楕円系萬週報

フルタイム・ラグビー・ウォッチャーの眠れない日々

カテゴリ: 徘徊

火曜、徹夜明け。快晴、弱風。
お昼までに買い物を済まして、布団に潜り込む。

風が冷たい。
で、起床は午後六時前。

<上から目線 その(2)>
CIMG3179
▲宮下公園、ホームレスはいずこに?

そうそう、重大なことを書き忘れ。
上京の際、携帯電話、上着、双眼鏡を忘れてしまった。

新幹線の予定が車になったことで、
リュック背負っただけで、何不自由なく出発。

東名にのった時点でやっと気がついたが、
時既に遅し。
CIMG3108
上着は、阿佐ヶ谷の古着リサイクルで調達(1500円也)
しかし、携帯なしの不便さは、想定以上でした。

同行者の携帯を借用して、
なんとか最低限のコミュニケーション。

楽しみだった在京友人との邂逅、
とりあえず数人には会えたが・・・。

七月の五輪セヴンズにはまた上京したいと思っているが、
この歳になると、今後の上京などどうなるか分からない。

返す返すも残念です。

さて、駅前再開発たけなわの渋谷界隈を探検。
まずはヒカリエ。
CIMG3147
CIMG3148
▲立体模型ですね。▼中層階からの画。
CIMG3150
CIMG3152

ここから下は、渋谷スカイ。
45・46階、230m上空からの画。お布施二千円也。

隈研吾から始まって、丹下、槇など絢爛豪華。

下町タワーが掠れているように、
曇りだったのが残念だったが、

晴れだったら、
行列が凄くて入館は諦めていたと思う。
CIMG3159
CIMG3160
CIMG3161
CIMG3162
CIMG3168CIMG3169

CIMG3174
CIMG3178
ラストにもう一度、スクランブル交差点。
こっちは最上層から、さっきはヒカリエ14階から。

月曜、六時起床。
雲が多いが、東の空は明るい。弱風。

目覚めたのは五時過ぎだが、
布団にくるまって「駅ピアノ@プラハ」などを見ていたら、
あっという間に時間がたった。

堤防徘徊に出たが、
河口付近に近づくにつれ風が強くなる。

で、堤防の陰、脇道に逃れ、
用水(二十間川)沿いを走ると、違和感が。

沈没船がない!
CIMG2971
▲After▼Before
CIMG2162
すぐそばで農作業していたご夫婦に聴けば、
先日の大雨前後に”消えていた”と。

というのも、彼らの畑は側にあるが、
住居はちょっと離れているので、

船が消滅した経緯子細は分からないと仰る。

(少なくとも)この十年間、放置されていたのが、
ある日忽然と消滅したのだが、

彼らはあまり気にしていない、
不思議だが本当です。


ついでながら、
昨日遠出して確認した隣市の廃屋農家。
CIMG2965
相変わらず、健在(?)、
朽ち果てる様を堂々晒しています。


も一つ、ついでに。
YouTubeに不思議なものを発見。
CIMG2968
左下コメント欄に中尾「亘孝」名義の項目が立っている。
(ちょっと見えにくいが)

我輩のまったく関知しない一件、
なんでこんなことが? 

不可解至極、たとえ悪意がなくても、
気味が悪いし、不愉快極まりない。

<いよいよ>
W 杯、大詰めです。
通常ファイナリストは出涸らし状態。

ここまで来ると、ピーク・パフォーマンスとか関係ない。
意地とプライドをかけて、
楕円球文化の厚み深みを燃料に戦うのみだ。


とはいえ、残る一週間を、隠遁老人としては、
ミッドウィークの退屈以上の空虚な時間を殺さなければならない。

いつものことではあるが(海外でも同じ)、
ファイナル・ステージはノックアウト方式なので、

すでに十二チームがいなくなっているところに、
週毎、四チームが去り、二チーム(三決はあるが)が脱落、
と減っていくわけ。

すると、当該二チームと、
決戦地周辺以外の熱量が落ちてくる。

これまでの全国区的盛り上がりを知っていると、
どうしても寂しさが先に立つ。

まだ大会は終わっていないのに、
祭りの後症候群。

これは本場で開催しても同じ。
もちろん、開催国代表がファイナリストになれば、話は別ですが。

ま、ファンゾーンの集客が、
すでにして前大会を超えたという嬉しいニュースもあるし、

残る、決勝(三決も)、しっかり見届けましょう。

木曜、徹夜。快晴、弱風。
気持ちのいい爽やかな秋の朝。
CIMG2859
日中、暑くなりそうなので、早朝徘徊。
ムー大陸にてカウチ・ポテト用駄菓子を仕入れつつ、約一時間。

しかし、ミッドウィークに休めないってのも大変だ。

大会前、ミッドウィークの時間つぶしに苦労してたが、
変われば変わるもんだ。

適当にサボるつもりで、宣言までしたが、
小市民根性が抜けず、何か後ろめたい。


いやあ、昨日はドジッたもんだ。

まだふくらはぎに張りがあるように、
二十三日の豊スタ出張の疲れがとれていなかった。

炎天下、開場時間まで二時間以上、豊スタ周辺の彷徨、
最後はグッズ売り場に一時間も列を作って立ちん坊。

連れが、山の神に「私の誕生日なのにラグビー?」と、
憎まれ口で送り出されて会場に来た。

その経緯があるので、
どうしても何か記念品を買って帰らざるを得ない。

しかし、並んだ場所が悪かった(我輩もお付き合い)。
会場正面の一番大きな露店。

前に進まず、背後の列だけがどんどん伸びていく。
苦行の果てに、欲しいアイテムはなく、売れ残りからの選択。

ネットで買えるんだから、行列する必要はない。
(実は会場横手にも小さな売り場があった、たぶん複数あったのだろう)。

当日会場で買い物するんだったら、
試合プログラムだけで充分。

高い(1,500円)けど、グッズよりは安い。
なにより席まで売りに来る。
CIMG2851
大会が進むと、負け抜けする国々のグッズはどんどん安くなる。
ここジャパンでも、同じようなダンピングが行われるでしょうか?

もしそうなら、優勝を争うチーム関連のグッズ以外は、
プール・マッチ段階では、買い控えが正しい選択だと思う。

もちろん、人気アイテム売り切れ前提の、
貧民的バーゲン対処法です。

CIMG2717
土曜、四時半起床。晴れ、無風。
CIMG2708
▲剣呑な朝焼け雲▼市街地遠景、東横ホテルのネオンサインが目立つ。
CIMG2714
堤防徘徊、一時間半。
CIMG2727
▲堤防徘徊組の蟹。たいてい踏み潰されているが、こいつはまだ無事。
CIMG2737
曇りがちのはずが、しっかり晴れて、
帰路はモロ逆光。


本日と明日は、大学ラグビーの開幕戦ラッシュ。
それも菅平で、対抗戦とリーグ戦の全試合。

シーズン序盤故に重要な試合ではないし、
夜中のスコットランド戦に集中するから、
という勝手な理由付けで手抜き観戦の我輩、

<大学ラグビー 対抗戦グループ>
『早稲田大学×日本体育大学』68対10(菅平@サニアパーク)。
HT「35対10」。

あんまり参考にならないゲーム。

FWがすべての局面で日体大を圧倒していたので、
BKがつまらないハンドリング・エラーを繰り返しても、
初期エラーと余裕で見ていられた。

とりあえず、ワセダHBコンビの修正能力のほどは確認出来た。

9番は当然ながら、10番の視野・判断など、
それがそのままピッチに反映されている。

岸岡選手の賢さは、SNSでラグビー関連のQ&Aをやっていたが、
そのお答えが何気に凄いので感心していた。

小倉選手(Nコム)タイプに似ているが、
小さくまとまらずもっとスケールの大きさを感じる。

セットが弱過ぎる日体大は、
せっかくの助っ人留学生8番、13番を使い倒し、
当人たちもが獅子奮迅しないと、キツイ。


ワセダの試合の感想は、
東海大のゲームを見てからアップしようと思っていたが、

中央との実力差、ちょっとあり過ぎ。
一方的なゲームを二試合連続して見るのはキツイ。

というわけで、東海大チェックは諦めて、
ワセダの感想文を優先。

CIMG2641
月曜、眠れず徹夜。
CIMG2643
久々、早朝徘徊。
木陰には蝉の死骸、夜明け早々赤とんぼ舞う秋の朝。
ご町内定点観測田んぼ。
CIMG2647

日曜日、快晴、弱風。
いつものように熱帯夜&猛暑日ですが、蝉の声がしません。

本日中学の同級会、
新幹線駅から送迎バスも準備されていて、いたれりつくせり。

参加者四十二人、同学年の四分の一くらいか。
たいていの同級生が保育園、小学校、中学校と一緒。

なのに在学中、
一度も喋ったことがない人が結構いる。

しかし、幸か不幸か、五十五年もたつと、
顔と名前、思い出せない方が普通。

ま、お互いがそんな状態なので、
失礼にはあたらない。

約三時間、両隣の婆様方の愚痴を聞く、
聴聞師の役割に徹して、お開き。

下戸でカラオケ嫌いの我輩、
二次会は避けて、早めの帰宅。

これじゃ、友達出来ないよね、
でも、おいらセラピストに向いているんじゃないか。

って、ほんの一瞬ですが、
思わされた長〜い長〜い午後でした。

金曜、昨夜と同じく、熱帯夜でよく眠れない。
しかし、もう金曜日か、はあ、一週間が早い。
CIMG2565
夕方から雨らしいので、早朝徘徊頑張ろう。
CIMG2578
▲実に久しぶり、河口沖でアサリ採り船団。
▼早くも頭を垂れる極早生稲、海抜0m地帯にて。
CIMG2590


CIMG2593
CIMG2586
お天気が安定しないので、
変幻自在にメタモルフォーゼする雲のさまが面白い。

一時間と少しだが、充実した徘徊。
戻って、とりあえずコーヒー。

汗(寝汗も)拭き取る、簡易行水。
昔風たらいが欲しいが、爺様じゃ画にならないか。


木曜日、深夜からうつらうつら状態、
ベッドから這い出たのは午前四時過ぎ。

どん曇りながら雨の気配なく、微風の下堤防徘徊。
昨日たっぷり頑張ったので、ハーフ・ヴァージョン。

このまま終日ぶ厚い雲に覆われていれば、
紫外線も通るまい(ましてや遠赤肌黒効果も)。

との、素人判断で、
早朝徘徊不足分は日中徘徊で補うことに。

しかし、甘い期待とは裏腹に九時前には太陽燦々、
十時になると、扇風機じゃ太刀打ち出来ない暑さに。


「一・五」の朝市「八」店。
半年ぶりぐらいか、覗いてみると・・・。

昨年度に一挙三店減って、
最多でも十二店となった(レギュラーは十店舗に満たない)。

あまりにも寂しく侘しいので、
しばらく敬遠していたが、やっぱりって実情。

昔からの朝市なのでレガシーと言ってもいい。
しかし、それ故仕切りは香具師系なのだろう。

当市では、なんとかマルシェとか銘打って、
校区単位でリサイクル市は盛んにやっている。

せっかくレガシーがあるのだから、
合体するなり、有効利用しないのはもったいない。

相手が相手だし、活性化しようにも、
自治体も手を出せないんでしょうね。


水曜日、
駅前Kディまでコーヒー豆仕入れ。
開店時間十時なのに、九時過ぎには30℃超えていた。

で、十時過ぎると真夏どころではない暑さ、
商店街をウィンド・ショッピングなんて心づもり、すぐ捨てて、
這々の態で帰宅。

<週明け月曜日のブログ、一部張り忘れをアップ>
月曜日、徹夜明け。予報では終日雨で時々曇り。
湿気100%に無風の状態が続き、不快指数120%。

安物のくせに、自動停止機能が付いていて、
長時間回せない扇風機に「勝手に休むな!」八つ当たり。

水曜、四時過ぎ起床、快晴微風。
半袖だと寒いくらいの気温(西班牙仏国の40℃超え気象に申し訳ないほど)。

堤防徘徊、ショート・ヴァージョンで、一時間と少し。
CIMG2461
CIMG2467
CIMG2468

ご当地水瓶44.7%(二十五日付け)、
ここまで来たら目指せ五割突破!


火曜日、四時半、雨上がりの朝、曇り微風。
とりあえず曇りだが太陽が高くなるとギンギラの夏日になりそう。
CIMG2451
まだ水溜りが多かったが、空気が爽やかだったので、
早朝街中徘徊を一時間半。
CIMG2457
夜明け頃の「ラムー」。
ムー大陸と間違えそう、オカルトっぽいマーク。


毎度お馴染みミッドウィークの愚痴です。
爺婆モードだと、起床、徘徊、買い出し、

午前中にすべきこと全部成してしまう。
で、午後にやることがなくて、退屈極まりない。

せめて真っ昼間に本が読めればいいのだが、
暗くならないと読書モードにならず、集中力が十分と持たない。

これは老害じゃなく、餓鬼の頃からの偏固な習慣。
中高時代の深夜放送のせいにも出来ないし、困ったもんだ。

金曜、ドン曇り、風は涼風。
お日様は顔出ししそうもないので、ゆっくり早朝徘徊。
CIMG2440
▲一瞬微かに見えたお日様。
水面の反射の方が画になると思ったが、腕と器材がついていけず。


昨日寄り道して発見したのだが、
24時間営業の巨大ディスカウント・スーパー(「LAMU」)。

徹夜明けの日でも、九時とか十時まで待つ必要がないし、
いろいろ安くて感動もの、嵌りそう。


新たな“今頃なんじゃらほい”知見。
バター、ケチャップは常温保存でいいらしい。

我が家のちっぽけな冷蔵庫、二つもあるのに、
月の半分はスペースが足りなくて困っていた(月末は空っぽです)。
これで少しだけ月例の混雑解消?


トヨタ某選手のコカイン疑惑、
驚きより、失望感の方が大きい。

しかし、直後の実名報道は、
行き過ぎではないか。

ま、一番酷く情けないのは、連帯責任論。
もはや二十世紀ではない、昭和でも平成でもない。

なのに公式戦辞退とか、時代錯誤の出処進退、
まだ保存されているのかね、負のレガシー。

コーチ以下主要選手まで、
外人助っ人文化真っ只中のチーム、

こういうときこそ鎖国列島文化に、
現場は激しく抵抗して欲しい。


Jスポのスーパーラグビー・プレイオフ放映スケジュール、
金曜になってもアップされない。なにかトラブル?

水曜、徹夜明け。曇り弱風のち快晴微風。
徹夜と言うより昼夜逆転が正しいが、ここ数日の朧月夜、
雲が多くて過剰なボカシ入りでしか拝めなかったのが残念。
CIMG2413
ま、とりあえず早朝徘徊。▲日の出前の真ん丸お月様。ちょっと風情不足。
▼昨日一昨日ほど迫力なしの朝焼け。
CIMG2418

百日を切って、いろいろ不安案件が浮かんできた。
今回で三本目。

オフィシャルのファンゾーン、
そして私的パブリック・ヴューイング。

ハイネンケンさん、ビールの量は準備万端らしいが、
問題はエールとお値段。

ラガー主体の列島ビール文化だが、
楕円本家はエール好き(ギネスの黒)。

そして、湯水のごとくがぶ飲みする海外サポーター。
(例えば香港セヴンズ、スタディアム男子トイレの洪水、ナイアガラ顔負けの凄まじいものがある。)

とりあえず、エール系のビールがどのくらい消費されるか、
誰にも判らない。

適正価格は分からないが、
国内パブ飲みだとお高いと聞いたことがあります。

W杯特別価格としてかなり値引きしないと、
大会の印象が悪くなることだけは下戸の我輩でも想像出来ます。

いらぬお世話でしょうが、
関係者に御一考していただければ幸い。

日曜、六時半起床、曇り微風。

この季節、日の出前に出発しないと堤防徘徊は無理だが、
それには徹夜明けじゃないと無理。

ところが、今朝はいい感じに曇って風も穏やか。
で、七時少し前に家を出て堤防徘徊に。

途中カメラを忘れたことに気づくが、戻る根性なし。
こういうとき必ずいい被写体が出てくるってのがマーフィーの法則。

案の定、海岸堤防の砂地水際に
先々週の大雨で流れ着いた雑木漂流物から煙。

だれかいたずらに放火したんだろうが、
悪いやつがいるもんだ。

ただ乾燥不十分なので、燻るだけ。
しかし水際に沿って延々と漂流物の帯が続いているわけで、

狼煙じゃないけど目立つから消火しないと・・・と思ったが、
目障りなゴミとして、なくなってくれれば御の字が本音。

いずれ満潮になるし、あちこちに潮干狩り人がいるので、
大丈夫だろうと我輩はスルー。


午後三時頃から雨。
大した降りではないが、徘徊午後の部はなしに。
水瓶は再び二割を切った(19.2%)。


土曜日、早起きが祟って寝落ち。

キングズ・パークのゲーム、後半に意識取り戻して、
ケーンズが突き離した辺りの記憶が微かにあるが、再び、ダウン。

てなわけで、本日五時半からの再放送。
ただここは、ダーバンじゃなくてジョバーグですが、
細かいことは言わないで。

<スーパーラグビー>第16節
『ストーマーズ×ライオンズ』41対21(@エミレーツ・エアライン・パーク)。
HT「13対10」。

エルトンがいなくなってライオンズが復調、
なんて読みは浅はかでしょうが、一応吹っ切れた感はします。

まだまだ本調子にはないにしても、
マークスとK・スミスが絶好調ならば、
頼りない10番でも、プレイオフ行けそうな気がする。

少なくとも、結果を知っていても、
この二人のパフォーマンスだけで見た甲斐あり。

↑このページのトップヘ