《沖縄・高江座り込み緊急報告会第2回》



日時:9/11(日)18時30分〜21時

場所:かぜのね多目的スペース
(京阪電車「出町柳」駅から徒歩2分)
http://www.kazenone.org/modules/contents/index.php?content_id=3

主催:スワロウカフェ
       blog http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/
         Facebook https://www.facebook.com/noarmydemo/
         Twitter https://twitter.com/nobaseokinawa
 
参加費:無料(カンパは歓迎)
〜さんぴん茶とおやつもあります〜

沖縄本島北部のやんばるの森の集落・高江では、危険なオスプレイが使用する米軍ヘリパッドの建設工事が7月末より再開・強行されています。高江の住民はこ の計画が明らかになってから何度も区民総会で反対決議をしてきましたが、それでも日本政府・米軍は聞く耳をもたないため、2007年8月から座り込みを始 めました。現在、日本政府は新たな4つのヘリパッド建設のため、沖縄県警に加えて東京・千葉・神奈川・愛知・大阪・福岡から機動隊員を大量動員し、座り込 む人々を強引に排除しながら、工事のための土砂を連日搬入しています。

しかし現地ではこれに屈することなく、創意工夫に満ちた取り組みが繰り広げられています。長年座り込みがつづけられてきたN1表のテントは7/22に強制 撤去されてしまいましたが、工事の要となるN1裏にはおおきなントが設けられ、沖縄県内だけでなく、日本や世界の各地から集まった人々が24時間座り込み をつづけています。さらに工事を1時間でも、1秒でも長く止めていくための阻止行動が、毎朝休むことなく取り組まれています。

スワロウカフェは、京都でできることをつづけながら、同時に、高江にも足を運び、座り込みに参加しています(詳しい現地からの報告はFacebookとTwitterをご覧下さい)。

もっと多くの本土の人々が関心を持ち、ひとりでも多くの人が現地を訪れるようになってほしい。そして、工事を止めていきたい。

現場の状況や空気をすこしでも多くの人に知ってもらいたいという思いから、報告会を開催します。この間現地を訪れたひとたちが写真や動画をまじえて報告します。ぜひご参加ください。