飲食

おいしい土鍋ごはん

最近晩ご飯は僕が作ることが多いんだけど、ご飯を土鍋で炊いてる。炊きたてはおいしいし、実は簡単なので、やり方を御紹介しよう。

1. 土鍋を用意。
スーパーなどで売っている1人鍋用の小さいやつでOK。それで最大2合ぐらいは炊ける。炊飯用の土鍋も売ってるんだけど、ここではアリモノを使っておいしくメシを食うという趣旨なので、普通の土鍋で炊飯する。

2. 磨いだお米を土鍋に入れて、お湯に浸ける。
今は昔と違って、お湯が簡単に手に入る時代。水からやったほうがおいしいという話もあるが、お湯でやると時間短縮できる。お湯の量は、お米の量に合わせて。1合だったら計量カップ1杯、2合だったらカップ2杯という感じ。

3. フタをしてそのまま5分放置。
お米に水分を含ませるために、5分間放置する。水の場合は20分ぐらい。ここで時間短縮するわけである。

4. ガスレンジで強火。
おもむろにガスレンジで最大火力。うちはガスレンジの中で一番火力の小さいところでやっている。

5. 空気穴からお湯が噴き出したら弱火で5分。
中のお湯が沸騰して、フタの空気穴から吹き出したらすぐ弱火。うちのレンジの火力では、1.5号で吹き出すまでがだいたい5分かかる。そして弱火にして、さらに5分間待つ。

6. 火を止めるまえに強火で10秒。そしてて15分蒸らす。
弱火で5分たったら、火を止める前に強火にして、10数えたのち、消化。そのまま15分放置。本当は30分ぐらい蒸らすといいというけど、それまでにほかのおかずが出来てしまうので、うちではそんなには待てません。15分ぐらいでいつも食っちゃいます。

要するに段取りとして、5分+5分+5分+15分で、合計30分ぐらいで炊きあがることになる。単純にきっちり時間を計ってやるだけなので、普段料理などしないパパでもできるよ。でもキッチンタイマーはあったほうがいいねー。

炊飯というのは、そんなに難しくない。難しかったらこんなに数千年も主食の座に君臨できないわけで、失敗しにくいし、ちょっと失敗してもまあそれなりにおいしく食える。おいしいご飯を炊いて、子供に尊敬されよう。うちではもう炊飯器で炊いたご飯は、「えー」というブーイングが起こるようになっている。

残ったご飯は、そのままにしておくと固くなるので、冷めないうちにジャーに移して保温する。うっかり移すのを忘れて固くなっちゃったときは、ジャーに移して日本酒を軽く振りかけ、保温しておくと翌朝にはイイ感じに元に戻るよ。アルコールは飛んじゃうので、子供にも食べさせられる。ちょっとおまんじゅうみたいなにおいが残ることがあるけどねー(笑)。

銀峯 貫入 6号土鍋 1人用 【万古焼】銀峯 貫入 6号土鍋 1人用 【万古焼】
販売元:和洋中華食器の産地問屋 本荘陶器

販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


お安い焼酎のおいしい飲み方まとめ

Twitterで何気なくホッピーの話を書いたら、なんだか次々に反応があっていろいろな情報が集まってきた。自分だけ知っておくのもなんなので、情報を共有したいと思う。

事の発端は、妻がなんの気まぐれか黒ホッピーと焼酎を買ってきたことから始まる。店でホッピーを頼んで飲んだことはあるが、家出飲んだことはない。適当に混ぜて飲んだら、なんだか泡は立たないし味もイマイチだったので、どうやったらおいしく飲めるのかなぁ、とつぶやいたのがきっかけと言えばきっかけである。

ホッピーってのは、焼酎が多すぎると泡立たないものらしい。言われてみれば、店で出てくるホッピーの中味はグラスに3割ぐらいしか入っていなかったような気がする。そのときは半分ぐらい焼酎を入れたので、ちっとも泡立たなかったわけである。

ホッピーで飲むのにおいしい焼酎は何か、という話になったら、芋などの乙類はよろしくないそうで、多くの人からキンミヤを紹介された。それほど高い焼酎ではなく、よくホッピーと一緒に売られているそうである。

こないだキンミヤで飲んでみたのだが、まさにオーソドックスな味である。キンミヤだけを味見してみたが、それほどオイシイという感じはしなかった。

宝焼酎も買ってみたのだが、個人的にはキンミヤよりもホッピーではこちらのほうがおいしいように思う。原材料は主にサトウキビだそうで、甲類をそのまま飲む人はあまり居ないとは思うのだが、ほんのりとした甘みがあってそのままでもなかなかいける。

面白い飲み方としては、キンミヤを冷凍庫で凍らせて、シャーベット状にしておいてホッピーを注ぐという技も教えて貰った。キンミヤは瓶のまま凍らせると出せなくなるので、ペットボトルなど絞り出せる容器に移して凍らせると良いのだそうである。これは今度やってみたい。こないだ買ったキンミヤはもう全部飲んじゃったのでね。

慶応大学教授の中村伊知哉さんから教えて貰った飲み方は、黒糖焼酎をクラブソーダで割るというもの。以前近所のスーパーで「里の曙」という黒糖焼酎を気まぐれで買ってきたのだけど、言われるがままにソーダで割ったら、これがうまい。

別の友人に言わせると「おっさんくさい飲み方」なのだそうだが、もう十分おっさんなので、これでいいのだ。最近はサントリーがハイボールを流行らそうという魂胆らしく、ソーダも普通のスーパーで安く買えるようになったのは、ありがたいことである。

今日は同じ黒糖の「喜界島」を買って来た。そこらへんの酒屋で売ってるような安い大衆酒だが、これもなかなか旨い。ロックで飲むと、口の中にほのかに甘みが残る。多少氷が溶けて、25度ぐらいに薄まったぐらいが、一番口当たりがいいように思う。これも例によってソーダで割ってみたが、里の曙よりも味が濃く、多少クセが出る。そこがまたいい。

一時は焼酎ブームで、プレミアものが数千円から1万円もするのを見て、九州が地元のオレなんかはありゃりゃと思っていたのだが、安い焼酎は清く正しくいつも九州のオッサンの味方なのである。

安い焼酎でも、旨いやつは旨い。あとはその焼酎の地元のつまみがあれば、もうその土地のオッサンの幸せが手に入ってしまうわけである。

ホッピーブラック 330mlホッピーブラック 330ml
販売元:ホッピー
クチコミを見る

甲 亀甲宮 金宮25°1.8L甲 亀甲宮 金宮25°1.8L
販売元:亀甲宮
クチコミを見る
プロフィール

小寺信良
WEBに巣食うモノカキ。
原稿依頼、取材などのご連絡は、nob.kodera(at)gmail.comまでお願いします。

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ