突然ですが、自宅の無線LAN が繋がらなくなりました。
それも、昨日まで繋がっていたのに、ある1台のMacと1台のiPhone だけです。

Mac の「システム環境設定」>「ネットワーク」 を見ると、
「WiFiは 自己割り当てIPアドレスが設定されておりインターネットに接続できない可能性があります」
というような表示で、 IPアドレスも「169.254.XXX.XXX」でした。
(正常なら IPアドレスは 192.168.XXX.XXX ) 
ネットの情報を参考に、Mac の再起動や、AirMac の再起動などいろいろしたのですが、ダメ。
その間も、繋がるマシンはずっと正常にインターネットに接続できるのです。


そしてたどり着いが情報がこちら;
→・ IPアドレスが169.254.XXX.XXXになってネット接続できなくなった時の対応策! - 裏技shop DD

DHCPサーバーとパソコン間に何らかの障害が発生しており、正しくIPアドレスが割り当てられなかった際に、パソコン内でAPIPAがリンクローカルアドレス(169.254.XXX.XXX)という169.254.0.0〜169.254.255.255のIPアドレスを割り当てている状態です。


原因は;
・DHCPサーバー(無線LANルーター)の故障
・モデムやONU(光回線終端装置)の故障
・LANケーブルの物理的破損
・パソコンのネットワークドライバの問題
・ソフトウェアによる問題

と意外にハードウェアの原因があるとのことです。


ウチの場合、AirMac はブリッジモードだったので、DHCPサーバーは NTTフレッツ光の ONU です。
そこで、 GE-ONU PR-S300SE の電源を一旦切って再起動したところ、ビンゴ

正常に接続されるようになりました。
WiFi 接続の場合、関わる機器も多いので原因の切り分けが難しかったです。