2004年10月

2004年10月28日

巨大センター稼働

041028_1236~0002.jpg杉戸の工業団地に集約されたパルシステムの物流拠点が誕生しました。ドライセットと商品案内など丁合い、紙やビン回収のリサイクル拠点として機能することになります。敷地の広さ1万3千坪余り建築面積五千坪弱です。いよいよパルシステムは未来に向け進化していきます。


nobu23 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月24日

新幹線で震度6強

041023_2317~0001.jpg午後4時8分東京発新潟行きに乗る。3時38分はタッチの差で乗り遅れた。行き先は弥彦の総合生協の宿やひこ荘である。燕三条駅で在来線に乗り換える予定。エル本部の食育講座が3時に終わり船橋から東京駅にでた。新幹線では立花隆の本に読みふけってた。長岡を過ぎて次の駅かなとぼんやり思ってると、突然車内灯が消え真っ暗に、すぐ非常灯がついたそのとき、グラッときた。更にガガガガガと脱線したような振動、すぐこれは脱線したかと転覆するのではと前の座席に後ろ向きに構えた。かなり長い時間をに感じて止まった。しばらく何が起こったか分からない。すると今度は車体を誰かがひっくり返そうと揺さぶる。大地震だった。


nobu23 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月23日

エルコープの食育講座

エル本部にて食育講座に参加しました。パルシステムの商品事業について約二時間話しました。参加者はマイキッチン、kinariがほとんどでしたが、YUMYUMが二名の三十名?くらいでした。とても関心が高く熱心に聞いていただきました。食育リーダーたちが生協を支える予感がしています。事業とうまい連携ができると可能性大です。


nobu23 at 15:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

ささかみ豆腐作り体験

041022_1033~0001.jpg22日新潟県阿賀野市のささかみの交流体験施設、豆腐工場で新潟市関屋小の五年生たちの体験教育が行われた。JAささかみ石塚さんの説明など、作りたての豆腐はおいしかったね。


nobu23 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

ささかみ民俗館

041022_1137~0001.jpgささかみの歴史、地質、民具を集め旧小学校後に開設されている。なかなかの豊富な展示品。これで無料はいい。


nobu23 at 12:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

ささかみ豆腐作り体験

22日新潟県阿賀野市のささかみの交流体験施設、豆腐工場で新潟市関屋小の五年生たちの体験教育が行われた。JAささかみ石塚さんの説明など、作りたての豆腐はおいしかったね。


nobu23 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月19日

小田原初級の田んぼ稲刈り

041017_1039~0001.jpg手刈りのあとにコンバインで刈り取ると機械の威力が身にしみる、また天気も良くて先週の雨のなかの手刈り作業とのあまりの違いにがく然。しかし仕事した充実感はやはりつらいくらいがいい。


nobu23 at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月17日

小田原の田んぼ稲刈り終了

041017_1010~0001.jpg小田原の田んぼの稲刈りが幸いにも晴れ渡った今日、最後の刈り取りをしました。桑原の自立田んぼは石川さんをリーダーに三家族で実にうまく収穫してました。三畝で100kgはあるか、立派でした。初級の2枚目は鳥居校長のコンバインが不調で午後にヅレこみながらも順調に進み無事終了しました。しかし晴れ渡った秋空、小田原の富士山、さわやかな風にて実に気持ち良かった。まただから本当に大勢の参加者で賑わいました。また来年も挑戦するぞ。


nobu23 at 20:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月16日

実践起業塾最終版は六本木のNPOハウスにて開催しました。

041016_1329~0001.jpgNPO会計の公認会計士田中先生、商店街ネットワークの若き早稲田大学の木下社長、NPO支援センターの山根さんなどそうそうたるアドバイサーをまえにみな気が引き締まり、自分の事業計画をプレゼンしました。事業計画としては問題がいろいろあるも、使命はみな高く熱いものでした。つまり一番大切な事業理念は明確だった。あとはじっくり基本フォーマットでおとして組み立ててゆくのだ。根本に地域戦略の一番大切なこころがあったと思う。指導する先生がたが皆最後に面白かったと講評したことこにそ最高の評価があり、それは財産だといえるのではないかと思う。いよいよ時代は変わる。


nobu23 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月15日

年末正月商品オリエンテーション

041015_1130~0001.jpgいよいよ、年末正月商品の企画が完成し重点商品のプレゼンを兼ねたオリエンテーションを開催した。今年も会員生協から職員組合員が二百名近く集まり、久しぶりに晴れ渡った天気に気合いが入る。会場の東京プリンスビアガーデンはさわやかな雰囲気。おすすめはつきたてやわらかもちであった。パルシステムならではの産直品やこだわり蒲鉾なと正月必需品を紹介した。みなおいしく商務のプレゼンも熱がこもり大盛会だった。


nobu23 at 19:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月12日

実践起業塾三鷹パソコン教室

041012_1955~0001.jpgブロブ作成を堀池さんから教えていただいてます。皆真剣です。ブロブの可能性が広がります。


nobu23 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

実践企業塾、補習で三鷹シニアサロンSOHO

三鷹産業会館で、夜7時30分からパソコンに向かい、ライブドアでブログの作成を習いました。ブログがアメリカの9.11の不明者探しから始まったとは・・・・。トラックバックと記事のアーカイブが特徴だそうです。僕には、簡単で操作しやすいホームページとして役に立つもの。まだ、入り口だが使い方で百人力となりそうだ。

nobu23 at 19:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 体験日記 

小田原自立の田んぼと初級一枚目の田んぼの収穫追記

10日(日)小田原市桑原に、自立の2家族と神奈川ゆめコープ斉藤理事長はじめ職員らが集まり、しのつく雨のなか稲刈りを開始した。まずは、鳥除けのネットをはずし、小酒部さんの持ってきた脱穀機を田んぼの隅に据える。ぬかるむ田んぼと格闘しつつ、手で刈っては脱穀機へと運びそのまま脱穀する。ところが、ものの数十分もしないうちに脱穀機が詰まってしまった。モミが濡れていて重くてだめらしい。仕方なく、竹はぜを組み立て、はぜ掛けに切り替えた。お昼でもまだ、半分も行かない。広さは、せいぜい五畝程度か。
昼休み。
お蕎麦を食べて、一休み。石川さんに言わせると自衛隊方式と言って、シロウトは、しゃにむに働くが自衛隊は2時間づつキチンと休むんだそうです。そこで休むと、なるほど、また元気になりやる気がでてきた。

nobu23 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

小田原田んぼの収穫

041010_1550~0001.jpg10日、昨日台風が猛威を振るい過ぎた翌日、まだ雨が降り続くなか稲刈り開始。結局三時半までかかる。皆カンパリました。
初級の田んぼは、お昼でようやく稲を刈り田んぼに並べてあるだけ。これを午後から束ねてハゼ掛けをするのだ。田んぼはひどくヌカルむところがあり、長靴は取られるし、稲は泥だらけで、まるで黒米。重たい。
みんな、ふうふう言いながら働いている。岩元君が声かけをし励ます。子供たちは、泥まみれになって喜んでハシィでいる。
ハゼ掛けが終わり、作業が終了したのが午後3時半。疲れたが心地よい。


nobu23 at 18:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 体験日記 

2004年10月06日

実践企業塾

10月2日(土)実践企業塾が首都圏コープで行われた。これから、地域でコミュニティビジネスを起こしたいと思っているメンバーが参加している。今回は、NPOの会計の専門家である公認会計士田中善幸先生の講義とアドバイスによる事業計画作りだった。皆、四苦八苦しながら作成し厳しい指摘を受けている。まだまだ前途多難である。NPO会計は、柔軟な分かえって難しい。会計管理は、注意が必要だ。
プレゼント講演は、(株)イープの副社長市川佳居先生でした。ご自分の起業体験も含み丁寧な職場の人間関係のあり方と方法(セルフミデエーション)を紹介していただいた。これも、内容の割に1時間というダイジェスト版。ほんのさわりの部分となったか?とにかく、濃い内容を駆け足で学習している。とにかく、小企業では、人間関係が成功失敗のほとんどを占めていることだけは自覚したといえる。


nobu23 at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記