2005年10月31日

よく晴れた日

今日は暖かかったです。
お天気がいいと元気が出るような気がします。

“ちょっと歩けるかな・・・”

やっぱりダメでした。
まだ首が曲がっちゃってて、転んじゃいます。。

もうちょっと治ってからだなぁ。  

Posted by no_rain_no_rainbow at 18:59Comments(28)TrackBack(0)

2005年10月30日

今の気持ち

今の僕僕のびょうき。
ぜんぶ良くなることはないのかな。

それなら・・・
少しでもいいから・・・
一日でもいいから・・・
お願いします、神様。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 17:10Comments(16)TrackBack(0)

2005年10月29日

まだまだ負けない

首は少し元に戻りました。
ご飯も食べることができた。
お腹すいてたからいっぱい食べた。

「元気出て良かった。」

おねーたんが言った。

「マークが元気、それだけで嬉しい。」

てっくんが言った。


「でもこれから・・・油断は出来ない。」

二人は真剣な顔をして、自分たちに言い聞かせてた。

僕、いっぱい食べたのにあまりほめてもらえなかった。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 20:51Comments(18)TrackBack(0)

2005年10月26日

心配×3

お泊りから帰った日から、僕の首は曲がったままになった。

てっくんの心配
「急にどうしたんだろう。」
「すごく辛そうだな。」
「ウチに来て環境が変わった事が原因なのかな。」

おねーたんの心配
「寒くなってきたからね。」
「立つ事も出来ないみたい。」
「これからもっと気をつけてあげないと・・・」

僕の心配
“首が曲がって、ご飯が食べられないよ。”
“また二人に心配かけちゃってる。”
“僕、どうしちゃったんだろう・・・”


去年の11月18日、僕は発作をおこした。
その日が近くなってきて、僕たちは緊張を隠せなかった。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 19:35Comments(33)TrackBack(0)

2005年10月25日

感想文と通信簿

お泊りも終わりました。
特に変わったこともなかったけど、やっぱりうれしかったです。

いつも早起きのてっくん、僕に合わせてお寝坊もしてくれました。
何度も起きて、僕にお布団をかけてくれました。
ペロペロしたら、すぐお水も飲ませてくれました。

てっくん・・・90点

僕は具合悪くならなかったし、ちゃんとご飯も食べました。
でも寝てばかりだったからなぁ。

僕・・・65点(てっくんは同じ90点だよって言ってくれた。。)

あまりお話はしなかったけど、心の中では・・・


てっくん、ありがとう。
また、おねーたんとがんばるから。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 19:08Comments(24)TrackBack(0)

2005年10月24日

愛と感謝

お花僕の誕生日、いっぱいお祝いの言葉をもらいました。
僕、本当にうれしいです。

まだ歩けないからお礼に行けないけど・・・
いつか元気になって応援してくれるみなさんに会いたいです。


僕はやさしいみなさんが大好きです。
本当にどうもありがとう。
これからも仲良くしてくださいね。


(お花の写真はゆいなさんとポッポくんにもらいました)  
Posted by no_rain_no_rainbow at 19:00Comments(22)TrackBack(0)

2005年10月23日

zutto

てっくんは今、寝ちゃっています。
僕のお世話で疲れちゃったのかなぁ。

てっくん家でのお泊りはいつもうれしいです。
てっくんとは一緒に暮らしてないし、たまにしか会えない。
なのにずっと一緒にいられるもん。。

でもてっくんにあやまらなきゃいけないんだ。
僕、寝てばかりだから・・・

「マークがそばにいてくれるだけでいいよ。」

そう、てっくんは言ってくれる。
やさしいんだ。。

てっくんは「何もしてあげられなくてごめんね。」っていつも言うんだ。
僕だって、てっくんに何もしてあげられてないよ。。


・・・ひとつだけあった。
それはやさしくすることが苦手なてっくんを、僕がやさしい人にしてあげたの。
僕がびょうきになってからもどんどんやさしくなったんだよ。


初めてペットショップでにらめっこした時から、僕はずっとてっくんを見てきた。
お散歩に行って「マークもうそろそろいいだろ?」って言いながらも、
タバコを吸いながらずっと僕に付き合ってくれたてっくん。
雪まみれになって遊ぶ僕を見て、ずっと笑ってたてっくん。
子供の頃、ずっと僕をからかうからケンカしたこともあったね。

離れている今もずっと忘れてないよ。


おねーたんと僕だけじゃ何か足りないんだ。
だから、てっくん・・・
ずっと僕を見守っていてね。
ずっと家族でいてね。
ずっと、ずっとお願いだよ。


また、お泊りに来てもいいでしょ。。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 17:01Comments(30)TrackBack(0)

2005年10月22日

(無題)

マークは今、眠っています。
どうやら彼は今日の日記を書けそうにないので自分が書かせて頂きます。

彼の18歳ではなく、17歳の誕生日から2日。
発作を起こした11ヶ月前にはこの日が来る事を想像すら出来ませんでした。
しかし、彼はこうして自分のとなりに確かに存在している。
奇跡という言葉だけでは表現出来ない彼の生命力には心から感動しています。

生きている上で、色々な困難に遭遇します。
日常や仕事でのトラブルなど・・・
そのような時、『マークに比べたらそんな事はたいした事じゃない。』
そう思える自分に気付くようになりました。

日頃、元気に日記を書いている彼も楽しい事ばかりではありません。
今でも首が後ろに曲がったまま一日を過ごさなければならなかったり、
暖かい日でも天井を見つめたまま震えが止まらない事だってあります。
そんな彼を見ていると何もしてあげられない自分の無力さを痛感します。
でも彼はいつも我慢強く自分の置かれた状況に耐えています。
胸が痛いくらい切なくなる日々です。

自分は事故で父を亡くしました。
自分は涙を流しませんでした。
葬式というセレモニーをこなす事で精一杯だったのかも知れません。
もしマークが死んでしまったら・・・
きっと自分は泣いてしまうでしょう。
我も忘れて泣いてしまう事でしょう。
物心ついた時から泣いた記憶のない自分が・・・


“てっくん、男の子が泣いたらカッコ悪いよ”
“てっくんはカッコ悪いことが嫌いでしょ?”
“だから僕はてっくんのプライドを守るために、まだまだがんばるよ!”

彼はそう言ってくれると思います。

今まで自分にたくさんの愛をくれたマーク。
必死に頑張る彼をどんな事があっても支えていこうと思っています。


まだ彼は眠っています。
目を覚ましたら勝手に日記を書いた事、怒られちゃうかも知れないな・・・


最後になりましたが、
いつもマークを応援して頂きましてありがとうございます。
これからもマークを見守って頂けたら幸いです。

マークを応援してくださるすべての方々へ、愛と感謝を込めて。


代筆者より  
Posted by no_rain_no_rainbow at 16:01Comments(32)TrackBack(1)

2005年10月21日

誕生日後の記者会見

僕、応援してくれるみなさんに内緒にしてることがあります。

それは・・・

それは・・・

僕・・・明日、てっくんのお家にお泊まりします!

おねーたんが明日から結婚式でいないので、てっくんが僕のお世話をしてくれます。
8月以来のてっくんのお家です。


てっくんは言いました。

「マークの誕生日だったのに、俺がマークからプレゼントを貰うみたいだ。」  
Posted by no_rain_no_rainbow at 18:56Comments(20)TrackBack(0)

2005年10月20日

誕生日ごめんなさい

今日は僕の誕生日です。

「無事に誕生日を迎えられたな。」

「本当に良かった。」
「これ以上幸せなことはないね。」

てっくんもおねーたんもうれしそう。

「でもね・・・」

おねーたんが言った。

「この前、てっくんがマークは18歳になるって言ってたけど17歳だよ。」

「待てよ・・・あれっ、ほんとだ。」

「僕はそんなにおじいちゃんじゃないよって!」
「ねぇ、マーク。」

「なんか俺、カッコ悪いな。。」

そういうことで僕は17歳になりました。

てっくんがかわいそうだから・・・
僕は18歳の誕生日も元気に迎えられるようにがんばります。  
Posted by no_rain_no_rainbow at 18:58Comments(30)TrackBack(0)