皐月賞の展望


JRAって必死に若い人向けのCM作ってるけど

(競馬総合まとめ速報)

競馬というものにいろいろなファクターがあり、どれも重要で取捨に困るように、
いろんな一般世間へのアピール方法があって簡単に取捨ができないものです。
確かにCMはアレだけど、ほかに外へ訴えかける手段がほぼないことが問題。
話題になる人は少ないし(いまだに武豊頼り。藤田菜七子は実績に乏しい)、
誰に聞いても答えられるようなスターホースが定期的に出てこないし。
テレビCMだけで初心者もヘビーユーザーもカバーするのはまず無理だから、
とにかくアピールする手段を増やして、それらをフルに使って世間に知られる、
このことを地道に続けていくしかないのです。早急な結果を求めてはいけません。
早急な結果を求めてるから、ライト層へのテレビCMはクソという評価なのよ。



いかにJRAのCMがクソかという思惑も、今日の強風で吹き飛びました


皐月賞

一時期、水商売でバイトしてたことがある。パブクラブとか言ってたっけ。
時間制で女の子がついて…だったから、キャバクラ的なものと捉えてもらっていい。
その店で魅力的な女性と出逢った。仕草や表情がやわらかく、巨乳でもあった。
まぁ多少ぽっちゃりでもあったのだが(笑)。でもすべてがボリューミーというわけではなく、
それなりのくびれはあった。だからおっぱいの大きさが私にもわかるほどだったのだ。
彼女は突出したものがあったわけじゃないが、安定的に固定客に人気があった。
その娘の名前は“さつき”という。このレースが来るたび彼女を思い出して心が熱くなる。
(下半身も熱くなる。さて、今夜も自家発電だ。オカズは何にしよ。二次元か三次元か)
同様に思い出して心が熱くなるどころかグラグラ来るのは、ウオッカのダービー。
「牝馬は通用しない」と考えが凝り固まっていた私は、同馬を一銭も買わなかった。
それであの結果。自分が全否定された感じになったのを覚えている。今回もまた…
ファンディーナは確かに強いが、牡馬相手に1番人気になるほど突出しているだろうか。
同馬の1番人気は、牝馬が勝つと69年ぶりという気運の高まりに浮ついているだけ。
さすがに「牝馬は通用しない」的な凝り固まったものはなく、柔軟性に富んでいるのだが、
ファンディーナがウオッカクラスかどうなのかを考えれば、おのずと結論はまとまる。
確かに今年の3歳牡馬はハイレベルではないが…とりあえずファンディーナは消した。
あとはどの馬から買ってもつくので、明確には本命を決めずにいこう。


ありがとうございます ありがとうございます ありがとうございます
ただ貼り付けているだけなので、押す必要はありません


Comments(0) | TrackBack(5) │   (21:00)