2005年08月

2005年08月28日

つくば市谷田部の公開確認会

2000年6月の第1回から早くも五年たち第2回目となる、あの時の課題は空中防除、堆肥施設、交流強化などだった。空散はすでに止め堆肥センターは建設し交流も地元ハイコープと体験農場を稼働させている。更にふーど米、エコチャレンジ米が拡大し隣接圃場との確認書などキチンと記録されてる。今後は冬水田んぼなど生物調査や交流の質的進化だと思われ条件は揃っている。それにしてもつくばエキスプレスの開通による大変化をどう組み立てるか。


nobu23 at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2005年08月27日

つくば市谷田部で公開確認会

050827_1502~0001.jpg米を中心に200名もの参加者で行われた。


nobu23 at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2005年08月19日

佐渡の海

050819_0859~0001.jpg早朝4時半にいとこの定夫さんと海にでる。ここ野浦村ではもうすでに5、6人くらいが海にでている。小さい船外機付きボートに乗る。風もなく波もほとんどない。陸の集落がいくつか見えるところまでの沖でイカ釣りの仕掛けを降ろす。さわやかな船上、空気がうまい。サビキ仕掛けではトンボの糸が絡まり失敗したが、竿にもちかえると、次々にあたりがくる。17ハイを釣り上げた。朝飯前の一仕事、こうしてまたおいしい刺身が手にはいるのだ。冷蔵庫要らずど言うだけある村の贅沢を知る。


nobu23 at 09:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2005年08月17日

佐渡にて

050817_0955~0001.jpg8月16日大佐渡スカイラインを兄と走る。乙和池は高度900mくらいにあり、楢やブナの巨木に囲まれている。池には浮島があり沢山の植物が生い茂る。森は水を絶やさず、朽木はきのこを生やしていた。


nobu23 at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2005年08月12日

千葉緑耕舎にて生物調査

050812_1010~0001.jpg8月11日千葉県栄町の稲作生産者の千葉緑耕舎とパルシステム新農業委員会により田んぼの生き物調査が行われた。冬水たんぼ、減農薬減化学肥料栽培、慣行栽培の三圃場でカエルとクモの数把握と田の土を採集しイトミミズとユスリカを数えるもの。茂原農業高校生も参加し谷津田復元の報告もいただいた。


nobu23 at 10:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2005年08月07日

不耕起の田んぼだ

050807_2233~0001.jpg小田原市桑原で不耕起の、もちろん無農薬無化学肥料栽培の米作りをしている。過去に学び鳥害を防ぐため網を被せる。昼過ぎまで真夏の太陽にあぶられみなふたふた。炎天下の七名は昼過ぎにようやく一段落し下曽我の蕎麦屋で梅オロシそば。午後遅くまで今度はNPO小田原食とみどりのビジョン討論を繰り広げた。ゲスト参加の一橋大学柴田君らに小田原交流の田畑とミカン山を案内し、その景観の全容を一望した。


nobu23 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

阿賀野市にて農業者大会

050805_1202~0001.jpgささかみ村が合併し阿賀野市となり村民大会は農業者大会となって継続した。7月30日本田市長の挨拶、東京マイコープ増田理事長、新潟総合生協渋谷理事長の挨拶のあと、リレートークと講演があった。講演は岩田進午先生。有機農業の意義を現代農業の批判をまじえながら展開された。ささかみの冬水田んぼなどの実践に賛同を表された。実際の田冬水の実例を石塚美津夫課長が報告し、「バカを増やそう」と生き物の豊かさにじかにふれる豊かさの実感を語った。ホタルを見ながらカミさんと飲むビールのうまさと目に浮かぶ語りは共感を呼ぶ。カドミなどの重金属吸収抑制を粟生田先生、そして田冬水の理論を岩渕先生が展開、衰退する水田農業を環境の視点で生物多様性を生み出す生産と消費の未来で勇気付ける内容となった。100名超える参加者に共感を呼んだ。


nobu23 at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

NPO小田原食とみどり、田畑を契約

050805_1203~0001.jpg2003年に小田原に神奈川ゆめコープとジョイファーム小田原を中心に作られた産直合流協議会。活発に農作業体験や梅干しづくり、下蘇我散策や伝統芸能観劇などを行ってきた。昨年、NPO小田原食とみどりが組織され、本格的な活動をスタートした。7月25日小田原市と田畑の貸借契約が結ばれた。


nobu23 at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記