細菌戦の系譜!!


政治 ブログランキングへ

歴史 ブログランキングへ

教育・学校 ブログランキングへ

「731部隊と100部隊」の現在の課題(八王子)
第10回『化学学校記事』情報公開裁判
帝銀事件と登戸研究所
第19回「衛生学校記事」情報公開裁判
シンガポールで、731部隊は何をやっていたのか?
731部隊『留守名簿』(不二出版)2018年9月
京大 軍医博士論文の検証
731部隊『留守名簿』公開
ある元自衛官の回想 「化学学校の黒い霧」
第10回ビザ発給拒否・集会妨害国賠訴訟【9月21日(金)11:30〜東京地裁415号室】
731部隊と「要塞」遺跡を訪ねる

元731部隊軍医と強制不妊手術

「明治150年」史観批判ー近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制ー山田朗、他


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30

●お知らせ







京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

職種不明の軍属
「なあに、うちのも同じこってす。じき、仲良しになりますよ。同年兵なんだからね」
父は“同年兵”という言葉を得意げに用いて笑いながら応じていた。
「主人が早く亡くなったものですから、一番末のこの子を中学へ上げるのには、ほんとに苦労しました。・・・・ですけど、先生があまりすすめてくださるもので、ご時勢には逆らえないと思いましてねえ」
来住野(くすの)の母は、すでに、こびんのあたりに白いものが見えはじめていた。
私たち3人は、身の上を語る老母を、ある好奇の眼で観察した。来住野はそれをさとって少年らしい羞恥を覚えたのだろう。
「余計なこと、言うなよ」
と、声をころして、母をたしなめていた。
やがて、私達だけになったとき、
「君たちは今日から軍属なのだ。心を入れ替えてしっかりやるんだぞ」
この前とは打って変わった口調で、仲野雇員は私達に言った。
そこから米原に出ると、中部諸県の一行が8人、高山という雇員と一緒にプラットホームで待っていた。



「元満州中川村開拓団 私の敗戦回顧録」


日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第2章 地図から消えた神秘の大久野島

記録1 今日の大久野島
12月初めの広島は、至るところにまだ生気の漲る陽気だ。車は山々の間を走り抜き、目の届く限り繁茂した樹林が続く、緑濃い木々の葉が依然として旺盛な生命力を誇っているが、遠くに見える山の頂きが深緑色のなかにやや黄や赤に変わっているのが見えるが、それはまた、深緑の地の絨毯に一輪の花を刺繍したようだ。ホッ!農家の柿の木が車の脇を通り過ぎた、星空を思わせる火のように赤い柿の実がなんと愛らしい。何日か前に純白一色の雪のハルビンを出発して来た私にとって、眼前に広がる景色には少なからず興奮を禁じない。



●特集 軍拡に走る安倍政権と学術

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表

5、いまどんな議論が必要か

■日本ではまだ広く知られていない戦争医学犯罪

―現在、日本では、どのような議論がなされているのでしょうか。また、いま、軍事研究への大学や研究機関の動員という問題が大きな問題となっているときに、どんな議論がなされる必要があるとお思いですか。

日本の医学者・医師の先の戦争における医学犯罪があまりにも知られていないことがまずあげられるでしょう。
ナチス・ドイツの戦争医学犯罪のように国内外で、あるいは医学界・医療界で議論が広く活発に行われているかというと、残念ながらそうではありません。
私たちは、その都度論点整理をしながら、問題提起をし、それなりの前進があったと思いますが、国の内外あるいは医学界・医療界で世論を動かすほどにはいたっていないように思います。
国際的には、前述したように、米国政府が、極秘の取引により共犯者となり、隠蔽してきた歴史があります。ナチス・ドイツの戦争医学犯罪の検証が進められているドイツでも日本の戦争犯罪・人道に反する罪についてはほとんど議論にはなっていません。
日本の医学界・医療界が60年以上隠蔽し、今もって自省の動きが見られないというのは国内外の世論、議論の程度や国が戦争責任を果たしていないことを反映しているともいえます。




●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■ある大学講師のおこなった人体実験
1944年に書かれたあるベルニング評価には、こう述べられている。「彼の包括的な、そして未だに完結しない研究は、軍事医学の領域における栄養水腫にかかわるものである。この軍衛生局総監督部の金庫には何冊分もの著作原稿がある。ここに抜き刷りとして示されるものは、これまで印刷されることができた、無難な箇所だけである。」


『ハンブルグ医師報』1983年 第37号〔生誕75年を迎えたベルニングの功績を讃える記事。むろん戦時中の捕虜に対する彼の実験については、何の言及もない。〕



イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

●驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ

●ニュース
日大医学部でも一部受験生優遇か

追加合格は「定員減」「発表遅い」…憤る浪人生

入試性差別に反省なし! 順天堂大は「女子はコミュ力高いから減点」と支離滅裂説明、柴山文科相は東京医大を擁護し暴言


「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活

●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年

第7章 満州事変
午食后内大臣往訪、少時会談。此時聖上、経済封鎖を受けたるときの覚悟、若し列国を対手として開戦したるときの覚悟、其準備等に就き武官長して陸海軍大臣に問はしめんとの御話しありたり云々との話しを聴き、尚若干雑談して還る。

11月初頭、外務省と宮廷の態度は変化した。6日、幣原外相は天皇に、外務省は蒋介石の国民政府だけを交渉相手とする従来の方針を破棄する決定をしたと報告した。熙洽(きこう)と南満州の中国人の地虫階層を基礎とした傀儡政権に支援が与えられた。これより、満蒙問題の解決は、張学良や南京政府よりも、むしろ愧儡政権の上層部交渉になった。幣原は、その後、新たに朝鮮総督になった宇垣のみならず、牧野や西園寺にこの方針に対する支持を求め、同意を得たのである。

小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争


●日本国憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条を生かそう!!




細菌戦の系譜!!


政治 ブログランキングへ

歴史 ブログランキングへ

教育・学校 ブログランキングへ

「731部隊と100部隊」の現在の課題(八王子)
第10回『化学学校記事』情報公開裁判
帝銀事件と登戸研究所
第19回「衛生学校記事」情報公開裁判
シンガポールで、731部隊は何をやっていたのか?
731部隊『留守名簿』(不二出版)2018年9月
京大 軍医博士論文の検証
731部隊『留守名簿』公開
ある元自衛官の回想 「化学学校の黒い霧」
第10回ビザ発給拒否・集会妨害国賠訴訟【9月21日(金)11:30〜東京地裁415号室】
731部隊と「要塞」遺跡を訪ねる

元731部隊軍医と強制不妊手術

「明治150年」史観批判ー近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制ー山田朗、他


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30

●お知らせ







京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

職種不明の軍属
「もっとも、お金があったって、何も買えぁしない時代なんだけど」
近所の人たちと、こんな会話をしている母は、大金のゆえに気味悪そうな様子なのであった。もしかしたら、そのお金がそのまま弔慰金になるのではないか、と思い巡らしたのかもしれない。事実、支度と言っても、あらためて金を使うようなことは何もなかった。衣料品や皮革類はもとより、甘味品なども手に入らないのである。
ハガキで、出発の日取りが知らされたのは、4日後であった。
すると、ふだんはあまり子供たちにかまわない父が、
「俺が送ってゆこう」
と言い出した。
私は蚊帳(かや)のような綾目の荒い草色の学生服に、竹のボタンのついた外套を着、兄貴からおさがりの編上靴をはいて、家の前に立ったまま、いつまでも見送っている母をあとに、父に付き添われて、指定された町の旅館に着いた。
そこに集まったのは、私を加えて4人。同県の来住野(くすの)と2人の隣県人だった。
家族に付き添われてきたのは、私のほか、見るからにおとなしそうな来住野だけだった。同じように子供を手放す親の共通な気持ちから、父はすぐに、来住野の母と近づきになった。
「この子は、うちを離れたことが無いので、それが心配でございましてねえ。・・・・ほんとに皆さん、お願いいたします」
と、来住野の母は、素朴な人柄をそのままに、私達にまで頭を下げた。



「元満州中川村開拓団 私の敗戦回顧録」


日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第2章 地図から消えた神秘の大久野島

付記・「毒ガス島」を訪れる
この部分を書こうと思った時、私は今の大久野島はどうなっているのか知りたいと思った。つまり、世界で1つしかない「毒ガス資料館」を是非参観したい、そして村上館長にも、岡田女史にも、そして昔ここで仕事をしていた作業員の人々にもお会いしたいと思ったのだ。1994年12月、ちょうどここで日本軍が第2次世界大戦中に使用した化学兵器の討論会が開かれたので、この機会に私の願いは実現した。以下はその時の訪問記録である。



●特集 軍拡に走る安倍政権と学術

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


4、ドイツではどのように向き合ったのか

■ドイツのとりくみと困難

―それにしてもドイツの方が日本より進んでいると思われるのですが、日本との関係で見ておかなければならないことはあるのでしょうか―

2012年5月にはニュルンべルク医師裁判が行われた地において開催されたドイツ医師会年次大会が、全会一致でナチ時代の医学犯罪について重大な共同責任を認め、ドイツ医師会の中に歴史研究を行う委員会を設けるという声明が出されました。
自らの過ちに関するDGPPNのドイツ内外での移動展示は、紆余曲折がありましたが、2015年に日本でも開催され、その間に2010年当時のDGPPN会長の講演も行われました。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■ある大学講師のおこなった人体実験
「秘密」というスタンプの押された『ソビエトの捕虜に行われた臨床調査についての暫定報告書』と、これに先行する、同じように秘密の『暫定的報告』に、ベルニングの実験の指示内容が示されている。彼の結果報告によれば、飢餓水腫が発生するようにするため、かなり長期にわたって、与えられるタンパク質は日に30グラムを下回るようにされなければならない、とされていた。ベルニングは本物の飢餓水腫が始まるのを観察し、飢えた人間が長い段階を経て体重が減少していき、すぐに疲れやすくなり、性欲がなくなり、頭痛を覚え、めまいがするようになるさまをメモしている。彼は、捕虜の下腹部が膨張するのを観察している。寒さが、また労働が水腫を強めた。彼にとってとりわけ貴重な研究は、実験の結果死亡した患者であった。
「検死に見られる胃・腸=管の変化は特に興味深いものである。」



イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

●驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ

●ニュース
メイ英首相、EU離脱協定案の採決延期を発表

順天堂大学医学部 不適切入試「10年前から」(18/12/11)

ファーウェイ逮捕と「天才科学者」自殺  中国ネット、陰謀論で大揺れ 


「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活

●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年

第7章 満州事変
奈良の激励の言葉に鼓舞されて、二宮は直ちに錦州爆撃の必要性について概略を述べた資料の作成を命じた。参謀本部作戦課も、その直後、天皇が爆撃を「当時の情況上当然のことならん」としたことに明らかに注目していた。10月9日の奈良の日記を額面どおりに受け止めれば、天皇は一晩で考えを変えたことになる。なぜなら当初、天皇は奈良に対して、本庄司令官が張学良の支配を公然と非難することには反対であると述べていた。そして10月8日には、奈良に「出先軍部と外務官吏との間の意見の相違は、陸軍は満蒙を独せしめ其政権と交渉せんとするに反し、外務側は其独立政権を好まざる点にありと読む、此点陸軍の意見適当ならざる様思はる、其積りにて陸軍中央部に注意する様に」と話していた。
国民政府の訴えを受けてジュネーブに国際連盟理事会の特別委員会が招集された。会議での意見は、たちまち日本に厳しいものとなった。10月27日、奈良日記は天皇が心中穏やかでないことを記している。

小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争


●日本国憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条を生かそう!!



細菌戦の系譜!!


政治 ブログランキングへ

歴史 ブログランキングへ

教育・学校 ブログランキングへ

「731部隊と100部隊」の現在の課題(八王子)
第10回『化学学校記事』情報公開裁判
帝銀事件と登戸研究所
第19回「衛生学校記事」情報公開裁判
シンガポールで、731部隊は何をやっていたのか?
731部隊『留守名簿』(不二出版)2018年9月
京大 軍医博士論文の検証
731部隊『留守名簿』公開
ある元自衛官の回想 「化学学校の黒い霧」
第10回ビザ発給拒否・集会妨害国賠訴訟【9月21日(金)11:30〜東京地裁415号室】
731部隊と「要塞」遺跡を訪ねる

元731部隊軍医と強制不妊手術

「明治150年」史観批判ー近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制ー山田朗、他


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30

●お知らせ







京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

職種不明の軍属
仲野と名乗るその人は、近県の各中学校を回って歩く判任官待遇の雇員で、草色の地に白い星の重なった胸章をつけ、肩には金線が1本入っていた。
私はそれを一種のあこがれの眼で見守り、そうした服装に身を飾った自分の姿を空想したりした。
「成績の方は、先生からうかがっているが、君のような若い人に是非来てもらいたい。学徒動員といっても、これは、軍人と同じ意義のある仕事だから、その点、大いに誇りを持っていい・・・・」
と、仲野雇員はやさしい口調で話しかけ、健康状態や家庭の状況などを、一通りたずねた。だが、私の知りたいと思っていた職種については何一つ具体的な説明はしなかった。そして、支度金(したくきん)として、350円を手渡し、
「いずれ通知をするから、いつでも出発できるように準備して待っていて下さい」
といって、その日は帰って行った。
だが、支度金の350円というのは、当時としてはいかにも大金で、子供心にもいささか不審であった。中学を出て村役場に勤めている隣家の長男の月給は35円。小学校長で100円程度。そんな時代である。
「どうしたんだろうね、こんなに。・・・・一体、どんな仕事なのかねぇ」
「なぁに、浩ちゃんら、よっぽど重要な仕事をするんだろうさ。たんと、いい支度をして上げるんだね」



「元満州中川村開拓団 私の敗戦回顧録」


日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第2章 地図から消えた神秘の大久野島

それは1992年、忠海中学校の生徒が何回も資料館を参観に来て、自分の学校にも毒ガス資料館の模型を作り、学生たちにも知らせ、長く教育に役立てようと決定したことだ。生徒たちは自信をもって協力し合い、11月15日開館こぎつけた。

開館宣言
長い歴史の中で、人類は何回も大規模な戦争を経験し、毒ガス兵器等各種各様の兵器を使用し、多くの人々の血が流れた。しかし、今になってもやはり核兵器は製造されており、戦争も行われている。私達は平和の中で生活し、過去の事は知らない。
今日になっても、ここには当時戦争で使用した兵器がたくさん残されている。私達各々が世界の平和のために何かをしなければならないと思い、私達は団結して、本当の世界平和のために各自の力を貢献しようと決心した。これが私達の宣言だ。
今日から私達の毒ガス資料館を開館する。



●特集 軍拡に走る安倍政権と学術

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


4、ドイツではどのように向き合ったのか

■ドイツのとりくみと困難

―それにしてもドイツの方が日本より進んでいると思われるのですが、日本との関係で見ておかなければならないことはあるのでしょうか―

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)は、2010年11月26日に、70年間の沈黙を破り約3000人の精神科医が参加した追悼集会が開催され、ナチス時代に精神科医によって25万人以上の精神障害者が死に追いやられたことを認める追悼講演を会長が行い、精神医学や学会としての思想や組織のあり方を振り返り、「施設的および個人的な罪や精神科医および専門学会の巻き込まれ」を問題にしました。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■ある大学講師のおこなった人体実験
1941年の秋、ハンブルグ大学の私講師ハインリヒ・ベルニングは「水腫病の医学研究」を委託された。委託したのは、クゥルト・グートツァイトが管轄する軍衛生局総監督部であった。ベルニングの研究の「患者材料」はソ連軍の捕虜だった。研究の場所はハンブルグ=ヴァンツベックの「この目的のためにつくられた非公開の部局」であった。ベルニングは、飢餓病に関するこの研究成果を、1949年にゲオルク・ティーメ社から出版された論文に要約している。



イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

●驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ

●ニュース
歯学部出身者ら優遇「痛恨の極み」…岩手医大

ケリー首席補佐官退任へ トランプ氏や側近と衝突絶えず

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活

●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年

第7章 満州事変
1931年10月1日、事件後、2週間が経過し、日本人のほとんどが軍部を支持し始めていた。天皇はこの事件が計画的なものであることを知っていた。誰が立案し、誰が命令し、誰が実行したのかを知っていたのである。天皇の許可なく管轄区域外へ部隊派遣を命じることは、1908年制定の陸軍刑法に違反していることも十分に承知していた。それにもかかわらず、天皇は参謀総長と関東軍司令官に軽微な懲戒を命じようとしたにすぎなかった。奈良侍従武官長の日記はそのことを明示している。
1週間後、天皇は臣下の将校による行動拡大を黙認した。北京―奉天間の鉄道上にある遼寧省南部の都市、錦州は「満州における中国主権の最後の痕跡」だった。天皇が裁可した錦州空爆は第1次世界大戦終結後初めての都市爆撃だった。10月9日の奈良侍従武官長の日記には次のようにある

二宮(治重)〔参謀本部〕次長退出前、陛下より錦州附近に張学良軍隊再組織成れば事件の拡大は止むを得ざるべきか、若し必要なれば余は事件の拡大に同意するも可なり、
・・・・・次長は総長にも話し、其内総長参内、一度上奏する様にすべしと云ひ居たり。

小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争


●日本国憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条を生かそう!!



細菌戦の系譜!!


政治 ブログランキングへ

歴史 ブログランキングへ

教育・学校 ブログランキングへ

「731部隊と100部隊」の現在の課題(八王子)
第10回『化学学校記事』情報公開裁判
帝銀事件と登戸研究所
第19回「衛生学校記事」情報公開裁判
シンガポールで、731部隊は何をやっていたのか?
731部隊『留守名簿』(不二出版)2018年9月
京大 軍医博士論文の検証
731部隊『留守名簿』公開
ある元自衛官の回想 「化学学校の黒い霧」
第10回ビザ発給拒否・集会妨害国賠訴訟【9月21日(金)11:30〜東京地裁415号室】
731部隊と「要塞」遺跡を訪ねる

元731部隊軍医と強制不妊手術

「明治150年」史観批判ー近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制ー山田朗、他


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30

●お知らせ







京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

職種不明の軍属
そう答えると、話は急だった。すぐに父母の同意を求めるために家に帰された。夕方まで確答をもって再び学校に戻って来い、というのである。
兄貴はすでに兵隊にとられていて、長いこと消息が絶えていたのでいたのだったから、両親は私を手放すことを好まないのは当然だった。
父は、
「お前が行くというのなら、しようがないだろうが・・・・・」
と、あきらめたふうだったが、母は引き留めたい口ぶりで、
「どうせ、やがては兵隊になるんだもの、何もあわてて志願しなくても・・・」
といった。
しかし、一度決心してしまった私には、時勢に気兼ねしながらしゃべっている母の言葉などろくろく耳には入らなかった。
「どうせ行くんだから、早く行った方が、それだけ進級が早いじゃないか」
そういって押し通し、私は又すぐ学校に引き返した。先生に、父母の承諾を得たむねを伝えると、先生は私を応接室に連れて行った。
そこには、募集係の軍属が待っていた。
仲野と名乗るその人は、近県の各中学校を回って歩く判任官待遇の雇員で、草色の地に白い星の重なった胸章をつけ、肩には金線が1本入っていた。



「元満州中川村開拓団 私の敗戦回顧録」


日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第2章 地図から消えた神秘の大久野島

1988年、次代にこの島の歴史を語り継ぎ、平和をアピールするためにこの島に『大久野島資料館』を建て、村上先生はその館長になった。だが、他の職員はおらず、村上先生ただ1人。しかも資料館の参観は無料だから、村上先生の仕事は決して楽ではないし、忙しさは想像にあまりある。しかし、先生は努力して当時の文献資料と実物を集め、毎日自ら各地からの参観者の接待をしている。このような資料館は世界にもここ一か所しかない。今、村上先生の心が休まるのは、資料館ができてから、毎年5〜6万人の人が各地から参観に訪れ、現在総数30万人にも達したことだ。訪れた人々は一様に深い感銘を受け、中でも次のことは村上先生を特に感動させた。それは1992年、忠海中学校の生徒が何回も資料館を参観に来て、自分の学校にも毒ガス資料館の模型を作り、学生たちにも知らせ、長く教育に役立てようと決定したことだ。生徒たちは自信をもって協力し合い、11月15日開館こぎつけた。



日本鬼子のおきみやげ


●特集 軍拡に走る安倍政権と学術

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


4、ドイツではどのように向き合ったのか

■二ュルンぺルクにおける訴追
―ところで、医学の戦争への加担ということでは、世界で、とりわけドイツではどのように向き合ったのでしょうか。

ところが、私が2002年に、同書の著者と面談した際には、「世界医師会に西ドイツ医師会が加盟する際に約束した医師会会員へのジュネーブ宣言の配布は実行されずに放置されていた」「日本ではドイツが進んでいるかのように言われるが、遅々たるものだ」「ドイツ医学界の重職には元ナチ党員が多数を占めていた」「1994年には、ドイツ医師会会長歴(西山注:1973〜1977年)があり、9年間務めていた世界医師会の財務理事(西山注:2010年7月、逝去)が辞任に追いやられたが、それはナチ親衛隊将校で戦争医学犯罪を犯したことが暴露されたから」「彼を推薦し、サポートし続けたドイツ医師会長が後任(西山注:1999年迄、以降名誉会長で現在に至る)」と聞きました。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■肝炎の実験

ここに名前の記されている11人のユダヤ人の子どもと若者が1943年9月にドーレンの黄疸実験のためにアウシュヴィッツ強制収容所からザクセンハウゼン強制収容所へ移送された。1944年に、ユダヤ人の少年たちが収容されていた第2病舎のブロック古参として、毎日彼らの面倒を見る仕事をしており、日誌をつけていたブルーノ・マイヤーは、検事の報告書によれば、ザクセンハウゼンのドーレンの実験―その中には肝臓穿刺が含まれているーについて次のように供述している。

「ドーレン博士は医療器具カバンから1本の斜めに歯のついたゾンデを取り出してザウル・ホルンフェルトの背後に近づき、指で彼の背後を探りました。そしてゾンデを当て、子どもの背中の筋肉を通して深く身体の中まで突き刺しました。ザウル・ホルンフェルトは痛みのあまり、自分の小さな拳を噛みました。急いでわたしは彼の前へ歩み寄り、声を押し殺して、しっかりしろといいました。涙で見えない目で彼はわたしを見ました。すると再び医者がゾンデを突き刺しました。わたしは不安と疑いの目でオフデダール博士を見詰めました。『肝臓穿刺だ』と彼は小声でわたしに言いました。その後、わたしは、ドーレン博士がゾンデから長い針を抜き、ゾンデの開口部に急いで試験管をあてがうのを見ました。黒っぽい血が試験管の中へ滴り落ちました。小さな組織も―たぶん肝臓の一部だったのでしょう―少しその中に混じっていました。
外のバラックの通路でわたしは、ちょうど立ち去ろうとしているドーレン博士に会いました。わたしは彼の足を留め、彼の良心に訴えようとしました。わたしは言いました。わたしは召集されており、前線へ行かなければならない。ただ子どもたちと別れるのはつらい。どうか、彼らのここの恐ろしい生活を少し楽にやってはくれまいか、と。彼は何も返事をしませんでした。」



イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

●驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ

●ニュース
「黙っていても受験生が集まる」医学部の問題性 3私大で不正入試


医学部不正、3大学で同時会見…福大副学長「びっくり」

真珠湾攻撃に参加した隊員たちがこっそり明かした「本音」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活

●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年

第7章 満州事変
30歳の天皇にとっていまや若槻内閣を支え、軍部を押さえ込み、そして事態の悪化を阻止する格好の機会だった。政治面では軍部はまだ弱く、満州をめぐり国論は二分されていたのである。天皇が専制君主ではなく、憲法にのっとったイギリス型の 「立憲君主」として統治することを望むのであればこれは良い機会であった。
9月22日、奈良侍従武官長の日記は、この重大な局面での天皇の行動をこう記している。

午后陛下の御召しに依り拝謁せしに、陛下は行動を拡大せざる様総長に注意したるやと御下間ありしを以て、注意も致したり、又注意を待たず総長は能く閣議の主旨も御意図も承知し夫々処置へを執り居れり、但し出先きの軍隊は騎虎の勢もあり脱線少からず、誠に遺憾且恐懼に堪へずと奉答し置きたり。・・・(その後)午后4時20分金谷参謀総長拝謁、朝鮮軍より混成旅団派遣の追認御允許を内奏し、陛下より此度は致方なきも将来充分注意せよとの御諚を拝す。
関東軍の前進部隊は中国軍に数で圧倒されているため増派が必要であると考え、天皇は事態を既成事実として容認した。天皇は臣下の軍隊が帝国の版図を拡大しようとすることに格別に反対しなかったのである。たとえ、統帥権干犯の事実があろうと、作戦の首尾が良ければ、よしとしたのだった。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争


●日本国憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条を生かそう!!



細菌戦の系譜!!


政治 ブログランキングへ

歴史 ブログランキングへ

教育・学校 ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

「731部隊と100部隊」の現在の課題(八王子)
第10回『化学学校記事』情報公開裁判
帝銀事件と登戸研究所
第19回「衛生学校記事」情報公開裁判
シンガポールで、731部隊は何をやっていたのか?
731部隊『留守名簿』(不二出版)2018年9月
京大 軍医博士論文の検証
731部隊『留守名簿』公開
ある元自衛官の回想 「化学学校の黒い霧」
第10回ビザ発給拒否・集会妨害国賠訴訟【9月21日(金)11:30〜東京地裁415号室】
731部隊と「要塞」遺跡を訪ねる

元731部隊軍医と強制不妊手術

「明治150年」史観批判ー近現代日本の戦争・植民地支配と国民統制ー山田朗、他


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30

●お知らせ







京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

職種不明の軍属
学徒動員に応じて私が渡満することになったのは、昭和20年の3月下旬であった。その頃の戦況は、日本がすでに、マニラ、硫黄島を失い、米軍が沖縄に進攻しつつあったのだが、中学4年の少年にすぎなかった私は、当時の一般的風潮をそのままに、日本の最後の勝利を信じていた。数人の学友は、少年飛行兵や特別幹部候補生を志願して学舎を去っていったあとでもあり、私もいずれは軍人となって祖国を大事に殉ずる心組みであった。
そんなある日、私は担任教師の呼び出しを受け、少年兵に準ずるものとして関東軍に入隊する気持ちはないか、と尋ねられた。

満蒙開拓団



「元満州中川村開拓団 私の敗戦回顧録」


日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第2章 地図から消えた神秘の大久野島

村上初太郎先生は1925年生まれ。15歳で訓練所に入り、以後は毒ガス工場で仕事をしていた。1945年の敗戦時、彼は20歳だった。彼の記憶では、天皇が無条件降伏を宣言した次の日、工場長は彼らに島の北西部の長浦で、青酸ガスの工室を破壊するようにと命じた。その当時この作業場は最も先進的な技術を採用しており、島でも最高機密に属していた。作業員があまり行きたがらないので、工場長は作業員に倍の賃金を支払うといい、そして、「アメリカ占領軍は毒ガス生産問題の調査にやって来て、恐らく私たちを捕まえるだろう。そして責任を追及するだろう」といった。作業員たちはこれを聞くと怖くなり、自分が毒ガス製造に参加したという証明になるものを全部焼き捨てた。今、この事を考えると、とても残念に思うと村上先生は言われた。



日本鬼子のおきみやげ


●特集 軍拡に走る安倍政権と学術

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


4、ドイツではどのように向き合ったのか

■二ュルンぺルクにおける訴追
―ところで、医学の戦争への加担ということでは、世界で、とりわけドイツではどのように向き合ったのでしょうか。

1947年米国主導で、ニュルンべルク国際軍事裁判における医師たちの訴追は「共同謀議」「戦争犯罪」「人道に反する罪」「犯罪組織への所属」の4点にわたって行われました。被告弁護側の抗弁・反論は、検察側のヒポクラテスの誓いなどを典拠にして断罪され、許容できる人体実験の条件が判決で示されました。これが「ニュルンべルク綱領」です。「ニュルンべルク綱領」は、前述のジュネーブ宣言や1949年10月にロンドンで開催された世界医師会第3回総会(1949年10月)で採択された国際医倫理綱領(2006年までに3回改訂、「医師の一般的な義務」の4項目には「医師は、患者や同僚医師を誠実に扱い、人格や能力に欠陥があったり、欺まん、またはごまかしをするような医師の摘発に努めるべきである」という規定がある)、1964年6月フィンランド、ヘルシンキで開催された第18回世界医師会総会で採択され、以後、人体実験に関する倫理規定の基本をなすヘルシンキ宣言(2013年までに9回改訂)の基礎となりました。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■肝炎の実験

ここに名前の記されている11人のユダヤ人の子どもと若者が1943年9月にドーレンの黄疸実験のためにアウシュヴィッツ強制収容所からザクセンハウゼン強制収容所へ移送された。1944年に、ユダヤ人の少年たちが収容されていた第2病舎のブロック古参として、毎日彼らの面倒を見る仕事をしており、日誌をつけていたブルーノ・マイヤーは、検事の報告書によれば、ザクセンハウゼンのドーレンの実験―その中には肝臓穿刺が含まれているーについて次のように供述している。
知ってるつもり「731部隊と医学者たち」



イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

●驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ

●ニュース
岩手医大など入試「不適切」=文科省が指摘

「外国人材拡大」法、8日未明にも成立へ

東京医科大、女子5人を再び不合格に 「定員に達した」

新天皇即位の「祝日」全国民に求めず 政府が答弁書

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活

●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年

第7章 満州事変
30歳の天皇にとっていまや若槻内閣を支え、軍部を押さえ込み、そして事態の悪化を阻止する格好の機会だった。政治面では軍部はまだ弱く、満州をめぐり国論は二分されていたのである。天皇が専制君主ではなく、憲法にのっとったイギリス型の 「立憲君主」として統治することを望むのであればこれは良い機会であった。
9月22日、奈良侍従武官長の日記は、この重大な局面での天皇の行動をこう記している。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争


●日本国憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法9条を生かそう!!



Archives
楽天市場
記事検索
あし@
J-CASTニュース
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
livedoor プロフィール

ノブ

Categories
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ