カヤックで遊びましょ!

おじさんシーカヤッカー日記

2015年11月

やはり、コロコロですよね。

SUP_odekake
我が家から多摩川の土手まで400mちょっと、そこから水辺まで100m弱。
ザックリ500m位ある、当初は肩掛けベルトを使って、
担いで多摩川まで行ったんだけど、これ結構きつい!
なので、今日はこんな感じでコロコロで多摩川まで、この方がづーっと楽!

小春日和の穏やかな日に

tama20151128_01
漕がないなんて、そんな理窟に合はない不自然をどうかしないでゐて下さい。
って、感じですね。

一応、昨日は6時に目覚ましをセットして、今日はちゃんと6時に目が覚めて、
ここまではよかったんですけどね、
このあと、なんか今日は寒そうだな〜〜〜
寝床の中からアメダスチェック、えぇ〜〜5.4度なの〜〜!
でも、絶対に漕ぎ日よりのはず、
今日を逃すと、SUPで名島往復は今年は無理かも〜〜〜
などと考えているうちに、また寝てしまったのでした。

で、オタク業に専念、
ちょっと区切りが付いた夕方に近い午後にチャリ散歩、
ひさしぶりにNELO軍団に遭遇〜〜〜、やっぱり、、、と思うのでした!


あたらしいレース用パドル

SUP20151124_01
って、SUPのパドル。
オジサンの風貌をみて、お店のお姉さん、
それ、レース用のパドルですよ!って、
これはどうですか?って別のパドルを進められたような気がするんだけど、
軽いのが気に入って、買ってきたパドルなんですね。。。

重さ400gちょっと、今まで使ってたのが切り上げで1200gなので、
1/3の重さなんですね。。。
でも、今日はこのパドルしか持って行かなかったので違いがわからない。
パドルなんてそんなもんですよね〜〜〜。

うん、カヤックのパドルは結構好き嫌いがあるのに、、、??




重さ以外にも違いはちゃんとあるんですよ!
DSCF0347S
白いのが今まで使っていたパドル。
面積はほぼ同じ、横からみると、ちょっと違う。
白い方は水が左右に均等に流れることを期待したカーブで、
あたらしいパドルはほぼ平ら、でも、、、漕いでみて違いはわからない。

重さも、持ちくらべればすご〜〜く違うんだけど、
実際に漕いでいると、パドルの重さなんて意識にない。
まっ、なが〜〜く漕いでいると、軽い方がやはり楽なのかもね!

で、総合的に判断するに、、、
暗に「あんたにはそのパドルは合わないよ!」
と言ったお店のお姉さんの指摘は正しかったのだ! ?

SUP用パドルのセットアップ

DSCF0327S
雨の日にでもやろうかな、、、と思っていたんだけど、始めちゃいました。
パイプカッターがあったので、綺麗にカットできたんだけど、
内側にバリがでてグリップ部分が入らない。
で、ちょこっとグリグリと内側を削って、
その後、エポキシの接着剤で接着。 パチパチ!!

よけいなおせわだけど、、、
使い慣れない金ノコでのカットはやめた方が良さそうですね。
平らにスパッと切断は意外と難しいんじゃないかと思います。
やるなら、数ミリ長めにカットして、やすりで断面を平らに削るのが良さそう。
接着剤は、はみでます!、なので、マスキングテープを巻いて置く方が好いですね。


おまけ
DSCF0328S_edited-1
エッジガードも付けました。
カヤックのパドルにも使えそう!、、、やらないけど!!
これマーシャスの製品で600円、ホームセンターで売っているものと同じだろう?
と思っていたんだけど、かなり硬質ゴムでちょっと違うみたい?
これ、接着剤無しでもピタッとおさまりました。
でも、瞬間接着剤と相性が好いようなので、端っこの部分だけ数滴塗布。
たぶん、これで外したいときにはすぐに外せる、、、はず!
でも、、、通常使用で外れたりして、、、

紅葉イマイチ、富士山も見えず!

IMG_1708S
三浦の海でカヤックで遊ぶ人は山登りもしないといけない!って、、、?
なので、高尾山。
平日だっていうのに人だらけ。
いつも、帰りはケーブルカーかリフトなんだけど、
すご〜〜い待ち行列、しかたないのでコンクリートの1号路を降りてきた、、、
足の親指の爪、、、大丈夫かな〜〜〜!

ひさしぶりに海、、、見てきた!

DSCF0323S_edited-1
お昼には雨もやんだので、、、そうだ! 移動式艇庫の慣熟運転をしよう!!
カヤックを積んでいないと、バイクに乗ってる時みたいな運転?ができて、
そこそこ楽しい。
気がつくと、葉山に行く道。
でも、休日で駐車場が有料だったのでお隣?の久留和漁港。
あっ、、、真正面に尾が島が見える〜〜〜。
今度のSUPは、名島往復大冒険にしようと思っていたけど、
ここから尾が島往復も好いかも、、、、

駐車場は無料だったけど、、、SUPのパドルを買ってしまった。。。

ひさしぶりのチャリ散歩

PB110956S
今日は山登りに行こう!と思っていたんだけど、
MRJが初飛行!っていうことでライブを見ることに、、、
そのあともバタバタ、、、
でも、ここ数日、お家の中でオタク業に専念してしまったので完全に運動不足!
ということで、チャリ散歩!

もう、寒いのにSUP、サーフスキー、スプリント、
あと、ポリ製みたいなワイルドウォーターも漕いでいて、
それをみて、
オジサンも寒さなんかに負けずに漕ぐぞ〜〜〜!と、
ちょこっと思ったのでした。


補足、
オジサンの山登りはね、、、高尾山って決まってるんです。

雨の日曜日 六郷水門

DSCF0307S
日曜日なのにだーれもいない。

続、一生懸命漕ぐと足がつる

DSCF0298S_edited-2
これ痙りやすいカヤックのフットブレース。
横浜縦断で今年も、去年も、このカヤックで痙りそうになったんですね。
これをみるとペダルを倒すと踵が浮くだろう!というのは確定ですよね。
ペダルも滑りそうだし、、、これじゃ踏み込めないですよね。
踏み込みの力は踵で受ける!を基本で考えるのが正解のようですね。

と、今日の朝、思ったのでした。

一生懸命漕ぐと足がつる

DSCF0295S
最近、一生懸命漕いでいると足がつりそうになることがあるんですよね。。。

これ、カヤック用のフットブレイスに問題があるというか、、、
フットブレイスにペダルの機能を盛り込んでラダー操作しようとするのが問題。
要はラダー操作でペダルを押し込む、踵が浮く、この状態で踏み込む!
これが足をつる原因じゃないかと、、、?

K1などの競技用と同じにすれば、たぶん問題は解決する。
でも、シーカヤックで競技用と同じラダー操作は評判が悪い。

ってことで、BLG118は仮処置のままなんですね。。。
ちょっとした改修で解決できるような気のするし、、、
まっ、秋の夜長、じっくり考えましょう!! ???
Archives
  • ライブドアブログ