菊花賞の展望


激動のドンカスター史

(競馬ろまん亭)

菊花賞50周年とドンカスター競馬場と京都競馬場が姉妹競馬場となったのを記念して
89年に創設されたのに…本家は英国最古の長距離3冠と位置づけられているのに…
で、今年は1000万条件のダ1,400m。毎年コロコロ変わるから、まったく定着しない。
芝の長距離とは真逆じゃん。私は非重賞の名物レースがあってもいいと思うんだけど。



非重賞の名物レースと言えばコレ


菊花賞

3,000mがゆえに、このレースは血統からくる適性があれこれ言われがちだが、
直線に坂がない京都、道中の緩い流れを我慢できればスタミナなどは不問だ。
現に明らかな短距離血統のメガスターダムが0秒1差で3着したこともあったし。
早熟マイラーよりは底力ある配合の馬を選んだほうがいいという話であり、
長距離への適性があるに越したことはないが、あまり血統を気にする必要はない。
エアスピネルの笹田師は「距離に不安があったら使っていない」と言ったらしいが、
私は「京都はデイリー杯を勝っているように、相性は良い。距離を克服するように
皐月賞やダービーを経験した。十分に対応はできる。得意な京都で巻き返したい」
とのコメントのほうを信じたい。確かにキングカメハメハ産駒は長距離となると弱いが、
ローズキングダムが長距離でそこそこやれたことを思い出せば、悲観することはない。
近親に00年の菊花賞馬エアシャカールがいる、潜在的な長距離適性に期待したい。
前日の22時時点ではかなりつくので、色気をもって単複を。


ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます
ただ貼り付けているだけなので、押す必要はありません


Comments(0) | TrackBack(7) │   (22:00)