金鯱賞の展望


スポーツ見てて震えた瞬間

(ニコニコVIP2ch)

ぶるぶるぶる。どれも震えますねぇ。
競馬が7本も入ってるのは嬉しいっす。入っていない競技はけっこうあったのに。
あ、おひさしぶりです。ずーっとサボってました。ただただサボっておりました。
いろいろ書きたいことは競馬以外にもたくさんたくさんあったんだけど、
五月病ならぬ春先病てな感じで、どーにもこーにもテンションが上がらなかったのです。



これは震えるというより凍りつきますな


金鯱賞

大規模な改修工事に入った中京に代わり、今年は京都で開催される。
中京は天候さえ良ければ開幕2週目で絶好の馬場状態になることが多く、
起伏のない平坦コースということも合わさって、毎年のように高速決着。
宝塚記念のステップレースの1つではあるが、概念としては本番への直結度は低い。
だが、古馬ともなるとスピード能力はそのまま総合力の高さの表れということなのか、
この金鯱賞で1分58秒5を切った馬がそのまま宝塚でも好走することが多々ある。
今年は開催6週目に入った京都で行われるので馬場差などを考慮する必要はあるが、
(しかも、前週の日曜日に不良馬場で開催されたダメージも残っているはず)
ある程度の時計で走破できないようでは、牝馬2強が待つ本番は厳しいのでは?
ナムラクレセントを中心にしてみた。重賞未連対というのがいささか気になるが。
菊花賞と昨年の阪神大賞典を3着したことで陣営は長距離に未練タラタラのようだが、
5代血統表を見る限りは中距離でこそ、の配合だと思う。
東上して日経賞・春天と使った後の中3週、というのは気になるけれども、
過去[3001]の2,000mで走れるメリットのほうを高く買いたい。
相手を絞り込みたいところだが、他の馬たちにはみなウィークポイントがあり、
強く推せる存在にまではなり得ないので、馬連を総流しとする。


ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます
ポチ×4押してくださいませ


Comments(0) | TrackBack(7) │   (20:30)