いよいよ、明日9日はROAD TO JBCの最終章でもあり、盛岡競馬最大のレースである南部杯マイルCSが行われます。

トウケイニセイが連覇した時代(93.94年、JRAとの交流ではない時代)から、4年後の98年にはメイセイオペラが、さらに4年後の2002年にはトーホウエンペラーが優勝と、4年サイクルで地方馬が優勝している状況の中で、トーホウエンペラーの勝利から4年後となる今年。果たして地方馬の優勝はあるのか?!注目の一戦です。


当日は、カウントダウンJBCレースも行われますし、キリンジャックで、いろいろとイベントも盛り沢山のようですので、現地で楽しむもよし!SPAT4プレゼントキャンペーンにエントリーしてから参加するもよし!楽しみ方色々のG機DAYです!


それでは、気になる馬をPICK UP!


☆ジンクライシス

3歳時にはJCダート3着と将来を期待された元JRA所属馬ですが、今年5月にホッカイドウ競馬転厩後、赤レンガ記念を制し重賞初制覇。ブリーダーズGC3着、エルムS2着と、見事再生された1頭です。今回、五十嵐冬樹騎手との初コンビになりますが、ぜひとも、地方代表馬として活躍してほしい1頭です。



☆シーキングザダイヤ

カネヒキリの戦線離脱もあり、コンビ復活の日本テレビ盃を快勝。ここ勝って、JBC戦線の主役に躍り出るか?!昨年の南部杯2着馬でもあり、G議婿撮群鵤加紊箸いΕ轡襯弌璽灰譽ターぶりの返上も期待したい!YUTAKA騎乗時は何故か2着はないというジンクスもあるので、1着か3着以下か・・・ディープ後遺症を、この辺で綺麗に払拭するか?!大注目!!


☆ブルーコンコルド

昨年はシリウスS優勝を3連勝で飾った後、JBCスプリントで見事G祇覇!今年は、かしわ記念2着後、休養明け緒戦でG気膨戦してきました。マイルは少々長い印象がありますが、今年はJBCもマイルなので、ここが試金石でしょう。


☆ヒシアトラス

G靴錬馨,靴討い襪、G彊幣紊鰐ぞ〕。距離的は1600〜1800がベストだし、今回はフェブラリーS3着以来のチャンスか?!馬場状態はどちらかというと渋った方が良い印象なだけに、当日の馬場がどこまで回復してしまうかがポイントか?(日曜日は不良で1日終了)



☆ノボトゥルー

今年10歳となる同馬がフェブラリーSを優勝したのは2001年のこと。それ以来ダートグレード戦線で息の長い活躍している。04年の、とちぎマロニエカップ以来未勝利だが、昨年も東京盃9着の後、JBCスプリントで3着するなど、老雄を侮ってはいけない。福永祐一騎手との新コンビで、どんなパフォーマンスを魅せてくれるのか?!注意したいところです。


☆ベルモントシーザー

地元岩手からの注目馬を考えた時、前哨戦の青藍賞を制していて南部杯5着があるウツミジョーダンか、エアウィードかと悩みましたが、敢えて菅原勲騎手とのコンビという点で活路を見出して欲しいベルモントシーザーにしました。4年サイクルを制しているのは、いずれも菅原騎手ですので、名手の心意気に期待したいところです!!