【三行レビュー】
ありそうでなかった「レズ×透明人間」もの。
どこか童貞感のある、コミカルな佳苗るかの演技を楽しめる。
ヒロイン・助演女優もハマり役が多く、悪戯される側の反応も〇。

【作品内容/あらすじ】

透明人間レズ女子校生バージョン登場!レズだって性欲は男子と一緒…覗き、お触り、クンニ、貝合わせ…好きな女子にレズ悪戯やりたい放題!授業中にレズ悪戯、校長先生と年の差レズ、憧れの女子を彼氏から奪ってレズ調教!着衣JKの中にひとりだけ全裸のCFNM要素、全身タイツフェチ願望を叶えるパートも収録!
引用 - DMM.R18 レズのワタシが透明人間♀になった!女子校編
 監督:三輪キヨシ。出演:佳苗るか(透明人間)、宮崎あや(ヒロイン)、川越ゆい(あやの友人)、あやね遥菜(いじめっ子)、眞ゆみ恵麻(女校長)。他に白咲まどか等がエキストラで出演。

【プレイ内容】 ※断りが無ければ、るかが(他の人に)行う行為
《ACT① レズ透明人間参上》
 教室でじゃれ合い(あや&ゆい)。自室で雑なオナニー。風呂上りにバスタオルで"透明人間になる薬"を飲む。
《ACT② レズ悪戯大作戦》 @あやの部屋→お風呂場→廊下→授業中の教室
 部屋を物色・深呼吸。ゆいを観察。ほっぺツンツン・髪の毛触れ。頬にキス・唇にキス。太腿にキス・頬ずり。/ 洗体(あや)+胸愛撫。シャワー股間責め・正面から泡踊り。クリ弄り→潮吹き。/ 廊下で全裸ダンス。スカートめくり。あやのスカート覗き・太腿に挟まれる。校長先生の胸を後ろから触る。/ 机の上で全裸ダンス・教室内徘徊。[以下ゆいに対して] 髪を触る・ほっぺツンツン・顔舐め・下唇舐め。顔にお尻押しつけ。強制開脚・パンツ脱がせ。クンニ。強制貝合わせ。ゆいの机の上で立ちオナニー→潮ぶっかけ。
《ACT③ 全身タイツ女透明人間》 @更衣室、空き教室?
 着替え観察・悪戯(下着脱がせ・タッチ)。/ 遥菜にデコピン・Dキス・お尻ペンペン(スカート越し・スカート脱がせ)・パンツずらし尻揉み・パンツ越しクンニ。パンツ脱がせ強制開脚手マン・クンニ・電気アンマ。
《ACT④ 女校長先生と年の差レズ》 @校長室
 説教中に校長のメガネくいくい・ネックレス遊び。机の上に仁王立ち・全裸ダンス・見せつけセルフお尻ぺんぺん・顔にお尻押しつけ。服たくし上げブラ越しに乳揉み・ブラずらし乳首弄り・ブラたくし上げ乳首舐め。机の上に寝転ばせパンツずらしクンニ・手マン・貝合わせ。床に寝かせパンツ脱がし、まんぐり返しで貝合わせ
《ACT⑤ 憧れの宮崎あやを彼氏から奪ってレズ調教》 @あやの部屋
 あやが彼氏にあーんするケーキ・彼氏の珈琲を奪い取る・蹴り。二人のキス・手を出す男を妨害。あやが透明人間に気付く。キス。服脱がせブラたくし上げおっぱいに頬ずり・乳首舐め。スカートたくし上げパンツ鑑賞。パンツ脱がせ。仰向けで乳首舐め・クンニ・69・貝合わせ。抱き合って貝合わせ。薬が切れて正体バレ→キス。

【感想】
 アダルトコンテンツでは時間停止に並ぶ、ド定番の「透明人間」モノ。しかし本作は透明人間が女の子という意欲作。AVは勿論ですが、2次元系のコンテンツを探してもほとんどありません。発想としてはあっておかしくないのですが、意外や意外、商業作品・配布同人作品まで至ってなかったんですね。男女の絡みで女性側が透明人間だと男性側の反応がフィーチャーされて一般受けしにくいと思うんですが、レズになると話は別ですね。戸惑う女の子とテンションが上がった透明人間側の女の子の両方が楽しめます。

 まずは主演のるーちゃんこと佳苗るかさん。私は彼女のファンなんですが、にじみ出るオタク女子感・インドア女子感が良いです。本作は"透明になる薬"を持った女の子が普段できないような事をやるというコンセプトなので、馬鹿な事に慣れない感じが出てていいですね。童貞臭とイタズラ娘感が入り混じって、ポップなコメディに仕上がっています。さすがエロゲをやってる本物のオタク娘。キャストの中では一番くっきりした顔立ちなので、襲う側になった時に怪しさが出ますね。(余談ですが、時折発する「かーわーいー」って声、ツイッターで愛猫に対して言ってるの聞いたことあるぞ。)

 助演の女優さんについて。宮崎あやさんは普段よりメイク薄めで野暮ったい印象。体型もちょっとお腹周りのお肉があってどこか素人感があります。片想いされる少女としてはピンと来ない気もしますが、レズもののヒロインとして考えるとこの地味さ加減はあり。あやの友人役の川越ゆいさんは女子校生感が凄い。元々可愛いけどクセのある顔なんですが、制服を着ると可愛い女の子が成長期に相対的にイマイチになった時の顔に見えてきます。戸惑っている演技やエアのシーンもキレッキレで影のMVP。あやね遥菜さんは無気力系の不良役がハマってます。表情の作り方が上手くてリアリティがあります。校長役の眞ゆみ恵麻さんは今年デビューの新人熟女優ですが、舞台系の演技で映えます。今は格闘・着衣フェチ系等のマニアック作品が中心の様ですが、有名メーカーに出たら一気に人気がでそうですね。クレジット無しの女優さん(生徒役)は3名。主役を食わずに花を添えます。地味ながらいい仕事をしていました。

 演出としては透明人間がカメラに映っているメインの映像に、偶に映っていない(女優さんのエアセックス)のカットが入ります。カットが挿入されるのはクンニ・貝合わせのシーンでるーちゃんを除く4名の女優さんになります。総じて上手いです。特にゆいさんの太腿の痙攣具合と声を我慢している演技は凄い。見えないけど見えるんですよね。透明の描写は「全裸」「白の全身タイツ」。Hシーン以外では物が浮いている・背景に溶け込むなどがあります。全裸シーンはCFNF(作品紹介では"CFNM"とありますが、Mじゃない)ですね。シチュエーションとしては多くないので、これだけでも需要があるでしょう。

 細かい所。若干時間を持て余しているシーンが笑えます。るーちゃんのダンスがふわふわしてたり、恵麻さんの「疲れているのかしら」の件で同じことを繰り返し言ってたり。真面目にやってるからこそ出る笑いですね。個人的に好きなシーンは「校長、見て~」とお尻を突き出すシーンと、あやの部屋に回転しながら入ったら男がいて愕然とするシーン。るーちゃんはAV回のコメディエンヌですね。

 オススメできる作品ですが一つだけ注意点。佳苗るか主演ではありますが男性役・タチ役なので、メインヒロイン枠では無いです。そのため、佳苗るかファンが彼女だけを目的に見るとイマイチに感じてしまうかもしれません。助演の女優さんにも愛を持って視聴していただきたいです。

【販売サイトへのリンク】
DMM