5/21(土)14:00から、東京では「国の暴力を許さない!!レジスタンス大行動」があります。
 ・場所:警視庁、海上保安庁、国土交通省前
 ・呼びかけ:辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
https://henokorelay.wordpress.com/2016/…/20/5-21-resistance/ 


スワロウカフェも賛同させていただきました。

沖縄での米軍属による事件が報道されています。「徹底した再発防止と綱紀粛正」という言葉を、私たちは何度聞かされつづけてきたことでしょうか。そして、「サミット前にタイミングが最悪」などと口走る政治家の愚かさ!


私たち自身の力で、基地・軍隊をなくさなければいけないと改めて思います。


ぜひ集まりましょう。


===


「国の暴力を許さない!!レジスタンス大行動 警視庁・海上保安庁・国交省」


resistance


「弾圧は抵抗を呼び 抵抗は友を呼ぶ」 (瀬長亀次郎)


2016年3月4日、辺野古新基地建設は、政府の「和解案」受け入れによって一時中止となりました。これは翁長沖縄県知事や、辺野古のキャンプシュワブゲート前・海上において非暴力の抵抗で直接工事を止めた人々、そしてそれを支えてきた人々による成果です。


しかし、非暴力で抗議を続ける人々に対して、命を奪いかねない暴力をふるい続けてきた海上保安庁や警視庁機動隊、県知事の権限を無効にし、基地建設代執行 手続きに乗り出した国土交通省、彼らの行いを忘れてはいけません。また、工事中断の発表直後にも、安倍政権は「辺野古移設が唯一の解決策」と主張していま す。いま、私たちは、この状態をただ見守っているだけでよいのでしょうか?


公権力による横暴は、辺野古に限定されるものではありません。安保関連法案の強行採決、原発事故避難者への支援打ち切りや原発の再稼働、自衛隊配備の拡 大、オリンピック優先の弱者切り捨て、朝鮮学校の無償化除外、非正規雇用の拡大と差別、G7サミットでの過剰な厳戒態勢など問題は山積みであり、それらの 問題の根幹は同じだと気付かされます。そして今、このような現政権の政策や手法に強く抗議する人々に対し、警察は過剰警備と不当逮捕を繰り返し、弾圧して います。


公権力による越権行為を許さず、あらゆる人が共存できる社会でありたい。そのために、さまざまな分野で声を上げている私たちがつながり、みんなで行動しましょう!暴力を否定し、豊かな表現を。個々の自由な精神を尊重しながら。


日時: 2016年5月21日(土) 14:00スタート
場所: 警視庁、海上保安庁、国土交通省前
呼びかけ: 辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ


★当日は、抗議をしながらも、辺野古のように歌あり・踊りありで、皆が思いを豊かに表現しながら、楽しくつながれる場をつくっていきましょう!