トップページ » 天下りって、どうして悪いの?素朴な疑問ですが教えてください。

天下りって、どうして悪いの?素朴な疑問ですが教えてください。

テレビを見ていて、分からないことがあっても、質問が出来ないのが なんとももどかしいと思います。
2・3週間前かな、国会議員とみのもんたさんが天下りについての取り上げたのが下のニュース
 
 
駆け込み天下り?:元国交事務次官、前特許庁長官が政権交代前に【毎日】

 元国土交通省事務次官の峰久幸義氏(60)が28日付で、住宅金融支援機構の副理事長に就任した。省庁による天下り先のあっせん禁止を盛り込んだ民主党の政権公約(マニフェスト)が27日に公表されたばかりだが、28日には、独立行政法人・日本貿易保険の理事長に鈴木隆史・前特許庁長官(60)を8月1日付で充てる人事も発表された。「政権交代前の駆け込み人事」との批判も出てきそうだ。

 

司会者も、議員もけしからんと怒りの声をあげるだけなので・・・では、どうすれば良いのかと訊きたかったのです。

一つのポストが空き、補充しなければならないとき、当然それなりの能力を持った人を選任するわけです。

天下りがいけないとなれば、民間人または内部昇格のいずれかです。

もう、一つの解決方法はその法人を省庁内部に取り込めば、単に役所内の人事異動で、天下りにならないわけでです。

そして、国家組織は肥大化しますが、天下りは根絶できます。

天下り禁止など簡単にできます。
省庁を肥大化すればよいだけじゃないか。 


住宅金融支援機構なんて廃止だよね。住宅ローンを借りる立場から言えば、銀行ローンと住宅金融支援機構のローンの申込書を2枚、一つの銀行に提出して面倒。銀行ローン一本で手続きできる政策を考えて欲しいものです。

 関連情報

民主党政権で社会保険庁は存続だが日本年金機構は廃止の件: 極東ブログ



nob11nob11  at 23:27
トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星