2011年08月

2011年08月28日

にわか雨。

今年は何かと、訳のわからない天気が多いです。

寒気が入ってきて・・・なんて気象予報士さんは良いますが、
ほんとは低気圧が通っているでしょ?。

そんなにわか雨の動画を、うちのベランダから撮りました。



ゲリラ豪雨・・ってカッコいい名前が付いていますが
やっぱりにわか雨・・・なんですよね。

nobuhiro423 at 19:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日記 

2011年08月26日

私のオホーツク船カレイ仕掛け

今年になってからちょっとかじっている船カレイ。

最近は自分で部品を買って作って使っています。

船カレイで2隻乗りましたが、その2隻の船長とも

オホーツクは両テンビン仕掛けが良いと・・・。

もちろん、市販の両テンビンを最初は使っていましたが
この前の常呂沖より、自分で作った物を使っています。

110826_1633~02



前回の常呂沖仕掛けとは針が違っていますが、テンビンは同じ物です。
40㎝の両テンビンです。
針は常呂沖時は15号でしたが、この仕掛けのは14号に小さくしました。

上針はY字を使っています。

そして、次回使ってみようと思っている仕掛け
110826_1707~01


30㎝両テンビンで針は上の写真と同じ14号を着けています。

上針はY字ではなくクロスビーズを着けてみました。

ともに両テンビンの3本針仕掛けになります。

どちらがいいのか・・・それともどちらも良いのか・・どちらもダメなのか・・・。
それは使ってみなくては解りません。

ただ、自分の作った仕掛けで釣りができるなんてちょっと楽しいです。

もちろん、L字の片テンビンの人もいます。
両テンビンだから絶対良いとということもありません。
ただ、乗った船の船長さんが・・というので作って使うというだけです。
常呂から能取にかけてはちょっと岩場の荒れた所や海草類のある所を
釣り場としているようなので、両テンビンがいいよ・・ということらしいです。
これは釣り場によりけりなので、これが!・・ということではありません。
ただ単にこんな仕掛けで私は自作で釣りしていますということです。

針に付いているエッグボールとか毛とかも自分で着けれれば
尚の事楽しいかもしれませんね。
とりあえずは市販の部品を着けて楽しんでいます。

この間高校の友人とカレイ釣りした時に
友人は針が切れても、そのまま2本針で釣りをしていたんですよ。

「針、着け直さないのか?」
「替え針なんか持って無い」
「え?、針付け替えたら3本になるじゃん」
「でも3本全部にカレイ付かないだろ?」
「ま〜そうだけどもよ〜。でもあったほうがいいだろ」
こんな会話を友人としていました。

実は、この間フグ釣れたと記事に書きましたが、
フグの歯でハリスを何回も切られたんですよ。
私も替え針4本持っていたのですが、それを全部使い切ってしまって・・・。

それで上の友人との会話です。

「2つ切られたらどうする・・?」
「なら仕掛け変えるさ〜」
「え?、新品?」
「それしかないだろ〜」
「テンビンとかもったいないじゃん」
「針、結び変えるより早く仕掛け落とせるじゃん」

ま、これはこれで納得できる会話だったのですが・・・。
「いっぱい釣ってナンボだろ〜」
それはその通りなんですが・・・。

ま。色々釣りも個人個人、楽しみ方があるので・・・。

ま、そんな釣りの仕掛けと、仕掛けを使う人のお話しでした。

nobuhiro423 at 20:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海釣り 

2011年08月23日

網走港〜能取湖口(家族と実習生)続編。

週が明けて月曜日。

昨日の日曜日の遊びの疲れが少し残っている感じを
持ちつつの朝の仕事。
仕事をしながら、実習生の実習が今週で終わることを考える。
「水曜日に帰るんだったな・・・・」
「明日、最終日だからどこか連れて行こうかな・・・」
「ん?・・明日天気、雨か・・・・」
「今日、どこか連れて行くか〜」

かみさんに
「今日1日早いけど実習生の子どこかに連れていってくる」

って言ったら、
「明日実習生帰るんでしょ?」
「?・・・」
日程表を見てみると・・・
「あ、明日だ!」

という訳で月曜日、実習生を連れて「津別峠」に。
2人目でやっと絶景が見れるか!・・と思いきゃ・・・
霧・・・・です。
速攻で山を降りました。
さ〜どうする?。
実習生がお土産を明日空港で買う予定だけど、家族が
海産物が好きなので何か買える所ありませんか・・?。
というので、ここにきて海産物となると・・・やはり網走。

ということで再度、網走の道の駅で。

トバとしては珍しい、マスのトバを買いました。
トバと言えばサケなんですけど、マスのトバはサケよりもウマい!
というのが私の感想です。

そを買って、近くにあるガラス工芸のお店に行ってガラス細工を見て。

実は今日はこんなこともあろうか・・と、竿・・・積んで来たんです。
それも4埠頭に行けるならマスでも・・とルアーまで。

ちょっと港行ってみるかい?。
と実習生を連れて4埠頭に向かいました。

ところが〜!、昨日まで入れた4埠頭、貨物船の積み降ろしで
閉鎖〜!。なんじゃコリャ!。
で、3埠頭に。そこで実習生と投げしました。
PICT0001


左が昨日リサイクルショップで買った竿とリール。
右は以前から使っているものです。

昨日の釣具店の店主が言った通り、なんの反応もありません。
周りも全然、反応無し・・・・。
切り上げました。

で、ここまで来たら広いオホーツク海でも。
能取岬に向かいました。
青さと広さ、そして気持ちの良い風を実習生は感じて感動していました。
写真も撮りまくり〜。

実習生本人は平塚育ち。

そっちの湘南の海と比べてどう?。
と聞くと。
風がもの凄く澄んでいて気持ちが良いと。
向こうの海の風は生暖かくて重たい・・と言っていました。

やはり海育ちの実習生、海に来ると落ち着くようですね。

で、ここまできたら、もう1回釣りに挑戦。

能取湖口に向かいました。
PICT0002


湖口です。
先月、能取岬沖の船カレイを紹介しましたが。
その時、ここを通ってオホーツク海にでました。
その場所です。

PICT0003


湖口からオホーツク海を見ました。

PICT0004


テトラがありますが、低いテトラで釣りになんの支障もありません。
実習生にこの赤い竿を預けました。
引いたら教えてね〜!。

PICT0005


でもこの黒い竿を見ていました。
それ・・・中古・・・・。

PICT0006


先月、船から見た岬を、今日は湖口から。


と、こんな感じで投げ釣りしましたが、
ボンズ〜・・・・・・。

ま、実習生と楽しい時間過ごせました。

ここのポイントは結構大物のカレイが釣れる所で
人気のポイントです。

初夏から秋はこの湖口で、春先は湖口も含め避難港がそばにあるのですが
そこでブラーでカレイを狙うのも面白い所です。

でも、潮の早い時は錘ごと流されて行くので釣りになりません・・・。

この日は潮があまり早くなかったので釣りになりましたが・・・・。

25〜30号の錘(三角)が良いと思います。

30越え可能ですよ〜。

と言う訳で、本日、実習生は地元に戻って行きました。
今日の朝になって風邪を引いたのか熱があるようだったので
薬を持たせて帰って行きました。

ここでの2週間の実習が将来、仕事に付いた時に少しでも役に立てば・・・と思っています。


2週間ずつ、2人、馴れない北海道の生活、そして馴れない仕事、
お疲れさんでした。

楽しかった事、辛かったかったこと、全て自分の身に付けて下さい。
そして今度は自分でお金を貯めて、北海道を旅行してみて下さい。


nobuhiro423 at 13:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海釣り 

網走港〜能取湖口(家族と実習生)

日曜日。

夏休みに家族で出掛ける機会が今年は無かったので
日曜日にちょっとオネーを除く4人でチョい出掛け。
場所も網走。

というのも、みっさ〜がお気に入りの回転寿しの店に行きたいということで
網走に決定。
ヒロやらみっさ〜の遊びのお付き合いをしていると
何やら、沢山骨董品が置かれているリサイクルショップを発見。

実は、来月みっさ〜が町の企画のカナダ旅行に参加すので
荷物を入れるハードケースをここの所物色。
ま・・レンタルでも良いか〜と思っていたのですが
ひょっとしたらリサイクルショップに何か安くあるかもしれない・・・と。

なにやら沢山色々な物が置かれている店のようなので
中に入って物色・・・・「あった!」。
4000円でソコソコ入りそうなケースを見つけました。
程度も良さそう。

そうこうしているうちに私も釣り具発見!。
投げ竿4.5mの30号表示の「ウェストナウ」の投げ竿。
別にどうでも良かったのですが、あまり使われた形跡もなく奇麗。
そして何より1000円という値段。
「これ買おうかな・・・」と思った瞬間、レジに居ました・・・・。
そしてリールも見ると・・・ダイワの4500番の投げリール発見!。
白の奇麗なボディ、ダイワ内のどのくらいのランクに入るリールかは
解りませんが、値段が2000円。
「これ買おうかな・・・」と思った瞬間、レジに居ました・・・。
と言う訳で、ケースと投げ竿、リールを購入しちゃいました。

で、この後はみんなで網走港に。
第4埠頭から第3埠頭、第2埠頭を回る。
4埠頭ではルアーや浮きルアーでマスを狙っている様子。
でも釣れている気配は殆どない様子。
3埠頭、2埠頭は投げをしている様子。
こちらもあまり上がっている気配はナシ・・・。

で、今日は釣りは全く考えていなかったのですが、リサイクルショップで
よからぬ物を買ってしまったので、折角だから・・と
フィッシングショップ6条にて仕掛け、錘、イソメを購入。

店長さんが言うには、
「今年の網走は全然ダメだよ〜、カレイも全然だよ〜」
「カレイ釣るなら、網走川で投げてごらん・・港より釣れるよ〜」
「港は何やっても今年はダメ・・マスも全然だよ・・」
とのことで。
ポイントは網走川に掛かっている橋付近、もしくは道の駅の前くらいとのこと

なんでも出来そうだったのが道の駅の前だったのでそこでちょっと遊んでみることに。

110821_1707~02


夕方近いので逆光になっています。
道の駅の駐車場前です。
子供達とかみさんは道の駅の中でお土産買ったり、遊べるスペースも
あるのでそこで遊んだりしている間。私は投げで・・・。

110821_1707~01


これが先ほど購入した3000円の竿のセットです。
確かにアタリます。そして釣れるのですが・・・・・。
手のひらにも満たないマガレイやクロガシラ・・・・。
この間の船のカレイを見ているので・・・どうしたものか・・・と。
そして道の駅ということはお客さんも結構見ている訳で・・・・。
こんな小さなカレイしか釣れないと・・・なんとも・・・どうしたものかと・・。
結構恥ずかしい・・・・。
結局10枚ほど釣りましたが、全部物になるサイズでは無いのでリリース。

釣りの感触だけ楽しんで来ました。

そんな1日目の家族お出かけでした。

nobuhiro423 at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海釣り 

2011年08月20日

新斗満川(川の恵を頂く)

すっかり、気温の下がってしまったこの頃。

実習生の実習期間も残り僅か。
今日は午前中釣りをして昼にちょっとした宴を。

せっかく山に来たのだから渓流で釣りを。

場所はブログを通して初めてのアップの場所「新斗満川」。

いつもアップしているトマム川、その支流になります。

トマム川は、トマム川と名の付く本流、それに「熊の沢川」、「新斗満川」、「太辛川」
の4川が合流してトマム川となり、陸別町内で陸別川と合流し「利別川」になります。

そのトマム川の支流「新斗満川」。
あ、新斗満川と書いて「ニイトマム川」と言います。

その川、渓流なので釣れる魚はエゾイワナ。
そしてトマム川との合流付近はニジマスが釣れます。

ただこの川、岩場をダラダラと流れる川なので深みのポイントが
他の川に比べてあまり無く、川としての人気もイマイチ。
それに熊も多数存在・・と、ほとんど人気(ひとけ)がありません。

でも、そんな川もちゃんと小さなポイントを攻めれば他の川には見られない
大物が顔を出します。
人気は無いが出るとデカイ!、そんな川です。

PICT0147


流れは岩場滑りなので結構急流続きです。
ほんのちょっとしたポイントが魚を釣り上げるコツです。
ちょっとした溜まりに餌を投げ込むと思いも寄らない大物エゾイワナが顔を出します。

PICT0149


先の画像より少し上流に上がりました。
ここも先ほどの画像と変わらない流れになっています。

ここで実習生にも1匹釣ってもらおうと。

PICT0148


で、出ました!、実習生にも待望のエゾイワナが!。
大型カッターよりも大きいエゾイワナ!。
グッドコンディションです。
カラフトマスやサケが河口に集まってくる季節、川でも同じマス族、婚姻色が付いています。
季節はすっかり秋・・・なんですね。
これはオスです。

PICT0150


こんな感じで餌を交換しています。

こんな感じで3匹エゾイワナをゲットして午前中を終了しました。
実際、針に掛かった匹数は40匹程です(リリース)。
やはり人気が無い川は魚の食い気タップリです。
ちなみに川には人が歩いたような後は一切ありません。
道路も車が入った後が無くすっかり穴場の釣りに実習生も満足の様子。

そして・・・・・、お昼、ゲットした3匹のエゾイワナを入れて宴!。

PICT0152


まずは、ゲットした魚の腹を出してそのまま塩コショウで焼きます。
良い香り〜。
実は私もこれがしたかった・・・。
小さい頃、じいちゃんと川に入り、ゲットしたエゾイワナを裁いて
串刺しにして焚き火で焼いてくれた味・・それは表現出来なかったけど
久々にこうやって釣れたてを焼きました。

そして、炭火と言えば・・・
PICT0154


もちろん、焼き肉!。
これにビール、日本酒!。
もう最高のお昼の宴!。
実習生もお腹満腹!。
そして、淡白なエゾイワナの味にも感動してくれました。

この人気の無い川、攻めてみると面白いですよ。
渓流好きの方、興味があったら挑戦してみて下さい。

ただ、熊には要注意!。
熊よけは必需品ですよ。



nobuhiro423 at 19:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 川釣り