桜花賞の展望


春・夏・秋・冬 季節を感じる重賞は?

(競馬ろまん亭)

私の場合は春=弥生賞、夏=アイビスサマーD、秋=毎日王冠/京都大賞典、
冬=ステイヤーズSかな。重賞限定じゃなかったらいろいろあるけど。
重賞で季節を感じるということは、時間が早く流れていることにもつながり、
(競馬が好きになると一週間があっという間に過ぎてしまうのはわかるよね)
気がついたら自分がおっさんになったことをしみじみと感じます。



季節感がない真夏の画像


桜花賞

今年の関東地方のサクラは千代田区九段の靖國神社にある標本木が早く咲いたため、
全国でも東京が一番早いことになったが、今週の半ばが見ごろというスロー進行で、
明らかに標本木のフライングだった。今年のサクラは早熟型。サクラじゃなくてラフィアン。
サクラは基本的にパッと咲いてパッと散るもので、偽客と書いてさくらと読ませるアレも、
パッと派手に景気よくやってパッと消えるサクラの花の性質から来たらしい(諸説あり)。
ソウルスターリングは早熟型のサクラなんかではなく、現役でいる限り咲き続けるだろう。
欲を言えばもう少し馬体が増えてもらいたいが、ガリガリにやせ細っているわけじゃない。
阪神コースは基本的に何かに特化した馬がいいのではなく、バランスが問われるので、
そこで負けなしでタイムも詰めているのに◎にしないのは、さすがにアナ好きな私でも…
大量投票がありオッズがものすごいことになっているから、14番の単複だけちょろっと。


ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます
ただ貼り付けているだけなので、押す必要はありません


Comments(0) | TrackBack(3) │   (21:00)