楕円系萬週報

フルタイム・ラグビー・ウォッチャーの眠れない日々

カテゴリ: 考現学

水曜、熱帯夜を徹夜明け。
雨上がりの朝、快晴無風。

徘徊なんぞ正気の沙汰ではないって空模様。
で、午後一時半起床。

晴れ具合はますます進化して、
真っ青な空、真っ白な雲、惜しみなく降り注ぐ陽光、
見事なまでのニッポン晴れでございます。

午後の三時頃になると、雲ひとつない真っ青な空。
12-5-152018-08-22 15-03-08
ただただ暑いひたすら暑い。


12-5-152018-08-22 15-53-10
ご近所の駐車場にこんな車が。

政治思想は人それぞれですが、
こんな主張の仕方、嫌いじゃありませぬ。

金曜、徹夜明け。
微風だが、曇り空らしく、星は見えない。

昼夜逆転が続く。
しかし、夜中、手足の指先がかじかむこともなくなり、
深夜の読書もすこぶる快適。

先週あたりから、
おそるおそる早朝徘徊再開。

早朝と言っても、
日が昇って外気がウォームアップしてから。

なので、小中学生の登校時間とバッティングする場合がある。

礼儀正しく挨拶する小学生、可愛いんだけど、
いちいち答礼しなきゃならず、これが結構ウザイ。

下校時すれ違っても挨拶なんぞしないので、
やはり形式的な躾教育見え見え、ってこともあるので。


朝市の続報。
基本構図は、高齢化&後継者問題。
そして、お客さんは少ないのに、ショバ代が高い。

そこに、車検(大型車)とあって、
これじゃやっていけないと、
件の八百屋さんはキレてやめた。

で、「二・七市」は、自然消滅となるらしい。
若者たちとのコラボは、たった二ヶ月で終わったという。

48
▲在りし日の二七市▼無人の二七市(三月十二日)
16

レギュラー陣にもう一つ不幸、
こんにゃく屋さんも不在に。
(豆腐屋ならわかるが、朝市とこんにゃく屋、ミスマッチに思うが・・・)
こちらさんは、心臓病の手術。

回復すればまた店を出すつもりらしいが、
朝市仲間の空気では、悲観論の方が上回っている感じ。

月曜、七時起床。
本日も快晴微風。

河口手前、干潮で泥干潟みたいな岸部に水鳥が。
36

いつまでたっても終わらない、
耐震化(液状化)工事している湾沿いの堤防には、お地蔵様(観音さま)が。
02
41

堤防強化工事の際に、
取り除いて保管してあったのを、元の位置に戻している最中です。
2901
1538
1608
4411
5723

約二百メートル毎にあるので、相当な数になる。
水門の向こうにも同じ様子で並んでいた(全部で二十二体)。
49

地震津波の際、ご利益があればいいが。


セヴンズは、なんら幻想を抱く余地ない完敗。
既に言ったことですが、責任者出てこい! 

金曜、九時起床。
どん曇り。
戸外での寒さは感じないが、室内は寒い。

昨日のもやもやした晴れ方は、
お天気が崩れるって予兆だった。

目覚めは七時半だが、
今日の徘徊は無理だと思っていたので、
心置きなく二度寝。

<看板考現学>
魚屋、漁船と分かりやすいアナロジー。
大昔紹介した当市の物件(下の下の写真)の類似物件が、隣市にもあった(直下の写真)。
05

45


<ブリスベン・テンズ>準々決勝
『クルサイダーズ×パナソニック』(12対5)。HT「12対0」。
当日見逃していたゲームを昨夜やっと確認。

数字上、互角の勝負だと思っていたが、
いざ画を見たら、本気のサイダースに、鎧袖一触って内容。

本気の時間帯攻防では、
さっさと2トライしたサイダース、
対照的にパナは相手が9人の時でも無得点。

パナはミスタックルが多すぎるし、
シンビンで一人少ない時間帯が二度もあったのに、
トライを取れなかった。

時間がなくなってから、
最後の最後に一本取ったが、勝負的には意味なし。

やはり、点差以上の実力差が存在する。
しっかりと現実を見つめるべきでしょう。

グローバル・スタンダード、
つまり、相手と同じ土俵で戦っていたら、
本気の勝負には勝てない。

で、超えるべき溝は、
ジャパン・オリジナルで埋めるしかない。

デイーンズは代表監督じゃないから、
こういう言い方はフェアではないと思うが、
ここは、エディの方法論が圧倒的に正しい。

水曜、五時起床。
低い雲が朝日を遮って、空模様がよろしいので、
早速堤防徘徊。

川口すぐ外にある漁港から見た西の空。
19

田んぼの八割以上は、稲刈りが終わっている。
22

今朝のイチオシ発見が、稲の天日干し。
11
02

市の南端と北部川向こうで見た(昔報告済)ことがあるが、
我が校区では初めて見る光景。

帰りの徒歩区間、
信号交差点を睥睨する犬(猫じゃない)。
27

ホントはこっちを一押ししたかったが、
写真がお粗末だから。

犬猫嫌いじゃないが、
こういう場面で寄ると必ず逃げられる。


最後、残り一キロという地点で、陽光が指して来た。
モロ逆光で、痛いほど刺さる。

それさえなければ、実に気持ちの良い、
一時間十五分の早朝徘徊でした。


さて、一服淹れる。
すると、今日も昼飯晩飯のお菜どうしようか、

それ以前に、洗濯可能か(室内干しだから)。
いつもの現実のしかかる。

46

土曜、夕方七時起床。
ずっと曇りがちだった日中、
意外と過ごしやすく、ベッドに寝たまま。

こういう空模様こそ、徘徊(隣市Bオフ、Bマ)日和なのに、
眠気に負けてしまった。

というのも、夜明け前、
曇りなので、いつも以上にしっかり徘徊していたから。

作り付けの床几。
24

コンクリ打ちの入口角度に合わせたつもりが、水平にならず。
これじゃあ、将棋もできない。

ご町内だからよく通るが、
当然、ここで、爺婆の駄弁る姿、見たことない。

水曜、十時過ぎ起床。
昨夜中からの雨は、夜明け前には止む。
お行儀のいい雨です。

毛布洗濯、物干し場の雑草が伸びて、毛布に届く。
仕方ないので、草取り。

情けないことに、ついでに、とか、
何か弾みがないと、身体が動かない昨近です。

一時間くらいで、身体が痒くなって来る。
花粉とか、いろいろ飛ぶので、手首とか首周りが。

一番忌々しいことは、軍手してるのに、
ドクダミの匂いが手について、洗っても落ないこと。


地方の零細自営業は、
連休中、カレンダーどおりの営業。

駅前商店街は、ここぞとばかりに、
いろんなイヴェントが企画されている。

なので、降雨が夜だけだったのは、
町おこし的には嬉しい。

市内一番の繁華街ながら、
四ブロック離れると、仕舞屋ビルが(五月二日)。
16
33
50

まるで裏通りみたいな、風情。

やっとミッドウィーク後半、木曜。
起床は正午少し前。

空模様は、ここ数日と同じく、
薄日指すって感じの晴れ。

ただ、昨日とは違うのは、
風がビュービュー吹いていること。
で、即、徘徊中止。

<建築探偵団する>
先週木曜は、雲一つない快晴で微風。
これで徘徊しなかったら罰が当たるって気候。

東海道五十三次、我が町の、
一つ手前の宿場町を探訪する。
約一年ぶりの建築探偵団です。

目的地は、直線距離で片道八キロちょっと、
しかし、暑い。

チンタラ走行なのに、汗だくだく。
18℃というが、20℃はいっている感じ。

ここは、江戸時代の商家を修復した、
(十八世紀から大正時代の)建物八棟と外塀(下見板張り)。
35
17

徒歩だと最寄りのJR駅から、
一・三キロも歩く(本陣資料館までも半キロほど)。

狭い旧道、約一・六キロが宿場町の面影を保つ町並み。
居住者以外の車を進入禁止にすれば、もっと快適になるはず。

宿村役人、問屋役、名主、米穀商・質屋を営む、
十七世紀末からの旧家T家。

その広大な家屋敷の一部を、
足掛け三年かけて修復した。

土間の吹き抜け、意外とちゃちな梁材。
19
茶室。イマイチ。
24

街道に面した五軒。いずれもT家(十一代)。
修復したのは西側外れ(写真奥)の一軒のみだが、めちゃ広い。
32

大昔にちょこっと紹介した隣棟の朽ち果て具合が、凄まじい。
にも関わらず、現役使用中。
27


旧部材、使えるものそのまま使用しているが、
基本、艶々テカテカの新築。我輩的には絵にならない。

(下見板張り壁の塗りは、全部黒。冒頭の外観写真二点、
ごげちゃ色のやつは昨年完成当時のもの。)

なので、若干ありがたみが薄れるが、
入場無料なことで、全ての欠点を補っている。

本陣資料館(有料)と合わせて見学すれば、
半日は有意義につぶせる、それなりの見所です。


帰り、旧東海道ではなく国道1号を通る。
すると、トマソン物件発見。

<物件1>
54

北杜夫風の言い方をすると脳病院、
何かタブーに触れてしまいそうで怖い。
02
18

まあ、当地でも有名な脳病院の前に、
アヴァン・ギャルドという喫茶店。

ミスマッチかベスト・マッチか、
意図してのネーミングなのか、微妙な感じがいい。

<物件2>
06

見る角度により普通に見えたりするが、
しかし、こんな分かりやすいモノを今まで見逃していたのが悔しい。
40
43
57

火曜から再び、0℃〜10℃の冬モード。
でも晴れているから、
風さえおさまってくれれば、長時間徘徊可能。

Bオフ、Bマート巡りをしたいのだが、
品揃えのいい店は、何故かみな片道四キロ以上と、遠いのだ。

それと、徹夜明けに頑張って徘徊をしてしまうと、
午後遅くには眠気に負けてしまう逆効果も。

今日は眠気に負けないぞ、心に誓って、
とりあえず、市内東五キロ地点にある、Bマートまで。

六冊ほど見つけたが、
うち百円本は二冊だけ(350×4、310×1)。
完全に、予算(千円以内)オーヴァー。

ついでに、更に一キロ先にあるブラジル人街で、
スパイシー・ヴィネガー調達。これで、由とする。

<頑張れ! 50円ドリンク>
ある日気が付くと、
我が寓居前にある自販機のドリンクが、
すべて百円になっていた。
03

ほんの三十メートル離れた場所は、
まだ強気の価格設定(120〜140円)。

自販機の飲み物、最近は、、
場所によってかなり繊細にメリハリをつけている。

で、昨日半年ぶりくらいに通った、旧赤線地帯。
その外れにある50円自販機、未だ健在!
16

商品点数が減っているし、機械の不具合があったり、
かなりヘタってきてる、頑張って!!
28



水曜、起床が午前二時。
なかなか爺婆モードにならない。

仕方ないので、写真を整理しながら、
ブログを更新しているわけ。

国内シーズンがオフになって、
ラグビーのない日曜日(<6Ns>もJスポじゃないので見れず)。

毎週末日曜の義務感がなくなると、
如何に暇なおやぢとはいえ、ホッとする。

もちろん、好きでラグビーを見ているのだから、
開放感とまではいかないが、隠居モードが加速する。


遅い午後、風が弱まったので、ちょっくら外出。
52

我が寓居上空だけでなく、
地平線の彼方まで、雲一つない。

久しぶりにアホ物件(質屋です)。
23
26

一時間半ぐらい徘徊して、
日の入り寸前に帰宅。

↑このページのトップヘ