河合信和の人類学のブログ

 科学ジャーナリスト、河合信和の公式ブログ。人類学、先史考古学関連のニュースなどを随時掲載の予定。

ラオス北部からデニーソヴァ人少女の大臼歯発見、アジアで3例目、南アジアでは初

 謎の人類の第3の化石、しかも南アジアで最初の化石が、このほどラオス北部の洞窟(写真)から見つかった。イリノイ大学のローラ・シャックルフォードらの国際的研究チームが『ネイチャー・コミュニケーション』5月17日号で報告した。

◎年代は16.4~13.1万年前
 見つかったのはヒトの大臼歯で(写真)、巨大だが、歯根が未発達なことから子どものものと考えられた。しかもY染色体と関係する特定のペプチドをエナメル質に欠いていたことから、女性と分かった。
 少女の大臼歯は、洞窟の多くの動物骨の集積場所に混じっていた。ヤマアラシが持ち込んだものと見られ、ヒトの他の骨は見つかっていない。
 骨の年代は、16.4~13.1万年前と推定された。
 この年代となるとホモ・エレクトスが考えられるが、歯の形はもっと複雑で、むしろネアンデルタール人の歯と似ていた。

◎チベットのデニーソヴァ人下顎骨の大臼歯と酷似が決め手
 そこで思い出されたのは、1980年にチベット高原の白石崖溶洞で発見され、2019年に発表されたデニーソヴァ人下顎骨である。見つかった少女の大臼歯は、この歯とそっくりだった。
 チームは、アジアで3例目のデニーソヴァ人化石と結論づけた。
 ちなみにデニーソヴァ人が南アジア周辺にも分布していたらしいことは、太平洋諸島からオーストラリア先住民までの現代人DNAにデニーソヴァ人遺伝子がほんのわずかに含まれていることから推定されていた。少女の大臼歯の発見は、化石からそのことを裏付けた。

歯はラオスのこの場所で発見


ラオスの大臼歯

鎖骨の成長を出生前に一時的に減速させ、難産を緩和

 進化したヒトは、大きな脳を持ち、また直立化したことで広い肩幅を持つようになった。
 大きな脳は、石器製作などの文化を洗練化させ、大きな肩幅は投げ槍を遠くまで投擲できるなどサバンナでの狩猟が容易になった。いずれも、ヒトの生存にとって有利である。
 しかし産道を通過する際に、難産の原因となり、進化的には不利であった。胎児の産道をスムーズに通すために、人類は胎児段階ではできるだけ脳を未発達にして、出産後に脳成長の加速を実現させ、脳の大型化を達成させた。また頭蓋も、幼児に見られるように軟骨状態で、産道に負担をかけないようにしている。
 しかし肩は、どうしているか。肩幅を決めるのは鎖骨の成長速度だが、京都大の森本直記准教授(自然人類学)らのチームは、出産が近くなると胎児の肩の成長速度が一時的に減少し、出産後には加速に転じることが分かった、と11日、アメリカ科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。母親の産道を通りやすくするためのヒト独自の進化とみられるという。
 チームは胎児から成人までの81人分の骨格をコンピューター断層撮影装置(CT)で測定し、鎖骨の成長速度を分析した。
 ヒトと同様の成長パターンはチンパンジーなどでは見られないといい、チームは「肩にこそヒトのユニークさが表れているとも言える」としている。
 それでもなお出産時の負担のあり、肩が原因の難産は全体の数%を占めているという。

エチオピアの早期ホモ・サピエンスのオモの年代を確定

 東アフリカで発見されている最も現代人的な形態の早期ホモ・サピエンスは、エチオピアのオモ・キビシュのオモ1号、同ヘルトのもので、年代はそれぞれ約19.7万年前、約16万~15.5万年前とされている。
 しかしモロッコのジェベル・イルードの早期ホモ・サピエンスの年代が約35万年前とされるなど、現在ではホモ・サピエンスは、オモやヘルトよりも古くから存在したと考えられていて、異論がある。
 今回、ケンブリッジのセリーヌ・ヴァイダル博士(自然地理学講師)らは、オモ1号化石が出土した堆積層のすぐ上の地層を、エチオピアの火山噴火で放出された物質と相関させることで、年代の見直しを行った。その結果、オモの化石の年代は少なくとも23.3万±2.2年前であることが示された。
 一方、ヘルト頭蓋の最古のホモ・サピエンス化石が発見されたオモ・キビシュ層年代は、他の広域火山灰層との対比がうまくいかず、その下限年代を確定させることができなかった。
 写真は、オモ1号の発見されたオモ・キビシュ層。

ダチョウの卵殻製ビーズによるアフリカ東部と南部の文化交流

 アフリカの早期ホモ・サピエンスは、硬いダチョウの卵殻を容器やビーズ装身具に利用していた。

◎最初に東アフリカに出現し、その後南部アフリカに伝播
 最初のダチョウの卵殻製ビーズ技術は5.2万年前頃、まず東アフリカで始まり、その後、4.2万年前頃に南部アフリカに広がった。
 ドイツ、マックスプランク人類史学研究所のジェニファー・M・ミラー博士らの研究グループは、東アフリカ、南部アフリカのダチョウ卵殻製ビーズを研究し、その成果をイギリスの科学誌『ネイチャー』2022年1月13日号に発表した()。
 ダチョウ卵殻製ビーズは、一般に小型・円形で、中央に穴が空けられている。これに革紐などを通して装身具に使ったと思われる。
 東アフリカ、南部アフリカでも本体と穴の直径はほぼ一定で、ほとんど経時的変化は見られない。こうしたビーズの製作は、約5万~3.3万年前に地域的集団の連絡を介して南方へと広がった。

◎気候変動が東部と南部の交流を途絶えさせた
 南部アフリカのビーズは東アフリカのものより多様で、最初は東アフリカと同様にかなり大きかったが、時間とともに小型化した。
 その後、東部と南部のつながりは散発的になり、南部アフリカのビーズは3.3万年前以降に消滅したようだ。
 これはザンベジ川流域地方の気候条件の悪化が原因であった可能性があり、この地域の集団は2000年前以降に鉄器時代牧畜民が南部アフリカに移動するまで隔離されたままだった。そして南部アフリカの新しいビーズは、サイズが著しく小型化しており、本体も穴も直径が小さくなっていた。
 今回の研究は、アフリカの地域集団の相互作用の時期と場所を考察する上で、気候変動が重要な役目を果たしたことを示唆している。

ダチョウの卵殻ビーズ

28年の生涯を氷河期のアラスカで地球2周分近くも遊動したケナガマンモス

 氷河期の極北アラスカで遊動生活を送っていたケナガマンモス(Mammuthus primigenius)の足跡が、牙に含まれるストロンチウム同位体比履歴の分析から分かった。分析されたその雄個体は、28年間の生涯でアラスカ全域の広い範囲を遊動していて、その総距離は地球2周分近くにも達していた。

◎幼体から老齢期までの生涯を追う
 アラスカ大学フェアバンクス校のマシュー・ウーラー教授ら国際研究チームが、アメリカの科学誌『サイエンス』8月13日号で報告した(写真=報告が掲載された『サイエンス』誌)。
 現生のアジアゾウやアフリカゾウの生態からも、氷河期のケナガマンモスも食物を求めて広範囲を遊動していたことは推測できるが、それを幼体の頃から老齢期に至るまで追跡できたのは、その手法と共に画期的と言える。

◎年齢と共に伸長した牙を同位体分析
 ウーラー氏らは、1万7100年前頃の雄個体の長さ1.7メートルの牙を調べた。その牙を縦方向にスライスし、レーザーなどを使って成長過程を追える約40万個の顕微鏡検体を得た。それらの検体を、ストロンチウムと酸素の同位体分析を行った。こうして牙には、年齢にそっての微小な違いの同位体「指紋」が得られた。
 ケナガマンモスの牙は、彼らが生涯に食べた草から生成されるが、食草にはその土地の微妙な元素分布差が反映されている。

◎ジネズミのストロンチウム同位体比をマップに行動履歴を復元
 それを予め作っておいた同位体マップと対照させた。同位体マップは、アラスカ全域で収集された数百点のジネズミのストロンチウム同位体比(87Sr/86Sr)だった。そのストロンチウム同位体比は、彼らの住む土地に含まれる微量元素ストロンチウムの同位体比と一致す一致する。したがってこれは、ケナガマンモス個体の牙のストロンチウム同位体比履歴と対照できる。
 巧妙な手法で、既に滅んだケナガマンモスの生涯にわたる行動履歴が復元できたのだ()。


science.abg1134-f2リサイズ

science.2021.373.issue-6556.largecoverリサイズ






記事検索
プロフィール

nobukazukawai

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ