忘れるな(自戒)


いろいろな世界

(おがわじゅりの馬房)

朝方の激しい雨がウソのように晴れ上がり青空が広がったし、
これからサムライブルーのユニフォームで戦う試合があるし、
月イチのマリンフェスタでロッテも青いし、対戦相手の西武も濃紺だし、
24日は青しかない状況なのでリンク。宝塚で4枠は最高が5着だったけど。



青の娘を指名…って、全部同じ整形じゃねーか


宝塚記念

市川海老蔵が長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクトに参加し、
昨年6月に乳がんのため死去した妻の小林麻央さんの遺志を継ぐ活動が、
一部批判の声が想像以上の“圧力”となり頓挫していることを明かした。
麻央さんのことを忘れないようにいろいろ取り組むのなら応援するが、
やはりその一件を広告塔に収入アップを図る感じがミエミエなので…
和田竜二はたびたびオペラオーの名を口にした。麻央さんとは違い、
テイエムオペラオーの死は直近だった。忘れようにも忘れられまい。
私は昨年の6着でミッキーロケットがこのレースに適性をみせていたことを、
すっかり忘れていたようだ。さすがに◎にはしないものの、ちょっと後悔。
ワーザーはマイナス27kgというのが響いて、クビ差だけ交わせなかった。
おそらく陣営は調整ミスを後悔していることだろう。力があっただけに…
ノーブルマーズは重賞勝ちすらなく、力はないからちっとも惜しくはない。
大健闘の部類だろう。12番人気という低評価ながらこれだけやれたのだから。
ファンに高く評価された1番人気サトノダイヤモンドは返し馬の感じが良く、
上がって行ったとき「おっ」とは思ったが、それっきりで結局0秒8差、
「コンディションは悪くなかった」(クリストフ・ルメール)から考えるに、
ある程度の条件が整っていたのにこの結果、やはりこの馬は終わったのか?
キセキはまだ4歳、終わったと断じるにはまだ早い。始まってもいない(笑)。
市川海老蔵の名は江戸時代から続いている名跡で、当代の前に10人もいる。
キセキのオーナーは冠号をつけないのでおそらく馬名には困らないだろう。
だから、ニダイメキセキとかは誕生しない。たぶん受け付けてもらえないな。
(アドマイヤやメイショウやニホンピロは文字数的にいずれ枯渇するはず)



ただ貼り付けているだけなので、押す必要はありません


Comments(0) |  │   (21:00)