カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2006年07月

HORNET4−R

25c2d742.jpgホーネット4−Rですって、、、写真は作者の威能さんがBBSに載せたもので、無断借用です。 丹沢湖に間に合えば現物見れたのに残念ですね。 奥にあるのがRですね。全長5.99m、幅47cm。最近の過激な高速艇と違って、一応シーカヤックらしくて好いですよね。4もかなり難しいらしいけど、さらに2cmしぼって、、、でも、シーバンキッシュなんかより乗りやすいのでしょうね? アルファーRも47cm幅、Rの文字が追加されると幅47cm。きっとこのあたりの幅が限界なんでしょうね。 おじさんの場合は50.8cmが限界!!
シートだけも販売しているのですね、知らなかった。
ホーネット5は27万円! 大きい方が安いんだーー!!

今日の羽田神社

76cc89a2.jpg昨日、今日と羽田のお祭り。一時期は御輿を担ぐひとが足りなくて、神社に置いたままの時代もあったような気がしますが、最近は六郷とか川崎などの睦会の応援をいただいて、羽田流をみることができますよ!って、、、
小さい頃は、特別にお駄賃がもらえるので、特に待ち遠しい思いをしていたように思う、で何に使うか!というと、、、、結果的には粗悪な鉛筆とかが山ほど手元に残ったことを良く覚えている、その頃って、まだテキ屋がそれなりにプロだったから?、結構楽しかった!
で、親にもそんな買い物?をして!!って怒られたような記憶がない、たぶんそんな風に使ってしまうって事が解っていたのだと思う!
いまの時代は少し変!小さな子供は背もたれのない所に座らせれば、そのまま後ろにコロって寝てしまうなんてのは当たり前で、、で転がって頭に怪我をしてそれが原因で死んでしまった!と言う事故があったと思うけど、これ公園の管理責任が問われて、裁判にも負けたようだけど、ご両親には申し訳ないけど、完全に親の不注意だと思う。アメリカの「電子レンジに猫」事件と同じ!!? ついでに、、パロマはすこし可哀想な気もする。本来、火を使うと言うことは危険なこと、換気の悪い所で火を使えば不完全燃焼するのは当たり前!火を使うことが危険な事!ういう認識を持って使わない方にも問題がある。パロマって会社がどの程度の企業だか知らないけど、松下と同じようにTVに告知するのは酷なような気がする。こんなときこそ、ふだん正義の味方を気取ってるTV等のマスコミは、このような告知に協力するべきだとおもうのだけど、、
これ、世の中、斜には構えていない、おじさんとしての平均的な感想だとおもうけど、、、
ってワープにワープを重ねて、、、、むりやりカヤックネタにもどして
そうなんですよね、、、ちょっと入りたいなーーなんておもうカヤック倶楽部があるのだけど、そこの入会資格に、「世の中に少しだけ斜に構えていれば、、、OK。」という入会条件があって、おじさんの場合、直立不動で構えているから、ダメなんですよね、、、残念!!

スコフィッツ「アヤハブラ」

09c43181.jpg去年、奄美でみた、シーブリもどき木製カヤック、アヤハブラって言うのだそうです。去年の成績は目立たないものだったと思いますが、今年は総合3位、9位、11位に入ったそうです(サトジュンさんからの情報)。
去年みた記憶では3艇あって、サイズが少しずつ違かったと、、、スコフィッツと言うのはメーカーの名称なのでしょうか?同一名称のブログがあってみてみると、サバニみたいな木造船も作っているようなので、奄美の木造船のメーカなのかも、とすると、体型にあった高速木製シーカヤックを作ってくれる貴重なメーカの出現です。エンジンの性能アップの限界を感じてるあなた!、自分に、ほんとうに合ったカヤックを入手出来るチャンスなのかも知れませんよーー!
もう少し、コントローラーの性能が良ければ、作ってみたい舟なのですけど、、、まっ!カヤックの良し悪しは乗り手の力量と、体型に大きく依存しますから、しばらくエンジンとコントローラーの調整に専念しまよ!??


アヤハブラって、奄美方面では綺麗なチョウチョのことを言うそうです。スコフィッツは不明

シーカヤックのストリップ工法の設計図

5218541e.jpgいままで購入した図面はどれも同じような物で、図面はモールド部分が原寸でその他は縮小図面になっています。 モールド部分と言うのは写真のあばら骨みたいに見える部分で、カヤックを輪切りにした時の断面図みたいなもので、これを図面通りの間隔で並べれば、完成時の形が見えてきます。写真のようなスケルトンが出来れば、あとは板を貼っていくだけなので、このスケルトンの精度がかなり重要になります。
始めて作るのであれば、写真のようなバイダルカ風の物よりグリーンランドスタイルのカヤックの方がはるかに作りやすいと思います。
S&Gの図面と違って、ストリップビルドの図面はどれも同じようなものです。
と、アバウトすぎ!!!

普通のデブで良かった!!でも、、、

9ef92534.jpg最近の体重計はすごいですね、内蔵脂肪レベルまで計れるのです。 外見デブは自覚しているのだから良いのでが、外見デブでさらに隠れ肥満だったらやだなーーと思っていたのですが、なんとか内部も普通レベルのデブなようで一安心!!
しかし、これ説明書のほうが面白い、で、説明書によると、肥満者は標準者と比較すると腰痛は17倍なのだそうです、うーーん!やはり体重落とそう!、それに5kg軽いカヤックを作るより、体重5kg下げるほうが簡単そうだものね! と今日はそう思うのでした!

新艇庫は移動式

70ab43cd.jpg縦積みにすれば、4艇くらいなんて漠然と思っていたけど、やっぱし2艇で丁度ですね。屋根が低いので、ひょいと乗せられるのが好いですね。と言うことで??、新艇作成の作業場確保完了?? と言っても、作りたいカヤックが無い!
CLCからそのうち出てきそうなサーフカヤックが好いかも?。しかし、最近のCLCはキットメーカーなのでしょうか?。新製品はみんな他社の設計ですね。。。設計図1万円前後ですから商売的には難しいのでしょうね。実際、届いた設計図をコピーしようとすると、オリジナルより高くなったりします。ニックさんとこのゴイサギベニヤ丸の設計図なんて、静電プロッターで印字したもので、0.9mX5.5m実物大の型紙が2枚付いてきましたから、こちらでコピーしたらオリジナルの数倍の値段がかかってしまう。でも1万円前後なんで、このなかから著作権料も含まれると、赤字ぽいですよね。。。
と、話しがそれましたけど、、、
この移動式艇庫、クラッチがない、アクセルペダルを踏むのを止めても減速しない。でも、以外と速いなーー!なんて思っていたのだけど、BMW?とかのオモチャみたいなスポーツカーに勝てない、カマロとかムスタングに負けるのは納得するけど、なんであんなオモチャみたいな車に負けるのだーーー!それに左側のサイズが見た目より大きいのだ、知らない内に左側のタイヤが白線の上にいる、見かけ通りのサイズでないのだ!!?、、それにちょっとぶっかっただけで傷つくし、バンパーは傷が付いても目立たないように作るのが原則だろって!、、、、そう言えば、最近アメ車みないなーー!

9.2kmを1時間で漕ぐぞーー!プロジェクト の結果は、、、その3

c78021b2.jpgやっぱり、今日になって、腰の上の背中の筋肉?が痛い。まっ!年相応の現象でしょ。
しかし、昨日の奄美フルコース、4時間てのは無謀ですね。36kmあるんだから時速9kmで4時間ですね、5時間なら時速7,2kmで、、でも、今回はそんなスピードで1時間で漕いだのだから、その5倍ってのは現実的じゃない! でも、これをこなせないと海峡横断のイベント等には参加できない。つまり、現状ではカヤックに乗って楽しむ基本能力なし! うーーん!ゴルフなんかだと、ちょっとトレーニングなんてすると、簡単に1クラブ飛ぶようになったりしてスコアーが崩れる原因になるけどカヤックはほとんど体力勝負だものね、常にトレーニングをしていないといけないから、月一カヤッカーは楽しむ権利無しか??と訳のわからないことをほざいていると、ビールが無くなったので、書くのも終わりになるのです。

9.2kmを1時間で漕ぐぞーー!プロジェクト の結果は、、、その2

33ad9b39.jpg今日、起きたら、首筋と腕の筋肉痛!なぜか今回は太股も痛い!まっ、一時期、一日空いて筋肉痛ってことがあつたのだけど、翌日筋肉痛って言うことは良いことなのです。
次は何を作ろうかなーー!って言うか、何を目標にしようかなーー!
トレーニングして目標達成なんて、シティーアダルトなおじさんのやることじゃないよなーー!。
漕ぎ漕ぎテクニックを磨く!ってのは良いかも知れない、今回、自分のカヤックが引き波が強そうだったので?、他のカヤックはどうなのか、ちょっと調査、、ボリュームのあるカヤックの後ろは、かなり楽なのを発見、つまり、丹沢湖のレースで1時間を切れるタンデムの後ろにつけば、おじさんでも1時間切れる可能性はかなり高いのではと思う。しかし、これも粋なおじさんのやることじゃない。
奄美フルコースを4時間以内で完走!ってのが好いかなーー!って、これって。。。。

9.2kmを1時間で漕ぐぞーー!プロジェクト の結果は、、、

53edfff4.jpg結果は残ねーーん!というか、去年より3分以上遅いのでした!!
去年は1時間9分??秒、一昨年は1時間14分。で今年は1時間13分。
これを分析すると、、、
1)去年は、松崎とか奄美に行ったりして、丹沢以前に2つもマラソンレースに参加していたし、また週一ペースでの漕ぎ漕ぎが結構出来ていた。
2)3分ってのはスタートの問題かも知れない、今回は最後尾よりスタートしたのでラッシュ状態が終わるまでしっかり漕げなかった。ちょっと無理、、いいとこ1分かな!
3)この3年、毎回違うカヤックで参加したけど、時速9.2km以下のスピードしか出せない状況ではカヤックの差はあまりない! 一昨年の14分は16.5フィート21インチ幅でラウンドボトム、今年は18フィート20インチでラウンドボトム、、、差があるとすれば、これで1分くらい速いのかも?
と、どうみても、速いカヤックを作れば目標が達成できる!ってことはない。
でも、エンジン強化しかない!って、これじゃつまらないよね。。。。
さて、どうしたものか???

緊急修理!!

a7c98847.jpg今日は早起きして、多摩川でちょこっと漕ぎ漕ぎして、、、って思ったら、
がーーん!、バウに割れ目はっけん!、当初はしっかりFRPされていた部分なのですが、バウの形状変更したあと、エポキシ塗ってごまかしていた部分で、中身は15mm厚の板をクランプで圧着下部分なのですが、まさか!って感じですね。
エポキシを注入して、その後エポキシパテで整形!気温が高くて良かったですね、寒い時期だったら、一日では修理できなかったでしょう、、、暑くて良かった! 丹沢湖が終わったら、ゆっくり直しましょ!

さて、あしたは1時間切れるかなーー、漕ぎ漕ぎしてないから無理だろうなーー!でも今日はしっかり寝て、あしたは頑張るぞーー!!!って、、、、、
Archives
  • ライブドアブログ