8月21日に計画されていた、フジテレビに対するデモは決行されたようだ。筆者はいくつかUstreamで見ただけで実際に現場には行っていないが、相当の人が集まったようである。番組単位での抗議や批難などはまあまああるが、放送局全体の姿勢に対して電話などではなく、リアルにこれだけの人が集まって抗議したケースは、かなり珍しいだろう。代表者は抗議文を渡そうとしたが、フジテレビ側は受け取りを拒否したといくつかのネットニュースが報じている。

デモに参加した方への取材記事や考察記事なども、今週中にはいろいろ上がってくることだろう。一足早くTwitterでは、実際に参加した方へ取材した結果がまとめられている。これによれば、参加者はフジテレビの韓流ゴリ押しや偏向報道に対して、テレビはあまり見ていないがネットで情報を得た人が多かったようだ。ここでは本当にゴリ押しや偏向があったのかの検証が必要ではないか、と指摘している。

おそらくデモに参加された多くの方は、ネットで情報を知ったのは事実だろう。なぜならば、テレビ放送はどんどん流れていくわけだから、たまたまそれを見た人、あるいは録画していた人の情報が元にならざるを得ない。それを共有するのは、ネットしかないからだ。

なぜフジテレビばかりがやり玉に挙げられるのか。たぶん番組ピンポイントで偏っているのではないかと感じるものもあっただろうが、それよりも放送局全体に対しての不信感がここまで高まったことのほうが、問題が大きいと思っている。おそらくそれほど流行ってはいないものを、いかにも大ヒットしているかのように報道すること、番組中にわざとらしく露出されるステルスマーケティング的手法に対しての不快感から、不信感が生まれているのではないか。

これには他局との比較など、定量的なデータが必要だろう。過去放送されたテレビの情報を調べるには個人の力ではなかなか難しいところがあるが、そこは良くしたもので、そういうことができる機器がある。「ガラポンTV 弐号機」は、マルチチャンネル対応のワンセグ放送録画機だ。これの検索機能を使えば、過去放送された番組情報と字幕に含まれる語句が検索できる。製品の詳細は以前レビューしているので、そちらをご覧いただくのがいいだろう。

筆者宅にこれをお借りしていて、現在約1ヶ月間のNHK2波と民放5局のテレビ番組がストックされている。これでいろいろ調べてみることにした。

まず番組情報に、「韓国」という単語が含まれている番組数を抽出した。番組情報とは、番組タイトルのほか、EPGに含まれる番組の説明文なども含んでいる。サンプリング期間は7月23日から8月21日までのほぼ1ヶ月、総出現数は133である。

番組情報数


このグラフは、放送局別に番組数をカウントしたものである。TBSがダントツの71番組となっているが、これは8月27日に開催される「世界陸上」の番宣番組が異常に多いからである。今回の世界陸上は「世界陸上韓国テグ」が正式名称なので、これがひっかかってくるわけだ。TBSは例年世界陸上の放映権を取っており、これが終わってみないと正確な値はわからない。

続いてテレビ東京が多いのは、韓国ドラマ枠がいっぱいあるからだ。ついで3位がフジテレビとなっている。他社の冷め具合からすると、上位3社は多いと言えば多いが、ゴリ押ししている状況は見えてこない。

WS002続いて字幕情報を検索してみよう。字幕情報とは、ケータイなどでワンセグ放送を見たことがある方にはおわかりだろうが、音声をリアルタイムで字幕化したデータも同時に流れている。このデータも検索可能で、要するにタレントやアナウンサーが「韓国」と発言したデータがほぼ全部拾えるわけである。検索結果はこのようになる。

ここから、「韓国」と発言した番組数をカウントする。一つの番組中で何度も見つかるものもあるが、これは一つとカウントしている。総出現数は310番組。グラフ化すると次のようになる。

字幕情報数


それなりにどの局も韓国に関する発言はしているが、それなりに偏りは出ている。1位はNHK総合の67で、内訳は大半がニュースか経済・産業番組だ。文化・バラエティ系は民放よりも少ない。続いてTBSとフジテレビが2位タイの57となっている。TBSでは番組タイトル数で71もあるのに、実際の発言では57しかない。いくつか世界陸上の番組を見てみたが、番組タイトルには「韓国テグ」まで入っているものの、ナレーションや発言では「世界陸上」としか言っていないものが多かった。このため、番組数より発言番組のほうが少なくなっている。

一方フジテレビの場合、番組数が17しかない割には、発言数でTBSと同じ57ある。数としてはかなり多い。その差、40番組。番組情報に韓国を含まない番組これだけの番組内で、韓国韓国言っているということになる。報道が多いNHK総合を除けば、民放では一番差が大きい。差と言うことでは日本テレビの38、テレビ朝日の36も大きい数字だが、元々韓国を謳う番組数が少ない。これがステルスマーケティングだとするならば、そちらのほうがやり方が上手い、ということになる。

過去テレビ番組を散々作ってきた側からすると、報道を別にして、利害関係のない話題がこれだけの数うっかり露出されるということは、まずないと考えていい。必ずその先の何かに対しての導線がある。テレビ番組とは、そこまでちゃんと計算して作るものだからである。

もし仮にデモの影響で、フジテレビが番組の方向性を変えてくるような事があれば、今から1ヶ月後にまたデータを取ることで違いが出てくるかもしれない。ただあいにく筆者宅のガラポンは8月末までという約束でお借りしているだけなので、来月までまたがる調査ができない。これはどなたかお持ちの方にお願いするしかない。

さらに今回の調査には発言の内容、話題にした時間などが含まれていないため、これだけのデータでフジテレビにのみブーム捏造があったと言うには、若干根拠が薄いだろう。しかしテレビにおけるステルスマーケティングの手法を研究するには、格好のサンプルである。

このような形で、一般の個人や団体でもテレビ番組に対しての定量的な調査ができるようになれば、もっとテレビ放送の公平性に対して、国民が根拠を持って発言できるようになるはずである。

そのためには、このようなことができる録画機器、ガラポンや東芝 CELL REGZA、この秋に発売されるPTP 地デジ版SPIDER PROなどに対して、放送局側から不当な圧力がかからないよう、しっかり法改正の動き、ARIBやDpaの動向などもチェックしておかなければならない。筆者やMIAUだけではいかんともしがたいので、ぜひ皆さんの力をお借りしたい。

地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)地デジにしたいなんて誰が言った!? (晋遊舎ブラック新書 10)
著者:荒川 顕一
販売元:晋遊舎
(2008-07-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る