トップページ » 酸素ボンベをおともに外出

酸素ボンベをおともに外出

酸素吸入チューブが牛の鼻輪のようでかっこ悪くて外出が嫌になりそうですが、とにかく電車に乗ってみようと冒険してみました。
外出は酸素ボンベをショッピングカートのような専用運搬車にのせ、酸素を吸入します。
いつもは何気なしに通っていた駅までの道が遠いと感じます。駅のエレベータのドアを開けて待っている人がいます。いつもなら小走りして乗るのですが、そんな急ぎ足をする気力もなく、先に行ってもらいました。
電車の中では牛の鼻輪スタイルに眼を向ける乗客など一人もいません。自意識過剰もいいところですね。
次の駅で降り、駅前のミスタードーナッツを覗くとテレビで宣伝中のヤキドがおいしそうです。
店に入り、いざ買おうとするとこれが難しい。酸素ボンベのカートを引きながら、ドーナッツを入れるトレイを持つとトングを持てません。まあなんとか買いましたけど。
帰りの改札口を通るのも大変です。ドーナッツの袋と酸素ボンベで両手がふさがり、ポケットの中のパスモを取り出せません。
今までなにげなくやっていた行動が難しく感じるなんて、これからもいろいろな発見がありそうな気がします。




nob11nob11  at 21:37
トラックバックURL
コメント
1. Posted by グリフィン通り。   2011年06月08日 09:43
酸素ボンベのチューブは、踏んだり、折れたりすると、直ぐにアラームがピーピーと鳴るでしょ・・・酸素が切れたのかと、みんなが心配しますので、公共の場では注意したいですね。・・・^^
気長に養生なさってください。私も最近アレルギー症になりまして、ジンマシンが出るようになって困ってます。。



2. Posted by Toshi@タイ   2011年06月08日 13:09
怪我をしたり、普通ではない状態になると、今の日本というのは、健常者を対象にして社会が作られているということがよくわかりますよね。
以前のように、駅の改札に係員がいたら、手を伸ばしてくれたのに。
ドーナッツだって、店員が取ってくれたのに。
3. Posted by くてくて   2011年06月09日 19:05
退院おめでとうございます。

酸素ボンベを引きながら歩く人はよく見かけます。
周りとしては杖をついているのと同じくらいな感じ。
でもご本人は(最初は)気になってしまうのでしょうね。

バリアフリーという言葉が取り上げられてずいぶんたちますが、まだまだですね。
歩きづらいところ、作業しづらいところ多いですね。
おまけに節電でエスカレーターやエレベーターが止まっていることも多いのも大変ですね。

4. Posted by あこにゃん   2011年06月12日 17:52
退院おめでとうございます。

以前知人がボンベ持参で生活していましたが
(同タイプかはわかりませんが)
カートでの持ち運びが面倒だからと
原チャリを購入して、アクティブに出歩いていましえたよ♪

新たな発見を元に、持ち運びしやすい運搬車を
つくっちゃうってどうですか〜☆
5. Posted by kumiko   2011年06月12日 23:08
勤務先のスクールにも以前、ボンベかついで通ってる生徒さんがいました。
周りが思うほど本人は大変じゃなさそうだったけど。きっと私たちが知らないところで苦労してたんでしょうね。
6. Posted by 芽理衣   2011年06月28日 12:10
アクティブに活動を再開されたようですね。
私も今入院中で不便な生活をしていますがお互い頑張りましょう。
私のほうは検査入院なのでご心配なく
7. Posted by kumiko   2011年06月29日 22:39
その後いかがですか?
いつもお勧めのサイトを楽しみにしていただけに
新しいコメントをお待ちしてます。
8. Posted by sony laptop adaptor   2012年01月12日 01:17
ユングフラウへの旅
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星