最近晩ご飯は僕が作ることが多いんだけど、ご飯を土鍋で炊いてる。炊きたてはおいしいし、実は簡単なので、やり方を御紹介しよう。

1. 土鍋を用意。
スーパーなどで売っている1人鍋用の小さいやつでOK。それで最大2合ぐらいは炊ける。炊飯用の土鍋も売ってるんだけど、ここではアリモノを使っておいしくメシを食うという趣旨なので、普通の土鍋で炊飯する。

2. 磨いだお米を土鍋に入れて、お湯に浸ける。
今は昔と違って、お湯が簡単に手に入る時代。水からやったほうがおいしいという話もあるが、お湯でやると時間短縮できる。お湯の量は、お米の量に合わせて。1合だったら計量カップ1杯、2合だったらカップ2杯という感じ。

3. フタをしてそのまま5分放置。
お米に水分を含ませるために、5分間放置する。水の場合は20分ぐらい。ここで時間短縮するわけである。

4. ガスレンジで強火。
おもむろにガスレンジで最大火力。うちはガスレンジの中で一番火力の小さいところでやっている。

5. 空気穴からお湯が噴き出したら弱火で5分。
中のお湯が沸騰して、フタの空気穴から吹き出したらすぐ弱火。うちのレンジの火力では、1.5号で吹き出すまでがだいたい5分かかる。そして弱火にして、さらに5分間待つ。

6. 火を止めるまえに強火で10秒。そしてて15分蒸らす。
弱火で5分たったら、火を止める前に強火にして、10数えたのち、消化。そのまま15分放置。本当は30分ぐらい蒸らすといいというけど、それまでにほかのおかずが出来てしまうので、うちではそんなには待てません。15分ぐらいでいつも食っちゃいます。

要するに段取りとして、5分+5分+5分+15分で、合計30分ぐらいで炊きあがることになる。単純にきっちり時間を計ってやるだけなので、普段料理などしないパパでもできるよ。でもキッチンタイマーはあったほうがいいねー。

炊飯というのは、そんなに難しくない。難しかったらこんなに数千年も主食の座に君臨できないわけで、失敗しにくいし、ちょっと失敗してもまあそれなりにおいしく食える。おいしいご飯を炊いて、子供に尊敬されよう。うちではもう炊飯器で炊いたご飯は、「えー」というブーイングが起こるようになっている。

残ったご飯は、そのままにしておくと固くなるので、冷めないうちにジャーに移して保温する。うっかり移すのを忘れて固くなっちゃったときは、ジャーに移して日本酒を軽く振りかけ、保温しておくと翌朝にはイイ感じに元に戻るよ。アルコールは飛んじゃうので、子供にも食べさせられる。ちょっとおまんじゅうみたいなにおいが残ることがあるけどねー(笑)。

銀峯 貫入 6号土鍋 1人用 【万古焼】銀峯 貫入 6号土鍋 1人用 【万古焼】
販売元:和洋中華食器の産地問屋 本荘陶器

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る