===転載歓迎====

京都府京丹後市での米軍基地建設計画。
本日(5/26月)にも、米軍基地建設工事着工強行か、という情報が入ってきました。

米軍は5月2日に業者を決定、14日に着工許可書類を提出したとのこと。
土曜日の京都新聞もこの情報をスクープし、大きく報じております。

▼「京丹後Xバンドレーダー近く着工 地元連絡なし」(京都新聞5/24)


しかし、これまで市民から指摘された問題について、たしかな対策を国は示していません。
また、京都府や京丹後市は、国と米軍の歯止めになっていません。
予定地・宇川地区では賛成する人はほとんどおりません。
住民説明会では、反対の声ばかりがあがっています。
米兵による事件事故を防ぎ、適切な対処のできない地位協定。
強力な電磁波や基地の運用による健康や絶滅危惧種ハヤブサ、水源への影響。
東アジアの軍事的・政治的緊張をさらに高めるということ。
これらについて、国から根拠ある対策は示されていません。誠意ある説明もありません。

どうか、緊急性のある現状を、各方面へ拡散してください。
そして、できることを、できる場所で、お願いします。
抗議に行ける方は防衛省や京都府庁へ声を届けて下さい。
電話・FAX・メールでの抗議が出来る方はぜひお願いします。
Facebookやtwitterでのシェアも歓迎です。
「地元」なるものを切り縮め、分断し、孤立させる動きに、最大限の抗議と抵抗の創意工夫を。

抗議先などについては以下をご覧下さい。

■1.京都府京丹後市経ヶ岬 米軍基地建設を止めるためにできること
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/35140690.html

<抗議先一覧>

▼防衛省
○京都・米軍基地建設に関する相談窓口
090−9047−5234
(平日だけでなく、土日祝日も相談を受け付けるホットライン)
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/35812593.html

○近畿中部防衛局
大阪市中央区大手前4-1-67   
TEL 06-6945-4951
FAX 06-6945-7681
goiken@kinchu.rdb.mod.go.jp

○防衛省本省
TEL 03-5366-3111
FAX 03-5261-8018
ご意見箱 https://sec.mod.go.jp/mod/goikenshinsei/goikenbako/index.html

▼内閣官房
TEL 03-5253-2111
意見箱 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/cas_goiken.html

▼外務省
TEL 03-3580-3311
ご意見箱 https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

▼米国大使館
TEL 03-3224-5000

▼京都府
○京都府知事へ直接メッセージを送る
「知事へのさわやか提案」 http://www.pref.kyoto.jp/teian/index.html

○総務部総務調整課(米軍基地建設に関する窓口部署)
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
TEL 075-414-4030
FAX 075-414-4048
somucho@pref.kyoto.lg.jp


また、計画の問題点などは、下記をご覧下さい。

■2.計画の問題点
http://peacetango.exblog.jp/20990730/

■3.2014年5月 国による住民説明会の様子
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/38780893.html
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/38475342.html
参考 http://peacetango.exblog.jp/21983299/
http://peacetango.exblog.jp/21284992/

■4.建設予定地・宇川地区からの声
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/38475342.html
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/36728527.html
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/35942407.html

■5.京都府・山田知事のこれまでの対応
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/37633905.html
http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/36524425.html

■6.最新情報については
スワロウカフェTwitter  @nobaseokinawa


”花をむしり取ることは出来ても、春が来るのを止めることは出来ない”


==

▼京丹後Xバンドレーダー近く着工 地元連絡なし(5/24京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140524000021

 航空自衛隊経ケ岬分屯基地(京都府京丹後市丹後町)への米軍Xバンドレーダー配備計画で、米軍が工事業者に着工を許可したことが、23日分かった。週明けにも着工する見通し。京都府や京丹後市は、工事車両の通行など安全対策の観点から再三、防衛省に対し、着工日を事前に伝えるよう申し入れているが、連絡はないといい、情報開示の不十分さが浮き彫りになった形だ。

 在日米陸軍司令部(神奈川県座間市)広報室によると、5月2日に工事業者が決まり、14日には着工を許可する書類を業者に交付したという。

 防衛省は4月の地元説明会で「5月着工、12月運用開始」を明らかにしたが、以降は「米軍から情報が入ってこない」「米軍が業者と契約したとは聞いていない」とし、具体的な工事のスケジュールや内容を説明していない。

 近畿中部防衛局報道官室は「着工の情報が入れば、地元自治体を通じ住民に伝える。工事の直前にならないよう、前もって周知する必要がある」としていた。

 Xバンドレーダーは北朝鮮などの弾道ミサイルを探知・追尾する高性能レーダー。国内では空自車力分屯基地(青森県つがる市)に次いで2基目。用地は経ケ岬分屯基地の敷地と、隣接の米軍基地用地3・5ヘクタールなど。米軍基地用地は地権者と賃貸借契約を完了しており、まずは造成工事に着手するとみられる。

kyogamisaki