カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2007年12月

好いシルエットのカヤックなのです。

046e1378.JPG移動式艇庫、バッテリーを充電して元気にしてあげて、お掃除をしたら、無くしてしまったと思っていたLEDのライト、艇庫の隅からだしてくれました。 防滴仕様のライトは何処にでもあるのですけど、40m防水ってなかなか見つからない、同じ物をもう一度買うのもなーーと思っていたので、なんか得した気分!

Larusさんが撮ってくれた写真のカヤック、なかなか好いシルエットでしょ、、、これ、最大幅56.5cmのツーリング用!って言ってますけど、じつは、90kgの体重の人が乗っても、喫水の最大幅は51cmなんですよね、、、PAX18と同じで、一見幅広、だけど、喫水での幅は結構細いんですよね。 この日、ちょこっとSK-1と併走してみたのですけど、この舟の方が速いのでは?と思ったりして。。
と、いいかげんな事をほざいて、本年度最後の日記となるのでした。
みなさん、良いお年をお迎えください!

移動式艇庫が移動しない艇庫に、、

73222fc2.jpgすてられない症候群なので、捨てないで好いお掃除は結構得意だったりする。で順調に、窓ふきは暖かくなったらやりましょう!(去年もこんな事を言ってやらなかったような気がする)ということにして、終了!?
と、雨もやんだので、
勢いで、移動式艇庫のお掃除、、で掃除をしようとしたら、
近所のお兄さんが、「先日ランプがついたままでしたけど、バッテリー大丈夫でした??」って、
がーーん!! それって3週間前でしょ。。。
なにしろ、カヤックを運ぶ以外には使っていないので、週一ぐらいではちょこっと動かしていたのだけど、年末でバタバタしていて、3週間ぶり、、、
絶望的な心境で、キーに付いてるボタンを押してみる、反応なし、でキーを差し込んで開けても、他のドアーのロックがはずれる音もなし、当然エンジンかからず、、バッテリーの電圧をチェックしたら4V、ここまで落ちるか!!!
バッテリー液は正常範囲なので、充電してもらうために、バッテリーを外して近くのガソリンスタンドまで担いでいったのでした。

キーを抜いたとき、ランプ等が点灯しているとにはアラーム音がするのだけど、点灯のまま!ってどうなのだろう??N社の仕様らしいのだけど、どのような状況を想定するとこうなるの??
あしたはバッテリーを取りに行ってエンジンルームの掃除をしましょ!
と、なにかと忙しい年の瀬なのです??

造波抵抗研究装置3号

8ce7a9a7.jpg掃除をはじめたら、、、パテで整形した造波抵抗研究装置3号がでてきたーー!で、スプレーも用意してあったので、塗装開始!
カワサキのオフロードバイクをイメージしたんだけど、、、あさってな結果となりました。。
まっ!スプレーの空き缶3つを捨てることができたので、少しは掃除が進んだことにはなるのだが!、このRCヨット3号艇ができたら3つも何処に置くの。。。。
そう言えば、お外のカヤックも3艇まで減らそう!と思っていたのだけど、4艇あるしーー!

明日こそ、お掃除!するぞーー!と言っても、燃えないゴミを出す日、今年は今日が最後だったので、、、
ゴミ屋敷になりそう。

水漏れしない桶を作ろう! その2

2bf7064f.jpg一応、水漏れ無し、、ちょっと小細工しました。。。じわじわシミてきて、そのうちにポタポタと、、で再度乾燥、乾いてから細かな木くずを底板と側板の隙間に刷り込んで、再度水漏れテスト、大成功!!
やはり、難しいですね。
で、高さを低く切り落として、櫂を付けて、たらい舟の完成!


漕ぎ納め?は東京湾

ce84b6ff.jpg今日は羽田の砂浜でのんびり!と思っていたら、突風が危ないから、運河を行きましょ!ってことに。
まっ!確かに真向かいの風なら突風でも対応できるけど、、10m以上の風なんですよね、だれかがやめよう!って途中で言うと思ったら、だーれも言わない! でレインボーブリッジまで行ってしまいました。

水漏れしない桶を作ろう! その1

de381a5f.jpg1作目は形にするのがやっとだったので、こんどは水漏れしない桶を作るのだ!と言ってもどうせすれば良いのかがわかっている訳じゃない!
こんどは、底板は最後にして、木を馴染ませて、目一杯タガを締めてこれ以上締まらなくなったら底板をいれる!、ただそれだけ!!
写真はただ置いておくだけでは馴染むのに時間がかかり過ぎるので、10分ほど水に浸けて乾燥させているところ、「馴染ませ工程」の加速化なのです。これで乾燥するとタガが緩んでいるだろうから、締め直しをして、内側を丸く削って、、、こんどこそ、、、、

カヤックを作る人は、やはり器用なんですね。。って言われたのだけど、そんなこと無いんですよ。
円筒型の缶にゴムバンドを巻いて、木ぎれを挟んでいくと、そのうちに缶より太くなって、スーっと抜けば良いだけですから、匠の技はとりあえず不要なんです。こそくな手段は得意だったりして、、、

今日の和賀江島

5e6f384b.jpgアビを探しに行ったのだけど、
やっと、カモメでもウでもない鳥をみつけたのですが、
逆光で、、目一杯画像修正、やっと個体判別可能まで、、、
アビじゃなくて、ウミアイサみたいですね。
やはり沖にでないとだめかなーー!
でも、急に北風が強くなったら、、、帰れなくなりそうだし、、
ゆうき食堂って、あの漁港に入っていくのかなーー!
佐島だと追いかけられちゃうって言うし、、
と 悩みがつづくのでした。


ps。
 誤字のご指摘ありがとうございます。
個体判別と一括変換すれば固体とはならなかったかな??
でも誤字脱字&文脈などの指摘はキリがないと思うので、
一気に感性で飛び越えてください。
そういえば、「頭がいいとは文脈力だ!」?みたいなタイトルの本は書いたひとが、{頭がよければ、人は幸せを感じる!」とか言う!。まったく理解できない! どこかの出版社は算数の勉強で、イギリスではこどもの数だけ答えがある!みたいなことを言ってる、算数って一つしかない答えを導き出すお勉強だと思うのだけど、なんかへんな教育論ははびこっているような気がする。
でも、忙しい年末のはずが、年明けから忙しい事になって(納期は変わらないのだけど)とても幸せな今日この頃なのだけど、頭がいいのが原因とは思わなかった!

してぃあだると的漕ぎ漕ぎ力アップの方法

モーターが付いてるアシストチャリって、坂道を楽々と上ったりする。
カヤックもこんなのないかなーー!と思っていたのだけど、
http://smartsuit.org/
この考え方でカヤック用を考案すれば、、、、
で、思ったのだけど、踏み込む足の力をもっと積極的にパドルを引くときの力に活用できれば、、、、
うーーん!

冬の東京湾

93ff47f7.jpg昨日に引き続き、原寸サイズの写真です。
多摩川河口0kmからの東京湾、冬は対岸の千葉が蜃気楼のように見えます。
この景色も拡張工事で河口を塞ぐような滑走路ができると、見えなくなるのでしょうね!

吠えるセグロ

5a2e8b22.jpg今日の朝は寒かったですね、、大浜から江ノ島往復の団体さんがいるみたいで、アビに会えるチャンスのような気もするので、紛れ込もうかナーーとちらっと思っていたのだけど、ふとんから出られませんでした。
多摩川の河口から千葉が蜃気楼のように見えてるだろうなーー!とか思いながら、うとうと、、で起きたのは9時過ぎなのでした。。。
お昼過ぎ、すこし漕ぎたいナーー!と思って、チャリで漕ぎ漕ぎ???
盛んに吠えてるセグロカモメを発見!
写真はテレビ用に目一杯圧縮しましたが、クリックすると原寸3072X2048でみれます。ウミネコとちがってあまり鳴かないのでちょっとめずらしいかも? 
と、のんびりとした一日なのでした。。

COP13
 おじさんが生きている間は北極の氷はかろうじて残るだろうからいいけどさ!!って寒くない冬なら早起きも苦にならないか?
Archives
  • ライブドアブログ