カライモさんカライモさん








第2回 丹後フェス!に、ブース出店してくださるお店さんやグループ、個人の方々を、これから順次ご紹介していきますね。


今回のフェスは、丹後に限らず、京都市内や、関西圏において、京丹後・宇川や沖縄に心をよせてくださっている方、スワロウカフェの活動を理解してくださり、私たちに表現の場を提供してくださる方などにも参加していただきます。

いろんなカタチで、この社会の問題を考え、土地に生きる人々やそのくらしを愛し、つながろうとしている人々、思いをよせている人々がたくさんおられます。
今回の「丹後フェス!」が、そんな人たちが互いに出会える「場」になれたらなあという思いです。
そして私たちも、多くの人たちと新しく出会い、つながることができたらなあ、と思っています。 


さて、ご紹介トップバッターは「カライモブックス」さんです。
私たちは「スワロウカフェ・トラベリング」と称して、京丹後・宇川のこと、沖縄の高江や辺野古について語るお話会を不定期でやっていますが、そのための場所を提供していただいたり、いろんなチラシを置いていただいたり、本当にお世話になっています。
もちろん、普通にお客さんとしても大変お世話になっていて、カライモさんの本のセレクトのすばらしさには毎回ニヤリとさせられます。
ゆっくり、のんびり、じっくり本を選ぶことができる独特の時間がお店に流れているのも魅力です。
カライモさんに会いに、丹後フェス!に遊びに来てください。
そしてステキなお店のほうにもぜひぜひ足を運んでみてくださいね。



■■■カライモブックスさんからのコメント■■■

京都・西陣にある古本屋です。水俣が好きになって古本屋になりました。石牟礼道子・詩・社会運動・人文・芸術の本が多いですがいろんなものを置いています。勉強会などのイベントもしています。
宇川を訪れたことはありません。宇川という土地に心をそえることができていません。だけど、スワロウカフェのかたがたには心を勝手にそえています。土地に心をそえる、ということはとてもむつかしいことです。なまじっかではできない。土地はおおきい。だけど、人は違う。人になら心をそえることは容易だ、と思いたい。今回、誘っていただいて、とても嬉しかった。愛する人をとおして、愛したい人・土地と出会えるのだ。人も愛したいし土地も愛したいのだ。広がる、広がりたいのだ。甘いにおいがするほうに、ぼくは向かいます。
 
丹後フェスには丹後・沖縄・水俣・社会運動などの古本と、水俣の海産物・お茶・マーマレード・石鹸などを持っていきます。


■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お店のホームぺージはコチラです↓
オンラインショップもあります。
カライモブックス