2006年03月

2006年03月30日

ささかみ石塚さんの夢の谷ファーム

32c04c84.jpg石塚さんが企画する耕作放棄地など谷地田の復活とビオトープだ。数十名が参加し田冬水と生物あふれる不耕起栽培の稲づくりだ。すでに籾を田んぼの脇で苗代を作っていた。寒い日、時折小雪が吹き付ける。


nobu23 at 22:44|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 体験日記 

2006年03月25日

桜にウグイス

e0e79adc.jpg新百合ヶ丘はまだ緑が残っている。近所の見事な早咲き桜にウグイスのつがいが遊びに来ていた。この写真では分からないか、真ん中あたりにいるのだが。それにしても美しい。


nobu23 at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月23日

パルシステムの協力取引先の品質管理

932fc7d0.jpgパルシステムの取引先による協力会主催で品質管理の研修会が開催された。(株)東京ゴールドチェーンの広瀬さんによる5S運動や(株)パルミート谷口さんの委託先との取り組み、日生協佐藤さんの流通業での品質管理の意義など、現場に即した実に実戦てにな報告が続き、あらためて食品事故をなくし美味しい商品づくりに思いを確認した。


nobu23 at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月20日

小田原の冬水田んぼ

95fd668c.jpgNPO小田原食とみどりの田んぼの計画打ち合わせがあった。今回も田んぼ三枚を初級も含め栽培する。写真は沖津さんの新設ビオトープ。道路工事で今のめだかやはやなど生物豊かなビオトープがつぶされるため、移動して作っている。そこには水を湛えた田んぼがあり、その土は素晴らしく肥えて柔らかい。微生物のちからだ。


nobu23 at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 体験日記 

2006年03月17日

天頂の満月

a818875f.jpg3月というのに冷える夜だ。空は澄み渡り満月が輝々と照る。地平に続く町明かり、遠くに丹沢山系の黒いシルエット。こういう夜だからこころが飛ぶのだ。


nobu23 at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月14日

ささかみの森

c9499ed8.jpgささかみの生協の交流施設「ぽっぽ五頭」から見た県立公園の森。小さな池にはニジマスが泳ぎ、木々にはミゾレが降っている。しんしんと静かな森のなかである。


nobu23 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月12日

ささかみ

aba2cf6f.jpgいまや新潟県阿賀野市と行政区的に表現される笹神村、ここがパルシステムが三十年近い交流を積み重ねてきたところだ。すでに生協組合員は三代に渡る。写真はその中心のお米の田んぼだ。石塚美津夫課長の冬水田んぼだ。糸ミミズなど生物を繁茂させ、その力でやわらかな土をつくる。生命の曼陀羅によるおいしい米作りだ。いのちは連鎖する。豊かだな。雪解けにて。メダカあり。


nobu23 at 05:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 体験日記 

2006年03月07日

夕暮れの丹沢山系

43dad166.jpg良く晴れた日に夕暮れを見る。なぜか物悲しい切ない気持ちがこみ上げる。確か宇宙飛行士になり損ねた女性記者が言っていた。夕暮れに物悲しくなるのは原始人に近いのだと。これから襲ってくる暗闇に怯え楽しかった晴れた1日が終わるからだと。現代人は忙しい1日が終わり家路に帰るほっとする時間だという。


nobu23 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月06日

逆宣言

このブログは日記として記録してきた。これはこれで私くしとして意味があったが、読むとおもしろくない。そこで、今回から自分の考えていることを記すことにした。まあ、それが面白いかどうかはわからんが。いま、僕は本当に時代の転換をまるで海の渦のように感じている。津波のように襲う大変革、それは全体として素敵な時代ではあるのぢが。


nobu23 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月05日

丹沢山系に夕日

ef194ecc.jpg冬晴れの一日、暖かな小春日和の夕方。丹沢山系に日が沈む。左手に富士があるのだが。澄み渡る青空、オレンジ色に染まる低い空の底辺、山のはが墨絵のシルエットを描き、遠ざかる飛行機が光の点となる。どこかから聞こえる鐘の音。夕暮れはどこか人恋しい。


nobu23 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月04日

生消協総会とフォーラム

eadfd9f5.jpg3月2日パルシステムの生消協総会が開催された。日本農業を活性化する産地ビジョンつくりを進めている。午後からは生産者、生協組合員を代表してパネルディスカッションが行われた。いま全国の農村地域で最も元気な人たちが集まっている。


nobu23 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年03月01日

真冬の藪川にて

75790b25.jpg岩手県玉山村藪川に行く。三澤さんと未来塾の面々と2日間遊ぶ。雪深い奥山、冬枯れの木々に小さな野鳥たちが集まってくる。雪の坂を駆けのぼる真白いうさぎ。ふわっと小さく飛んでスッスと這い上るリス。生命に抱かれて蘇る魂。


nobu23 at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記