子安宣邦のブログ -思想史の仕事場からのメッセージ-

■津田・国民思想論・2                

神代史はわが民族の成立史ではない         子安宣邦          

 

「我々の祖先は纏まった一国民としての生活を始めない前、随分長い年月の間、民族としての生活を経過して来たのである。」

    津田左右吉『我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』「序説」

 

1 まず「民族」があった

 津田は『文学に現はれたる我が国民思想の研究』の「序説」は、「我々の民族」の存立をいうことから始めていた。この民族の存立が知られるようになったのは、そう古いことではない。前一世紀の頃、中国の漢代の文献に「倭」「倭人」として出てくるのがそれである。津田はこれらを「我々の民族」の存立が世界に知られるようになった最初のことがとするのである。だがこの民族自体はそれ以前に「何時からということが()るで判らなくなっているほど古い時代から」この列島に生活していたのだと津田はいう。彼は「記紀の神代史は、普通に考えられているように民族の起源や由来などを説いたものではない」とことわった上で、こういっている。

「さて此の民族全体が国民として統一せられたのはずっと後のことで、確かには判らないが大てい所謂四世紀の初め頃、即ちシナの晋代に当る時分であろうから、我々の祖先は纏まった国民としての生活を始めない前、随分長い年月の間、民族としての生活を経過して来たのである。」[1]

 ここには私の議論の主題にかかわるいくつかの重要なことがいわれている。民族とはやがて四世紀の初め頃とされている時期に国家の国民として統合される列島の住民たちだということである。津田はこの四世紀の初めの時期を「我が民族の政治的統一が完成せられた時期」といい、また「民族がある時期に於いて我が皇室の下に統一せられた」といったりしていることからすれば、その時期の大和朝廷を構成していく権力による国家的統一と国民的(民族的)統合がいわれているとみなされる。だがこれを日本(やまと)国家と国民の成立と津田はいわない。彼はただ「民族の政治的統一」といい、「皇室の下に統一せられた」という。ここには近代国家日本がそれを〈神話化〉することによって歴史学的議論を遮断していった天皇的国家の起源をめぐる問題がある。われわれが津田の大正5年(1916)の記述から読めることは、まず「我が民族の政治的統一が完成せられた時期」すなわち四世紀の初め頃、大和地方に筑紫地方の勢力をも支配し、統合した強大な政治権力をもった統一的国家が成立したということである。そして津田がその時期を曖昧にしながらも、その統一が「皇室の下」での統一であるということからすれば、この成立がいわれる統一的国家とは天皇的国家(皇室国家)であったことを知るのである。この記述には重大な、津田の思想的、思想史的営為の核心的問題が孕まれている。

 津田は「斯ういう民族が或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」と、すでに諸地方に集団をなして存在していた民族がある時期に大和の朝廷的権力によって国民的に統合されたことをいうのである。このことは津田のわが民族と国家をめぐる言説は、危険に満ちたきわめて際どいものであったことを意味している。それとともに天皇的国家(皇室的国家)の国民であることに先立つ、その由来の知られぬ「民族」の存在を津田はいうが、一体この「民族」とは何なのかといった疑問が私に生じる。「国民」であることに先立つ「民族」とは何なのか。津田はこの列島にやがて「国民」となる人種的な、あるいは文化的、習俗的などなどの同一性をもった人間集団が存在することを認めているのだろうか。それともやがて「倭人」と称される日本人種の存在を、津田はあいまいに「民族」といっているだけなのだろうか。

 

2 「国民」に先立つ「民族」

 津田は『我が国民思想の研究』で「民族」の語をしきりに使いながら、「民族」とは何かを定義してはいない。津田が「民族」概念をはっきりと定義するのは昭和17年(1942)、「出版法違反事件」控訴審に際して提出された「上申書」[2]においてだとみなされる。この「上申書」の「(一)上代史の概念の変遷」で津田はまず「上代史」を定義している。「ここに上代史と申しますのは、昔から今まで続いている一つの歴史の初期をいうのでありますが、歴史というのは人間の集団生活の閲歴でありまして、この場合に集団生活というのは、一つの民族または一つの国民としてのを指すのが、普通の例であります。」津田がここでしている「上代史」の定義、すなわち日本という「一つの歴史」における初期の段階をいうのだという当然ともいえる定義はきわめて重要である。津田によるこの「上代史」の提示は、『記紀』による「神代史」をわが歴史の初期の段階としては見ないことと相関するものだからである。こう考えれば「上代史」という歴史的概念の津田による明確な提示自体が「出版法違反」事件の核をなす問題だということが理解されるだろう。津田は歴史とは民族もしくは国民の生活の閲歴であるという。したがってわが上代史とは、やがてわが国民となる民族の初期段階における生活の閲歴だということになる。ここで津田ははじめて「民族」の概念を規定するのである。

「また民族と申しますのは、同じ人種に属する民衆が一定の区域の土地を占拠し、長い年月の間、共同の生活をして来た場合に、即ち生活の閲歴が同じである場合に、その年月の経過と共に漸次に、また自然に、形づくられて来た集団というのであります。その集団に属するものは、体質が同じであるのみならず、言語・宗教・生業の状態・風俗・習慣、などが同じであり、従って共通の生活感情・生活意欲をもっているのでありますから、一くちに申しますと、一つの文化のうちに生活しているのであります。」

 津田がここで定義している「民族」とは、昭和の知識社会に「ネイション」の翻訳的対応語として成立してくる「民族」という概念である。それは近代国民国家(ネイション・ステート)が自らの実体的基盤として要請する「国民」をなす概念である。間違いなくそれは近代国民=民族国家の概念である。わが上代史の早い時期からその生活の閲歴をこの列島上に記してきた列島住民がこの「民族(ネイション)」であるとはいえない。それゆえ上田正昭は上代史に、しかもその早い段階からこの「民族」の存立をいう津田の誤りを厳しく指摘するのである。

「博士の場合には近代以前すでに「民族」があり、更に「国民」以前に「民族」があったということになっている。近代以前の全歴史過程の中で積み重ねられてきた民族を形成する要素は、博士の場合には、五世紀以前すでに形づくられてきたということになるわけである。」

 さらに上田は津田の「民族」観に立てば日本古代に「民族国家=国民国家」の成立を認めることになるといい、そのことから生じる疑問をこうのべている。「しかるに博士の場合には、民族国家=国民国家の成立は、近代にあるのではなく、古代前期にあるという学説となる。言語、地域、文化(特に民族心理)の共通性が近代以前にあったとしても、経済生活の共通性がいわれるように存在したか、甚だ疑わしいし、事実文化の共通性そのものがその当時にあったかどうか、頗る疑問である。」[3]

 津田の「民族」概念をめぐる上田の批判や疑問は、昭和17年の津田が「上申書」で定義している「民族」概念が大正期の津田のものでもあるとすれば、上田の批判する通りだろう。だが大正期の津田が「上申書」でいうような「民族」概念をすでに構成していたとは思われない。『我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』(大正5年)を書いた当時の津田は「民族」の語を用いても、それはせいぜい人種的、言語的、生活感情的同一性をもった列島の主要住民である倭人(日本人)を「我が民族」といっているにすぎない。ではなぜ「上申書」の「民族」概念があるのだろうか。それは昭和10年代の津田自身によって再構成されたものではないのか。

 昭和14年(1939)の年末、東大法学部に出講中の津田は教室で右翼国粋主義者による集中攻撃を受ける。箕田胸喜らは『原理日本』で津田の学説を非難し、12月に津田を不敬罪で告発する。15年1月、津田は早大教授を辞職する。同年2月に『古事記及び日本書紀の新研究』(1919)、『神代史の研究』(1824)、『古事記及日本書紀の研究』(1924)、『日本上代史研究』(1930)、『上代日本の社会及び思想』(1933)が発売禁止の処分を受ける。同年3月に津田と岩波書店の岩波茂雄が出版法違反の罪名で起訴される。あの「上申書」における「民族」概念の定義あるいは再定義は、昭和10年代の津田をめぐるこうした政治・司法的事態の経過のなかでなされたものである。とすればわれわれがあの「上申書」に学説的正当性についての学術的釈明以上のものを見るのは当然だといえるだろう。私はこの「上申書」における「民族」概念を全体主義的昭和の大戦前夜というべき時期において修正され、構成し直されたものだと見るのである。

 問題とされる事柄は『我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』の「序説」で、「斯ういう民族が或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」という文章にかかわる問題である。「斯ういう民族」が「皇室の下に統一」されて「国民」になるまでに長い生活過程を列島上で経過してきたといっているのである。この「民族」という列島住民が「国民」になった時とは、「国家」の成立の時ではないのか。津田はこれを「皇室の下に統一」せられたといい、天皇的国家(皇室国家)の成立をいうことは決してしない。津田は、戦後のわれわれには当たり前である古代史、すなわち古代列島上にまずあったのは列島住民とその生活であり、国家ではないことをいおうとしているのだろうか。「斯ういう民族が或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」という津田の言葉は、神話的起源を背負った明治の国民国家の成立に逆らう日本古代史像の提示であるように私には思われる。しかも津田が「斯ういう民族」とは、自ら「国民」となりうるような自覚も、資質もなく、ただ生活を楽しむだけの消極的な住民にすぎないのである。津田は上代民族の宗教心などをのべながら、「陰暗な宗教心は底の方に存在しているものの、快活な日常生活はそれがためにひどく調子を乱されるようなことが無く、凡ての国民は概して楽観的な気分を有っていたのである」といっている。さらに津田はこの楽観性の半面である低調で、微温的で、消極的な上代民族のネガティブな思想・気風を執拗ともいえる書き方で記していく。

「しかし楽観的な快活な気分が養われた代わりに、安易な生活をするものの常として、得難いものを得ようとする希求の念が弱く、従って強い意志が無く、奮勉努力の精神、冒険的の気象、などに養われなかった、満足はしつつも人生其のものに対して深い執着が無く、飽くまでも人生の歓楽を領略しようとする情熱に乏しい、我を忘れて踊り狂う調子も無い、すべてが軽快で、うわすべりがしていて、低調で、微温的である。争闘と苦痛と不安との間から生まれる反省沈思の念はいうまでも無く生じない。それが我が上代人の有っていた楽観思想の半面である。」[4]

 あたかも眼前にする自国民同胞の意気地の無い気風を慨嘆するかのような大正5年の津田による〈わが上代民族〉についての否定的叙述はわれわれを驚かせる。彼はこの列島における国民に先立つ民族の存立をいいながら、その民族をほとんど否定的にしか叙述していない。とすると民族が歴史的に国民に先立つことをいう津田の言説とは何を意味するものなのか。この問いに答える前に、〈わが上代民族〉に津田が与える否定的叙述をもう一つ引いておきたい。

「外部の関係からいうと、異民族に対する競争に刺激せられて我々の民族が政治的に統一せられるというような事情はまず無かったといってよかろう。政治的にはいうまでもなく、経済的にも異民族に対する実際の交渉が極めて少ないから、それがために民族全体を興奮させるような問題が起らない。従って異民族に対する民族的自覚も起らず、強い民族神は生まれない。宗教としても異民族に対して我々の民族生活を保護する国民的の神が発生しない。従って祭礼などにも全民族を通じて行われるものは無い。」「商業が進歩しないために市府も起らず、戦争が少ないために城郭も発達しないので、民衆の間に公共生活の習慣が養われず、従って公共精神が発達しなかった。地方の小君主も其の領土の農民から租税を徴収するだけのもので、それ以上に君主と農民との関係も無かったのであろう。さて更に大きい公共生活、即ち民族全体として統一せられた生活が無く民族精神が発達しなかったことは、既に前に述べたところである。」

 異民族との抗争的な関係に立つことのなかった〈わが上代民族〉における民族の統一性と民族精神の欠如をいうこの津田の文章を読むと、前回に引いた山路愛山が明治36年にいう「余は如何にして帝国主義者たるか」の言説を思わざるをえない。〈国民的結集の手段としての帝国主義〉をいう愛山と同質の民族主義(ナショナリズム)が津田に〈わが上代民族〉における「民族的統一性」と「民族精神」の欠如を歎かせているように私には思われるのである。

 大正5年の『我が国民思想の研究』の「序説」における〈わが上代民族〉をめぐる叙述をここまで辿ってきてやっと私は津田の「民族」概念をめぐる最初の問題に立ちもどることができる。昭和17年の「上申書」における「民族」概念の再構成の問題である。

 

3 「民族国家」概念の読み入れ

 津田は「出版法違反」事件の控訴審「上申書」で「民族」概念をはっきりと定義した。そこに明らかにされた「民族」とは近代国民国家の「民族(ネイション)」概念であった。前に触れたように上田正昭は津田の「民族」概念を近代国民国家=民族国家のものであることを指摘しながら、この概念をもって古代国家の成立をいう間違いをいっている。すなわち「しかるに博士の場合には、民族国家=国民国家の成立は、近代にあるのではなくて、古代国家にあるという学説になる」と。この上田の指摘に対して私は、津田の「上申書」における「民族」概念は大正期の津田のものではなく、昭和10年代の津田によって修正的に再定義されたものだといった。この再定義を通じて津田はわが古代国家の成立を〈わが民族国家〉の成立としてとらえ直したのである。それは古代国家の成立をあたかも近代民族国家の成立と見る歴史観の間違いではなく、日本における国家の成立を日本民族国家の成立として見るのが津田の歴史観であるのだ。だから「上申書」における「民族」概念の再定義とは、日本古代国家の成立を日本民族国家の成立として再定義し、再構成していくことでもあるのである。

 津田は戦時期における「出版法違反」事件を思想弾圧事件とする見方を戦後に否定している。戦後昭和27年に津田は取材した大久保利謙に、自分が官憲の弾圧を受けたようにいうのは誤解であるといっている。「あの事件は今日、はなはだ誤解されている。世間でいうような官憲の弾圧を受けたではなかった。裁判所では学問の性質と研究法と、問題とせられたことがらについて、できるだけていねいに説明したので、自分としては教師が学生に説明するような気持ちでいた。」[5]だから津田は「上申書」における「民族」概念の再定義も事件が余儀なくさせた自説の修正とはみなしていない。だが津田の主観的意識においてこの事件が思想弾圧事件ではなく、自説の修正を余儀なくされることはなかったとしても、大正の津田の上代史は新たな「民族」概念をもって、あるいは「民族国家」観をもって書き換えられたのである。彼は近代の「国民国家=民族国家」概念をわが古代国家創成過程に読み入れる形で書き換えたのである。

 津田のこの書き換えは、その書名から「我が」を削った『国民思想の研究』の改訂[6]としてなされていった。もっとも大きく書き換えられたのは、第一巻のわれわれがいま問題にしている「序説・第一章 上代国民生活の瞥見」である。この戦後改訂版「序説」には、戦前初版「序説」に見る〈わが上代民族〉のきわめてネガティブな思想・気風の叙述はない。さらにこのネガティブな生活態度をもつ民族(斯ういう民族)が「或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」という大和朝廷的国家とその国民の弱々しい成立をめぐる叙述もない。その代わりに皇室による統一的民族国家の安定的な成立が語られていくのである。津田は「ただ始めてわれわれの知識に入って来る時代に於いてこの群島に占拠していたわれわれの祖先は、遠い昔からの歴史の結果として、言語風俗習慣を同じくする一つの民族として成り立っていて、民族としてのその生活が全く安定していた」と種族的同一性をもった民族の列島における存在をいった上で、この民族をその権威の下に収めた大和朝廷的国家の成立をいうのである。戦後改訂版における大和朝廷的国家の成立についての「民族国家」概念の読み入れ的修正を注意深く読んでいただきたい。

「こういうわれわれの民族が遠い昔に於いて政治的に如何なる状態にあったかは確かに知るよしも無いが、前一世紀のころに於いては、それぞれに君主を戴く多くの小国家が形づくられていたことは判るので、それはその時代よりもかなり前からの状態が継承せられていたものであろう。この多くの小国家のうちの、今の大和の地域を中心とする一国が、次第にその他の多くの小国家を服属させ、漸次その勢力を大きくさせていって、終に全民族をその権威の下に収めたのが、統一国家の形成であって、その大和の君主の家が統一国家の首長としての皇室となられたのである。国家の統一は民族の内部に発生した事件であり、皇室は民族内部に於ける存在であるので、ここに国民と民族とは同義語として用い得られる民族国家としてのわれわれの国家の特性がある。」[7]

 「斯ういう民族が或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」という大正5年の『我が国民思想の研究』の言葉がもつ、先立つ「民族」と遅れて成立する「皇室国家」という時間的先後の関係性、しかも内的な結びつきを欠いた両者の関係性をめぐる印象は、「国家の統一は民族の内部に発生した事件であり、皇室は民族内部に於ける存在である」ことをいうことで除き去ることができたようにみえる。津田自身もここに「皇室的民族国家日本」の成立は明確にされたと信じたであろう。だがはたしてそうか。津田による「民族」と「民族国家」概念の上代史への読み入れは、「民族」を「国家・国民」に先立てる津田の上代史観を改めさせたのか。

 

4 「国史」は「神代史」をもつ

 津田の〈わが上代史〉は〈わが民族〉を〈わが国家・国民〉に先立てる。列島上にまず見出されるのは〈わが民族〉とその生活である。〈われわれ日本人〉が〈われわれ日本国民〉あるいは〈わが日本国家〉に先立つのである。近代の「民族国家」概念によって「民族」概念を再構成し、それをもって書き換えた改訂版『国民思想の研究』の上代史の記述においてもそのことに変わりはない。「皇室的民族国家」の成立をいう上に引いた文章でも、まず「民族」があり、その中に「皇室」もまたあるというように「民族」に与えられた列島における優先性に変わりはない。「我々の祖先は纏まった一国民としての生活を始めない前、随分長い年月の間、民族としての生活を経過して来たのである」という大正の津田上代史が発するメッセージは、基本的に昭和の津田上代史の発するメッセージでもあるのだ。「民族」が「国民・国家」よりも先にあるという津田上代史の発するメッセージは何を意味するものなのか。

 われわれは長く「国史」という国家的歴史学の支配の中にあった。いま私は過去形でいったが、たしかに「国史」は学問・教育制度としてはてほぼ終わりを告げたようである。だが「国史」というイデオロギーは終熄したわけでは決してない。それはなお現在の安倍政権を支配しつづけているのである。現政権ももちつづける「国史」というイデオロギーとは何なのか。

「国史」は国家の創成から語り始める。国家の創成を最初に書き記していったのは『古事記』『日本書紀』である。「国史」は『記紀』によらずして国家の創成を語ることはできない。もちろん『記紀』が記るすのは、津田の用語をもっていえばこの「皇室」国家日本の創成の物語である。だが『日本書紀』はこの国家創成の時代を「神代」とし、『古事記』も「神の世」(上巻)として「人の世」(中・下巻)と区別した。『記紀』が伝えるのは神々による国家・国土創成の物語、すなわち「国家創成神話」である。これは史実ではない。だが「国史」は『記紀』を措いてわが国家の創成を語ることはできない。津田と同時代の東大国史学科の教授であった黒板勝美[8]は『国史の研究』で持って回ったいい方ながら神代史がなお重要な意義をもつことをいっている。

「神武天皇以後に於いてのみ史的事象が抜き出されるならば、或は神代と人皇の御代とに、史前時代と有史時代との分界を発見し得るかも知れないけれど、神話伝説の研究が次第に進んで来た今日に於いても、寧ろこれを否定するに傾かざるを得ないのである。而かもこれらの神話伝説の中から、もし我が肇国に関する事柄を朧気ながらも之を知ることが出来るならば、我々は国史の出発点を所謂神代まで溯らしめ得るのであって、神代史の研究がまた重要なる意義を占むることになるであらう。」[9]

 かくて「神代史」は「国史」の時代区分における最初の時代となる。「我が国の如何にして肇造せられたかを考察するとき、この神代の研究は意義を有するのみならず、国民思想の淵源するところまた遠くこの時代に溯るべきが故に国史の発端として先づここに一時代とする。」[10]すでに「神代史」を「国史」の発端とする黒板に天照大神についての次のような言葉が当然あることになる。「古来皇室に於かせられて御祖先たる神として歴朝特に崇敬を加へ奉祀したまふ天照大神こそ肇国の御方であらせられ、ここに国史を始むべきではあるまいか。」[11]国体論的イデオロギーを振りかざすことのない黒板国史学も「皇室国家」の「国史」であるかぎり、「皇室」の祖先神天照大神を「国史」の始めとするのである。「国史」は歴史の始まりにまず天照大神があるとするのである。黒板のこの『更訂国史の研究』は戦後昭和22年に第十二刷目が版行されている。「神代史」を「皇室国家」創成の時代としてもつ『国史の研究』は、戦後世界になお流通する史学的著述であったのだ。

 

5 「民族」をいう始まり

 大正5年(1916)の津田は『文学に現はれたる我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』の「序説・第一章 上代国民生活の瞥見」の最初の一行を「東海の波の上に我々の民族が住んでいる」と書き始めた。「東海の波の上に我々の民族が住んでいるということのやや広く世界に知られたのは割合に新しい時代のことであって、文献に見える限りでは普通に前一世紀といわれる時代、即ちシナの漢代が始めである。」この「民族」をいうことから始まる津田の『我が国民思想』の記述は、私の思想史講座の二回の主題をなすほどに解き難い問題を私に与えた。

 まず私は日本における「民族」概念の成立の問題から考えていった。私は社会的言説を構成するような「民族」概念の成立は、明治30年代の日露戦争をはさんだ時期であろうと推定した。それは日本が帝国主義的国家として成立する時期である。したがってこの「民族」という語には帝国主義時代日本のナショナリズムが染みこんでいる。津田のいう「民族」もまたこのナショナリズムを免れない。だがこの「民族」概念をめぐる私の最初の考察は、津田が「民族」をいう20世紀日本の言説状況を明らかにしても、津田上代史の言説がなぜ「民族」を「国民」に先立てていうのかを明らかにはしない。それは津田が『我が国民思想』で「斯ういう民族が或る時期に於いて我が皇室の下に統一せられたのである」という言葉が投げかける問題である。私は今回、もっぱらこの言葉が投じる問題をめぐって考えてきたのである。

 津田がいう「民族」とは日本人としての同一性を長い時間経過の中で備えていった〈日本人という種族〉である。その「民族」が先にあり、それが後に〈皇室的国家〉に統合されて「国民」になると津田はいっているのである。これは明治維新による近代天皇制的国民国家・国民の成立の話としては通用しても、古代の創成期日本の話としては通用しない。あるいは津田は近代の天皇制的国民国家の創設過程を古代の皇室的国民国家の創設過程に投影したのかもしれない。これはかりそめの推定ではない。あの「上申書」における近代民族=国民国家の「民族」概念の津田による再構成を見れば、それはありうる推定である。だがそれをありうる推定だとしても、東海の列島上の古代において「民族」が「国家・国民」の先にあることをいう津田上代史の言説は歴史的にも政治的にもきわめて危ういものである。それゆえ昭和戦時期の司法事件の過程で津田は上代史における「民族・国家・国民」の成立を近代の民族=国民国家観をもって語り直そうとしたのである。だがこの民族=国民国家観をもって戦後更訂された『国民思想の研究』を見ても、津田上代史における「民族」の優先性には変わりはないのである。「まず民族がある」とは彼の歴史観の根底をなす思想であるように思われる。それを民族主義といえば、この民族主義とは何かを明かにすることが津田論の課題であるだろう。

 「まず民族がある」とは何に対して主張されるのか。それはすでに見たように近代日本のアカデミズムに形成される「国史」という近代日本国家の正統的歴史言説に対してである。「国家」の創成を語り始めとする「国史」は日本の国家創成神話からなる『記紀』の「神代史」を「国史」黎明の時代史としてもつことになる。「国家」の創成から語り始める「国史」は「神代史」を不可避とする。津田はこの「神代史」を「作り物語」とするのである。この津田の「神代史」観をめぐってはすでに私は論じているが[12]、もう一度ここで振りかえって見ておきたい。

 津田はいう、「神代史は其の間にいくらか歴史的事実の反映が含まれているにしても、其の全体の結構が空想から成り立っているのである云々」「さて、神代の巻が作り物語であるとすると、其の作られた時代が問題になる云々」と。では「神代史」が作られた物語だとするなら、それはいつ、だれによって、どのような理由から作られたと津田はいうのか。「シナの学問が入って来て、皇室の周囲にいる貴族の智識が特殊の進歩をした。政治上の必要から皇室の由来を説くために神代史の作られることになったのは、恰も此の時であったのである。そこで、宮廷にいる神代史の作者は祖先神の観念を基礎とし、いくらか祖先の行為の伝説を材料として、其の神の時代、即ち神代を作り、そこに皇祖神と諸家の祖先神とを活動させた。」[13]

 『記紀』の「神代史」が仮構の産物であることは二重の意味でいわれている。それが宮廷貴族・官人による作り物語であることによって。さらにその物語を構成し、表記する言語文字・観念思想が中国からの借り物であることによって。かくて『記紀』の「神代史」には「我々の民族」の痕跡はないとされるのである。「記紀の上代の物語は我々の民族の上代史では無い。もっと一般的にいうと、記紀は民族の起源や由来を説いたものでは無い、ということがわかるのである。」[14]

 かくて津田は〈わが上代史〉を「我々の民族」の存立から始めるのである。「民族」を歴史的に「国家・国民」に先立てていう津田の歴史的言説の立場を私は「もう一つの民族主義」というのである。



[1] 津田『文学に現はれたる我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』「序説」『津田左右吉全集』別巻第二、岩波文庫版(一)。津田の著述からの引用にあたっては漢字、かな遣いを当用のものに改めている。また「支那」は「シナ」に改めた。

[2] 「上申書(昭和十七年、控訴院に提出)」『津田全集』第24巻所収。

[3] 上田正昭「津田史学の本質と課題」、上田編『人と思想・津田左右吉』所収、三一書房、1974。

[4] 津田『文学に現はれたる我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』「序論・第一章 上代国民思想の瞥見」大正5年初版本。全集・別巻二。

[5] 大久保利謙「津田左右吉《明治ナショナリズムの残映》」上田編『人と思想・津田左右吉』所収。

[6] 戦後改訂版『国民思想の研究』の第一巻「貴族文学の時代」は昭和26年(1951)6月に、第二巻「武士文学の時代」は昭和28年1月に、第三巻「平民文学の時代 上」は同年10月に、第四巻「平民文学の時代 中」は昭和30年1月に出版された。第五巻「平民文学の時代 下」は刊行されなかった。津田は昭和36年(1961)に死去する。89歳であった。

[7] 津田『文学に現はれたる国民思想の研究 一』「序論・第一章 上代国民生活の瞥見」、『津田全集』第四巻。引用文中の傍点は子安。津田

[8] 黒板勝美は明治7年(1874)生、昭和21年(1946)没。東京帝国大学教授(大正8年〜昭和10年)。専門は日本古代史、日本古文書学。古文書学、史料編纂上の業績が評価されている。著書『国史の研究』は初め文会堂書店から明治41年(1908)に出版された。その全面的な書き直しからなる『更訂国史の研究』全三巻が岩波書店から昭和6年〜11年に刊行された。この『更訂国史の研究』は戦後22、3年に再版された。私のもつ第一巻「総説」の後付けには「昭和二十二年十一月二十日 第十二刷発行」とある。戦後にも流通した「国史概説」であった。

[9] 黒板『更訂国史の研究』各説 上・第一章 神代。

[10] 黒板『更訂国史の研究』総説・第四章 時代史と特別史。

[11] 黒板『更訂国史の研究』総説・第五章 国史の範囲。

[12] 子安「「神代史」は「作り物語」であるー津田左右吉『神代史の研究』を読む」『「大正」を読み直す』所収、藤原書店、2016。

[13] 津田『神代史の新しい研究』大正2・1913年。『津田全集』別巻第一。

[14] 津田『古事記及び日本書紀の新研究』大正8・1919年。『津田全集』別巻第一。

「思想史講座」のお知らせー11月のご案内         子安宣邦

*思想史講座
「未完のナショナリズムー津田『我が国民思想の研究』を読む」  
*だれでも。いつからでも聴講できる思想史講座です。

*「未完のナショナリズム」というタイトルで始めました。この講座では津田左右吉の『文学に現はれたる我が国民思想の研究』をテキストとして読むというよりは、この書を課題として立てることによって見出されてくる問題を論じていくこと考えています。第1回は津田の書が「我々の民族」をいうことから始まっている、この始まり方と「民族」概念を問題にしましたが、第2回は、記紀「神代史」は「わが民族」の成立を伝えるものではないとする津田の上代史観をめぐって考えます。




大阪教室:懐徳堂研究会(ご注意:11月は会場の都合で18日金曜日夕刻開催になります)

 11月18日(金)・16時〜18時
 津田『国民思想』論・2:神代史はわが民族の成立史ではない

 会場:梅田アプローズタワー・14階1404会議室

 


東京教室:昭和思想史研究会

 11月12日(土)・13時〜16時
 津田「国民思想」論・2:神代史はわが民族の成立史ではない
 
 会場:会場:早稲田大学14号館1054教室

  

*参考文献:津田左右吉『文学に現はれたる我が国民思想の研究ー貴族文学の時代』「序説  第一章 上代国民生活の瞥見」、『神代史の研究』『古事記及び日本書紀の研究』総論。「上申書」(出版法違反事件、全集24巻)。

論語塾―伊藤仁斎とともに『論語』を読む

『論語』はどこからでも新しく読むことができます。
 途中からでも自由にご参会ください。
 私の『論語古義』の解読作業も最終段階に入っております。『論語古義』の読み終えを共にしませんか
『論語』とともに、伊藤仁斎の『童子問』を読みます。
『童子問』は日本近世最高の思想書とみなされる仁斎晩年の著作です。

 11月26日(土)12時〜15時  ① 衛霊公篇・4 ② 『童子問』上

 資料は当日配布します。

 会場: rengoDMS(連合設計社市谷建築事務所)JR飯田橋駅西口から徒歩5分


 ■津田・国民思想論・1の2                  子安宣邦

「民族」という始まり・2 「民族」概念の成立        

 

民族(ピープル)とは、あらかじめ国家機構のなかに存在し、この国家を他の諸国家との対立関係において「自分のもの」として認知するような、そのような想像の共同体である。

        エティエンヌ・バリバール「国民形態の創出」[1]

 

2「民族」概念の成立

1)「民族」という語・1

 「民族」という概念の成立とともに、この「民族」を「始まり」としたもう一つの「日本」の文化史・芸術史・文学史などが成立することをいった。そのことはわれわれにおける「民族」概念の成立以前には、この「日本」についてのもう一つの別の語りがあったことを意味する。私はすでにサンソムの「混合型」というべき文明史をもう一つの語りとして見た。ここでは竹越与三郎の『二千五百年史』から興味ある一節を引いておきたい。

「而して日本国民は其の初に於て支那文明の代表たる象形文字を以て、国民的言語とせずしてフヰニシヤ人が貿易によりて世界の民に交通せるより、各国の言語を写さんとして発明せる声音文字の文明に傾きて、自然に「いろは」四十七文字を生じて、国民的言語を成すに至りしを見れば、また以て太古日本の沿岸に於ける人種競争の結果は、支那人種の勝利とならずして、南島を経由したる人種の勝利となりし遺証と云ふべき乎。」[2]

 このような日本の文明史的な始まりの記述は、やがて「民族」概念の成立とともに始まる「日本」という民族的同一性の記述によって覆い隠されてしまう。事実、竹越の『二千五百年史』は大東亜戦争勃発の前夜、昭和15年に発売禁止の処置を受けることになる。ところで竹越が『二千五百年史』を書いていった明治の20年代には「民族」という概念は成立していない。少なくとも当時の日本の論説家の言説上にそれは使用されるものとしてはなかった。この語が一般的な言説上に使用される時期は、普通に考えられているよりはるかに遅い。辞書的に「民族」という語彙の成立を探ってみると、この語彙の国語辞典上への登場は明治末年という時期だとみなされるのだ。近代漢語語彙の明治における成立を辞典類によって検証することは、大図書館や充実した研究施設から全く離れてしまっている私などにはほとんど不可能に近い作業である。私のした検証[3]は限定された資料、辞典類による推定であり、その推定の正しさを強く主張できるものではない。だが明治末年のさまざまな言説資料を通して見れば、私の推定に大きな間違いはないと思っている。

 明治期の代表的国語辞典というよりは国策的に編集された国語辞典『言海』(1889−91年刊)によって見てみよう。私が見るのは明治37年(1901)改訂版『言海』である。そこには「民族」の語彙はない。ただ「人種」の語彙はあり、そこでは「人の種類、人の骨格、膚色、言語などの、(ほぼ)、一類なるを一大部として、世界の人民を若干に類別する称。亜細亜人種、欧羅巴人種」と説明されている。もちろん「人民」の語はあり、それには「タミ、クニタミ」という訓みによる説明がなされている。

 明治の国語辞典『言海』はその後、長期にわたる増補訂正作業を経て昭和期に『大言海』(1932−37年刊)として再刊される。そこには「民族」の語は次のような説明とともにあり、「民族」ははっきりとした近代的な概念として成立したことを示している。

「みんぞく「民族」=人民の種族。国を成せる人民の言語、精神感情、歴史の関係などの、共通に基づく団結。異人種、合して成るもあり、一人種中に分立するもあり。」

 ただこの「民族」という語に加えられた説明は、近代的「ネイション」概念の正確な翻訳的説明というべきもので、このような概念として「民族」は明治末年の日本に成立してきたわけではない。むしろ「民族」という語彙の成り立ちを説明する「人民の種族」という語が日本における「民族」概念の特質を告げているように思われる、

 明治における「民族」概念の成立を追いかけていた時期に『日本品詞辞典』を古書展で見つけた。それは品詞毎に日本語語彙を五十音順にその訓みにしたがって配列し、その漢字と意義あるいは同義語を記した袖珍版の辞典である。著者は佐村八郎で明治42年(1908)に六合館から刊行されたものである。それを見ると「民族」の語彙は「民心」「民人」「民籍」「民選」「民俗」などとともにはっきりと採録されている。そして「民族」の同義語として「民種」が挙げられている。このことは「民族」が採録さるべき日本語名詞としてすでにその時期にあったことを意味するだろう。それとともに「民種」が同義語として挙げられていることは、「民族」は「民種」とともに「人民の種族」から生まれたものであることを教えている。『大言海』が「民族」をまず「人民の種族」と敷衍するのは、むしろその語の成立の由来をいうものであった。恐らく「ネイション」の訳語としてまず「人民の種族」があったのではないか。これからより適切な翻訳漢語として「民族」「民種」が生まれたのではないか。だがこの人種的色彩の濃い「民族」概念は明治末年にいたるまで「国民」概念を斥けるほどの力をもつことはなかった。高山樗牛の明治31年(1898)の論説「日本主義を賛す」を見ると「民族」の語をすでに用いながらも、正しく「ネイション」を「国民」の語をもっていっている。

「宗教は今日多数の宗教徒が盲信する如く、啻に決して人類の先天性たるを必とするものに非ざるのみならず、夫の宗教的民族と称する者も、智識の進捗と共に漸く其迷信を擺脱し、超自然的信仰に代ふるに、実践道徳の原理を以てせむとするは、今日世界文化の大勢なり。況してや、我国民は由来宗教的民族に非ざるなり。三千年の文物歴史は、明かに之を証して殆ど余蘊なし。夫の外教を拉致して偏に之を強ゆるものの如きは、徒に性に戻り、情に違ひ、その結果たまたま国家の発達進歩を沮害するに終らむのみ。吾等は各国国民は其性質に随うて、亦其発達の制約を殊にすべきものあるを確信す。」[4]

 

2)「民族」という語・2

「ネイション」の訳語として「民族」が人種的な概念として明治日本に成立してくることについて、「人民の種族」からの「民種」とともに成立するという翻訳語の由来によって私はいってきた。だがマルクス主義系政治学者の鈴木安蔵はドイツの政治学・国家学の翻訳的導入による成立をいっている[5]

近代日本における政治的、社会的用語の殆どは先進ヨーロッパからの翻訳的転移として成立するのであり、固有漢語とみなされている多くの用語が翻訳語として再構成された近代漢語であることに気づかされるのである。「民族」という漢語もそうである。日本における「民族」概念の成立に深く関わったものとして鈴木はドイツの政治学者ブルンチュリー(Johan Kaspar Blunschli)の『国家論』の翻訳(1889年)と東京大学で講じた同じドイツの政治学者ラートゲン(Karl Rathgen)の『政治学』(上巻「国家論」)の翻訳(1891年)とを挙げている。ブルンチュリーの『国家論』第二巻「国民及国土」で「族民Nation」と「国民Volk」とを定義している箇所はこう訳されている。

「族民トハ種族ヲ相同クスル一定ノ民衆ヲ謂ヒ、国民トハ同国土内ニ居住スル一定ノ民衆ヲ謂フ。故ニ一族民ニシテ数多ノ国家ニ分裂シ、国家ニシテ数種ノ族民ヲ併有スベシト雖モ国民ハ則チ然ラズ。」

 またラートゲンの『政治学』の第三章「社会的要素」で「族民」と「国民」とを論じた箇所はこう訳されている。

「族民ト国民トハ其ノ名義相似テ而シテ其ノ意義同ジカラズ。族民トハ種族ヲ同フスル一定ノ民衆ヲ云ヒ、国民トハ同国内ニ住居スル一定ノ民衆ヲ云フ、族民ハ人種学上ノ意義ニシテ法人ノ資格ヲ有セズ、国民ハ法律上ノ意義ニシテ法人ノ資格ヲ有ス。」

 いずれも「ネイション」を「種族を同じくする一定の民衆」をいうとし、それに「族民」の訳語を与えている。われわれはここで「ネイション」が「人種」概念との結びつきを強くもった種族概念として定義され、それが「族民」の語をもって訳出されたことに注意すべきだろう。すでにラートゲンは「族民」を「人種学上の意義」をもって規定しているのである。とすれば「人民の種族」を「民族」とする明治日本における種族的「民族」概念は、ドイツ系政治学における「民族(ネイション)」概念の系譜を引くものだといえるだろう。

 ホブズボームは1870年〜1918年のヨーロッパにおけるナショナリズムの変容を記して、「エスニシティーと言語がネイションでありうることの中心的意義を持つように」[6]なったことをいっている。19世紀後期ヨーロッパを席巻するこのエスニックな「ネイション」概念は、ナショナリズムとともに明治日本に転移されるのである。ブルンチュリーとラートゲンの故国ドイツは、1871年にプロイセンを盟主としてドイツ帝国として統一される。20世紀の帝国日本は帝国ドイツと「民族」概念を共有するとともに、国家の運命をも共にしていったといえるだろう。

 

3)「帝国主義」時代と「民族」概念

 ホブズボームがエスニックな「ネイション」概念の席巻するヨーロッパを言ったその時代、19世紀末から20世紀の第一次大戦後にかけての時代、明治日本が世界的な戦争をなしうる国家になっていったその時代の変化を山路愛山もまたいっている。愛山は「余が所謂帝国主義」(明治36、1903年)で人種主義的ナショナリズムが横溢する時代への世界の変化をいっている。

「昔は羅馬教会は其信仰を以てラテン人種とチュートン人種とを結合したりき。今や然らず、各の人種は自己の同族を団結し、其力に依りて世界に於ける自己の生存を主張するは恰も神聖なる義務なりと感ずるものの如く然り。今の国家は固より種族の別名に非ず。一の国家にして多くの種族を統御するものあり、一の種族にして多くの国家に分るるものありと雖も、大勢の趨く所は一種族を以て直ちに一国家を為さんとするに在り。・・・余輩は激烈なる人種的競争は実に今後に於て生ずべき一偉観なるべしと信ず。」[7]

 日露の開戦を前にして非戦論を唱える内村鑑三に向けて「余は如何にして帝国主義者たるか」をいう山路愛山は、世界の各国は人種主義的に国民の団結を強めて相互に争う帝国主義時代に入りつつあることをいう。愛山は帝国主義を避けることなく国民的団結の手段にすべきことをいうのである。日本の最初の帝国主義的戦争である日露戦争を前にして展開される〈国民的結集の手段としての帝国主義〉の言説は、この時期こそ人種主義的「民族」概念の成立の時期でもあったことを教えている。

 異質を排除しながら、人種的であるとともに、文化的、言語的な同一性をもった集合体としての「民族」が、帝国主義時代の「国民」の再結集を可能にする概念として要請されたのである。それは近代日本の国家的創成時から存在した概念ではない。日本が帝国主義的段階に入る20世紀に、分裂を深めていく国民の国家的再統合をもたらすものとして要請され、構成された概念である。

 エティエンヌ・バリバールが「国民国家によって創出された共同体を虚構的エスニシティ(ethnicite fictive)とよぶことにする」といっている。彼がここで「虚構的エスニシティ」といっているのが、20世紀の日本で構成される種族的「民族」概念である。「いかなる国民(ネイション)も生まれながらにそのエスニック的基礎を備えているのではない。そうではなく、諸社会構成体が国民化(ナショナライズ)するに応じて、諸社会構成体に包摂されている住民ーー諸社会構成体のあいだに分けられ、かつそれらによって支配される住民ーーが「エスニック化」するのである。言い換えれば、諸社会構成体の国民化に応じて、そこに包摂されている住民は過去においても将来においても、あたかも彼らが自然的共同体を形成し、個人的および社会的条件を超越するような、起源・文化・利害の同一性を自然に備えているかのように再表現されるのである。」[8]ここには20世紀日本における「民族」概念の成立をめぐるすべてのことがいわれている。

 

 最初の世界戦というべき日露戦争を通じて20世紀の帝国主義時代アジアの大国の位置を占めていく日本が必要としたのは、国民の再統合を可能にする理念、日本人という同一性を保証する理念である。「日本民族」という「虚構的エスニシティ」はこのように呼び出され、このように「日本・日本人」の〈始まり〉の語りを構成していく。明治末年に呼び出され、大正に言説化された「日本民族」概念は、昭和の全体主義国家のイデオロギー的中枢の位置を占めていくのである。

 津田が『我が国民思想の研究 貴族文学の時代』の冒頭でいった「東海の波の上に我々の民族が住んでいる」という言葉は、津田のこの著述が大正における「民族」概念の歴史的言説化の最初で、しかも最大の事例であることを教えているようだ。たしかに津田は大正という時代の始まりから、国民的再統合の要請を深く聞き取っていたであろう。大正5年から10年にいたるわずか五年の間に『我が国民思想の研究』四巻を刊行させていった津田を動かしたものは何であったのか。〈国民的危機〉が津田の根底に感じ取られてあったのではないか。津田の国民主義(ナショナリズム)とは何か。

 津田の「民族」を始まりとする言説は帝国主義時代の言説として、排他的な民族主義的な特質を津田の歴史的な言説はもっている。だが津田の「民族」をいう言説は昭和の全体主義を構成するものとはならなかった。むしろ昭和の全体主義によって禁圧される言説であった。それは津田の言説構成の何に由来することであるのか。

 津田の「民族」をもって始まる『我が国民思想の研究』についての私の検証は、これらの問いから始まる。

 

 



[1] バリバール/ウォーラーステイン『人種 国民 階級ー揺らぐアイデンティティ』若森章孝他訳、大村書店、1995。

[2] 竹越与三郎『二千五百年史』明治9年(1896)。私が見ているのは明治41年(1908)の訂正18版(開拓社)である。昭和15年に発売禁止にされた。

[3] 私のした検証については私の論文「「日本民族」概念のアルケオロジー ー「民族」・「日本民族」概念の成立」を参照されたい。子安『日本ナショナリズムの成立』(白澤社、2007)所収。ここで記すこともこの論文の要約である。

[4] 高山樗牛「日本主義を賛す」『明治思想集Ⅱ』松本三之介編、近代日本思想大系31、筑摩書房。

[5] 鈴木安蔵「明治前期における民族主義的思潮及び民族論」『日本民族論』(民族科学大系)帝国書院、1943.

[6] E.J.ホブズボーム『ナショナリズムの現在』浜林正夫訳、大月書店、2001.

[7] 山路愛山「余が所謂帝国主義」『愛山文集』民友社、1917.

[8] エティエンヌ・バリバール「国民形態の創出ー歴史とイデオロギー」前掲『人種 国民 階級』所収。

このページのトップヘ