り上がって事もあり、一層ギリッと悔しそうです。
全部が全部、僅差「2位」だっただけに。一歩間違えば自分らが立てていた表彰台。
危機感を感じて万端に準備しながらも、初日はハコガクに全部持っていかれた。
 
手嶋さんはまだダウンしてます。とりあえず到着出来たから良かったけど。
 
鏑木「なのに鳴子さんヘラヘラして アホですか 悔しくないんすか あの人!!」

だから負けたんだ!と激する一差を封じたのは今泉。
前髪をグシャッと掴み、鳴子を擁護します。


 「悔しくないんですか」

これ、奇しくも去年は鳴子が先輩に問いかけた言葉なんですね。

2日目ゴール、僅差で負けた金城に仕方ない言った田所・巻島に、悔しくないんですか!と苛立ちをぶつけました。
それがあっての今年の鳴子の態度なんだな…と思うと泣ける。
 
ゴールをすぐ真後ろで見守った今泉。
ハンドル投げは「バイクを投げた」という表現になるようです。実際のレースの写真とか見てみたけどここまで姿勢低くしてわかりやすいのはなかった。「ハンドルを前に押し出す力」が推進力のようです。

先にしかけた御堂筋に、同時にバイクを投げた鳴子と葦木場。

今泉「一番悔しいのはあいつだよ 身長(リーチ)の差で負けたんだからな」

ほんっと、この人な!!
ずるいな。今泉、理解者過ぎでしょ。
どうせこれ本人には言わないんでしょ?

やっぱり自転車は大きい方が有利なのかな?
ロードは欧米人規格だと180cmぐらいのサイズが多いからが向いてるのかな? 福ちゃんがこのぐらいです。

渡辺先生は小柄な方だけど「体格に恵まれて」という表現をよくしているので、軽さがキモのクライマー以外では、やはり、やっぱり大きい方が有利なスポーツなのかもしれません。
まぁ、葦木場ぐらい大きくなると、彼は彼でまた身長にコンプレックスある人だから許してあげて…。

タイミングでも速さでも負けてなかった。最後リーチだけで持っていかれた。

そんな悔しさをかみ殺して、檀上でマイク片手に葦木場、真波と談笑している鳴子章吉。

今泉「あいつは 強い男だ」

わかってる人がいるの心強いね。いいチームだね総北。
単純が売りの一差の心にも、響くものがあったんじゃないでしょうか。
一差は1年だからやっぱりインハイ3日の間に成長して欲しいね。総北に新しい風を吹かしてがっつりと!!

鳴子「まいったまいった オモロくて強い男はモテるなー」一人呟きながら戻ってきた鳴子。
誰もいない静かな場所に腰を下ろし。

一人歯を食いしばって目から涙がぶわっと溢れます。

鳴子ぉぉぉーー><

悔し涙。そうだよねそうだよねぇぇ。取りたかったよね、悔しかったよね。

チームメイトも、今泉をはじめ皆わかってるから、きっと誰も追ってこない。
鳴子の気持ちもプライドも痛いほどわかるから、鳴子が戻ってくるまで待つのでしょう。
そして多分色々な事に気づかないふりして普通に迎えてくれる。 
いいなぁ総北。

先輩たちもそろそろ顔出すでしょうか?
金城さん来るとちょっと可愛くなっちゃう古賀さんとか、寒咲さんいるとつい絡みに行きたくなっちゃう田所さんとか、田所さん来て嬉しさ隠しきれないT2とかが見たいです!!
坂道は巻ちゃん見たら号泣しそうだよね。あれ、巻島さん出ない方がいいパターン?(苦笑)

2日目は、出来れば今度はリザルト取らせてあげたいな。
どうなるのかな?
結構初日から贅沢にキャラ出てしまったんですよね。従来メンバーと同じぐらい濃い新キャラ出す事って可能かしら? とりあえず待宮レベルの。
 
コマが出尽くしたからとリザルトが軽く扱われるのも嫌ですし配分が難しいとこですね(^^;)
でも泉田は1個ぐらいゼッケン取りたい所だよね。むしろ9枚獲って帰るぐらいの野望ありそうだ(笑)
 
ので、2日目は、泉田、悠人、坂道のステージかな。青八木さんも絡むと嬉しい。
一差には3日目ぐらいに「だって俺スプリンターですから」って言って欲しいv
ゴールは鳴子と今泉で取らせてあげたいよなぁ。どうかな?

しばし出てこない御堂筋の動向も気になります。

 
来週の次回予告は「初日リザルトを箱根学園に全て攫われた総北メンバーに新たな試練が」なので、総北サイドの話です。
先輩たち登場ならいいな。誰か故障とかはちょっと心配><

来週は14日発売ですね。多分当日感想あげに来ます♪


no4pd at 00:39|Permalink原作(漫画)感想 

2015年04月24日

RIDE.349 「ゴールライン!!」

チャンピオン持つ手が震えた…! 
 
凄い! 白熱のインハイ初日ゴールでした。ああああ熱い>< 
エース達もほんと熱い!! 誰も一歩もひかない!!

残りは既に60m。ロードレーサーならもののたらずの距離。
各校もゴール前、応援に陣取ります。
総北はやはり定時が一人大声で頑張ってました。杉元兄弟ほんといい子だ。

三者ほぼ並びます。ゴールに向けて左から、御堂筋・鳴子・葦木場。
鳴子は確かに小さいんですが、御堂筋も小型のデローザに乗ってるので。そして姿勢が極端に前かがみなので、フレームの大きい葦木場が余計大きく見える(^^;)

まずしかけたのは御堂筋。「キ モ モラァァ」 進化系謎の言葉出ました。これでこそみどくん(^^)
 
沿道の女子に今年も安定の「気持ち悪い」頂いてます(笑) 
いやいやお姉さん無理とか言ってるけどきっと御堂筋の過去の話とか聞いたらコロッと落ちるよ。自転車乗ってないみどくんて妙に頼りなげだからなぁ…。
……脱線しました。失礼しました。 
 
御堂筋のポリシーは今年も惚れ惚れするほどブレずにシンプル、「ボクが欲しいのは勝利 それだけや」
 
間違いなくまっすぐ前だけ観て走ってる選手だよな。雑念が無い。
自転車乗りらしい自転車乗りです。 他の全てを捨てる覚悟は相変わらずすさまじいですね。
御堂筋は何だかんだで観客の裏人気あると思う(^^) お前がいなきゃはじまらないぜ!みたいな。
 
一方で鳴子の想いも強いです。 
回想の「ディープホイール」外すシーン、きっと一人で長い時間ピナレロ見つめた末に外したんだろうな…と考えるとうるっと来ます。 
「一番大事なモン捨ててこっこまで来とんねん」
 
派手好きでまっすぐで、スプリント命だった鳴子がスプリンターを捨てた。 
本来なら華々しく優勝校のエーススプリンターとしてインハイに戻ってくる所を、山を登りオールラウンダーに転身した。大会始まってからもスプリント勝負の誘惑を耐えに耐えた。
 
その集大成がこのゴールスプリント。鳴子が初日ゴール争いするとか、意外と考えてなかったのでやっぱり感動しますね。そっかオールラウンダーになるってそういう事だよね。ゴール狙うって事だよね。

腕がしびれ、脚が悲鳴。一人でゴールまで来た鳴子も限界が近いです。 
鳴子「これが派手男の 生き様じゃい!!」

ほんとに鳴子って男らしくてかっこいいよなぁ。応援する定時も涙。

後半伸びる鳴子のスプリントかっこいい!!
御堂筋と並びました。
「ジェットモラ」って何だみどくん可愛いな(笑)
もう面倒だからジェットスプリントって略でいいんじゃないかな? 

一方、少し遅れた葦木場。3番手でキツいか…と箱学応援団も少し諦めがち。
 
葦木場(獲るよ…雪成ちゃん!!) 

ほぼ私の周囲全員から「ユキちゃんかよ!」ってツッコミが上がりました。 
あれ、何だろうこの人だけ思考どっか斜め上行ってる…
 
多分今の葦木場拓斗、クラシック鳴ってる時よりユキちゃんの事考えてる時のが調子いい。(何だかな…) 
 
疲労してるはずなのに力が全身にみなぎってる。 

それはあるいは、坂道がかつて手嶋さんからうけとったバイブレーションに近いものかもしれない。 
人ってこうやって強くなれるんだね。奇跡みたいだよ。 

葦木場(オレは強い オレは強い オレは強い)  ←福ちゃんが教えてくれた魔法の呪文

猛烈な加速、とうとう先頭に並びました。 
三者横並びでゴールラインに突っ込みます。 

今泉「獲れ鳴子!!」 

やっぱ今泉声かけてくれた(^^) 背中押したも同じだありがとう!

この後に続く、台詞無しで色んな人の姿が映る様子がとても好きです。
一瞬をさまざまな角度から切り取った静と動のコントラストが鮮やか。
無駄なものを一切排した画面の潔さは日本人が本能的に愛する情景そのものです。

力の限りに声を張り上げる応援組。
鳴子にゴールを託した今泉。
倒れたまま動かない黒田。
手嶋さんを運ぶ坂道に、総北チーム達。
そろそろかと感じ取る箱学チーム達。
自分の手を見つめて幸せそうな小鞠。←んん?
順調にゴールに向かう京伏3年も顕在。
金城・田所・巻島さんはギャラリーに紛れてゴールを見守り。
古賀さんと杉元くんは中継聞いてるのか、それともゴールに向けて走ってるのか。

それぞれの想いが交錯する中、渦中の3人の車輪がゴールラインに到達します。

うあ。
2連続見開きで、4ページのゴールシーン凄いね! 

この疾走感。ゴール判定写真見てるみたい。 

長かったインハイ初日レース、最後の勝者は 

「勝者 箱根学園 葦木場選手!!」 

葦木場勝った…!!! 
やば、ヤバイ鳥肌。 

一旦姿も見えないぐらい離されて、意地で追い付いて、最後二人で150m詰めてさした。 
何度も不可能だと思われた箱学、瀕死の状態からまさかの大逆転勝利となりました。 

取った。ハコガクエースの義務果たした。
 
何となくチャンピオン読む直前、「150m詰めて勝ったエース」というのもいいなとふと思ったんです。
 
でも誰がゴールしても絵になるなって気持ちもあって。 
でもやはり好きな葦木場が勝ったのは嬉しいな。 (ぶっちゃけ先週誰が勝った時に一番都合がいいか考えても葦木場だったんですが←せこい)

鳴子と御堂筋にはほんっとーに残念で、悔しい展開になりましたが、これもまた勝負の現実だからしょうがない。
 
鳴子は沿道も定時も先輩達も見守る中、多分意識としては7:3ぐらいで御堂筋の方にさいてた事でしょう。意識としては低かった葦木場の方に負けたのもまた悔しいね。
 
何となく着順見ると、葦木場、鳴子、御堂筋に見えますね。 
まだ順位発表されてないので定かではありませんが。これは鳴子的には御堂筋に勝った事にはならなさそう?
 
ちなみにこの車輪だけ前に押し出すのは通称「ハンドル投げ」と呼ばれる技?だそうです。今回初めて知った(笑) 今度から使おう。 競輪やってるとよく見られるらしいです。

ハンドル投げは、鳴子が去年の初日スプリントリザルトで見せたり、今年だったら鏑木もやったし、あと御堂筋が新開さんに競り勝った時もこの技でした。…という事で勝率だと五分五分かな。 
 
今年は全員が前に押し出した所で、ものすごい必死感が出てます。そして勝者は葦木場だった。 
もうほんと一瞬だな。ほんのちょっとの僅差だよ。 

とりあえず全員が120%出し切ったインハイの初日ゴールが決まりました。
1日目から熱過ぎる>< ほんと大好き!!

長い腕を大きく広げた葦木場拓斗。黒田と組んだ連勝記録を「9戦9勝」に塗り替えました。

ゴール後には何を思うのかなぁ?

すいません、勝率最下位の新開さんファンなので勝った時の心境とかあんま考えた事なくて…(泣く所)

葦木場は、自転車降りたらすぐにでも「ユキちゃん!!」って駆け寄りたい心境だよね。「大丈夫?怪我してない?どこか痛くない?」ってかいがいしくして欲しい位だけど。
起き上がらない黒田さんが少し心配です。怪我とかしてないといいな。

本当は葦木場路上に押し倒してよくやった!!って喜んで抱きつく姿が理想なんですが、黒田さんそんな余裕なさそうなのでとりあえず今は起き上がってゴールしてくれればそれでいい。出来ればチームメイト追いつく前に復活して欲しい。 
レースはまだ2日あるんで心配だよ>< 
 
 
結果論にはなってしまいますが、初日ゴールは「アシスト」の存在が明暗を分けました。

協調していいのか迷った今泉だったけれど、判断が間違っていたとも思わない。
黒田さん一人でも追いついたかもだし(実際黒田さんが一番引いてた)、今泉の声も鳴子に最後届いていたと信じてる。

ひたすらエース葦木場の脚を貯めさせ、命がけでゴールに届ける事に専念したアシスト黒田。
黒田さんの引きが見事で、彼の詰めた「3秒」とガッツが葦木場に力を与えたわけで。 
 
しかし逆から見れば、御堂筋と鳴子はアシスト無しの単独でゴールを競ってたんですね。実力半端ない。
今泉と鳴子がエースとアシストとして上手くかみ合ったら、やっぱり強いんじゃないかなぁ。 
普段言い争ってばかりだけど根っこの部分はT2ばりにわかりあってると思います。 
この二人がガチで組んだらまだ余力あるに違いない!(ただし、忘れさられがちな設定として今泉の脚もちょっと心配)
次回は総北先輩との邂逅も描いて欲しいな~♪


御堂筋は…うん、小鞠次第かな?
人当りいいけどおとなしくアシストやれる人じゃないのはよくわかった。
思った以上に言う事聞かない自由人でした岸上小鞠。(笑) そのうえ闘争心に己の欲が大きく勝る、どう見ても御堂筋とベクトル同じじゃないからこの上なく扱いづらい…!(笑)

それを軍隊チームの指導者である御堂筋が許してるって構図がまた面白いんだけどね(^^)
若干出つくし感のある御堂筋の新しい一面が見られるとレース以外でも楽しいなっとか思ってます。

 
インハイ初日は、新旧対決といった感じの新鮮な勝負が多く見られました。どの勝負も華やかで違うドラマがあって楽しかった。 

 
2日目の展望としては。 
やはり泉田は注目したい。
 
ハコガクは「初日に3つのカラーゼッケン」で、既に去年の戦績を上回りました。
それは過去の常勝箱学のあるべき姿かもしれないけれど、福富さんが危惧した「3強」の中でよく戦った。
試合序盤で「3つとも狙ってくるそういう奴らだ」と言ったモブ選手がいましたがよく読んでる!大当たりでした!

2日目は、銅橋・真波・葦木場の3人がカラーゼッケンをつけて走ります。何たる威圧感。
王座奪還、明日の「王者」コールはもう彼らのものでしょう。


そんな異様な雰囲気の二日目の中、泉田はやっぱり出てくるんじゃないかな? 
去年エーススプリンターの新開さんが2日目出たというのもあるし、個人的には青八木さんと対決して欲しいですね(^^) ほら、青八木さん4番つけてるじゃん?(笑) キミにその番号はふさわしくない 返してもらうよ的に目の敵にされてもおかしくない。(泉田を何だと…) 
 
青八木さんとしても、初日ちょっと悔しめの展開だったので。そして純太がボロボロに戦ったのも見てきたし、2日目奮起して欲しいですね。(願わくば勝って欲しい…総北も誰かカラーゼッケンを!!!)
あと個人的に、青八木&鏑木という組み合わせが可愛すぎて超好きなので。鏑木には青八木さんにめっちゃ懐いて欲しい。君の神様だからなこの人。←展望どこ行った
 
 
坂道も初日は裏方に回りましたし、悠人もそろそろ出てくるでしょうか。
新開さんが2日目男だったのでどうも関係者も2日目期待してしまいますね(^^)
真波もまだ元気ですし、クライマー勝負もまだまだ楽しめそう。
逆に2日目序盤、手嶋さんと黒田さんは使いものにならないだろう…元気になってね。

あ、わたるん先生描きたければ古賀さんが手嶋さんマッサージしてる姿描いてくれていいですよ?(落ち着け)

 
2日目コースを地図で見たんですが…うむむよくわからない(^^;) 山がちすぎる。

近場で有名な地名って言うと「尾瀬」になるんですが、自転車で行ける道があるのなここ?
そして熊が出そう。(日光だってほんとは猿いるけどな…)

このまま無難に行くと群馬に入ってしまうのかな? その先で行けば長野か新潟とか。どんどん栃木の観光地からは外れてく(^^;)
地図で観た距離近くても、実際は山ばかりだし道もあるか危ういからどの位進めるものかなー?
栃木大会で通すなら、引き返して北上してくのもテですね。那須高原付近なら勝負やりやすそうな気もします。


次回の発売は5/7で巻頭カラー。人気投票の結果も出ます。(今やったら葦木場もっと上位行ったかな?)
荒北さんトップ取るんでしょうか? 色々と待ち遠しい…!!!
ちょっと連休明けで仕事の予定が読めないので、どこかに呟きに来てからアップします。(書きます書くきたい!!!) 


no4pd at 23:38|Permalink

2015年04月18日

RIDE.348 「削る3秒」

更新遅くなってすいません><
今週も引き続き黒田&葦木場メインです。

熱い、熱いよユキちゃん…!
 
「3秒」の差を削るべく、自分の身まで削るようなキワキワの走りをしてきます。 
もはやコーナー攻めるというより、「真似しちゃいけません」の域まで達してますがコーナーにぶつかり摩擦で火傷を負う程のコーナリング。 
 
コーナーごとに1秒、そして1秒。 

最後のコーナーを過ぎ、前に出た葦木場の背中を押して更に1秒。 

黒田「のこり1秒もってけ 拓斗ォォ!!」
 
自分の体勢を崩しながらも葦木場の背を押す事を優先した黒田雪成。
その「1秒」と引き換えに自分は顔から地面に落車、遠心力でゴロゴロ転がりながら派手に反対側の壁に激突。
 
うあぁぁあ、、、ユキちゃん…何となくそうなる気はしてたけど…それにしても派手にいった…男前過ぎるでしょTT さすがに怪我とか心配。まったくの無私の姿勢で押す事だけに力を使ったから、自分の受け身とか全く考えずに突っ込んだよね…痛い>< 
ここまでやると流石に大会本部から危険って注意されたりしないかな…。
 
とりあえず、後ろにいた今泉が反射的に「ヤバイ」と察知してブレーキかけれる賢い子で良かったです(^^;)
 
じゃないと間違いなく巻き込み事故の二次災害だったよ;;(ペナルティがどうとかはわかりませんが、猛スピード出てるわけだしお互い怪我しちゃ元も子もない;;)


のこり150m、背中を押された葦木場は転倒した黒田さんに一切構わず飛び出しました。

葦木場「ふり向くわけないでしょ ユキちゃんが背中押してくれたんだから」

この言葉が凄い好きでした。
優しい葦木場だから、黒田さん心配で心配で、本当は今すぐ振り返って「ユキちゃん大丈夫?」って言いたい所だと思う。でも、それは自分のすべき仕事じゃない。多分「振り向くなよ」って言われた時から、葦木場は覚悟してた。
先週「泣きそうだよ でも泣かないよ」と言ってた葦木場。 

結局号泣。

でもわかるわかるー!!! 私も泣いたもん!!! 
 
ここまでプライドもって引いてくれるアシストはなかなかいない。多分御堂筋あたりだと一生理解できないけど、黒田さんは自分の仕事に確かに誇りを持ってやってる。自分がエースになりたいとか1mmも思ってない。そこが、このトップにいる5人の中で突出してると思うんですね。最強のアシストです。 
もう何か、精神的にも尽くしたいアシストと、応えたいエースとで、ベストコンビだね。 
MIPあげたいよ葦黒に。(そんな賞ありません) 

今でも「王者」と呼ばれてる箱学ですが、今年はその「王者」の称号かなぐり捨てて挑んでますね。
去年の先輩たちのレースは、王者の風格というか誇りというか、理知的で王道のレース展開だった。

今年はもう、一番手が問題児だは、序盤から搦め手くらわすは、エースクライマーはメカトラで、アシストは他校1年にセクハラされてキワキワの走りするし。少なくとも「王者」らしくはない。
でもそれでいい。
泉田の言うように、ものすごく情熱的。
死にもの狂いとも言うかな。ハコガクな以上、自分たちは雑草魂でも背負っているものはとても大きくて。応援したくなるよなぁ新生箱学>< かっこいいからじゃなくて必死だから。

 
葦木場くん速い。残り150mから3秒削った期待にこたえるべく詰めて、残り100で先頭二人の捕えました。
えっとつまり、葦木場47m詰めた?
しかし御堂筋はまだ余裕。

御堂筋「まだ3m追いついてへんよ 逃げ切って勝利するよ!!」 
葦木場、「御堂筋…鳴子……オレはこの位置からのスプリントで負けた事ないよ!!」 

えええどうした葦木場カッコイイ!!! ←失礼
そいえば葦木場が3年で年上なんですね。でも2年の二人のが経験値は高い。

以前のヒルクライムでは葦木場は「追い行かれてからのカウンター」が得意だと言っていました。 
そしてクライマー扱いされる位は登りの強い選手ですが。
 
いつの間にか追いついてのスプリントでもトップ取れるようになってたのか。強いねこれ。 
ユキちゃんと「8戦8勝」と言ってたけどどんな勝ち方してきたかが気になります。
逃げ切り楽勝だったのか競り勝ったのかでだいぶ違うと思う。 

御堂筋はインハイでは意外と逃げで勝った事無いんでどう出るかな?

葦木場はまだメトロノームダンシング出して無いですね。 
多分、葦木場のメトロノームは平坦のスプリントでも登りでも使える万能型だと思うんですが。 
そのかわりどう見てもスペースが無いとダンシング出来ないという難点もあります。 

なんかなぁ…みどくんならそのうち体張って阻止してきそうな気もする(笑) 
今回は並び順が鳴子真ん中だから大丈夫かな。
この二人と競り合うと鳴子一層小さいなぁ…。

鳴子「あえて名付けるなら 鳴子必殺ジェットコースタースプリント!!」
観客に言われるまでもなく自分で言ってしまった(爆笑)
うん、鳴子らしくて好きだよそういうとこ!
 
来週結末だそうですが、三つ巴。 

はじめは鳴子勝つでしょ!と簡単に思ってたんですが、誰が勝つパターンもそれぞれドラマがあっていいんだよなぁ…と思ってしまう昨今です。
 
今週でも、のすっごい葦木場勝たせてあげたくなってしまった。
箱学だからや先輩のためじゃなく、ここまで引いてくれたユキちゃんと、信じて託してくれた今年のチームメイトの為に勝って欲しいです。 
箱学は初日既に二冠取ってるからナシかと思ったけどアリな気がしてきた。わたるん先生が勝負の無情さを描きたくならなければ!(笑) 
 
 
一方、鳴子が勝つという展開はやはり王道です。
先輩も遠方から観に来てゴール前にいるし、もしかしたらこれから定時の応援も聞こえるかもだし、鳴子が悩んだ末オールラウンダーになって結果を出したという結末はやはり嬉しい。

しかしふと気づいてしまった。ここで御堂筋に勝ってスプリンターの称号を 取り戻されたらチームとしては困ってしまう!(笑) ←せこい大人目線

そもそも御堂筋というのはIH初日で倒せるような相手なのか?という疑問と、鳴子と御堂筋が当たる機会なんて他に無さそうだよな…とかグルグル考えてしまうのです(^^;)
うん、でもやっぱり鳴子かなぁ? 去年は同学年で鳴子だけカラーゼッケン取ってないし、総北今んとこ無冠なので取らせてあげたい気持ちはある。
そして今の鳴子なら、スプリンター復帰は後回しにしてチームの為に「今は総北の天才オールラウンダーや」と言ってくれそう。実際苦手な登り完璧に克服してきたから、オールラウンダーに転向して良かったと思う。
インハイ終わってから登れる上にトークも切れるスプリンターになったっていいじゃない♪ (色々混じった)
黒田さん回避しただろう今泉は4位確定って所かな?後ろから声だけでも届られないかな?


御堂筋が勝つという展開もまた面白いです。まさにイレギュラーの塊。
御堂筋は去年も初日イエローゼッケンを取ってるし、京伏の強さを出すにはこれが1番かなと。
小鞠に後で「ようやった」って褒めて小鞠が「???」って笑顔で適当に流すのとか可愛いと思う。

でも、御堂筋はどこで出てきても勝負させられる、トリッキーかつほんとに強い選手なので。
本音を言えば、まだ圧巻な強さを見えずに、ちくちくあちこちの選手にプレッシャーかけて欲しい気もしますね。(そうすると自分の中ではむしろ鳴子を泳がせる位の展開で勝ちを取りに行かなかった御堂筋というのもアリになる)
悪役やれるし賢いしレース面白くしてくれるほんとにいい選手だよね(^^) 


ありがたい事に、GW前に初日ゴールに決着がつきそうです。
来週は合併号だけど発売は4/23(木)です。
全サも毎週やってますので、そしてわりと期限が短いのでお見逃しなくです♪
来週は23は出かけてるので、また週末頃更新目指します。木曜朝に読んではいるのでどこかで呟けたらなと思います。


no4pd at 22:21|Permalink

2015年04月10日

RIDE.347 「変態」

一日遅れでこんばんは。
すいません昨日は23時に寝落ちました…やっと週末です~v


さてさて、諸々さぼりがちになってたらIH初日が終わりかけてます…大変!
最終コーナーに向け御堂筋がいよいよ「変態」しました。
鳴子曰く「トブライド」…これわかりやすくて良いね(^^)

御堂筋のトブライドは、体を直角に曲げ、上半身の全てを頭の後ろに直線に。空気抵抗がものすごい少ない気がします。
まぁちょっと人外の骨格になってますがみどくんだから気にしない!←おい

イメージはイナゴかな?

観客「なんだあれ…あの一直線に線引いたみたいな異様なフォームは」

あ、そか。
うちらにしてみれば半期前の出来事で、初期インパクトと共にわりと見慣れた感のある御堂筋の「変態」ですが公式大会では初披露だったんですね(^^)
あれ、期間が経ってもこれってもしかして更に進化してるんじゃね?? いや、御堂筋だから逆にレース中に更に変容するかもしれませんね!!


鳴子「同じシチュエーション しかもインハイのゴール前 これで負けたら男やないわ!!」

うーん、ほんと鳴子かっこいいな。
御堂筋とのかけあいが大層面白くてずっと見てたい気分(^^) ちなみに呼び方は「ナルゥコ」に落ち着いたようです。可愛いなナルゥコ…。弱泉と比べるとだいぶ呼び方の待遇いいよ(笑)
あ、マァナミも可愛いよね。(今年はまだ呼んでませんが)

鳴子「わいが今から見せるゴール前スプリントは ありふれたスプリントや」

ここに来て普通のスプリント! でもそれが一番かっこいい気がする!
名前つけるのが派手好き鳴子の本筋だとは思うんだけど、だからこそ名前も付けずシンプルにただただ速くなるため磨いた一点突破は格好良いと思います。

……でもきっと観客から後で「ジェットコースタースプリント」とか何とか呼ばれるんだろうな(笑)

後半伸びる、っていうのは、1000km合宿で今泉に競り勝った時にも片鱗を見せてくれました。

そしてコーナー立ち上がりのフォームも美しい。
美しいという事は、基本に忠実で無駄がないって事かなと。鳴子の真価が止まりませんね(^^)
何つか、ほんとに1から自分を作り直した感じがします。メンタルも強いわけだよ鳴子。今日のエースですね。

既に残り50m。ゴールは目の前です。

一方、それを追う箱学。(&今泉 ←一応います。前の二人に忘れられてるだろうし殆ど姿出てないけど離れず追随してる)

黒田さん、肩をこすり付けヤケドし出血しながらのギリギリコーナリング。
いやギリギリっていうかすでにアウトだぶつかってる…><(痛)

まさしく決死。持てる力以上のものを出しても葦木場を先頭に届けよう黒田さんの気迫。
コーナーごとに0.5秒、0.5秒…と身を削りながら距離を詰めていく黒田雪成。

葦木場(伝わるよユキちゃんの気持ち しびれてるよ 泣きそうだよ でも泣かないよ)

葦木場「オレは強いよ!!」

あぁもうほんと何ていいコンビなんだ!
葦木場は決してメンタルも負けん気も強いエースじゃない。でも、誰かの為強くなる事が出来る人。
言うなれば、人の気持ちをそのまま推進力に変えれる人というか。本当に気の優しいいい奴。
箱学のエースとしては歴代でもかなり珍しいんじゃないかな?
どっちかというと、総北に通じるマインドの持ち主な気がする。

黒田「あたぁ たのむ 2秒…そこまでが届け屋の仕事だ」

「あたぁ頼む」が凄く心に響きました。
ユキちゃん俺がやらなきゃ、だけじゃなくてちゃんと葦木場に任せる事も知っている。
ほんとに回りが見える子になったんだね><

何ていうか…
葦木場拓斗は、今大会で一番幸せなエースだなって思った。

エース冥利な、金のわらじ履いてでも探したいようなアシストを泉田が用意してくれた。
ここまで尽くしてくれるアシストなかなか無いですよこの果報もん!!!

さて、例によって何か分析したい管理人。
2秒ってどん位詰められるもの?と調べてみました。(前に4秒で凄い距離差って表記あったし)

まず肝心のスプリント速度が非常に曖昧なんですが(^^;)
ネットで調べた所、一般の方で最高60km/hというのがあったので、これを参考にさせて頂きますと。
秒速に直すとだいたい16.6m。つまり、ユキちゃんの力で33mぐらい詰める計算。凄いなおい。
コーナーだからここまで速度は出てない気もするんですがそれは相手も同じ条件なので。(しかも片方はアウトコース)

ちなみに、残り50mを時速60kmで走るとどの位でゴールに到達するかも調べました。

結果: 3秒。


………え、無理じゃね?(汗)
だってあと3秒で勝負ついちゃうんだよ? どの位残り差があるかわからないけど、2秒詰めるから3秒でそれひっくり返せと。ユキちゃん…!!(汗)
あぁでも拓斗思いっきり託されたわけだから。勝たせてあげたいなぁ>< 

そして、その場にいるのに逆に全く出番の無かった今泉も気になる。
葦木場出たら一緒に前出る? 鳴子に追いつく?

自分の中では、6割ぐらい鳴子勝利でいいだろと思ってるんですが。
でも、残りの2割ずつで御堂筋にもっと大会引っ掻き回して欲しいし、必死な葦木場にも勝利をあげたい。

………もう3人同着でいいんじゃね?(いや許されないだろうけど(^^;))

残り3秒ですから。
流石に再来週位には決着つくと思うんですが。
GWに入ると雑誌出ない事もあるだろうし、待つの辛いからその前に決着ついて欲しいな~。


ちなみに、今週号ですが。綴じ込み付録で「真波&手嶋さんの39巻かけ替えカバー」がついてきます。
折り返した所に「39」の文字があった(笑)
てしまなみも大好きなんだけど、39巻ユキちゃんだからカバーつけかえれない><
それと、トレカ第三段の全サもやってます。
新開さんやユキちゃんなど私の推しメンいる事からもお勧めですが、何といってもメンバーに「山口がいる」……セールスポイントこれにつきます!!(爆笑) だって! これ逃したら今度いつヤマのグッズ出してくれるかわかんないよ!? 「何で皆オレにムチャぶりばっかするんや」の文字が哀愁漂いすぎて泣かせます(^^;)
 間違いなく一番ムチャぶりしたの石垣さんだけど!!(^^;)
ヤマも井比谷もですから、今回スプリンター比率が高いトレカです。応募は4/22までですのでお早めに♪
 

no4pd at 23:34|Permalink原作(漫画)感想