2017年04月19日

生協と共に歩む (株)協和 畑山敏也社長 コープニュース

生協が今でこそ大きな組織
だがそれを育ててくださった協同の企業
今、ようやくその歴史物語が語られる

(株)協和
畑山 敏也 代表取締役
コープニュース4月10日(月曜日)発行

インタビュー 時代の証言 その1
生協の発展とともにあった41年をふり返る

生協
旧北多摩生協中澤滿正さんとの出会い
日付改ざん事件とその時の心中
そして立ち直り

生協との二人三脚
単なる問屋じゃない
「企画立案」
「商品開発」
「提案営業」
「責任物流」
メーカーと生協の一部の業務を引き受ける

僕の考える「共和」の貢献
ビルの建設には設計事務所に依頼する
こちらのワガママともいえる要求
これを建設業務に翻訳し設計施工監理を行う
こういう企業とのコラボがあってこそ

パルシステム
小さく弱くお金も人も足りない時代
こうして同志の生産者、メーカーさん達と
協同で歩んだ

協同は
組合だけじゃあない
組合よりも協同の精神

畑山 敏也社長
連載は6月まで続くimage

nobu23 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

協同を組織の中心におく方法 ワークショップ

資本主義のお金原理主義を超える
競争から協同の組織へ
その私的メモ

協同
その価値の発見と確認(理念、あるいは哲学)
これを参加者全員で話し合い、書き出し、表現
何を自分たちの基本的価値とするか
大切にしたいか

ビジョン
どうなっていたいか
未来をみんなでデザインする
イメージし、それを言葉化

会議は踊る
ほうれんそう(報告、連絡、相談)はピラミッド組織、当然協議、決定の場も必要
だが、基本は全員で話し合い
それには手法、技術が必要

ワークショップ
最近ではワールドカフェ

一人ひとり
個人作業で考えポストイットでメモ
それを全員で出し合い話し合う
否定形は無し
そうしてグルーピングしまとめ、発表

ネイティヴアメリカン
「歩く民」の「一万年の旅路」(訳星川淳)
ポーラ・アンダーウッドにハワイ島のワークショップ
中つ火、サークル、トーキング・スティック

協同
会議の方法と組織のデザイン
特別の個人リーダーじゃない。集合的無意識の顕在化。
マズロー欲求五段階説とその超自己、仏教の六識、そしてユング

一人ひとりの価値の協同発見と愛
image

nobu23 at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

種子島の地杉の苗を植えつける

種子島の地杉
本土の杉とは異なる
油分が多く地肌が美しい

倒して家に使った
それで今度は植林する

まずは苗を育てる
荒れた畑を和秋さんに頼んでトラクターで耕運
でも小雨でマズかった

筧良平さんの山
池亀寛治会長の指導

杉の上部から
新芽が出始めた枝を切り
川水に浸ける
それを畑に植える

ここで苗を育てる
山に植林するのはまだ先image

nobu23 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

抑草 石塚美津夫作 パーマン2号稼働開始

抑草
パーマン2号稼働
ささかみの石塚美津夫作
種子島で大活躍

田植えから一週間以上
3月30日田植え
4月9日稼働

宇辰静香夫婦
しおさい留学生上原雪月香ちゃん

約2時間
楽ちんであるimage

nobu23 at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

黒糖作り今期最終日3/30

沖ケ浜田黒糖生産者組合
34号の最終作業日

昨日は仲間詰めの刈り取り
協同作業でサトウキビを収穫する

僕自身は出荷が別で不参加
ヤクタネゴヨウ保全会の補助金報告書修正で走り回る

そうして遅く朝6時半に行く
もうキビ絞りは始まっていた
圧搾汁が溜まった7時半ごろから炊きこみ開始

8時前に
いったん抜けて、田んぼの田植えへ
11時には田植え終了し再び合流し作業

少し慣れてきた
指示されて中段釜の仕上げ移動を行なった
「焦るな、ゆっくりでいい」
と叱責されながら必死で作業

終了
ホッとする

いよいよ飲み方
囲炉裏を囲んで地元のキャベツや一夜干し
今回は豪勢に寿司と刺身付き(サンシード)

100年以上続く伝統の技
砂糖と塩は国家管理と戦争
(ガンジー独立運動の塩の道行進)

自分たちで
自給していく
そのためのこだわりの本場の本物
image

nobu23 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

種子島の田植え3/31

田植え
僕の家の田植え
種子島では遅い方

西之表市農業管理センター
これは農協に委託しながら
育苗している「土と内臓」ディビッド・モントゴメリー+アン・ビクレー著
片岡夏実訳

引用
はっきり言って、現代の農業と医療 -人間の健康と福祉にとって重要な応用科学の二大領域 - の中心にある慣行は多くが完全に道を誤っている。私たちは、植物と人間の健康を下支えする微生物群集と、どう戦うかではなくどう協力するかを知る必要がある。P324

以下自己流メモ
植物の根圏
根は微量液を出し微生物を雇う。微生物は周辺と根の体内にもすみ(多様な)共生圏をつくる。岩石(ミネラル)を生命体に活用可能にするのは微生物だけ。

鉄分
そのままでは生命(細胞)は吸収不可。微生物の有機酸(フルボ酸のような)で有機酸鉄として、はじめて活用可能。畠山重篤「森は海の恋人」土壌菌と鉄の関係

腸は根圏
ヒトの腸は微生物との共生圏
腸は食べ物を細胞へ変換する場、それを血液で循環。血液の異常は腸内から。

腸内細菌叢
とくに大腸菌の養成は、消化できない食べ物から。食物繊維、

ヒトのカラダ
紫外線防御システムは緑黄色野菜から。
ミネラルは植物から。それを可能とする微生物の存在。

あなたの体は9割が細菌
ヒトは生命圏全体の一部
全てつながっている

西洋科学の進化
遺伝子解析技術(シークエンシング)
高倍率顕微鏡とコンピュータ技術

これによって
ようやくブッダの言っていることが見えはじめてきている
宇宙論も(宇宙生命体や量子のふるまい)
別に特殊な専門家だけの知識に落とし込めない

世界の終わりと新たな光明
大転換期の時代のわくわく
そこに朝7時45分に苗を取りに行く
静香兄もすぐ来た

49箱
植えるのは沖ケ浜田の持田利行さん
田植え機を持って来てくれた
前日、二人で田んぼの様子を見て回った
水を抜いておく

黒糖作業の途中
抜け出して11時まで田植え
しおさい留学生上原雪月香ちゃんも
利行さんはせっちゃんも乗せてくれた

楽チンの田植え
だが続けていきたいimage

nobu23 at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月07日

おもしろい本「土と内臓」を読む

「土と内臓」ディビッド・モントゴメリー+アン・ビクレー著
片岡夏実訳

引用
はっきり言って、現代の農業と医療 -人間の健康と福祉にとって重要な応用科学の二大領域 - の中心にある慣行は多くが完全に道を誤っている。私たちは、植物と人間の健康を下支えする微生物群集と、どう戦うかではなくどう協力するかを知る必要がある。P324

以下自己流メモ
植物の根圏
根は微量液を出し微生物を雇う。微生物は周辺と根の体内にもすみ(多様な)共生圏をつくる。岩石(ミネラル)を生命体に活用可能にするのは微生物だけ。木の根っこが鑿岩機を使わず硬い岩に入っていけるのは微生物との協働作業。しかも岩から栄養を取っている。

鉄分
そのままでは生命(細胞)は吸収不可。微生物の有機酸(フルボ酸のような)で有機酸鉄として、はじめて活用可能。畠山重篤「森は海の恋人」土壌菌と鉄の関係だ。
海に注ぐ川、川に注ぐ土壌菌の生産物、これによって川のプランクトンが豊かになる。どんな遠洋の魚も実は近海の生物多様性に支えられている。海岸が砂漠化すると絶滅の危機。

腸は根圏
ヒトの腸は微生物との共生圏。腸は第二の頭脳(セカンドブレイン)、脳内物質セロトニン、ドーパーミンなどは腸で微生物が産出する。腸感覚が、人の心を左右する。

腸は食べ物を細胞へ変換する場、それを血液で循環。血液の異常は腸内から。腸が汚れている人は血液も。腸内がキレイとどうしたらわかるか。毎日わかる方法がある。

腸内細菌叢
とくに大腸菌の養成は、消化できない食べ物から。食物繊維。
小腸までで消化されると大腸内は空っぽ。すると大腸菌(乳酸菌など)のエサがない。

ヒトのカラダ
紫外線防御システムは緑黄色野菜から。ミネラルは植物から。
植物を食べることでそうした栄養と機能を内部化できる。それを可能とする微生物の存在。

「あなたの体は9割が細菌」という本もある。
ヒトは生命圏全体の一部、全てつながっている

西洋科学の進化
遺伝子解析技術(シークエンシング)
高倍率顕微鏡とコンピュータ技術

こうした科学技術の発達によって
ようやくブッダの言っていることが見えはじめてきている
宇宙論も(宇宙生命体や量子のふるまい)
別に特殊な専門家だけの知識に落とし込めない
むしろ僕たち普通の人にこそ

世界の終わりと新たな光明
大転換期の時代のわくわくimage

nobu23 at 07:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月06日

沖ケ浜田のご葬儀に参列

葬儀
沖ケ浜田黒糖生産者組合
会長の沖田重利さんのご尊父重雄様
1日に逝去された

島の農に生きる
たまに魚を釣ってさばき家族にふるまったという

真面目で正直に生きた
ここ23年間は闘病生活
母がずっと自宅介護をしていた

重利さん
喪主として最後のあいさつ
言葉につまり落涙

厳しい農業環境
だが、土と共に生きる人がまだまだいる
誇り高く
村とともに

重利さん長男で三人兄弟
そしてその孫達とひ孫と
大勢の親族と村の仲間たち
88歳の大往生image

nobu23 at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

パルシステム静岡10周年を祝う会

パルシステム静岡10周年記念
静岡の地にパルシステムができて10年

富士市ホワイトパレス
主に静岡の理事と職員参加
パルシステムグループ会員生協理事長
(株)GPSと(株)パルミートと(株)パルラインと(株)パルブレッドの役員
そして静岡生協連吉田会長と役員

静岡役職員一体で
各グループでワークショップでパルシステムについて発表
早朝倉庫作業スタッフの先輩達と採用初日の職員
パルシステム静岡採用で配達のパルライン出向(同じ職場)の職員
営業も事務もみんなで

商品を語り夢を語り仲間を語り愛を語る

最初のキッカケ
新潟県阿賀野市の産直産地ささかみ
そこで上田由紀さんが産地へ行こうツアーに参加
当時商品部長だった僕に今度静岡に引っ越すので、パルシステムの商品を取り続けたいのだがと言われた

そこでパルシステム神奈川ゆめコープに
話して断られる
箱根越えはできない

それじゃあとなって
静岡でパルシステムを作る

最初の一歩
それからグループの支援でそれがカタチに

岩元一豊専務理事
グループの皆様に支えられて来た
あと一歩で自立へ
微笑みながら見つめる石田敦史理事長

退任後の生協
こうして職員と役員が一つになり
心豊かな協同の姿を見てると胸が熱くなる
嬉しいimage

nobu23 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

種子島 ヤクタネゴヨウ保全会の活動

ヤクタネゴヨウ保全会
新年会12日
榕城小学校校外授業14日

新年会
池亀会長ほか中割りの宇野さん、遠藤さん達とその友人
屋久島の手塚夫妻、国の林業研究所の金谷さんら
お店の場所が個室を確保したつもりが違い、少し散漫で反省
屋久島の調査活動の報告とシンポの説明をお聞きした。

榕城小学校の校外授業
講師は、長野広美と森林管理署種子島事務所の渡瀬さん
場所は公園

小学校六年生、土曜日の午前中
9時から11時半まで、90人
2組に分けて説明と体験

まず寒いので押しくらマンジュウ
今はやってないという。もじもじしてたがすぐ慣れて大騒ぎ
周辺から葉っぱを集める。カタチ、色、手触り
葉っぱの役割り

松枯れの木
その枝を子供たちが鉈で割って、マダラカミキリの幼虫を発見する。
すごく怖がる子と?まるで平気な子

最後にヤクタネゴヨウの松ぼっくりをプレゼント
マダラカミキリのイモムシを持って帰る子もいた。

木と森
これが生命圏の第一次生産者
無くなれば人は生きていけない
子供たちは、種子島の森が好きになっていくimage

nobu23 at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年01月04日

2017年初頭

2017年、大きな変化が起きる
社会システムが壊れ始めている。

経済システムは、大企業・多国籍企業に寡占化、国民の大多数は貧困に追いやられる。とりわけ農、畜産、水産、林業などの自然への働きかけのものづくり業は、搾取される。

同一賃金同一労働とは、正規雇用の廃止を推し進める。パート労働は、雇用での生活保障の破壊。

政治システムも、その多国籍企業の御都合主義で法律が作られる。
現在の勝ち組は、永遠に勝ち続けられるな仕組みへ

情報は、大手マスコミは彼らの支配下
99%の人々の洗脳のために

そして戦争へ
だが国家間戦争の時代ではない。イデオロギーでもない。
限定局地戦争。死ぬのは兵士と住民。
儲けるための戦争。ロシアも、中国も、もちろんアメリカ、EUも1%は同じパナマ文書の人たち、つながっている。

これをどう変えていけるか
99%が、自分たちの価値観と経済社会政治システムを作り出す。

自然から学ぶ
自分自身が自然の奥深い仕組みでできている。
神は自己のうちそとに存する。
神との遭遇とそれに抱かれていることの自覚

ローカルでグローバルな世界へ
小さな小さな一歩
支配層を批判、しかし批判に終わらせない
彼らの貧弱な欲望でのシステムは、彼らから変わることはない。

いくら罵ってもダメ
そうではなく、自分自身が変わること
すると世界は変わり始める。これが大切。

大いなる挑戦
僕たちは、いつも旅をしている。
それは死への旅。生きることの意味。

神々は、微笑んでいる。
さあ、冒険への旅へと誘おう!

ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわかimage

nobu23 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月08日

9月2日 グリーンコープ祭り in 種子島

グリーンコープ祭り in 種子島
グリーンコープ鹿児島の種子島での祭り

下本地紀子理事長、宍道紀代美前理事長、小薗専務理事、節政常務、石井部長ら組合員10数名と職員達のすごい段取り、手際良さと運営テンポ良さ

生産者のグリーンクラブ宮崎・鹿児島の共催
24のメーカー、産地が参加
宮崎県綾町の生産者も来てくれた。

種子島から沖ケ浜田黒糖生産組合

僕も駐車場係
それは暑い日だった。

会場は西之表市公設市場
心配だった来場者も千二百名を超えた。
グリーンコープ連合会からも宮崎さんが来てくださった。

有機農業の推進
国産主義、遺伝子組み換え食品不使用、脱原発、
TPPに反対
日本の農業を守り、エネルギー改革に取り組み

メインステージ
オープニングはフラダンスチーム
お昼は「がじゃぶう」福島からの移住者たち
安全な暮らしへの想いを歌に

今年の目標380名をすでに超えて420名
多くの来場者は感動して帰宅していった。
ありがとうございました。
image

nobu23 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

パルシステム連合会のOBの集い

パルシステム連合会OBの集い
OBは、難しい
辞めると一切関わらない人がいる
ズルズルと現役にとどまる方もいる

付かず離れず
現役にはできない、辞めたからこそできること
批判も口出しも、ましてや組織への介入もしない
当たり前

だが、やはり今のパルシステム
そのキチンとした報告

石田敦史理事長の未来思考の方針
TPP反対へのリード
吉中由紀 副理事長、パルシステム神奈川ゆめコープ理事長とパルシステム東京の野々山理恵子理事長のアメリカ・ワシントンDC代表派遣
新電力事業のスタート(再生可能電力売買)
総合福祉事業への挑戦

原秀一専務理事の概況報告
媒体改革
若い夫婦へともっと利用しやすいネット改革
PB商品のブラッシュアップと職員述べ一万人を越す学習会、組合員約一万五千人弱の参加

そして会長の濱口廣孝さん
来年は、パルシステムグループの出発点
首都圏生協連絡協議会結成から40周年
参加の輪を生産者にも広げたい

スペインから帰国したばかりの生桑島さん
早速、あっという間の似顔絵スケッチ
余興はパルシステム静岡の岩元一豊専務理事紹介

双子デェット「ぴのん」
素直な透きとおった可愛らしいお二人
懐かしい歌の数々

山梨から
白川理事長、高橋勇前専務、山本豊美元理事長も駆けつけて

パルシステムの大きな輪
それは現役組織から辞めた方も、これからの人にも、緩やかだが、暖かい協同のつながりを作ることimage

nobu23 at 11:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月29日

恒例の岩手薮川ジャズライブ 宮古ヒラメ釣り

毎年恒例の薮川ジャズライブ
岩手県盛岡市薮川
盛岡駅から岩泉行きバスで1時間
北上山地の開拓村

ダム湖の岩洞湖に有る交流会館
高齢化と過疎化の典型

宮沢賢治
日本で一番美しい秋が有ると語ったところ

パルシステム豆腐生産者の三澤孝道さん
日本の農業と自給率をあげるために
御料牧場(旧育成馬産地)後で大豆、ソバの栽培

イーハートブ農場と呼ぶ
農場長は上野さん

その地域活性化協議会 鳴海会長
外川事務局長さん
盛岡市内で活躍するジャズバンドを呼ぶ
すでに13回目

横澤善夫さん
HEART to HEART (ハート トゥ ハート)
社会人の仲間で横澤さんがバンドマスター
横澤さんは高利貸しによる多重債務者を救う岩手信用生協の創立者だ。

前日は宮古でヒラメ釣り
若狭谷さんの一人勝ち
橋本さんとあの上野さんも船酔い
僕はなんとか1枚あげた
たいした波じゃないのにへろへろ

当日にNPOあったかキャッチボール岡村勢以子さん、増田レアさんが参加
懐かしい歌と地元の民謡も演奏してくださった。

おばあちゃん方やおじいちゃんたちも盛り上がる
若者たちを呼ぶ前に、まずは年寄りが楽しむ。美しく豊かな自然の中にて。
image

nobu23 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月25日

お盆に考えたこと

お盆に考えたこと

社会システムの崩壊のきざし
資本主義の要、金融システムの行き詰まり
マイナス金利とついに国による株の買上げ(国有)
貨幣価値の意図的操作とその破綻

この根元
いわゆる先進国の生産体系の行き詰まり
家電、車、物財の有り余り
で過当競争と価格低減化、価値破壊
で労働の場の消失と生産の消失
急速な現代の生産構造の破綻

従来型産業のアジア展開
中国、東南アジアの躍進

先進国の金融ゲーム化と危機
軍事産業の世界展開(市場を超えて国家公益事業化)世界の武器の7割はアメリカ軍需産業
結論、システムの崩壊を立て直す戦争へ

どう新たな未来を創るか
楽する、欲しいモノをとる、勝つ、自分だけの感性、生き方、この肉体の資本主義を逸脱すること。

大地を耕す
歩く、走る、登る、下る、脚で移動する。
土と水にまみれる。闇夜にたたずむ。
つまらない事をえんえんと続ける。
無駄なことに、情熱を注ぐ。
痛みをときどき感じる。逃げない。
熱さ寒さに慣れる。

他人と比較は絶対にしない。ように努める。
他人の幸せを、我がこととする、
他人の不幸せに、胸が痛む。共感力を強める。

墓参り
これは死者のためじゃあない。
自分の世界の広がり
過去、36億年前のバクテリアと僕がつながっている。一瞬も途切れずに。

そうして未来
物質と生命と宇宙
その深い真理の広がりを垣間見ること
そのために生きている。

資本主義からの逸脱
無理しない。他人のせいにしない。
あなどらない。怖れない。
お金も否定はしない。ただそこに縛られない。

現在のシステムを革命する挑戦
これは、頭でっかちではダメ。一見、変革するかに見える組織が、構成する人が、変革されていないと、余計ダメになる。頭は左、体は右へ。競争の論理にはまり込んでしまう。愛が抜けている。

で、自分を変えていこう。
キツイとラクと
楽しいと悲惨と
その中庸を常に意識し、前に行くことを止めない
行動を起こし冒険を楽しむ

ガンジーとヨガとアシュラム
裸足と袈裟懸けと糸車
イギリス帝国とアメリカ帝国からの逸脱へ
image

nobu23 at 09:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月18日

野浦 山本八平家先祖の全国神社詣で記録

亡き母の記録
御納綴
その中にボロボロの神名帳があった。全国の神社を回った記録。
兄によれば、おそらく先祖の覚心のものかという。全国を歩いて佐渡の山中の村で天寿をまっとうした。

なんと出雲大社から始まる。
鳥取、広島から四国、九州、鹿児島まで。
北は北海道へも渡る。
青森、岩手、秋田はもちろん全ての県と地方を歩いている。
富士山も静岡と山梨

全国の神社
それを明治時代に詣でる。
おもしろいヤツがいたのだ。
修験道、山伏の系統か。image

nobu23 at 07:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月16日

佐渡 野浦の実家に帰省する

佐渡 野浦に帰省
お盆、墓参り
盆踊り

実家は保科君と嘉向君たちが活用
臼杵秀麿宮司夫妻がサポート
3家族10数人がいた。
でも、テキパキとみんなで食事を作り
広間で雑魚寝も片付けがきちんとされる。

子供たちと前の海で泳いでいる。

下の善七秀一君がイカを差し入れ
バツグンの鮮度

野浦村の戦没者慰霊祭
野浦大神宮
9人の遺族と村人が参列
宮司親子が慰霊祭を執り行う

トキ神社奉賛会
年度の会計報告となおらい
セイコガニ食べ放題

区長の山本定夫さん
そしてお世話になった先輩
山形正之さんにも会うことができた
文弥人形の双葉座のみなさんとも懇親image

nobu23 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

大橋正明教授夫妻 来島

大橋正明教授と淳子夫妻
種子島に来てくださった。
パルシステムを辞めた前後
行きたいとお話しされたので、いつでもどうぞ、でご夫妻で来島

二泊三日
元ピースボートの遠藤裕未さんたちの海辺のレストランで昼食
宇野八岳さんの自家栽培の青コショウと柑橘のドレッシング
大橋先生は、青コショウを生でそのまま齧る。
平気、だが少し齧るとピリッとくる。

シャプラニール
JANIC
など国際NGOの日本の創設者
楽しいお話であっという間

光農園
様々な南の世界の果樹に感動
グワバをそのまま齧る

最後は夜の砂浜
シートを敷いて寝転び
ペルセウス座流星群を見る
長いながーい流れ星image

nobu23 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月05日

種子島 沖ケ浜田黒糖組合 グランドゴルフ大会

沖ケ浜田黒糖組合
真夏の炎天下 グランドゴルフ大会

二つの砂糖小屋
一緒に懇親を企画した。

村の広場
早朝、ゴールポストと草刈り
草ボウボウを残して、少しのラインを刈る。
これで面白くなった。

草のラフでなかなか入らない。
恵さん(おっさん)だけがカップインを記録

夕方から
外で飲みかた

さあ、砂糖作りシーズンへ
まずは薪作りから
image

nobu23 at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

うちの田んぼの稲刈り

自分家の田んぼ 稲刈り
今年は広美の指名で、柳川農産さん
柳川さんは30代前半

シカと雨で稲が倒れる
起こしていったが、このとおり

しかしコンバインはすごい
倒れた稲を起こして刈っていく

午前9時からお昼まで
親戚の静香夫婦とウチで補助作業

通り雨
心配したがすぐ止んだ
ようやく刈り取り終わり、一安心
image

nobu23 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)