★高江に行こう★

辺野古での工事は止まっているようですが(国の対応は不十分ですが!)、高江の状況がとても緊迫しています。

不思議なことなのですが、沖縄県と国とのあいだでの辺野古をめぐる「和解」後の協議のなかで、高江のヘリパッド問題が話し合われ、国からの要請を受けて、沖縄県が座り込み住民らの車撤去を文書指導することが決まったとのことです。なぜ?? 辺野古でも高江でも、軍隊による住民の暮らしや自然の破壊が同じ様に問題です。両者を切り分けることは許されないことだと思います。

「県、車撤去を文書指導へ 高江ヘリパッドで防衛局に方針伝達」『琉球新報』2016年4月19日 http://ryukyushimpo.jp/news/entry-261977.html

高江で何が起きてきたかは『Voice of Takae』 http://nohelipadtakae.org/files/VOT-jp2015June28.pdf を。沖縄平和市民連絡会による送迎(カンパ制)もあり★http://www.projectdisagree.org/2016/04/4.html

ぜひ高江に行ける人は行きましょう。
とはいえ、
「でも何を準備すればよいのかな?」
「どうやって行けばよいのかな?」
そんなみんなの力に少しなれたらいいな、ということで、座り込みのしおりをスワロウカフェは作り、配布しています。

高江だけでなく辺野古についても、行き方や座り込みの周辺地図、現場で心がけたいこと、などなど…まとめました。
ダウンロードや印刷などしてお役立ていただければと思います。

高江で、あの鬱蒼とした森に身をおきたい。鳥や動物や昆虫の声をききたい。満天の星空をながめたい。基地・軍隊があそこにあることの異様さを、身体全体で感じながら、しっかり抗議したい、工事を止めたい。高江はすばらしい場所です。ぜひ、行ける方は、高江へ行きましょう!

もちろん、行けなくても、できることをできる場所でやっていきましょう★

座り込みのしおり1


座り込みのしおり2


※しおりの内容についてご意見などあればメール(noarmydemo@gmail.com)にてお知らせください。よろしくお願いします。