楕円系萬週報

フルタイム・ラグビー・ウォッチャーの眠れない日々

カテゴリ: ラグビー:雑談

月曜、五時半起床。
夜半に小雨があったらしいが、
もう地面は乾きかけている。

しかし、木がびしょ濡れってことで中止に、
みかん切りは明日に仕切り直し。


〈トップリーグ・カップ〉の悲惨な客入り。
お客さんは、カップ戦の意義をよく分かっておられる。

それでも、やりきれないのは、
一番集客のよかった神戸×ヤマハ戦が、ほぼ百点ゲーム。
(@ユニバ 6,788人「99対17」)

神戸はD・カーター以下ベスト・メンバーで、
ヤマハは見事なまでにメンバーを落としている。

で、勝敗は仕方ないが、
点差は救いようがない。

レギュラー・シーズン一本に絞っているのは分かるし、
使える選手の層も薄いことは歴然。

それを承知でも批判するしかない、
チャンピオンを争うチームのやることではない。


それにしても、フランスの劇的負け方、
85分に逆転トライ負け(87分コンヴァージョンで「26対29」)。

タックル成功率「91%対82%」
ターンオーヴァー「13対21」(ノックオンTO「4対10」)
クリーン・ブレイク「8対3」

一所懸命が報われず、
らしいといえばらしいが・・・。

それよりも気になったのは、
七万八千人収容のスタッド・ド・フランスに、
五万人しか入っていなかったこと。

現状、仏楕円球ファンの期待値を物語る悲しい数字か。
はたまたボクスの人気度が低いってことか。

救いは、U20世代が強いこと。
で、2023は大丈夫そう・・・。

火曜、午前二時四十分起床。
風があるが、今日も晴れみたいだ。

月曜、早朝にうつらうつらしたがほぼ徹夜、
夕方まで起きていたので、こういう中途半端な時間に。


本なし、ラグビーなし、
一昨日は懐寂しく手持ち無沙汰の日曜日。
(毎日が日曜日のおやぢが言うセリフじゃないけど)

何か、食い物でストレス発散しようかと思っても、
歯治療の後遺症で、暫く口の中がおかしいことになっている。


昨近の夜、気温は10℃近くに下がることもある。
それどころか週の後半は10℃を切る日々が続くと、予報は宣う。

体感的には冬。
かといって、暖房は入れられない。
で、室内着は真冬モード。


ウェブ版『Sportiva』(10・29by松瀬学)で、
全黒軍監督談話、
「セット・スクラムから1フェイズか2フェイズでトライする練習をしている」と。

(たしかに。そしてその効果はワラビーズ戦快勝という結果に。)

アンストラクチャーだけじゃ、
W杯2019制覇は危ういとの認識でしょうか。

突然の戦術選択じゃなく、
以前から準備されていた方向性とは思うが、

ボクスに一敗して、コーチ&スタッフだけでなく、
選手全員が切実感を共有したようにも思う。

で、ジャパンがキウィの後追いをしている(風に見える)が、
あちらさんはさらにその先を行っているってことか。

しかも、かつてのジャパン伝統芸路線に近い方向だ。
皮肉なものです。

ウィークエンド・ラグビー、
大丈夫かJJジャパン?

月曜、徹夜中。
12-5-152018-10-20 12-46-18
12-5-152018-10-20 13-01-00
PCはいつものように、
遅いだけでなく誤作動。

だんだん温まってきたら、
時々反応することも。

で、ご機嫌がいいうちに一本アップしておこう。


昨日の事件だが、
飛び降り自殺らしい(下現場写真注意!)。

もちろん住民ではなく、
ID免許証によると、北の隣市の人。
12-5-152018-10-21 13-42-34
落下現場は、水でブラッシングしても、
血糊の痕はうっすらこびりついている(右下の黒い模様)。

住民には迷惑千万な話で、
とりあえず、死者の追悼気分にはならない。


トップリーグ最終節、
プロテクト選手の不在が勝敗に影響を与えたゲームは、
幸いにしてなかったようだ。

《プロテクト人数》
9人 パナソニック
7人 サントリー(松島選手が辞退で6人)
4人 東芝
3人 キヤノン、トヨタ、神戸(2だったが追加招集1+)
2人 ヤマハ、ホンダ、コーラ
1人 Nコム、リコー、ドコモ

弱小コーラなんか、
両センターを失ってダメージはかなりのものでしょうが、
ベストでも勝負には無関係の実力なので・・・。

東芝(四人)がホンダ(二人)に負けているが、
不調をかこつ東芝なので影響があるかないかビミョーなところ。

今ある情報では、断定的なことは言えない。

それにしても、パナとサントリーはさすがですね。
こうなると、中堅クラブは二、三人までは文句は言えない。、

月曜、十二時半起床。曇り時々雨、無風。
相変わらず20℃前後の気温で肌寒い。

午後から空模様は回復する予報だったが、その気配なく、
しとしと雨が降ったり止んだり。


昨日深夜、天理親里の試合を見ていたが、
「京産×関西」戦はうつらうつら、「天理×同志社」戦の途中で寝落ち。

夜は15℃ぐらいで、
毛布と布団に包まっていないと風邪をひきそう。

まあ、相当な名勝負でないと、寝落ちして必然。
そういう環境であります。


12-5-152018-10-14 15-35-40
みかん切り用の愛車。大家さんからのレンタル。
ネット・オークションで十一万円だったとか。
さて、名前をつけなくては。

初代ミニバイクが流星号、
二代目現用バイクは傾城号。

で、出稼ぎ軽四、うう〜む、
ネーミング、難しいね。

いっそ公募しようか、
応募・採用されても賞金は出ませんが。


月曜日、夜七時半からの再放送で、
D・カーター様を鑑賞(@金鳥スタ)。

前半のうちに勝敗が決まってしまったので、
後半、ゲーム自体は大味になってしまう。

まあ、前半に見るべきものは見たので、由とする。

つまり、ランとパスで、人のいないスペース、
それも広さは関係ないスペースを抜いていくラグビーですね。

なにげに上手い。
その様が尋常ではない。

玄人受けだけじゃなく、
素人にも分かるパフォーマンスだから、余計に凄い。

神戸の、アイソレート気味だった高性能部品たちが、
DCの存在で有機的結合を果たし、本来の機能性を取り戻す。

見れば分かる、
そういうこと。

日曜日、十時半過ぎ起床。
曇り、弱風。

夜中に派手な音をたてて雨が降った。
で、いつ降やんだか分からないが、
お昼近くになっても地面はまだ濡れている。

秋祭りも最終日、今日も子供神輿が練り歩くが、
我が家前の道路には来ない(隣町の神輿はすぐ横を通るのに)。


トップリーグは、赤白両組とも、
豪華補強したクラブが必ずしも強化に繋がらず、
四強入りに四苦八苦という無様なあがきよう。

とはいえ、トヨタ、神戸の復活、
サントリー、パナの躓きなど、なかなか見せ場は多い。、

大学は、ちゃんと見ていなかった(メモなし、中座あり)が、
昨夜からメモ観戦。

《対抗戦》(@足利市総合運動公園陸上競技場)
『筑波大学×明治大学』21対66。HT「7対26」。
やっと本気モードになった筑波は、
前後半とも、立ち上がりだけはイーヴンで戦える。

明治はよくわからん、強いのは間違いないが。

対戦相手としては、スクラムで頑張って、
ハーフにプレッシャーかければ勝負になりそう。

『早稲田大学×青山学院大学』123対0。HT「59対0」。
練習試合にもならない。
青学さん、こんな弱くていいのか。

得点のチャンスは二回だけ。
1分(イージーPG外す)、59分(キック・カウンターからラインブレイクもゴール前ノックオン)。

DFタックルがお粗末過ぎ。
筑波のようにダブル・タックルでなければ、百点ゲームになってしまう。

ワセダはダブル・タックルが様になってきたが、
まだ下に行く選手の刺さり方が甘い(全員がエイトのように刺され!)。

ゲーム・コントロール面では、キックオフ・フェイズでのミスとか、
自陣釘付けの原因を自ら演出している。


リーグ戦グループと関西方面に関しては、
未だ状況把握が定かでなく、もう暫くスルーさせて頂く。
(蛇足、関西は天理だけチェックしておけば良さそう。)


「応答なし」、「アクセスしようとしているサイトを見つけられません」、
時には英文で「当該アドレスは存在しない」、「何か不明な原因でアクセス出来ない」、「やり直せ」云々。

上記画面が出るのはまだいい方。
PCは、フリーズ、スロウダウンが恒常化。
ワープロも同様な症状。

当方の出来ることは、
とりあえず溜まりに溜まった写真データ、これを削除することぐらい。
(写真取り込みがおぼつかないのに、何か矛盾している。)

この三晩で、約五百削除したが、
選別しながらなので捗らない。

そのうち、選択の余地なしに、
カテゴリー(「空・雲」とか)全部削除することになるかも。

月曜、十時四十分起床。快晴弱風。
湿気は少ないが屋外陽光の下は暑い。

でも暑さに負けず街中徘徊、
お昼前後に二時間。

昔、古本部門縮小時に触れたが、
とうとう、市内東部のBマーケットが古本扱いを止めた。

これで市内のBマは全滅、隣市に一店のみとなった。
バイク徘徊可能な範囲のリサイクル本屋は五店のみ、困ったもんだ。


大量のニンニク差し入れ、みかん切り農家から。
来月十日過ぎから、早生みかん切りよろしくとの挨拶がわり。
12-5-152018-10-04 14-35-40
ありがたき幸せだが、
いかに大蒜好きでも、一人飯では消費に限りがある。

で、大家さんに小分けして、
なんとかご好意に背かない形でさばく。

《ブラウニーのラグビー》
ウルヴズのHCとして指揮をとるトニー・ブラウン。
そのインタヴューを読む。

「ボールを早く動かす革新的(イノヴェイトリー)なラグビー」を目指す。
それはまあ、列島の楕円球文化では王道である。

聞き捨てならいなのは、
「少ないセット・ピース」というところ。

かくも長く列島楕円球文化に馴染みながら、
セットからのムーヴ一発で取りきるチャンスを減らそうというのは、理解できません。

アンストラクチャー系、例えばキック・キャッチからのカウンター、
あるいはターンオーヴァーからのカウンターなど、

現代ラグビーでは重要な得点源ではあるが、
そこで勝負しても永遠にキウィには勝てない。

しかし、P(反則)→敵陣ゴール前オウン・ボールのラインアウトorスクラム起点から、
切れ味鋭いサイン・プレイ一発で取りきる文化。

この分野での創意工夫、リノヴェイション、スキル習熟度なら、
伝統工芸として世界中どこの国を相手にしても勝てるのがジャパン。

もちろん、談話のテーマがジャパンについてじゃなく、
ウルヴズについてではあることは承知だが、

ウルヴズもジャパン強化キャンペーンの重要な一環であるはず。
そう考えると、まったく解せないセット軽視発言です。

日曜、九時過ぎ起床。
お空真っ青な晴れ。

しかし、湿気があるので、
秋晴れと胸は張れない。


土曜日、磐田から帰って少し仮眠をとって、プレトリアに。
すでにアップしたように、ラスト20分のゲーム。

とりあえず、スプリングボクスが頑張ったというか、
いい経験を積んだことは確か。

しかし、少し冷静になってみると、
いい経験したのは、実はオールブラックスの方が多大だったりして。

W杯中間年無敵では自覚できない「無意識の緩み」、
これを、本番まで修正する時間がたっぷりある時点で経験した。


蒸し暑い夜だったが、
四時頃にやっとクール・ダウン。

そのまま徹夜してサルタに飛ぶつもりが、寝落ち。
気づけば、前半の半ば「28対7」。

前後半、お互い攻撃権をチェンジして、
総合点で勝敗を決めようってルールらしい。

で、全部見てから感想を述べるべきだが、
あまりにも、無様なゲームなので、まずは一言。

《4Ns》
『アルゼンチン×オーストラリア』34対45(サルタ@P・E・マルテアレーナ 20,512人)。
HT「31対7」。

テスト・マッチの品格を貶める大雑把な試合。
とくに前半、理解を拒むワラビーズの出来。

何か内部崩壊みたいな空気を感じた。

ところが、後半、
別人の如く前に出てタックルし走り始めるワラビーズ。

おいおい、最初からちゃんとやれよって、話。

ワラビーズの壊れ方は、合っているか間違っているかは別にして、
それなりに野次馬的想像力が働く。

しかしながら、説明出来ない、
納得出来ないのは、プーマスの崩れ方。

海外メディアをリサーチすれば、
どこかに答えがあると思うが、

隠居老人にそんな根性があるわけない。
誰かがレポートしてくれるのを当てにするのみ。

三界に家なしおやぢ、他人頼みの習い性で、
開き直って悔いなしです(意味不明の締め)。

木曜、徹夜明け。
午前中は雨のち曇り、午後には晴れるらしいが、
なるべく早く回復して欲しい。

今日こそ、なんとしても古本屋詣でをしたい、
と、腕荒ぶ我輩です。


『ナンバーweb』(9・12)で、
トップリーグのアンバサダーである、
山崎さんのラグビー好き、本気度を知って、いたく感心する。

その二週間後に、
W杯公式ソングを「いきものがたり」のヴォーカリストが歌うとの報を知る。

嫌いなアーチストじゃないし、
正面切って反対する理由なんぞないが、

聞けば、サッカーとか、
他のスポーツ大会でも御用達シンガーではないか。

まあ、「ジュピター」をラヴ・ソングにしてしまった、
平原某さんよりはいいと思うが。


ついでながら、ゆずの「威風堂々」はいい歌だが、
ラグビーを尊敬しすぎて重厚、硬すぎる。

結局、何を言いたいのか、
分からなくなって来た我輩。


十月六日の「ヤマハ×東芝」戦、
ふたたび磐田遠征に。

で、前回書き忘れていたが、
心配事が一つある。

ヤマハの私設応援団氏のブログ、
「まる≠楕円・・・? ふたたび」が、五月中旬以後更新されていない。

何らお断りなしの中断なので、
何かあったのではないか、気になる。


ブログの中断と言えば、ジャンルは違うが、
「ばーさんがじーさんに作る食卓」も五月上旬に更新が途絶えた。

ばーさんに健康問題があって、
入院手術するからしばらく中断するとの断りはあったが、

その後の経過が報告されないまま半年近くたってしまった。

コメント欄はずっと開かれていて、
もう200を超えている(最近は減っている)。

とあるファンが心配のあまり、
せめて術後の経過を知りたいとコメントすると、

ただ黙って再開を待てと、
別のファンがその質問を封殺した。
(どこにでもいる、愛国婦人会的盲従の熱狂的ファン)

しかし、ブログで、
手術するから暫く中断すると自ら断って、
かくも長き中断となれば、

その場合、経過が一切公表されないとなると、
ファン、愛読者(今更ながらフォロワーと表記すべきか?)としては、
理由を詮索しない方が異常かつ不吉に思える。

まあ、コメント欄も、無償愛系、お為ごかし偽善系が、
これでもかこれでもかと積もり積もって、
それはそれなりに面白いのだが・・・。


などと他人事のように呟いているが、
我がブログだって、突然死する可能性は充分あるわけで、

そうなったらそうなったで、
御免と言うことも出来ない。

で、旧ブログ長屋の大家さん、
その時はよしなに。

水曜、午後四時起床。
四時半頃から雨が。

日中はずっと曇りで、
雨は降らなかったらしい。

せっかくの徘徊日和なのに、
目下昼夜逆転なので徘徊出来ない。

で、今月も読書快調だが、
読む本がなくなって来た。
(積ん読本と読みかけ本は沢山あるのだが)

引き籠っていても問題はないが、
なにせPC不調なので、やることがない。


火曜日、徹夜明け。
終日曇りか雨か、とりあえず午前中の基調は雨模様。

雨の谷間に食料調達、
歯の治療中なので、メニューに困る。

あと、ひと月もかかるのかと思うと、
うんざりします。

PC不調、徘徊出来ず読みたい本なし、
食い意地も満たせず。

すると、残る選択肢は睡眠だけです。

怠け者の言い訳じゃありません、
閉門蟄居おやぢの寂しい現実です。

〈ジャパン・キャンペーン・プロローグ〉
車に轢かれた仲間を、
轢いたその車を持ち上げて救出という美談。

かつ、それでもかすり傷との、
ラガーマンならではの珍談のはずが、

泥酔して路上(当初駐車場と書かれていた)でひっくり返っていた、
ってことで一転して事件に。

とんだジャパン・キャンペーン序章・笑い話だが、
運転手には迷惑なとばっちり。

二割責任とか、
アホな教条主義的妥協にならないことを祈る。


今週、大学ラグビーはあるがビッグ・ゲームなしで、
トップリーグがお休み(例外一試合ありw)。

メモ観戦は、ダウンアンダー(←差別用語かも)《4Ns》だけなので、
お気楽観戦です。

木曜日、午前零時十五分起床。
そのまま徹夜して、早朝徘徊一時間半。
12-5-152018-08-30 05-34-22
河口から内海堤防に足を伸ばし、
帰途干拓地を流すと稲刈りが終わっている。
12-5-152018-08-30 05-44-24


金曜、今日も木曜日とまったく同じく、
午前様(意味違うw)。

朝夕、時々秋の風情を感じたりするが、
湿気が全てを豪腕ラリアット・スウィープ。

で、いよいよトップリーグ開幕。

金土で四試合づつ全八試合を、
金土日の三日に分けて全試合放映。

誠にかたじけないことだが、
先に記したように、ライヴ中継ですらフルカヴァーは無理。

しかも開幕節、上から目線で言えば、
本節必見試合は「トヨタ×サントリー」だけ。

と言いつつも、シーズンの初戦、
かつてないほどの新助っ人外人多数。

一応、全ゲームをチェックしたい気持ちもある。

しかし、とりあえずの我が大問題は、
このまま、キックオフ(19時30分)まで起きていられるか?

不摂生のツケは溜まる一方です。
(何とか「神戸×Nコム」戦のレポートはしたいと思っていますが。)

↑このページのトップヘ