2013年08月

2013年08月27日

天気の変

ここの所集中豪雨が各地であるんですよ。

じぶんの所もこの間凄い雨が・・・・。



なんでしょうね、この天気は。

実はこの雨の数時間前、トマム川の上流にニジマスを釣りに行っていて・・・。

その上流の山からこの雨は流れてくるんです。

その釣りをしている間、山は降ったり止んだりの雨。
そして遠くでは雷。

実際、この動画の雨は自分が釣りを納竿した1時間後のことです。

山でもう数時間ねばっていたらこの雨に当たって川も増水して・・・。
だったでしょう。
この日陸別は1時間に32ミリの雨だったそうです。
当然私の釣っていたトマム川の上流は大水が出たことでしょう。

あ〜あぶないあぶない・・・・。

nobuhiro423 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2013年08月18日

渋かったのよ・・・常呂沖

8月4日の常呂沖カレイに続き、お盆最後17日、再度、今度は常呂沖五目に。

友人と私を含め7人での朝5時出船。

IMG_0061


IMG_0062


サイドバーにも載せています常呂沖といえば「つれたか丸」。

前回の黄色の「星流丸」に続き人気船です。

IMG_0065


自分、今回は一番ミヨシ、船長室の隣りで船長とお話ししながらの釣り。

IMG_0063


今回は五目とジギング(自分だけ・・)。
ここの所、天気不安定ということもあり、陸別が風強かったことも考え
久しぶりにインナーロッドを選択しました。
ただ暫くぶりにつかうのでTOPが傷ついていないか心配だったので
ラインすり切れても良い様に古いラインが巻いてある「ダイワ600Fe」を
セットしました。
ちなみにいつものシマノは春の常呂沖(ブログアップ済み)の時に高切れしたのと
その時もラインが古かったので昨日新品ラインを巻いたばかり。
一応、春の時のシマノセットで今回は待機です(笑)。

海上は雨が降ると風が強くなったり。ただ陸からの風で波は上波が立っているだけで
それほど揺れは感じない程度・・・というかこの船、あまり揺れないんです。

インナーロッドので釣りは快適、ガイドにラインや仕掛けが巻き付くこともなく
快適そのものでした・・・・・(この時だけ)。

始めは常呂沖からのスタート70mラインから。

底から10mくらいまで反応があるとのこと。
「お〜!これは入れ食いだ!」と船の上沸き立つも・・・。
しかしながら・・・・・・、シーン・・・・。
常呂沖をグルグル移動して・・・・・、底から20mくらいまで良い反応があるとのこと。
しかし・・・・・・、シーン・・・・・。
そしてたまにポツポツ・・・・・・。

ひょっとして活性、もの凄く悪い?。

クーラーが埋まってこない・・・。

で、少ししてから船長、大きく移動。

IMG_0067


いつもは常呂沖から見ている能取岬。
それが網走から見える所まで。

そう、自分自身初の網走沖まで走ってくれました。

ここは120〜150mライン。
ここも魚探の反応よし。
所変わればなんとやら・・・・か思いきゃ。
同じ状態。

船長も時間延長してくれて・・・。
昼くらいからポチポチ、大きなホッケ、そしてFT(普通のタラ)がお目見え。
なんか少しスイッチ入ったみたい。
残念ながらGTはみることが出来ませんでした。

そんなそんな渋い常呂沖〜網走沖、途中釣果は諦めていたので
ジギングも少々。

IMG_0064
IMG_0066


クレイジーロングとヒラジグラです。
やっぱり自分はヒラジグラかな・・・・。

ヒラジグラに40くらいのシマゾイがヒットしましたが、それだけ
あとは潮に流されて餌の方とお祭りしちゃうのでそれで終了。

ま、そんなそんなで

IMG_0068


居るのに食わないもどかしさ。
食わせれないもどかしさ。
ちなみに50のクーラーです(泣)。




最後は家に戻り、使ったタックルを綺麗にお湯で流して
次回に備えます。
特にインナーロッドはガイドロッド以上に手入れしておかないと。
便利な分、洗浄やメンテをしっかりしないといけません。


IMG_0069



ま、また今度、リベしちゃいまし。

お盆、終了!。


nobuhiro423 at 09:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 海釣り 

2013年08月16日

お盆の花火

15日、お盆の花火大会と久々に娘達も含め
家族が揃ったので花火の後、食事をしました。





自分のiphoneで撮りました。

その後

IMG_0316


家族で今回の花火大会が行われた会場近くの焼肉屋「なんだ亭」で
焼肉をしました。

久々の家族団らん、お盆だな〜と感じた時でもあります。




nobuhiro423 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2013年08月12日

久々の・・・(地元の川〜常呂沖〜名も無い川)

お久しぶりのUP。

春から地元の川をウロチョロ・・・。

もちろん地元はニジ狙い。

ボチボチは釣れるものの・・・ハリきりサイズばかり・・・。
あえて写真は載せません。

そんな中8月4日、高校時代の友人と常呂沖でカレイ釣り

常呂沖といえばいつもの「つれたか丸」・・・ではなく

星流丸


こちらも人気の「星流丸」。
なかなか予約の取れない人気の船で
黄色い船です。

初乗船。一度は乗ってみたかった船です。

これで常呂沖〜能取沖に。

常呂


天気上々でしたね・・・・。
でも、やはりこの時季のカレイはちょっと渋い。

でも釣れれば型は大きい!。
枚数は30枚くらい、あえて今回も写真無し・・・・。


そんな多少消化不良の釣りが続く中、去年秋からちょっとした名も無き川の
釣りの話を聞きまして・・・・。
実際は去年その川で釣りをして魚を上げてはいたのですが、ちょっと本気で攻めたく・・・。

町内、名も無き川・・・・。自分が産まれる前には山稼ぎの人達は釣れていた川と聞いていました。

でも、その頃に山で使っていた重機から燃料が川に流れ込み魚は消滅とのこと、
実際はそうだったのかどうか、言い伝えではそう聞いています。
ただ本当の所はなにが原因で魚住まずになったのかはわかりません。

自分が小学生の頃、その川に行ってみたい・・・と言うも、その川は釣れないよ・・とのこと。

でも、最近その川に魚影が・・・、どうやら魚が住み始めたらしい・・・。
その声を聞いたのが20年前、大学生の夏休み。

それから魚が住み続けまた釣れるように。

その住んでいる魚はニジマス!。
ちなみに陸別の川の上流はオショロコマの生息域ですが、この名も無き川には
オショロコマの生息は確認されていません。
生息しているのはニジマスと川カジカだと思います。

で、仕事仲間と去年から釣ることに。そして今回。

渓流


仕事仲間の釣っている写真です。

小さい川です。で、この川の特徴は本流合流までの距離が短いこと。
そして他の陸別の川には無い、流れが緩やかであること。
そして何より細い・・・・、ルアーはちょっと無理。

あたかも網走川に注ぐ小河川のような流れ。
陸別の川として異質の流れです。
で、その中で木の根もとをえぐる深み。
その深みは木の根と深さで難攻不落。
でもそこを攻めないと魚は出ないという小河川でありながら、攻めるのが難しい
釣り人泣かせの川。

そこを攻めると・・・

ニジ


こんな立派なニジマスが!。

写真


今回は3mの振り出し竿でも餌釣りです。
ルアーはちょっと無理・・・・。
3mでも川の中に入って縦釣りをしないと無理という川の太さ。
実際にはヤマベで使う2mチョいくらいの竿が良いかも。

綺麗・・・ですが、このニジ、皆さんの見るニジとは色、形、ちょっと違うでしょう。

通常、ニジと言えば・・・

ニジマス


これは。友人が釣ってメールで送ってくれたニジですが、このニジを想像されると思います。
大きいニジで50㎝くらいあります。
立派なニジですね。

あ・・、ま、それはそれとして。

でも、私のニジは体に錆びのようなオレンジ色、そしてニジのレッドバンドは
エラまでレッドバンドが入るほど目立って、そしていかつい顔。
この30というサイズでありながら、この威圧感。
あたかも40〜50クラスのニジを思い起こさせるそうな風貌です。


釣れた場所、川・・・色々な違いはあると思いますが、
これほどに同じニジとして違う物か・・・・。

でも、自分が小学生や中学生だった頃、こんなニジが釣れていたような・・・。

でも、この川だけなんですよね・・このニジの色は

これが本流域や利別川のニジとなると友人がメールで送ってくれたニジになります。

川の色や住んでいる川の環境で、同じ魚種でも違いが出てくるのでしょうか・・・。

でも、30とはいえ、このニジも美しい〜。

そして今日(12日)、一度アップしたことのあるトマム川上流で。

写真はありませんが、35〜上のクラスのニジ、ヒット!。
今回はスピナーで。

でもジャンプ2発、すっかりとフックアウト!。惜しかった・・・・。

そんな近況でした。

次は17日、常呂沖で船五目&タラジギ、予定です。
船がダメであれば、カラフト・・・やっちゃうよ〜。


nobuhiro423 at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 川釣り