カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2006年08月

今日は立て膝で漕ぎ漕ぎ!

a75a4d71.jpg今日は午後から多摩川なのです。速度を確認しながらの漕ぎ漕ぎ!、やはり立て膝の方が楽にスピードがでますね。。。以外なのは目一杯漕ぐより、ちょっと抑えた方がスピードが出てますね。。。速度を確認しながらの漕ぎ漕ぎは、リアルに結果がわかるので、実践的漕ぎ漕ぎフォーム作りに好いかも? 以外と楽な漕ぎ方でも9.5km/hは出るのですね。。。うーん!ちょっとトレーニングすれば、1時間くらいなら9.5km/hくらいで漕げるような気がしてきたなー! とタラレバな午後なのでした!

100m以上真っ直ぐ進む時はラダー

d2e708f9.jpg真っ直ぐ進む時はラダーが便利なのになぜみんなラダー付きじゃないんだろう!って思っていたのだけど、
ラダーなしは関東近辺だけの流行なのかも?
WFのBBSをみてたら、関東地方はラダー付きが30%で、他の地方は60%以上、沖縄は95%がラダー付きで出荷しているのだそうです。関東の海は穏やかな事が多いので、ラダー無しで小回りの効くカヤックの方が便利!だからなのでしょうか?
で、そんなこととは関係なく、おじさんの場合は凪でも真っ直ぐ進む時はラダーなのです。ってこのゴイサギベニヤ丸、幅51cmで全長5.5mという細身の外見とは別で、とても小回りが得意なカヤックなのですが、ちょっと風があったりすると、真っ直ぐ進むのがとても大変なのです。でも、いま一番安心できるカヤックなのです、で、一番簡単にできたカヤックでもあったりして。。。

今日の三戸浜

e2dd2edb.jpg三戸浜、お昼過ぎでの定点写真?、もう夏は終わりましたって感じですね。お盆の頃くらいはちゃんとパラソルを借りる人とか、かき氷を注文する人!沢山いたのかなーー? と余計な心配をしたりして、、、
で、海はというと、なんかとても綺麗!おまけにべた凪なのでした。。。

対馬&アヤハブラ情報!!

対馬シーカヤックマラソン情報
>2006対馬シーカヤックマラソン大会ですが今年はかなり遅くなります。
>11/4にプレイベント、本大会は11/5と地元のシーカヤッククラブに通知
>が届いているみたいですよ。

アヤハブラ情報
>奄美のアヤハブラの製造は親子でやってる造船屋さんです。
>元々奄美でアイノコ(サバニ)を造っておられる方ですが2年前に息子さん
>が木製のシーカヤックを見てから惚れ込んで製作を開始したようです。
>現在は木造とFRPの両方のアヤハブラを製造していますね。

以上、鹿児島の方から教えて頂きました。

対馬、、好い時期ですね!
体育の日の九十九島はパスして地元でカヌー教室、で三陸、横浜、対馬かな?

対馬はどうなったの?

今年は、対馬と三陸!って漠然と決めていたのですけど、対馬シーカヤックマラソンの日程のアナウンスがありませんね。。。去年は9月中旬だったから、この時期になっても決まってない!と言うことは中止なのかも?
で10月になると
10/07 九十九島
10/15 三陸
10/22 横浜
一応、東北と九州へ日程的には行けるけど、、、
おじさんの場合は「漕ぎバカ」とよばれる人種じゃないので、三週も続けて10km以上をマジ漕ぎしたら、壊れちゃいそうだし。。それに、社会の片隅でつつましく生きてる、おじさんのすることじゃない! 

今日の独り言
ニュースで、シュレッダーとかの製品に関連してのコメントだとおもうのだけど、
「便利な物は危険な物と言う認識を持たないと行けない時代になってしまったようです!」って、、
猿から人間になった時から、火とか刃物とか、危険だけど、便利な物を使って生きてきたわけなのです。
カヤックで遭難してもカヤックのせいにする人なんていないでしょ?
PL法を否定するつもりはないけど、便利な製品のリスキーな部分をすべて製造者の責任にする風潮はちょっとおかしい。子供の教育をすべて学校に押しつけている親がいるそうだけど、それにとても近い感覚だと思うのだ!!
ソニーの場合は、、 
リチウムバッテリー、昔は使い方の難しいバッテリーって認識をみんなが持っていたと思うけど、、、これは微妙ですね。。。 アップルのパソコンは、危険だからって、一時期リチウムを止めてニッケル水素を使っていたのに、いつから使っていたのだろう? とは言っても結果的にはパロマより厳しいかもね!!

べか舟、作りたいなーー!

bbe807fe.jpg面白いサイトをみつけた、和船を作って競争しちゃったりしているのです。
http://wasen.survival.org/
こんなのをみてると、べか舟作りたーーい病が再発ですね。
一応、写真の2冊の本を熟読?しているので作り方は解っているんですけど、そう簡単に作れるってもんじゃない! 文字では表現できない熟練した職人の技術があって完成にたどりつけるのです。その壁を越えないといけないのですよね。。。マジで和船職人に弟子入りしたいなーー!

Gパ風、超ナローブレードパドルなのです。

fd448194.jpgGパドルってかっこいいーー!、でも漕いでいるのだか漕いでいないのかよくわからないパドルで海に出るのは嫌だなーー!って、人に最適なパドルの完成なのです。
フェザー角60度で、235cm、ブレードの面積も普通のパドル並みにありますから、普通の漕ぎ方で一見Gパドル使いに見えるのです。
おじさんに、邪道!と言う文字はないのだ!

邪道といえば、、、シュレッダー??
そのうち、家庭に包丁を置くなとか、ナイフで鉛筆を削るな!って時代になるのかなーー!
日本も「電子レンジに猫」的アホ民族の集まりになりつつある!ってことか?
シュレッダーで怪我をする子供より、自動車と言う移動道具で怪我擦る子供の方がはるかに多いはず、
本質が見えてない!って、、、、

羽田の海 秘密の休憩ポイント!

0aa5d1a2.jpg東京湾は、ほとんどがコンクリート岸壁なので、上陸場所は限られます。
ここは羽田空港の東南岸、2本ある誘導灯の東京寄りになります。大潮の満潮時でも上陸可能な貴重は休憩場所!、流木が沢山あって、大工道具があれば、立派な小屋が造れそう!!、でも、監視用カメラでバッチリ監視
されているので、作り始めたら、1時間以内に「こらーー!!」って言われるのは確実!!
ここからは風の塔、海ほたる、が間近にみえて、ボケーーっとするのには好い所なのです。でも、もう一本滑走路が出来る予定があって、その工事がはじまったら、そのボケーーっと!は出来なくなります。

羽田の海

89c3f78f.jpg昨日は午後から羽田の海で漕ぎ漕ぎ!、海は美味しそーな?コーヒー色なのです。

ファルトを担いで東京湾の探索に出かけましょ!

ba255fa6.jpg東京の運河を個人でちょっと散歩!って考えると以外と大変なのです。ところが、ですね。。。
先週の土曜日に、なんと、「運河の駅」がオープンしたのです。 場所は天王洲アイルから歩いてちょっと、お台場とか日本橋あたりまでが散歩コースでしょうか?
事前許可が必要なようです。あと、公にはお台場は上陸出来きなかったりします、月島の掘り割りとか、上陸できる所は限られますから要注意です。 ここから羽田の天空橋がおすすめかな?、
運河は減速してくれないモーターボードとかがいて、このボートの波は以外と大きく、反射波もすぐ来ますから以外と怖いのですよーー! 一番怖いのは、狭いとこがある海老取り川かなーー!!

オープンセレモニーの様子
http://home.u00.itscom.net/aobeka/sinagawa001.html
Archives
  • ライブドアブログ