カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2005年04月

Gパドル作り始めました!その2

0bdddb45.jpgどのやって削ろうかと思っていたのですが、だいぶ前に安売りしていた電動カンナを買ったのを思い出して、、、でもこれ、ちょっと使ってみたら凄い勢いでカンナ屑が飛ぶのです。集塵袋が付けられるのですが、東芝の電動工具ってマイナーみたいで、このオプションが入手できない、そんな訳で外での作業はかなり勇気を必要とします、で自主的に使用禁止!。とは言っても、普通のカンナで削るのは大変、で玄関での作業!、さすが手作業とは違います。あっ!と言う間に作業終了!、ところが後しますの掃除は、もう大変でしたーーー! うーーん、削りすぎたーー!

小網代の和船

f09199b3.jpgあっ木造船!と思って近づいてみたら、ちょっと変わったラインですね。。。三浦の昔の漁船はみんなこんな感じなんでしょうか?ベカ舟とはだいぶ違いますね、、、サバニのような大海を乗り切る舟みたいな迫力があります。愛好家が集まって作ったのかなーー!いいなーー!、風が強くなりそだったのでゆっくり見れなかったので、こんどは上陸してじっくりみましょ!

バルナックライカ

006079b5.jpg昨日、三戸浜で1枚の写真を撮るために数分の時間を費やしている人がいました。私は、と言うと、最近はデジカメ専門だから、やたら気軽にシャッターを押す。写真を撮ると言うよりは記録しているだけなのです。ひどい場合は中身を見ずにゴミ箱行き、撮った写真もそのまま使える写真はまず無い!、大抵はフォトショップでアングル修正、そのたもろもろかいざんしてしまう。今時珍しいと思っていて、ちらっとカメラをみたら、な!なんと50年以上前のライカではないですか!おもわず、おじさんの遊びはこれだよなーー!、写真はそのライカの持ち主。完全メカだから50年も前の製品でも使えるのでしょうね!、カメラは数台もってるけど、50年後でも動くカメラはあるのかなーー??、多分ない!そう言えば、電車も昔は耐用年数は永久?ってくらいの設計だったのですけど、最近は違うみたいです、たしか10年くらいの耐用年数で設計しているような話を聞いたことがあります。昔は電車の安全確保も機械仕掛けですから、安全方法に故障させることが比較的簡単だったようです、故障があれば止まる方向にしていれば良いのです。飛行機は止まると言うことは墜落するってことですから、電車が安全な乗り物であったのは当たり前なのですが、最近は。。。。電子機器でのフェールセーフは難しいんでしょうね! あれーー!カヤックのラダーコントロールの自動化はやめようって話にしたかったのに、、、、

あれーーーー!

ef0708a9.jpg今日は漕ぎ漕ぎスピードを測ってみようと思っていたのですけど、GPSを忘れたーー!まっ良いか!で三戸浜着!、あれ、駐車料金の看板!、近くの人に聞いたら、連休からです!って言うので一安心??、で荷物を下ろしたら、、、パドルが、、、写真が今日持って行ったパドル確かにパドルなのだけど、右用が平パ、左用がスプーンなのでした。。。で予備パドルでの漕ぎ漕ぎでした。

Gパドル作り始めました!

460a7a90.jpg今日は朝からのヤボ用を済ませて、帰りがけにホームセンターによって、パドルの材料を購入。さすがに2度目だったので材料集めもさっさっと?、カヤック作りに使ったクランプを総動員して圧着!夕方にちらっとみたら、もうしっかりとくっいているようなので、電動ノコギリでカット!!、芯は檜で、周りは軽い木を貼り付け!、これなら簡単に綺麗な曲線が出せそう?、しかし、この後が大変なんですね、接着材と張り合わせに正目と逆目がどうしても混ざってしまっているのでカンナは使えない!でディスクサンダーで!ってことになるのだけど、これ、ほとんウッドフラワー製造器みたいなもので、細かな木くずが飛ぶ!ご近所で洗濯物を干している時は、絶対にできない。家の中でやれば、これまたまずい。うーーん! あしたは漕ぎ漕ぎしに行こっと!!

Gパドル作ろうかなーー!

2943b494.jpgパドルは何回か作ったけど、お気に入りは無い!、昔は長いパドルの方が速く漕げるのでは!って思って、長さ2.5mで、しかもブレードの大きいのを作ってみた。確かに一漕ぎで、かなり進むのだけど、疲れてくると重くて漕ぎきれない。その後、子供用のパドルを作って!って言われて、その時に、同じ物を何個も作るのは苦手なので、Gパドルってのを作ってみた。ちょっと使ってみたら、なんだかなー状態だったので、いい加減に仕上げたから、余計使う気にはならなかったのだけど、先日、子供たちが作ったベカ舟で「矢口の渡し」の再現!ってのがあって、サポートと言うことで、ベカ舟の周りをうろうろしたときに、ベカ舟の方向修正をさせるのに、Gパドルの方が好いだろうと思って、使っていたら、変な具合に馴染んできた。ちょっと好いかな!!!?、暇つぶしと言うか、気分転換用に、じっくり時間をかけて作ってみようかな? Gパドル大好き?の千葉さんがちょっと重い、ちょっと幅が広すぎるって言ってたから、オール檜でなくて、ちょっと細めで。。。。

ベニヤカヤックの搬送用アタッチメント 最終型?

5a7b2de3.jpg当初からアタッチメントが外側に逃げそうだったので、ベルトでつないでいたのですが、二つそろって横滑りすることが判明!!で今日は東急ハンズによって、ノートパソコン用の滑り止めを買ってきて、ぺたぺたと貼り付けました。加重がかからないと、やはり横滑りするようなので、この際、見てくれ無視でゴムバンドでさらに止めるようにしました。これで完璧!!?

やっぱりバイダルカ

57f7ba51.jpgこの日記は、湯船に浸かりながら、今日は何を書こうかな!なんて考えてるのが習慣みたいになっているのだけど、なかなかスイッチの切り替えにはちょうど良い!だけど、昨日につづき書くこと無いなー!で次はどんなのを作ろうかなんて考えていた。そうすると、なぜかいつもバイダルカがでてくる、なんとなく私は縄文人系だと思っていたのだけど、アリュートの血が流れているのかなーー!なんて思ってたら、ちょっとのぼせてしまった。もう無理に毎日書くのはやめよっと!
写真はニックさんが設計したバイダルカ風、ストリップビルドカヤックの図面!、追い波をしっかり受け止めてくれるスターンです。先日「斜め後ろからの追い波を受けて進まないと行けないときはどするの!かなり難しいよ!」ごもっとも!!うーーん!

NightHeron

663f00f4.jpgカヤックビルダーはうるさい水辺の鳥がお好きのようです。前回のバイダルカ風カヤックはLaughing Loon(ワライ・アビ?)っていうとこの設計で、今回作ったカヤックはGuillemot (海ガラス)カヤックのNightHeron(ゴイサギ)!!で写真は多摩川の河口で見つけたゴイサギなのです。なんかペンギンみたい。夜行性の鳥なのですが、たまたま飛んでる姿をみたのですが、ちから強い飛び方をします。サギと言えばアオサギとかダイサギとかがサギの代表みたいな感じですけど、歩いてる姿は長い首を伸ばしているので、鳥に興味の無い人はサギをみて鶴と間違える人が結構いるようです。ところが飛ぶ時は首を折り曲げて飛ぶので、あっ!鶴じゃない!詐欺だ、、、でサギ!!
ネタがないのがバレバレの今日の日記でした!!

コックピット最終形?

220588e8.jpgニーグリップはしっかりしないと気が済まないのでサイブレースはがっちりタイプ?にして、余分な出っ張りは削って、これで立て膝体制でも漕げるように変更!、ちょっと残念なのは立て膝でラダー操作が出来るようにすると、ノーマル体制時にラダー操作ができない!、立て膝にした方がしっかり漕げるよ!って話があったのと、次回作は立て膝体制をメインに!ってことで、それの練習用!、ほんとはおじさんは同じ体制で長い時間漕いでると、腰がフリーズ状態になるので、気分変更用????、 背もたれは、いままでもなんかイマイチなので、一番密度の高い発泡スチロールを買ってきて、ごりごりと削りました。型が決まったら、木で作ろうと思っていたのですが、以外としっかりしてるので、まっ良いか!!状態です。背もたれの後ろは小物置きにちょうど好いのですけど、発泡スチロールが占拠!でもこれで水抜き1発?。 あとはバウの造波器?部分ですね。。。パソコンでのシミュレーションの結果だとバウの容量は安定性にかなり影響があるようなのと、波をポンポン?と乗り越えてくれる感じがなくなると楽しくないので、しばらく様子をみましょ!!S&Gだって削れないことはないけど、見てくれが悪くなるので塗装?「紅の豚」色じゃなくてフェラーリ赤?にしたりするのは、ちょっと忍びないしね。。。。。
Archives
  • ライブドアブログ