米国のBluetoothのヘッドセット事情はやはり日本人からすれば奇異に見えるようで、同じような疑問を持ってたという人が沢山見受けられた。

一方日本で売られるBluetooth製品というのは、どうしてもこういう格好になっちゃうようで、やはり文化の違いは大きいようだ。しかしここまで受信機側が大きいと、もはやワイヤレスであるという意味合いが殆どないような気がするのだが、それは言っちゃいけないのだろう。

DSC01509今回米国で買って来たBluetoothのヘッドセットは、BlueTrekというメーカーのDuoStereoというやつである。たしか59ドルだった。

値段、メーカーなどピンキリでいろいろあったのだが、20ドルぐらいの安いヤツは、ホントにデザインがイケてない。購買プロテクトなのかと疑いたくなるほど、イケてないんである。一方そこそこいいデザインのやつは、だいたい70ドル以上。機能的には大差ないと思われるのだが、なにか時計なんかと同じように、ステータスを表わすようなことになっちゃってるのかもしれない。

BlueTrekを選んだのは、そこで売られているものの中で唯一、ステレオのイヤホンも使えるものだったからである。例えばケータイで動画を見たり音楽を聴いたりするときに、片側だけしか聞こえないのではバランスが悪い。

またSRS WOW HDが搭載されているのも決め手になった。サウンド補正技術として優れており、オーディオ製品にも搭載されている。日本ではあまり搭載製品は売られていないが、韓国製音楽プレーヤーでは採用例が多い。

DSC01503付属のイヤホンは、イヤーチップが僕にはちょっと小さかったので、ソニー製のシリコンチップに付け替えている。どの製品用なのか、手元にあったものを適当に付けただけなのでわからないが、一番内径の大きいヤツを選べば間違いないだろう。

ステレオヘッドホンは、ケーブルを首に掛けられるようになっており、その先にBluetoothユニットがペンダントよろしくぶら下がることになる。電車の中で録画番組などを楽しんでいるが、荷物を持っていてもケーブルの取り回しを気にしなくていいので、楽ちんである。

SRS WOWのモードを変えるには、ボリュームの+ボタンを長押しするなど、少ないボタンでいろいろやりくりしているため覚えづらいところもあるが、まあよく使う機能だけ覚えれば十分であろう。個人的には、大変いい買い物をしたと思っている。

BLUETREK Bluetoothステレオヘッドセット BLUETREK DUO-STEREOBLUETREK Bluetoothステレオヘッドセット BLUETREK DUO-STEREO
販売元:BLUETREK
発売日:2009-02-16
おすすめ度:2.0
クチコミを見る