カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2009年08月

今日の多摩川

799566f2.jpg明日漕ごうと思っていたのだけど、変更!!
で、午後から多摩川、どちらに行くか??、、、カヤックが川上に流れたので川上り!に決定!
づっと追い風&追い波!、写真は丸子橋、調布取水堰まで数百メータだというのに、カヤックはまだ川上に流れてます!干潮時だと水の流れに逆らいながらの漕ぎ漕ぎ、時には川を歩かないとここまでこれないのが不思議!
帰りはどうなるやら、、と思ったら、風がおさまって気持ちよい向かい風のなかを帰ってきたのでした。

今日の多摩川

5f2c51a4.jpg風もう秋ですね??
今年はコアジサシをあまりみませんでした。巣作りできる場所が見つからなかったのでしょうか?
そのせいか??、、小魚が多いですね。コハダorサッパの子供みたいな感じだけど、春ならともかく、今時こんなに小さいのは変ですね、べつな魚かも知れません! 要調査ですね。。。。

今日は今年初めて?の平パで漕ぎ漕ぎ!
なぜか、カーボンブレードで17800円という、マーシャスのパドルが迷い込んできました??
このパドル自体興味はなかったんだけど、これのバンジーコードでつながっている4P版があるのを知って、スペア-パドルに丁度良さそうなので、使って見ることに、水を上下に逃がすようなブレードが気になったのですが普通の漕ぎ味ですね。それに軽い! 好いナー!と思ったのだけど、エッジに白い粉が。。よくよく見ると黒の塗装の下地が白で、塗装がはげているんですね。
うん??カーボンなのに黒い塗装のしたが白色??? うーーん!! ブレードの厚さもすごーく薄い。
比較用に用意したメガのパドルがカーボンシャフトでカーボンブレードなのだけど重くて、ブレードも厚くて丈夫そうなのでよけいに頼りなく感じます。
ということでスペア-パドルとしては却下!
しかし、メガのパドルはなんでこんなに重いんだ!ってことで浮かぶかどうか確認してしまいました。
帰ってから重さを計ったら、マーシャス0.8kg、メガ1.1kg、たいした違いはないですね、倍ぐらい重いんじゃないかと思ったけど、、、300gの違い、馬鹿にできませんね!!
そうそう、マーシャスのパドルの留め金、すぐ錆びるんだそうです。今回使ったのは交換済みでしたが、金具の周りが赤錆で染まっていました。

Nob_Wingぷろじぇくと(2)

8b274e58.jpgこのカヤックに付ける予定はないのですが、出ていたので取り付けてみました。
水面に触れないような高さに設定すると翼の角度はかなり急ですね。
それにOC1はもっと細いから取り付け部分も幅広すぎ、、、寸法は測らずに作るからこうなるんですよね。
でも固定方法はこんな方法でもなんとか使えそう、でもこのままだと後ろにずれてすっぽ抜けるでしょうね!
と言うことで、再検討!!

日陰を求めてチャリ散歩

8a54ab3a.jpg先日、復刻版六郷用水の鵜の木付近でニホンザリガニみたいなザリガニを見つけたので再調査をかねて、
家の近くの六郷用水跡をたどって多摩川台公園まで、そこから丸子川(六郷用水)を通って矢沢川と交差するところでのりかえて等々力渓谷へ、、
写真は亀甲山古墳の横にある池、不思議な池でしょ!、昔の調布浄水場の沈殿池のあとなんです。
タガメでもいないかな?としばらく探したんですが、ゲンゴロウもみつからず、アメンボウだけでした。

yanma1
等々力渓谷でオニヤンマを発見!都内でみれるとは思いませんでした。


ちょっと気分を変えてみました。
うーーん!!
やはり、クリックして写真が大きくなる方が良いよね!
これっきりにしよっと!

ルールを守るための治具

71a6fac5.jpg移動式艇庫の全長は4.8mなので、5.28mのカヤックまでは制限外積載にならないように積めるのですが、実際にはコックピットの上に固定用ベルトは通したくない!
なんてことになるので17フィート(5.18m)のカヤックが実際には後に53cmくらいオーバーする積載となってしまう。
48cm以下にならないと制限外積載なので、あと5cm前に積みたいのだけど、、、、

ってことで作った治具!
フィッティング用のスポンジを切って両面テープで貼り付けただけの物なんですけどね。
これで、コックピットの上から固定できるんですね。。。で5cm前に出せる!

これで積みっぱなしで、交番によらずに何処へでもいける。。
几帳面な自分に自画自賛!!

Nob_Wingぷろじぇくと(1)

ed2c8019.jpgなんとなく、作り始めたのだけど、フェーズアウトすることなく、実際の漕ぎ漕ぎまでやりそうなのな雰囲気!
決してHUKIのGullWingのパクリではありません!
これは独自に、チャリを乗りながら、そういえば小さい頃は補助輪を付けて乗った時期があったなーー!
から始まったもので、それにGullWingみたいに翼の角度が固定ではなくて、熟練度に応じて翼の角度が自由に角度が変わります。
なので、コンセプトが基本的に違うのです。
さらに、
スピードがでるとフロートが上がって、停止するとフロートが下がって本体を安定化します。
ってのは将来対応。
これで、38cm幅のOC1のアマを外して、これを付けると最速サーフスキー!???
これさえあれば、上級者用サーフスキーだって乗れちゃう、慣れたら外せばいいのだ!
の予定なのです。

今日の多摩川

0c5c44ab.jpg午後から多摩川、
今日のテーマはチャリ散歩の気分で一定スピードでのんびりと、、、これができない。
少しずつスピードが上がって、そのうちフルスピードモード、で息切れして休憩!
最近はA滑走路の誘導灯の手前に拡張工事の監視船がいるのだけど、なぜかいなかったので久しぶりに誘導灯の下へ、、
迫力ある飛行機の写真を撮ろうと思ったのだけど、あいかわらずシャッターが遅れるカメラではうまくいませーん!
拡張工事、大筋終了かな?
しらん顔して通っちゃおうかと思ったんだけど、空港内の監視車がこちらをみてるようだったので、たいさーーん!

続々、左官修行つづき、、、

f3383463.jpgエポキシコーティングしたら、かなり丈夫になったのでこれで良いかな?
とおもったのだけど、断面を見てみたい衝動と、形が悪いのが気になって、意味不明の角をカット!!
再度整形で、新発見!
建材用のきめの細かい発泡スチロールはサンディングできるんですね。

昔の飛行機の車輪カバーみたいになりましたけど、これなら少しは見られるでしょ?

続、左官修行つづき、、、

6d4ef0ec.jpgエポキシパテを塗りたくったあとのサンディング!
ところどころ、発泡スチロールが出てきてしまいましたけど、形は整いました!
エポキシの厚い部分は結構丈夫そう!
顔料入りエポキシを3〜4回塗り重ねれば、ガラスクロスを貼り付けなくても強度確保できるかも?
しかし、サンディングの粉塵!ハンパじゃないですね。
この方法でサーフスキーを作ろうと思えばできそうだけど作業場所がね。。。うーーん!!

今日の多摩川

db996827.jpgお友達が多摩川の二子玉から京浜運河の勝島まで漕いで帰ると言うので、お出迎え!

今日の多摩川の水は沈しても好い位の水質でした。
通常、多摩川に流れてくる水の8割が生活用水なのだそうです。
上流での取水をもう少し減らしてもらえれば水質は格段に良くなる!って話を良く聞きますが、2〜3日前の大雨のおかげなんでしょう! いつもこのくらいならいいのになーー!とおもうのでした。

Archives
  • ライブドアブログ