2008年01月19日

小橋建太どれどれトーク

小橋建太どれどれトーク出演

小橋建太選手が18日に日テレG+で放送されたトーク番組「どれどれトーク」に出演しました。
小橋選手復帰までの話や練習についてのトークが中心でした。
その主な内容を書き起こします。




--12.2久々にリングに立った感想は?

やっぱりリングは最高でしたね。緊張感はあったがそれ以上にリングに立った喜びがあった。

--復帰戦はきつくなかったですか?

確かに試合はきつかったですが、復帰戦の為に体作って練習してきたので。

--試合前にコンディション作りで心がけた事は?

腎臓は脱水に気をつけないといけないので普段から水を良くとるようにしていた。後はタンパク質。腎臓にはタンパク質は良くないんです。以前は高タンパク低脂肪だったが術後は高脂肪低タンパクなんです。
普通エビフライは海老9衣1くらいですが、それが腎臓色だと海老1衣9なんですよ。
筋肉をつけるためのタンパク質、エネルギーが取れないと言うのがつらかったですね。
その少ないタンパク質から筋肉を作るという作業が大変だったですね。

--試合に向けての恐怖感はなかったですか?

それは覚悟を決めているので恐怖感とか不安はなかったですね。
ただひとつ不安があるとすれば、試合をしていないので試合感ですね。
1年半試合から遠ざかっていたので、それはいくら練習をしても難しいですね。

(12.22サイン会でファンからの小橋選手に対するコメントVTRが流れる)

--ファンの方の熱い想いが伝わる(VTRを見て)いかがでしたか?

自分がリングに戻りたいという気持ちを後押ししてくれたのはファンの気持ちなんです。
嬉しいです、本当に、嬉しいです。

--プロレス大賞でベストバウトとカムバック賞を獲得しましたが予想はされていましたか?

カムバック賞はあるんじゃないかという噂はありましたが、まさかベストバウトをもらうとは想わなかった。

--その副賞を日本テレビの24時間テレビチャリティー募金に寄付されましたが、これは?

カムバック賞をもらえるという話があったので、その時に色々な事で苦しんだり悩んだりしている人がいますので、寄付しようと思ったんです。
そうしたらベストバウト賞ももらえたので、それも併せて寄付しようと。

--これまでも苦難の道だった小橋選手ですが、癌だとわかっても最初から復帰を考えていましたか?

いましたね。というか僕は「どうしたらリングに上がれるか」と言うことを主治医にずっと言ってきたんですね。
そしたら主治医から「小橋さん、プロレスのことは頭から外しましょう。まず生きましょう。生きていけば何かできますよ」と言われ続けた。
僕がしつこく言うもので2006年はずっと言われました。

--お医者さんは復帰に反対だった?

反対だ、考えられないと言われました。

--腎臓を取ると疲労感があると聞きましたが

倦怠感が凄かったですね。疲労が凄くて歩くのも辛かった。

--丁度膝の手術もされたとの事で、リハビリもしないといけなかったそうですね

2006年の12月日本武道館に、ファンのみんなの前に初めて挨拶に行ったんですね。
そして、その後の血液検査の数値が凄く良くなって、そのとき初めて主治医に復帰に前向きな言葉をもらったんですね。
それで復帰するには膝がまた悪くなっていたので、膝の手術をしないといけないと思いまして2007年1月に手術をした。
それが思った以上に酷かったんです。
2月、3月と全てのリハビリ・練習がうまく行かなかったですね。

--これだけ怪我や病気に苦しまれてもプロレスを続けられる原動力はなんですか?

やっぱり自分にとっての、、、う〜ん、命を賭けてやってますので・・・
命を賭けられる、、、人生、う〜ん。言葉は浮かんでくるんですけど、自分にも理解が不可能というか、、、突き上げてくる何かがあるんですね。

(この後、小橋建太マイヒストリーと題してプロレス入りするまでの話)


--プロレス入りして馬場さんの付き人をされたそうですが、そこで学んだ事は?

「プロレスラーは人間であって人間でない、怪物であれ」と言われました。
今でも心に残っています。

--2000年にノアに移籍することで不安はなかったですか?

いや、なかったですね。全くなかったです。わくわくする気持ちの方が大きかったですね。

--絶対王者時代にベルトを守る事の重圧はなかったですか?

そうとうの重圧がかかってきましたが、そのプレッシャーをはね除けた時にそのプレッシャーの何倍もの喜びを感じるんですよね。
そのプレッシャーは頑張って頑張ってやることが跳ね返せるので。プレッシャーが大きいほど乗り越えた時の喜びは大きいですね。
でも頑張らないとプレッシャーというのははね除けることができないですから。

--プロレスだけじゃなく日常生活にも当てはまりますね

みんなそうだと思うんですよね。全ての事に共通していると思うんです。それをプロレスというリングで表す事ができるという、人生そのものですよね。

--子供の頃は?

野球少年でした。3つ上の兄がプロレスを見ていてその影響で見るようになりましたね。
小学校の頃、ジャンボ鶴田さんとミル・マスカラスの試合をみまして「あー、これだ、この世界だ!」と思いましたね。
体も大きかったですし、プロレスの道に行くぞと思ったんですが実際は就職したんです。でもそのときの夢があって・・・

--小橋さんは大変な練習家として知られていますが、雑誌やネット上で語られている小橋建太伝説についてホントかウソでお答えください。

Q.練習は言われた3倍やる
A.これはホントですね。3倍というか人と同じ事やっていたらダメなんです。人より何倍もやる気持ちを持って実際にやっていく。自分が入った頃の全日本プロレスは相撲やアマレスの下地があるエリート選手が沢山いた。そういう人たちに勝つためには何をすべきか、練習するしかないんですよね。

Q.練習につきあった選手がオーバーワークで病院送りになった
A.これはウソですね。実際に病院に運ばれた選手はいるんですけども、たまたま体調が悪かったんですね。練習しているときに怪我とかはありますけども・・・

Q.合宿でハワイまでいったが一日中ジムにいた
A.いや、、これも、、、ホントのようなウソのような、、、ウソ、、です。6時くらいから練習を始めまして、食事を取ったりリラックスして、またジムに行ったり。2.3回ですね1日2.3回ジムに行って・・・

--じゃ、かなりの時間ジムにはいたが、ある程度はハワイも楽しまれた?

いや、あまり楽しんではいないですけども・・・

Q.趣味はズバリ練習だ
A.これもウソですね。

--話を聞いているとホントかと思うのですが・・・

いや、自分たちが練習するというのはみなさんが仕事で会社に行きますよね、それと一緒だと思うんですよ。
練習をして当然、当たり前の事であって趣味ではないんですよ。
その成果を発揮するのがリングであってですね、練習は自分たちにとってやらなくてはいけないことなんですよね。


--時には練習を休みたいと思うときはありますか?

ありますね。体が疲れてきている時は休みたいと思いますよね。

--でも、それでも休まないんですか?

そうですね。休みませんね。

--それも突き動かされる何かがあるって事ですか?

やっぱり、自分の中でしなくてはいけないという気持ちが強いんでしょうね。


--今後は試合の数を増やしていく?

そうですね。今年はもっと地方のファンのみんなにも見てもらいたい。

--どんな試合を見せたいですか?

以前と変わらず全力を見てもらいたい。自分のプロレスをみなさんに見てもらいたい。
リングというのは選手の生き様が出るんでそれを見て欲しい。

--40歳になられましたが、今後の目標は?

自分の中で男40からだと思っていますので、1試合でも多くファンのみなさんに見て欲しいと思ってます。
男は40からです!

--ファンのみなさんも応援していますから

ホントに、ファンのみなさんも言ってくれるんですが僕もファンのみなさんの姿や声を聞くことで元気をもらえますから。

--今日はありがとうございました。ご活躍を期待しています。

どうも、ありがとうございました。どうも、ありがとうございます。


関連記事
小橋建太さんの一生懸命な姿勢に感動
速報!小橋建太、来る!




小橋建太伝説の所はホント1ウソ3でしたが、実際は全部ホントだったような・・・w
聞き手の方がホントのプレートを持って何度も貼り直そうとしているのが笑ったw
練習は趣味じゃなく当たり前の事だと言っているけど、朝四時起きでジム直行とか、オフに一日中道場とかいうプロレスラーが驚く程の練習量は当たり前とは言いませんよw
それ自体がもはや仕事以上。

しかし、見れば見るほど聞けば聞くほど小橋建太は凄いレスラーだなぁと、感じます。
こういった落ち着いたトーク番組もなかなかいいですね。
小橋には合っているかもしれません。

noahnavi at 13:26コメント(4)トラックバック(0)ニュース | 小橋建太 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 54   2008年01月19日 14:21
真面目な男なんですねぇ
見習いたいですよ
2. Posted by とみぃ   2008年01月19日 15:46
真面目な男なんですよ
見習いましょ
3. Posted by 彼方   2008年01月19日 22:35
練習=趣味がウソというのは、小橋なりの本音だと思いますよ。
趣味じゃなくて、もっと強い生きがい、ライフワークなんだろうと思います。
休みたくなる時があっても休まないと言ってるのがその証拠で、これって我々が仕事に打ち込むのと一緒だと思う。
違いがあるとすれば、我々凡人は職場の規律や締め切りなどに追われてやってる部分がどうしてもある一方、小橋は周囲関係無しに鉄の自律心でやり通してるところでしょうね。
4. Posted by noahnavi   2008年01月20日 01:42
やっぱり自分は小橋建太にはなれないなw
自分に対してどうしても甘くなったり、妥協したりしちゃうから。
でも、だからこそ小橋に憧れるんですけど。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
サイトはこちら
livedoor プロフィール
最新コメント
カウンタ
Total:
Today:
Yesterday:

※2003/5/21以降
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ