顕正会や日蓮正宗へのご相談・ご質問などはお気軽にこちらまで!
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp
no-sleep.jcksmk@ezweb.ne.jp
(携帯アドレスは、携帯メール、ヤフーメール、Gmailのみ)

いつもお読み頂きありがとうございます。


9月の中旬~下旬くらいまでは忙しくなりそうなので、
ブログはたぶんお休みすると思います。
いつもは特に予告はしませんが、今回は長期に渡りそうな仕事が出来たので。


今回、コメント返信も遅れてしまい申し訳ありませんでした。
コメント欄の書き込みくらいには対応しようと思います。


あまりに書きたくなったら、
短い記事を書くか、“こえのブログ”を投稿します!



あ、でも、せっかく書き始めたので一つだけ!


今回、お盆休みで遠出したのですが、宿泊先のホテルで久しぶりに、顕正会で言う「遥拝勤行」をしました!


そのとき、“戒壇の大御本尊”様を遥拝しながら思いましたね。

「顕正会員はいくら戒壇の大御本尊様を遥拝勤行で恋慕渇仰しようとも、
戒壇の大御本尊様の姿を思い浮かべることはできないんだ」

と。


大きくて荘厳で、黒漆に金の御文字。

歴代上人の「在御判」ではなく「花押」(下げて言えば大聖人御自身のサイン)。

またその「花押」が、他のどの大聖人御直筆の御本尊様よりも力強くて思いが込められているような御姿。

(これらの描写が不敬に当たると思われる方は早めにコメントください)


思い浮かべるだけでも有り難さが全然違います!


日蓮正宗信徒になれて良かったです!



今回もアメブロの“こえのブログ”より、

音声テキストを加筆・修正します!


こんにちは。セロリです。

お聴きいただきありがとうございます!

今回は、この前お伝えしたように浅井会長が7月度総幹部会で日如猊下に対して、

「日顕上人と大草代行等を追放せよ」 

と言ったそのことが、“浅井会長のパフォーマンスなんだ”ということを決定づけるような、

そんな内容をお話ししたいなと思います!


それは平成24年の浅井会長による“建白書”
これにヒントがあります。

何かと言うと、この建白書では最後の結びのところで、こういう風に言ってるわけですね!行きます。

KIMG1005


「万事を差し置き、急ぎ堅固なる新御宝蔵を築き、以て近き広宣流布・国立戒壇建立のその日まで、本門戒壇の大御本尊を秘蔵厳護し奉られんこと、血を吐く思いで要請するものである。」
(写真は顕正新聞平成24年8月25日号)

こういう風に言ってるんですね!
覚えているでしょうか?

「万事を差し置き」です!

「万事を差し置いて、新御宝蔵を立てて、近き将来の広宣流布のときまで戒壇の大御本尊を秘蔵厳護せよ」
と言ったわけなんですけども…

それから約7年が経ちました。
新御宝蔵は建設されておりません。

にもかかわらず、今回の訴えではこれをスルーしてしまいましたね!

全く一貫性が無いとも言えるかなと思います!

7年前の血を吐く思いの要請、これは一体何だったんでしょうか?

これが叶っていなかったのに、今回は言わなかった。

これが、今回の訴えがパフォーマンスなんだといういうことを示しているんじゃないかなと。

おかしいですよね!

本当に顕正会員さんには、そういうところにはもう、「浅井会長の深い心なんかっていうのは無い」っていうことに、
気づいてもらえたらな、と思います。以上です。

タイトル通り今回、私セロリのアメーバブログ

「冨士大石寺顕正会は100%間違っています!」

にて、


“こえのブログ”


というのを始めてみました!

https://ameblo.jp/serori-0918/


今までは文章や写真で顕正会の間違いを訴えてきたところ、

新たに今度は

「声も使ってみよう!」

というわけです!


まだまだちょっと、出だしということもあり固さがありますが、

時には元気よく、時にはちょっとフランクに、ユーモアも交えてやれたらいいな、

と考えております!!

 
録音時間も最大3分と限られていて短いので、
良ければ聞いてみてください!



今のところ記事は3つ挙げましたが、


せっかくなので、最後の記事、

「7月度総幹部会の3つのポイント」

のテキストを加筆修正して、文章にしてみたいと思います!!
(“こえのブログ”では、しゃべった声を自動でテキスト化してくれるのですが、さすがに誤りがあります。
しかし時間もかかってしまうので、基本的にはテキストの部分は無修正のままでいく予定です。)



皆さんこんにちは。
元顕正会現在法華講員のセロリです。

今回は顕正会の7月度総幹部会について3つのポイントから見てみたいなと思います!



まず1点目は、今回日蓮正宗の方では5月の中旬から6月末まで夏季講習会というのが行われて、
その中で顕正会の破折が取り上げられました。

そしてその中でも特に、「偽造本尊!」
つまり「偽本尊」ですね。

これについて取り上げられて、大白法の令和元年7月16日号には、その模様が載ったのですが、

顕正会としては準備期間は十分あったはずなのに、7月の23日か24日ぐらいに行われた総幹部会では、それが取り上げられなかった!

やっぱりこれはもう、浅井会長は、御本尊についての発言は都合が悪いと思ったんでしょうね。


今までは宗門で顕正会に対して何かあれば必ずといっていいほど反応してきたのに…これはやっぱり都合が悪いんだと思います。

それが1点目です!



2点目は、そのその代わりにといったような形なんですけれども、

今までの、正本堂とか国立戒壇のついて、その流れをずっと長いこと説明しました。


まあでも、ほとんどが顕正会の本に載ってるようなことをずっと延々と説明したので、

多分聞いていた顕正会の皆さんも、眠かったんじゃないかなと思います。


そしてその講演の最後に、

「早瀬日如管長の決断を待つ」なんていう風に言って、

日如猊下に対して、

「日顕上人と大草大講頭を追放せよ」

なんてことを言ってるんですけど、

これが、いつのこと言ってんのかっていったら、

平成6年から平成7年この間のことについての「山崎正友氏の対する謗法与同だ」と。


そんなことを今言っているんで、「何を今さら」という感があり、ちょっとおかしいなと。

それが2点目ですね。



そして3点目ですね。

最後3点目は、今回参議院選挙が大々的に行われたにも関わらず、一切、安倍政権のことについて触れなかったことですね。
(加筆です。公明党も100万票近く減らしたんですけどね。)


今までは、今年の1月の総幹部会、2月度総幹部会ぐらいの所では、まだ散々安倍政権のことを言われていたのに、

もう今は宗門攻撃一色になってしまいましたね。

これが三つ目のポイントかなと思います。


本当顕正会というのは、

まあ一つの何かキャンペーンを張って、しばらくの間そのキャンペーンとして、そのことばっかりこう、話してばっかりで…

少し前は安倍政権。今は日蓮正宗ということですね。

(ここで残り10秒の合図)

というわけで時間がないので…

そのような感じでした。以上です。



はい。ここまでです!

話し口調もできるだけ変えないようにしました。


今後、アメーバブログも合わせてよろしくお願いいたします!!



このような声の私にご相談・ご質問がある方は、お気軽にこちらまで!
09067099368
no_sleep502goal@yahoo.co.jp

 

↑このページのトップヘ