B2JwetvCUAAqvnE

★京都府庁前座り込み&抗議行動★

日時: 2014年11月25日(火)午後5時半〜7時

場所: 京都府庁東門前(京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町)
     地図とアクセス http://www.pref.kyoto.jp/access.html

2014年10月21日早朝4時半。多くの反対の声を無視して、米軍と国は、米軍レーダー(Xバンドレーダー)を京丹後市宇川地区の米軍基地建設現場に搬入強行しました。

宇川の住民の方々やこの問題に関心を寄せる方々は、米軍人・軍属による事件・事故の可能性や日米地位協定という根本的な問題、レーダーの運用による健康や漁船、生活への影響、基地の建設・運用にともなう環境破壊や景観、文化遺産の破壊など、多くの問題点を指摘してきました。10月27日には、京丹後市弥栄町で米軍人・軍属が電信柱を大破させる交通事故を起こしています。また、建設現場では、銃で武装した警備員が活動を開始し、電源設備などからの重低音の騒音が24時間続く状態になっています。

市民が確認を求めてきたさまざまな問題点について、米軍も国も、まともな回答や説明をしないまま、レーダーの搬入が強行されてしまいました。山田啓二知事を筆頭に京都府は、国や米軍の側に立って、手続きのみを進めていくことに加担しているように思えてなりません。京都府が防衛省に提出した受入れ条件でさえ、反故されているのにもかかわらず、なぜ反対の声をあげないのでしょうか。山田知事は、どこに立って、何をしているのでしょうか。

住民を無視したレーダー搬入、米軍人・軍属による交通事故、説明や約束を次々に反古にする防衛省、それを追求できない山田知事。これらすべてにNOの意思表示をしましょう! そして、京都府庁の職員の方々に、行政として住民の立場にたった仕事をしっかりするよう呼びかけましょう!

楽器や鳴りもの、あたたかい飲み物や食べ物、手作りのプラカード、そして怒りの思いを持ち寄って、ぜひお集まり下さい☆

なお、同日4時半〜5時半には、「経ヶ岬での米軍基地建設計画の中止・撤回を求める緊急共同声明」呼びかけ人による、京都府への申し入れと公開質問に関する協議が行われます。座り込みの際、その結果報告もいただく予定です。京都府が何を考え、どんな判断をしてきたのかのシェアをしたいと思います☆

参照: 経ヶ岬での米軍基地建設計画の中止・撤回を求める緊急共同声明
     http://peacetango.exblog.jp/