2006年05月

2006年05月30日

小田原食と緑協議会総会

415a14b4.jpg昨年一年間で2600人を超える田畑での交流体験を進めた協議会とNPOの総会が開催された。記念講演はNHK解説委員の合瀬宏豪さん。食べ物の向こうにある作る人との感動の共有について話されました。参加の生産者も納得していた。体験交流は今年は果樹コースも増やして更に充実させていく。雨が昼にはあがり小田原は晴れていた。


nobu23 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年05月29日

大隅のうなぎ

0ec3b614.jpg5月23日24日と鹿児島県鹿屋市にある大隅養鰻組合を視察した。楠田組合長は五カ所に養殖池を持つ。大隅地方は霧島山脈からの伏流水で実に豊富な地下水に恵まれ、この水が美味しいうなぎを育てているという。ポジティブリスト制度直前の管理体制もお願いした。今後の川と水をテーマとした育てる魚の交流が望まれる。新たなやわらかな体験の喜びも。


nobu23 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年05月19日

東京マイコープとパルシステムでBSE米国産牛ほんとに大丈夫との集会

食品安全委員会プリオン調査会を辞任した金子教授の講演会が開催された。増田理事長より命を繋ぐ私たちの役割について開会のあいさつがあった。BSEはむしろこれからだ。人から人への感染が危惧される。むろんアメリカの牛管理は不明な状態と言わざるを得ない。


nobu23 at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 体験日記 

2006年05月17日

ささかみの田植え

c059522a.jpg薄曇りの空のした、パルシステムの組合員が大勢家族で新潟県阿賀野市のささかみに田植えツアーに参加した。裸足で入る田んぼの気持ち良さ、水も冷たくなくスイスイと田植えがすすんだ。また翌日NPOささかみ食農ネットと食と農の推進協議会の監査が行われた。石塚さんは谷津田で夢の谷ファームを立ち上げて30名もの参加者でにぎわった。耕作放棄地も復田し黒米や酒米つくりが始まる。


nobu23 at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年05月12日

佐渡の山海の稔り

54273441.jpg連休中の食卓、ワラビ、ふき、タラの芽、ノビル、山うど、真イカ、アジなど。それに佐渡のイゴ練り。仕上げは蕎麦だ。


nobu23 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 体験日記 

2006年05月07日

佐渡の林野

96fd4682.jpg春の林は落葉樹が芽吹き新緑におおわれる。ところどころに山桜がさいて彩りが豊かだ。NPOのトキを帰すプロジェクトの中島君たちと耕作放棄された山奥の田を見に行った。すでに30年が過ぎて木が茂っている。朽ち果てた足踏み脱穀機の錆び付いたドラムが捨てられている。林のなかにひときわ目立つ山梨の古木に白い花が咲き乱れていた。


nobu23 at 10:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 体験日記 

2006年05月03日

小田原の田起こし

a263bcb8.jpg4月22日小田原の田起こしを行った。4家族が参加し田んぼをつくる。空は晴れ渡り、風が気持ちよい。レンゲの花がさいていた。


nobu23 at 08:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 体験日記