神戸新聞杯とオールカマーの展望


QE2世Cなど香港の春G13鞍が来年から同日開催へ

(競馬総合まとめ速報)

かつては私も、BCのように同日開催したらいいんじゃ…とは思ってたけど、
給料日にいろいろ使わず、期間トータルで分散させることも考えなくちゃなぁ。
となると、毎週G1がある今のスタイルは私というか日本人には合ってるかも。



13年前


神戸新聞杯

平日はここをまったく更新せずほっぽった。
いろいろ理由をつけられるのだが、ただ単純にテンションが上がらなかった。
ネタがなかったとかはない。ブラウザのブックマークは腐るほどある。
言い訳なんかしないでに素直にやる気がなかっただけだったことを告白する。
このレースも素直にダービーに出てた馬を優先。となるとレイデオロなのだが、
私自身が素直のかけらもないひねくれ者なので、ちょこっと曲げた予想を。
ダービーは明らかなスローペース、はたして同じ流れになるだろうか。
ならないと信じたい。自分が騎手なら玉砕覚悟で無理して逃げ馬に突っかかる。
これこそが勝負事を見せ物としている職業の人がやるべき事柄なのだ。
展開は自分だけでは作り出せない。何人かが共通の意思を持ってこそ成り立つ。
もし今回もマイスタイルの楽逃げを許したら、騎手たちは頭を丸めるべきだ。
速く流れれば、ベストアプローチの潜在的なスタミナが武器になってくる。
レイデオロが順調ならあっさりだとは思うが、4番の単複に可能性を見出す。

オールカマー

ここも毎日王冠も距離的には秋天に近く、京都大賞典よりはいいと思うのだが、
距離短縮から30年以上経つが、秋天は長距離G1のままなのかもしれない。
しかしそれにしても、オールカマーは秋の天皇賞との関連性がとにかく希薄。
人気が予想されるアルバートも、ここ→AR共和国杯→JC→有馬だろう。
一般的には中山のトリッキーさを嫌がり、有馬記念はパスされるものだが…
これが順調にいきそうだ。2番の単複。



ただ貼り付けているだけなので、押す必要はありません


Comments(0) |  │   (23:00)