2013年は「たんぽぽ娘」(ロバート・F・ヤング著)にとっては奇跡の年となりました。

またまた「たんぽぽ娘」が復刊されていました。


栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

この中に「たんぽぽ娘」(井上一夫訳)が収録されています。
『年刊SF傑作選2』の再録です。

『たんぽぽ娘 ー海外ロマンチックSF傑作選2』の伊藤典夫訳が、河出書房新社と復刊ドットコムで改訳決定版として読めるようになった今、井上訳と伊藤訳を読み比べる楽しみも味わえるわけです。なんて幸せ



これで、長い間幻の名作と言われていた短編「たんぽぽ娘」が、今年だけで3冊も刊行されたことになります
『たんぽぽ娘』3冊揃い踏み、なんて言っていたら 4冊になってしましました 
(あと、手元にありませんが、『年刊SF傑作選 2』と『奇妙なはなし』にも収載されています。)


せっかくなので、手元にあるロバート・F・ヤング作品の収載本を並べてみました。


IMG_3147

上段左から;
・『たんぽぽ娘 ー海外ロマンチックSF傑作選2』1980年 集英社(集英社文庫 コバルトシリーズ) 
→「たんぽぽ娘」伊藤典夫訳、を含む他の作家とのアンソロジー

・『栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック』2013年 角川書店(角川文庫)
→「たんぽぽ娘」井上一夫訳;『年刊SF傑作選2』1967年 東京創元社(創元推理文庫)の再録、を含む他の作家とのアンソロジー
 
・『たんぽぽ娘』2013年 復刊ドットコム
→「たんぽぽ娘」伊藤典夫訳;下の河出書房新社の新訳と同じらしいが、微妙に違う(校正の差?)、この一作のみの本
 
・『たんぽぽ娘』2013年 河出書房新社(奇想コレクション)
→「たんぽぽ娘」伊藤典夫訳の新訳;を含むロバート・F・ヤング短編集


下段左から;
・『ジョナサンと宇宙くじら』 1977年 早川書房(早川SF文庫)
→伊藤典夫編、訳;ロバート・F・ヤング短編集

・『ビブリア古書堂の事件手帖3』2012年 アスキー・メディアワークス(メディアワークス文庫)
→三上延著;題材に『たんぽぽ娘』(集英社版)が取り上げれた

・『時の娘 ーロマンティック時間SF傑作選』2009年 東京創元社(創元SF文庫)
→「時が新しかったころ」(ロバート・F・ヤング)を含む他の作家とのアンソロジー

・『ピーナツバター作戦』 2006年 青心社
→ 桐山芳男編;ロバート・F・ヤングのオリジナル短編集



題字がカタカナになった新装版『ジョナサンと宇宙クジラ』(早川文庫)も現在、絶版中で高い値がついているようなので、ぜひ復刊して欲しいものです。 

(2013.9.30 追記;『ジョナサンと宇宙クジラ』も復刊しました!
復刊!ロバート・F・ヤング『ジョナサンと宇宙クジラ』


(過去の記事)

たんぽぽ娘 ―海外ロマンチックSF傑作選2 (1980年) (集英社文庫 コバルトシリーズ)
出版:集英社
(1980-02)


栞子さんの本棚  ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)  [文庫]
著者:夏目 漱石
出版:角川書店
(2013-05-25)


たんぽぽ娘たんぽぽ娘  [単行本]
著者:ロバート・F・ヤング 著 / 伊藤典夫 訳 / 牧野鈴子 装画
出版:復刊ドットコム
(2013-06-14)


たんぽぽ娘 (奇想コレクション)たんぽぽ娘 (奇想コレクション)  [単行本(ソフトカバー)]
著者:ロバート・F・ヤング
出版:河出書房新社
(2013-05-25)


ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF)ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF) [文庫]
著者:ロバート・フランクリン ヤング
出版:早川書房
(2006-10)


ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫) [文庫]
著者:三上 延
出版:アスキー・メディアワークス
(2012-06-21)


時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫) [文庫]
著者:R・F・ヤング他
出版:東京創元社
(2009-10-10)


ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)ピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series) [単行本]
著者:ロバート・F. ヤング
出版:青心社
(2006-12)


年刊SF傑作選〈第2〉 (1967年) (創元推理文庫) [文庫]
出版:東京創元新社
(1967)


奇妙なはなし (文春文庫―アンソロジー人間の情景) [文庫]
著者:文芸春秋
出版:文藝春秋
(1993-02)