【三行レビュー】
崇拝・肉欲・懲罰。様々な女性上位の形を一人のヒロインで。
お得意の女尊ルートに加え、性器縮小化や(比較的)普通の性交なども。
新たなフェムドム(女性支配)に挑戦し続けるエムサイズの新作。

【作品内容/あらすじ】

「私は知りたいんです。この直感の正体を」

教師である主人公は、ある日の夕暮れに突然女生徒からの告白を受ける。
女生徒の名は「汐月眞奈美」。学園の生徒会長にして成績優秀な美少女。
一旦は告白を断るものの、ひょんな事から彼女とキスをしてしまい
秘密裏に二人の交際が始まる。
「卒業までは最後の一線を越えない」
互いの将来の為にそう誓った二人だったが、皮肉にも
その縛りによって眞奈美の中で淫媚な欲望が芽生え始める。
次第に覚醒してゆく彼女が到達した答えとは……?

才色兼備の美少女に変態調教されてゆくMシチュADV!
引用 - DMM.R18 恋と××のフェムドム
 CV:深紅。

【プレイ内容】白文字・反転
※特に記述がなければ彼女の部屋でのプレイ。

《共通》
〇初めてのディープキス(彼女主導)
〇貞操帯を自ら装着⇒チンポ観察・貞操帯ごと引っ張り⇒彼女が鍵をかけ射精管理開始。
〇(一週間の射精管理後)後ろから乳しぼり手コキ・玉愛撫⇒彼女のベッドに射精。
〇生徒指導室。Dキス⇒パンツの中に精液おもらし。
〇生徒会室。胸に顔を埋めさせられながら玉揉み。
〇ベッドに全裸仰向け8の字で寝させられ、全身をさわさわ。手コキ・玉揉み⇒射精・雫が彼女の口元に。口で精子を弄びながら精液絞り尽くし。

《沖縄旅行編 / 崇拝・懲罰共通》
〇ロッジのテラス。全裸仰向け降参ポーズで水着姿の彼女に足コキ⇒射精・サンダルを股間に乗せ放置。
〇ロッジ。ベッドの上全裸で、下着姿の彼女にコンドームを持っていたことを尋問される。彼女の足を舐めながら、お尻突き出し四つん這いで強制オナニー・ゴム越しに亀頭・尿道を爪でカリカリ⇒ゴム内に射精。使用済みコンドームを肛門に突っ込まれる。ゴムを使いきるまで強制オナニー支持。2回目+玉揉み。3回目+アナル責め。

《恋と崇拝のフェムドム》
〇ロッジ。全裸で窓際に立つ眞奈美様の脚に抱き着き股間押し付け⇒連続射精。仰向けで性器踏み付け・引っ張り上げ⇒射精。
〇極小貞操帯&エネマグラ挿入で夏休み中調教⇒前立腺開花。
〇生徒会室。中腰で貞操帯を外し短小包茎チンポ露出・金玉蹴り上げ⇒射精。女性もののシースルー下着を履かされる。
〇生徒指導室。お尻突き出しアナル指入れ・前立腺責め
〇(授業中/眞奈美視点)視線だけで射精。
〇夜の学校の廊下。変態女性下着で立たされアナル責めおねだり。ペニスバンドを逆に履き肛門に入れていた眞奈美様。ぺ二バンを逆フェラ⇒逆正常位で逆アナル挿入・性器にぎり⇒連続大量射精。

《恋と懲罰のフェムドム》
〇ロッジ。ブリーフ一枚で腰振りおねだりダンス・彼女の靴底に亀頭でノック。パンツを持ち上げられ強制腰振り・パンツで股間締め付け⇒射精。
 あっさり貞操帯から解放
〇体育館ステージ。笹山と共に全校の女生徒に見られながら、ピロリー(さらし台の板のみ)で全裸拘束。剣で金玉を叩き転がされる⇒射精(夢オチ)
〇生徒指導室。玉を揉まれただけで無意識にズボンを脱いでお尻突き出し。パンツを引っ張り上げられ圧迫。パンツを脱がされ乳しぼり手コキ⇒あっさり射精。性器を握られると無意識に服従のポーズに。アナルに親指入れ・スパンキング。お尻を振って媚びるがアナル責め&手コキで射精・精神崩壊でチンポを揺らし続ける。
〇夜の廊下。首輪とリードを付けられ、ちんちんポーズでマゾ犬宣言・生徒指導ノートに放尿。仰向けになりリードを股間に巻き付け圧迫・顔踏み⇒射精。
〇生徒会分室<元:生徒指導室>。ノーパンストッキングの生徒会長様の顔面騎乗、全裸に首輪で人間椅子。腹を踵で蹴られおしっこお漏らし。足裏でペニスを挟み打つ。パンスト越しアニリングス+足コキ⇒射精。

《恋と肉欲のフェムドム》
〇ベッドの上でストッキングを使い全裸開脚拘束。フェラ⇒口内射精・ごっくん。玉舐め⇒射精・ごっくん。僅かな休憩はさみながら朝までフェラ・玉舐め・アナル舐め⇒ごっくん。口移しで食事&手コキ。
 (CG無し)チンポを握られたままトイレへ。彼女の前で放尿。手コキ⇒便器に射精。
〇(卒業が近づいている)生徒指導室。スカートをたくし上げ、濡れた下着を見せつけながら変態性を告白する少女。顔面騎乗・アニリングス・放屁責めをおかずに強制オナニー⇒射精。
 (CG無し)股間踏み・唾液飲まされ・腰振りダンスで強制オナニー。
〇(卒業式後)主人公アパート自室。布団の上で全裸開脚の彼女にクン二・飲尿・クリ舐め。正常位で童貞処女喪失も上手く腰触れず⇒ちんぐり騎乗位で強制連続中出し。
〇(3か月後)進学した彼女の東京のマンション。彼女の学園時代の水着を着せられ手コキ⇒連続射精。水着をずらし亀頭責め⇒連続潮吹き。
〇陰毛腋毛を伸ばし3日風呂に入ってない彼女の匂いを嗅ぎながらチンポを揺らすマゾダンス。足舐めから全身リップ。腋毛舐め・アニリングス・放屁責め。強制アナル挿入・足で乳首責め⇒連続アナル中出し。


【感想】
 多くのファンが待ち望んでいたエムサイズの最新作です。リリース周期的にもうそろそろかなと思っていましたが、頒布告知が出たときは嬉しかったですね。そんな期待値高めにプレイを始めましたが、いやはや流石のクオリティです。これだけ作品を出していて、まだまだエム心をくすぐる引き出しがあるとは……。今作の最大の特徴はヒロインが一人であるという点です。過去作はヒロイン毎に得意ジャンルが分かれていましたが、自分の中の「答え」に気づくことでプレイ内容が変わるという試みです。分岐の演出も面白くルートが確定すると、タイトルの「××」の部分に「崇拝」「懲罰」「肉欲」のいずれかが浮かび上がるアイキャッチが入ります。自身が選択した直後に挿入されるのでドキッとしますね。分岐については別記事で解説しますが、2回(または1回)の選択で3ルートに分かれるシンプルなものです。

 ヒロインの汐月眞奈美は容姿端麗・成績優秀の生徒会長。とは言えスタート時点での彼女は物腰も柔らかく、所謂お堅い生徒会長ではありません。好奇心と探求心が非常に高く、気になることをそのままにしておけない性格です。規律や約束を重んじる真面目さがある一方、それを破る他者に対しても厳しい面があります。また曖昧なことが嫌いで、主人公に対しては「感情を言語化」してほしいという気持ちがあるようです。主人公が初めての恋人。

 主人公は彼女の担任(1年から)であり、生徒指導担当の国語教師。交際経験無し。「教師とはかくあるべき」という考えが強く、やや良い先生でいようとする傾向があります。フェムドム(女性が支配的な役割になること)において、ヒロインとのスタート時点での関係性は重要です。先生だから尊敬される人物であろうとする。これまで出てきていた家庭教師先の子・後輩という関係性に比べても、主人公の「上の立場でいたい」という気持ちが分かりやすいですね。加えて童貞の格好つけようとする感じがよく、あっさり逆転されるフリになってます。ヒロインのサディスティックな部分が開花するきっかけが、主人公のちょっとしたミスなのも〇。

 共通の導入部分は、2人の立場が緩やかに固定されていく過程です。少しずつSな部分が出てくるのですが、始めから積極的なキスを彼女がしてきたり、ベッドに精液がぶちまけられた後のコメントなど、肉欲ルートに繋がる変態性や性欲の強さも垣間見えます。エムサイズの過去作をプレイしている者からすると、彼女が生徒指導室に来なくなる理由を主人公と同じように考えてしまうと思います。この辺りからヒロインに夢中になってしまうんですよね。まだまだ可愛い女の子なので、Mレッスンの真希ルートに近い、いちゃラブSMの雰囲気があります。

 「崇拝」「懲罰」ルートの共通部分は沖縄旅行編です。恋踏の時もそうでしたが、旅行という非日常のイベントを使うのが上手いです。今回は主人公、というか男の浅はかさが際立ってましたね。とにかく早く抜いてほしいと必死になったり、手を出さないといいつつコンドームを用意したり。ただその浅はかな感じは男だったら分かってしまうんですよ。共感できるからこそ、彼女の表情の変化にゾクゾクします。強制コンドームオナニーはそれに至る流れも含めて名シーン。精子を無駄にしている感が強調されて、マゾスイッチがガンガンに入ります。1箱使い切るまでというすごく現実的な絶望も、肛門にゴムを詰められていくのも良いし、次の日のデートシーンも選択肢までは普通っぽいのがそそります。

 「崇拝」ルートでの全裸で窓際に立つ眞奈美様は神々しく美しい。完全な存在である「女の子様」「女性様」だからこそ、女尊男卑もすんなり受け入れてしまいます。このルートの最大の発明は「男がメスイキ・メス堕ちしたとしても、女性にはなれない」という点。冷静に考えれば女>男の世界で「女の子のよう」は誉め言葉ですからね。女>男>マゾ男という図式を明示したのが素晴らしかったです。性器縮小の過程も「極小貞操帯」「エネマグラ」という個別のアイテムを組み合わせて、本人の無自覚に進んでいたのも高ポイント。新たなプレイを導入しつつもエムサイズの王道らしいルートでしたね。女性のアナルにペニスバンドが入っているのに、完全なフェムドムなの凄すぎるでしょう……。

 「懲罰」ルートは、主人公の反抗をきっかけとして学園全体が女性上位になる話。「女性vs男性」の構図になり男が屈服するというのも、エムサイズではよく見られますね。今作は生徒会役員選挙が主軸となっています。過去作に比べ、主人公がヒロインに反抗しようとする理由や、ヒロインのカリスマ性の発揮の仕方がシンプルであることが良いです。熟圧とか女の子様学園の学園長の絶望的なまでのカリスマ感に比べ、妙にリアルな支配者がそこにいます。生徒指導担当という立場も活かされていていましたね。

 「肉欲」ルートでは久々に普通(?)の性交が登場。プレイ自体は比較的オーソドックスなプレイ+臭い責めと、まあ現実でもやってる変態カップルはそこそこ居そうな感じ(筆者は感覚がマヒしています)。更に言えば、口淫・放屁・オナニー鑑賞などなどSMの区別が明確に存在しないプレイが多いのですが、ちゃんとフェムドムで筋が1本通ってるので全然違和感がないです。放屁・剛毛のド変態路線も大好物なんですが、何といっても童貞&処女喪失シーンではないでしょうか。ようやく結ばれるも彼女の表情が曇っていき、最終的にちんぐり騎乗位で連続中出しさせられる流れは最高。そして進学後の彼女の部屋に遊び行ったときに「今日は俺が…!」と言えるくらいの二人の関係性が、他のルートと大きく違っていて新鮮。フェムドム度は一番低いけれど、ストレートに抜きやすい気がします。あと女性が快楽を得る瞬間の理論はエムゲーに一石を投じますね。男性の射精タイミングで感じられたら、どんな属性のヒロインでも強制連続射精シチュでエムゲーに持ってこれますから。

 全体的には「言葉」が一つのキーワードのようになっていました。マゾ宣言をはじめとして立場を確定させるのは主人公の言葉ですし、言いたいことを言わない事にいら立つルートもあります。淫語はヒロインが言うよりも、主人公が言わされるほうが多いかな。代弁も多いのでマゾ男性側の台詞をヒロインが発するシーンがメインになります。作品構造的には一目ぼれだと思っていた直観を、彼女がどう言語化して"正解"とするかによってルート分岐してますしね。

 エムサイズ作品になれている人は新鮮に感じる一方、スカトロ(大)・格闘M・前立腺パンチ・性器破壊なんかが排除されているのでご新規さんにもOK。SMというのはプレイ内容から来るのではなく、その奥底にある関係性・願望から来るものだと認識させてもらえる良作。

【販売サイトへのリンク】
DMM / DLsite