2006年12月03日

クリスマスハウスのサンタクロース

928cd2ff.jpgクリスマスハウスを終えて一年が過ぎた。岩国の街で生まれ育ち、17年の歳月を過ごして幕を下ろしたのだった。

木造三階建て、白亜の洋館が全館、クリスマスに埋め尽くされる様は、今思えば飛んでもない非日常だ。住宅地にひっそりと佇むロケーションも、なぜか思いを駆りたたせる。顧みると寂寞の念が湧き出てくる。

毎年のようにメディアの方々が採り上げてくださった通り、クリスマスハウスにあったグッズの数は、数千点に及んだ。最後の一年には惜しまれる思いから、大勢のみなさんが来られ、大半の物が売れてしまったけれども、それでもまだ多くの品物が残っていた。

さて、これを如何に処すか。

商いの法則に従えば、残った在庫は現金化する事が望ましい。半額バーゲンでもやって叩き売るか、あるいは一括格安で売り渡すか──しかし、ちょっと待て──クリスマスハウスへ足を運んでくださった方々が、思い出を一杯に詰め込んで買って行かれた品物と同等のモノだ。17年間の数千人の思い出を叩き売る事など、決して出来るもんか。

どこか、幼稚園か保育園か、喜んでくださる所を探そう。そしてクリスマスハウス17年間の恩返しとして、潔くプレゼントしよう。こういうのを慈善事業と云うのか知れぬけれども、心底そんな気持ちになった。

間もなく行き先が見つかった。合併した後の岩国市には5つの知的障害者の施設があるという。聞けば施設は殺風景な場所で、クリスマスを楽しむようなモノは久しく無いらしい。そして彼らは、社会貢献活動の一環として、岩国駅前の清掃奉仕をしてくださっているのだ。

5つの施設なら、充分に分かち合える品物がある。この際、施設の建物がクリスマスハウスに変身するほどのプレゼントを、私がサンタクロースに扮して運ぼうではないか!

ふじたサンタと名乗って17年。クリスマスハウスを終えた翌年のクリスマスに、いよいよ本当のサンタクロースになるのである。

嗚呼、愉快!

参考:読売新聞・岩柳かわら版(06.12.02)  

Posted by nob71 at 09:21Comments(5)TrackBack(0)