2009年09月28日

三沢さん追悼興行東京

プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE '09 in TOKYO 〜Mitsuharu Misawa,always in our hearts〜」


 プロレスリング・ノアの前社長であった故三沢光晴さんの追悼興行「GREAT VOYAGE ’09 in TOKYO 〜Mitsuharu Misawa,always in our hearts〜」が27日、東京・日本武道館で行われ、立見席まで出るほどの超満員となる1万7000人を動員した。

全日本プロレス時代は二代目タイガーマスク、そして素顔でエースとして活躍し、2000年にはノアを旗揚げするなど、あらゆる意味でプロレス界をけん引してきた三沢さんは今年6月13日、広島大会の試合中のアクシデントによる頚髄(けいずい)離断によって46歳で逝去した。今大会に続き、10.3大阪府立体育会館でも追悼興行が行われる。


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(5)トラックバック(0)ニュース 

2009年09月08日

川田参戦、相手は秋山&KENTA!

田上、川田は「一番合う相棒」 蝶野は小橋との絡みが濃厚=ノア三沢さん追悼興行
 プロレスリング・ノアの田上明社長が7日、都内・事務所で会見を開き、9.27日本武道館および10.3大阪府立体育会館で開催する故三沢光晴さん追悼興行の決定対戦カードを発表した。

 報道陣に配布されたリリース表の中で、ひと際目を引いたのが川田利明&田上組vs.秋山準&KENTA組のタッグマッチ。旧全日本プロレスの中で三沢さんら“超世代軍”と熱い抗争を展開した“聖鬼軍”が追悼興行で復活するのだ。田上は「川田は三沢さんの後輩だし組んでもいた。俺ともずっと組んでたし、9年ぶりに組んでみようかな」と故人に一番ゆかりの深い川田にオファーを出した理由を明かす。そして対戦相手が秋山&KENTAになったことについては「(川田&田上と)やったら面白いと思った」と単純明快な返答。聖鬼軍復活はもちろん、川田と秋山の間には旧全日本時代に浅からぬ因縁があり、KENTAとの蹴撃戦もファンにとっては興味深いものであろう。

■プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE ’09 in OSAKA 〜Mitsuharu Misawa,always in our hearts〜」
10月3日(土) 大阪府立体育会館 開場16:00 開始17:00

【決定対戦カード】

<特別試合 スペシャルタッグマッチ 60分1本勝負>
田上 明、川田利明(フリー)
秋山 準、KENTA

<シングルマッチ 45分1本勝負>
杉浦 貴
高山善廣(高山堂)

[参戦決定選手]
蝶野正洋(新日本プロレス)
青柳政司(誠心会館)
戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(6)トラックバック(0)ニュース 

2009年09月07日

三沢追悼興行で小橋vs武藤

小橋vs.武藤の初対決が実現! 9.27ノア三沢さん追悼興行でタッグマッチ プロレスリング・ノアは6日、故三沢光晴さんの追悼興行「GREAT VOYAGE ’09 in TOKYO 〜Mitsuharu Misawa,always in our hearts〜」(27日、東京・日本武道館)の決定対戦カード第1弾として、田上明&武藤敬司組vs.小橋建太&高山善廣組を発表した。小橋と武藤は初対決となる。

<特別試合 タッグマッチ 60分1本勝負>
田上 明、武藤敬司(全日本プロレス)
小橋建太、高山善廣(高山堂)


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(2)トラックバック(0)ニュース 

2009年07月26日

日テレ杯、金丸&鼓太郎優勝

金丸&鼓太郎組が三沢さんに捧げる初V

プロレスリング・ノア「Summer Navig '09」最終戦となる25日の東京・JCBホール大会では、3300人を動員。メーンイベントでは「第3回日テレ杯争奪Jr.ヘビー級タッグリーグ戦」優勝決定戦が行われ、決勝トーナメントを勝ち抜いた金丸義信&鈴木鼓太郎組と、青木篤志&飯伏幸太組が激突。
 お互いこの日2試合目とは思えないほどの激闘の末、鼓太郎が「三沢さんと僕の魂を込めて打った」というエルボー、ローリングエルボー、タイガードライバーという猛攻で青木から3カウントを奪取。GHCジュニアタッグ王者として、文句なしの初優勝を果たした。

 試合後、天国から見守る師匠・三沢光晴さんにイの一番に優勝を報告した鼓太郎は、「優勝はチャンピオンとして当たり前」とキッパリ。最強王者を証明すべく、早くも次期防衛戦の相手として、リーグ戦で唯一引き分けを喫した中嶋勝彦&宮原健斗組を指名した。
 一方、決勝トーナメントで金丸&鼓太郎組に敗れ、リーグ戦3連覇の野望が散ったKENTA&石森太二組は「タッグチームとしてのマンネリを戦うことで突破したい」と、一騎打ちを要求。GHCジュニアタッグ王座奪回、そして新たなステップに踏み出すため、シングル戦で互いの思いや技を確かめ合うことを訴えた。

GHC王者・潮崎が齋藤を次期挑戦者に指名
 GHCヘビー級王者の潮崎豪が、「谷口周平“驀進十番勝負”第5戦」に出陣。王者として1年5カ月後輩の谷口に胸を貸すも、相手の良さを引き出そうとするあまりに王者らしいファイトを見せられず、試合後は「まだ自分は十番勝負の相手には不似合い」と反省しきり。しかし、チャンピオンとして前進すべく、初防衛戦の相手として、あの6.13広島大会でのGHCタッグ王座戦で黒星を喫した齋藤彰俊を指名。「自分がリベンジしたい」と、広島の借りを自らの手で返すことを宣言した。


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(3)トラックバック(0)ニュース試合雑感 

2009年07月13日

田上ノア、新シリーズスタート

ジュニアタッグリーグ戦が波乱の幕開け
田上新社長がリング内外で大奮闘

 3連覇のかかるKENTA、石森太二組は青木篤志、飯伏幸太(DDT)組にいきなり黒星を喫する波乱のスタート。飯伏のトリッキーな動きに翻弄され、ペースを乱される間に青木がKENTAを腕ひしぎ逆十字固めで捕獲。一度は逃げようとしたものの、無念のギブアップとなった。
 3連覇に暗雲の漂ったKENTA組はノーコメント。一方、いきなりの金星スタートを切った青木組は「目指すは優勝!」と気合をみなぎらせた。

 現GHCジュニアタッグ王者の金丸義信、鈴木鼓太郎組は、中嶋勝彦、宮原健斗(ともに健介オフィス)組に痛恨のドロー発進。デビュー1年半の宮原の驚異的な粘りに攻め手を欠き、あっという間に25分が経過。残り5分でも中嶋組が怒涛の猛攻を見せ、30分時間切れとなった。
 引き分けという結果には不満を見せたものの、黒星は阻止した金丸は「残り全勝して最終的に頂点に立つ」と、悲願の優勝を誓った。 田上明は社長就任後の初試合を自ら白星で飾った


百田前副社長が辞任について50分間に渡り激白
 ノアの前副社長であり、新人事発表後、辞表を提出していた百田光雄があいさつのため12日の後楽園ホール大会に来場。リング上からファンへのあいさつや報告は行われなかったものの、実に約50分にわたり、報道陣に対して今回の辞任に関するいさきつを語った。

 百田は、7月4日に行われた三沢さんのお別れ会に関して一部の役員と軋轢(あつれき)があったこと、今回の新人事で役員会に出席する権限を持たない相談役とされたことで、会社に残る意味がなくなったと思ったことなどを語り、「父(力道山)が相撲を廃業する時にマゲを切った時と同じぐらいのの気持ちで辞表を出した」と、一睡もせずに覚悟を決めたことを明かした。

三沢さん追悼興行を開催、9.27武道館と10.3大阪府立
 ノアの所属全選手とスタッフがおそろいの「NOAH」Tシャツ姿でリングの周りに整列し、田上社長がリング上からあいさつを行い、「本日はご来場、誠にありがとうございます。三沢社長があんなことになりまして、後任で社長になりました田上です。天国の三沢社長にしかられないよう、先頭に立って頑張ります。これからもノアをよろしくお願いします。また、三沢社長の追悼興行を9月27日・日本武道館、10月3日・大阪府立体育会館で行うことが決まりました」と発表すると、観客からは温かい拍手と声援が送られた。


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(2)トラックバック(0)ニュース試合雑感 

2009年07月08日

百田が辞表を提出

百田が辞表を提出

ソースは週プロモバイル。
掲示板の方に雲琥盛蔵さんがコメントを投稿してくれましたので転載させていただきます。


『俺は自分の生き方を通してきたから、生き方に反する事は出来ない
色々あったけどあんまりごちゃごちゃ言うのは好きじゃない。自分
の思う道ではないので社長(田上)に辞表を提出しました』今後は
現役を続行する意向で『引退興行ぐらいはやりたい。うちのかみさん
の会社でも興行は打てる組織になっているので、最後くらい華々しく
やりたい』と述べた。ノア側は辞表を保留としている。
情報 週プロモバイルより


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(11)トラックバック(0)ニュース 

2009年07月07日

新人事発表 新社長は田上明

ノア新社長に田上明、副社長に小橋と丸藤 新役員人事を発表
プロレスリング・ノアは6日、都内・事務所横スペースで緊急会見を開き、三沢光晴さん急逝に伴う新役員人事を発表した。三沢さんに代わる代表取締役社長には田上明が就任。副社長には小橋建太と丸藤正道が就き、新社長をバックアップする。ほかにも森嶋猛が取締役選手会長に就任するなど、新たな体制で再出発することとなった。

 新役員人事は以下のとおり。

■プロレスリング・ノア新役員人事

代表取締役社長:田上 明
取締役副社長:小橋建太
取締役副社長:丸藤正道
常務取締役:早川久夫
取締役選手会長:森嶋 猛
取締役営業部長:三井政司
監査役:樋口寛治


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(2)トラックバック(0)ニュース 

2009年07月05日

三沢さん献花式に26000人

2万5千人のファンが三沢さんに献花、終了後も列は途絶えず 6月13日に開催されたプロレスリング・ノア広島大会の試合中に倒れ、頚髄(けいずい)離断により46歳の若さで亡くなられた故三沢光晴さんを悼む「三沢光晴お別れ会〜DEPARTURE〜(献花式)」が4日、ノア旗揚げの地である東京・ディファ有明で行われた。

 式終了後、百田光雄お別れ会実行委員長が取材に応じ、集まったファンの数は「2万〜2万5千人に上る」と発表した。その言葉を証明するように、献花を待つファンの列は一向に途絶える気配がなく会場外の歩道にまで及んだため、管轄する警察や消防隊員が出動するほど。一般受付は14時から18時までであったが、会場内での献花が終わったのは19時30分過ぎ。その後もファンが断続的に訪れており、主催者は急きょ入口付近に三沢さんの遺影と献花台を設置し、来てくれた方全員が最後の別れを言えるように配慮した。


北斗「三沢さんの笑顔しか知らない」、藤波「シングルで戦いたかった」
永田「正面から受け止めてくれた」、曙「ゆっくり休んでください」

三沢さん追悼興行、ノア新体制は現在のところ未定
 式終了後、百田光雄お別れ会実行委員長が取材に応じ、予想される三沢さんの追悼興行開催など今後に関しては現在のところすべて未定であることを明かした。1時間30分近く終了時間が延び、それでも止むことのないファンの列を目の当たりにし、「より多くの方々に(三沢さんを)送っていただいてよかった」とまずは感謝を口にした百田。翌5日に同所で開催されるノア選手会興行についてもチケットはすでに完売しているとのことで、「新しい旅立ちに向けて意気込みを見せてくれると思う」と三沢さんのいないノアを背負う若手選手たちに期待を寄せた。

 そして三沢さんの追悼興行を開く意思はあるのか問われると、「過去の通例を見ても考えなければいけない。ただ現状のシリーズもあるので、半年とか1年置いていい企画で大きなものができればというのもある。(追悼興行を)できればいいとは思うが、今の段階では未定です」と開催の可能性はあるが、現在のところ具体的には何一つ決まっていないとした。また、ノアの代表取締役社長であった三沢さんの跡を継ぐ人事・新体制についても「まったくの白紙です」と語っている。
戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(4)トラックバック(0)ニュース三沢光晴 

2009年07月04日

今年も開催 街頭プロレス

ノア汐留街頭プロレス 今年も開催!
 一昨年、昨年と2年連続で開催し、いずれも大好評を博したプロレスリング・ノアの「汐留街頭プロレス」が今年も行われることが決定した。
 開催日は8月2日、場所は昨年と同じく東京・汐留の日本テレビタワー地下2階ゼロスタ広場に特設リングを置き、真夏の激闘が繰り広げられる。
 なお、出場選手、対戦カードに関しては随時発表されていく予定だ。

■プロレスリング・ノア「GO!SHIODOMEジャンボリー ワッショイ!2009【汐留街頭プロレス】」

<開催日>
8月2日(日)


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(0)トラックバック(0)ニュース 

2009年06月23日

シリーズ最終戦

三沢さんへ届け! 選手とファンが聖地で一致団結
潮崎、KENTAがノアの主役取り宣言


 プロレスリング・ノア「Southern Navig.’09」最終戦となる22日の東京・後楽園ホール大会では、超満員札止めとなる2100人を動員。13日の広島県立総合体育館小アリーナ大会の試合中に倒れ、頚髄離断により46歳の若さで急逝した代表取締役社長・三沢光晴さんの遺志を受け継いだ選手たちとファンが一致団結し、熱い空間を生み出した。

 会場横の展示場に設置された献花台にはファンが途切れることなく訪れ、花やお酒を手向けて冥福を祈り、試合前には1分間の黙とうが捧げられた。また、全試合終了後に三沢さんの入場テーマ曲「スパルタンX」が流れると、観客は「ミサワ」コールと共に、三沢さんのイメージカラーであった緑と白の紙テープをリングに投げ入れ、最後の花道を降りることなく逝ってしまった三沢さんに今までの感謝を込めて声援を送った。

日テレ杯ジュニアタッグトーナメント参加チーム発表
KENTA&石森太二
金丸義信&鈴木鼓太郎
菊地毅&伊藤旭彦
平柳玄藩&菊タロー
中嶋勝彦&宮原健斗
ブライアン・ダニエルソン&ロデリック・ストロング
リッキー・マルビン&エディ・エドワーズ
青木篤志&飯伏幸太


戯言を読む

noahnavi at 00:00コメント(3)トラックバック(0)ニュース 
サイトはこちら
livedoor プロフィール
最新コメント
カウンタ
Total:
Today:
Yesterday:

※2003/5/21以降
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ