カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2014年04月

コロコロ(カヤックカート)

P4260172SS
コロコロって、、、
ゴミを貼り付けて取るカーペットクリーナーを連想するのが普通でしょうかね?
でもカヤッカーにとってはカヤックを運ぶカートですよね! で、なぜか3つ。

真ん中はアンダーラダーのカヤック用。
たたむ必要がなければ、つかいかってはいちばんかな。

いちばん手前にあるのが、もう10年位使っているアルフェックのカート、
タイヤが簡単に外せて、たためば荷物室に収まっていました。
でも、お散歩用カヤックのハッチ気密性強化作戦の結果、
小さくなったハッチのおかげでフレームが荷物室に収まりません。
それと、タイヤの軸受け部分のアルミパイプがすり減って、破損寸前?

で、今風?のカートを購入してみたのでした。
アルミのフレームが曲がっているので、何とかハッチを通るのでは?
正解でした、なんとか荷物室に収まります。。。でもタイヤが入らない。



結局、、、
アルフェックのカートはタイヤ入るけどフレームが収まらない。
今風カートはフレームは収まるけど、タイヤが収まらない。
と、五十歩百歩なのでした。
そうだ、、、小さいタイヤをさがせばいいんだ、、、?

Air Force One

AirForceOne20140425_04
春霞のなか飛びだっていきました。

おまわりさんが忙しいときに、お遊びごとで制限外積載の申請で〜〜す。
ってのは、ちょっと気が引けてしまうのですが、
明日からはお巡りさんも通常勤務だろうから、遠慮無く申請できます。

0.3メートル平方以上の大きさの赤色の布  その2

IMG_0833S
昨日、夜遅くまで頑張って作ったので、朝一で取り付けてみました。

う〜〜ん! イマイチ、、、

あっ、、、このスキーはスターンを前にして積んだ方が安定するので、、、
バウ用が必要だった!。。。TAITAN用だな!


で、バウ用を作成
IMG_0837S
これは、、、イマニですね。
よくよく考えるに、今の方がよさそう、
まっ、2日遊べたから良いか!

そうそう、名刺サイズで白くみえているのは反射器?
その下にあるのがチャリ用赤色灯
うちの近くの交番で制限外積載の申請をすると、
しっかりと、夜間は赤色灯を使用。
と書かれたハンコを押されてしまうので、反射器じゃだめなんですね。


これが今使用中のもの
IMG_0840S
オレンジの紐でカヤックに取り付け、黒いゴム紐で引っぱる感じで固定。
これだとオレンジの紐を一重でバウ、2重にかけるとスターンと、
一つで、どちらにも対応できちゃうのです。

0.3メートル平方以上の大きさの赤色の布

IMG_0826S
ひさしぶりに蒲田の湯沢屋さんへ、、、
帆差針という大きな縫い針をGet!
これで、使いかっての好いカヤックカバーが作れます!??

ついでに、赤い布も、、、
制限外積載をする場合、道路交通法施行令には
昼間にあつては0.3メートル平方以上の大きさの赤色の布を、
夜間にあつては赤色の灯火又は反射器をつけること。

となっています。
平方メートルならわかるけど、メートル平方ってなに?
面積の単位としては、こんなの無いし、、、
どうやら、0.3メートル平方とは一片が0.3メートルの正方形を示すらしい。
つまり、
一片が30cm以上ある四角形の布であれが良し!
ってことみたいで、、、
これを面積で定義すると0.09平方メートルとなるけど、
9cmX1mの布じゃだめだよ!っていいたいみたい??

この赤色の布、カヤックだと付けるところに困らないけど、
サーフスキーの場合、バウもスターンも取り付けるところが無い。
で、専用赤旗を作ろう!ってことで購入したのでした。

で、作ってみました。
IMG_0831S
う〜〜ん!裁縫はむずかしいな〜〜〜!


大潮の多摩川

IMGP1674S
さっきまでシジミ取りの船が沢山いたのだけど、、、
ここまで引くと、素人のシジミ取りには好い環境ですが、
玄人にはぎゃくに採りづらいんでしょうね。

で、少しくだると、シジミじゃなくて、アサリの大漁!
P4190155S
毎年、アサリの貝殻の黒さが少なくなっているような???

で、さらにA滑走路の誘導灯下の底なし干潟までで行くと、、、
あっ、、、オバマさん対応でだめ!

そろそろ、海水浴状態になっても好い季節かな?
そうそう、丹沢湖でステラは、、、一度は落ちる、、、冷たすぎ!

今日の東京湾

P4140111S
チャリ散歩はいつもは多摩川なのだけど、今日はひさしぶりに城南島の海浜公園。
シジミががんばって、浄化してくれている多摩川の河口付近とくらべると、
ここの海水はかなり黒ずんでいますね、、、


なにやら海洋調査船らしき船が、、、、
帰ってから、しばし調査、、、東北海洋生態系調査研究船「新青丸」と判明。
実験とか調査をしたら記録を取りましょうね、
報告書はデータが無いからって捏造したらだめですよ、
なんて出航前にいわれたりして、、、
しかし、研究成果を証明するデータは研究者にとっては大事なお宝、
これを、悪意の無い単純ミスで捏造データと取り違える、なんてあり得ない!

多摩川の定置網

P4110080S
定置網っていうと三浦の海にある大きな定置網を連想しますが、
これも定置網!(写真はのぼりの文字が読みやすいように左右反転)

「東京都島しょ農林水産総合センター」ってなってます。
ホームページをみてみたら、これもアユの遡上調査なのですね。
調布取水堰での調査は京浜河川事務所(国土交通省)。
で、レポートを見比べてみると、、、かなり違いますね。
まっ、ザックリ、、、毎年、増加傾向なことは確かなようなので好し!



おまけ、
アユの写真が撮れなかったのでアユを採っているコサギを撮ってみました。
kosagi20140409_02

ゆっくりでも、とまらなければ、けっこうすすむ!

IMGP1670S
今日の多摩川は春霞がかかっていて、遠くが白くぼんやりとしています。

ゆっくりでも、とまらずに10kmを目指したのだけど、、、
5kくらいの所で、、、あっ、写真撮ろう!って事で休憩!

左手中指の水ぶくれはパドルのせいだろう、ってことで今日はスプーン!
やっぱりね、、、今日は水ぶくれ箇所はありませんでした。


タイトルの言葉、、、好いでしょ!
はやぶさのイオンエンジンの開発者が行き詰まった時に、
恩師に言われた言葉なんだそうです。
出来るか、出来ないかの世界にいる人はちょっと違和感があると思うけど、
海峡横断とかで、めげちゃった時には好い励ましの言葉ですよね!


補足、
海峡横断、怖いので予定はない、さそわれても行かない!

日焼け防止カバー

IMG_1106SSM
今日は早起きしたんですよね、、、
でも、気温10度以下、風速は北風10m以上なので即、計画変更!
ふだんは優柔不断なんだけど、撤退の決断だけは速いんですよね。

で、カバー改修。
今までは幅1.5m、長さ7mのシルバーシートだったのだけど、
使いかってが悪い。
で、2分割してスリッパ型シートを2つ、
前から後ろから,スリッパをかぶせる感じ、で、中央の重なった所を紐で固定。
袋状の部分は銅線で作った針で縫って、
ラダー用ポケットも付けたんだけど、、、イマイチ!

この工作、結構たのしいかも、、、ちゃんとつくろうかな〜〜
でも、このシート縫い針、性能悪すぎ!
シート縫い針_01
シートを縫える大きな縫針が欲しいな〜〜!

あれ、、、電解腐食の実験か?

IMG_1103SM
新しいおもちゃのフットブレースなんだけど、
三箇所で止めているので丈夫そうでしょ!
って、話しじゃ無くて、中央の停め金具に真鍮みたいな金属が、、、
っていうか、、、ここ、ステンレスとアルミと真鍮の集合体か?
え〜〜っ、これじゃ、すぐに電解腐食するんじゃないの、、、

でも現物を見て気がついたことじゃなくて、
撮っておいた写真をみて気がついたことなので、
明日、現物みてみよ〜〜っと!

あと、気になるのがラダーケーブル、
化繊の紐なんだけど、水に濡れて伸びない紐なんてあるのかな?

まだ海水浴?には早いけど、、、でも、、、


翌日の朝、あめが止んだので、早速現物チェック
IMGP1664S
やはり、真鍮でした、それもネジで、ステンのネジを固定するためのようです。
なるほどね、可動部分はアルミどうしにはなっていますね、、、
ステンだとねじ山をつぶす、アルミだと弱すぎる!ってことかな?
まっ、水洗い後、CRC556等の塗布をまめにやりましょう!って?


そういえば、カヤックのフットブレース、
アルミレールの固定はステンのネジだったよね、、、で追加調査。
IMGP1668S
使用後、水洗いできる環境であれば洗っていたおかげで、
アルミとステンの接触部分に少し錆びが出てますが、思ったより少ないですね。
Archives
  • ライブドアブログ