子安宣邦のブログ -思想史の仕事場からのメッセージ-

「賢者は乱世を去る」という思想                子安宣邦                           

『論語』憲問篇に次のような章がある。子曰く、賢者は世を辟(さ)く。その次は地を辟く。その次は色を辟く。その次は言を辟く。」私はこれをこう現代語訳した。「孔子がこういわれた。賢者は無道の世を避け、身を隠すものである。それに次ぐものは乱れた邦を去るものである。さらにそれに次ぐものは礼の廃れた宮廷を去るものである。そして終わりは不善の言を発する主君を去るものである。」

孔子が魯を去って衛に亡命するのが56歳の時である。だが彼は政治世界から隠退したわけではない。自らの政治理想の実現の場を求めた孔子の諸国巡遊の旅はそれから始まるのである。衛から曹・宋・鄭・陳・衛・陳・蔡・楚・衛を巡遊すること14年であった。最後に魯の故地に帰った孔子は69歳であった。孔子には現実の政治世界とのかかわりを絶って隠棲するという隠者的進退のあり方はなかった。

だが孔子には、「危邦には入らず、危邦には居らず。天下道有れば則ち見(あらわ)れ、天下道無きときは則ち隠る」(泰伯一三)という言葉に見うるような乱世にあえて踏み込んだりせずに身を隠すことの方がむしろ君子であるという思想がある。冒頭に引いた憲問篇の孔子の言葉もそれを現している。

だが「天下道有れば則ち(あらわ)れ、天下道無きときは則ち隠る」という危機対処のあり方はわれわれには分かりにくい。それはただ危機からの日和見主義的な逃亡としてしかみなされない。われわれには亡命とか、あるいは内部亡命的に隠棲することがとりうる一つの政治的態度であるというような〈亡命の思想〉がないからであろう。私はそれとともに、「乱世を去り、乱邦を去り、乱君を去る」ことを毅然としていいうるところに〈自立的な言説者〉を発見する。ここには乱世と乱邦と乱君と対等に立つ〈自立的な言説者〉孔子がいるのである。現代の『論語』の解釈者たちはこのような孔子を発見することはない。質の悪い現代語訳の例として吉川幸次郎の訳をあげておこう。

「もっともすぐれた人物は、その時代全体から逃避する。その次の人物は、ある地域から逃避して他の地域にゆく。その次の人物は、相手の顔色を見て逃避し、その次の人物は、相手の言葉をきいて、それから逃避する。

なににしても、逃避、隠遁についての教えであり、突如としてあらわれる感じをまぬがれない。しかし孔子は、がむしゃらな理想主義者でなく、人間はさまざまな環境に遭遇することを、よく心得ていたから、不幸な環境にいる場合の教えとして、こういう言葉をも吐きそうにも思える。」(吉川『論語』)

[この憲問篇の章を含む『論語』講義を今週末28日(土)に論語塾でいたします。]

 論語塾・日時:5月28日(土)12時〜15時

   会場: rengoDMS(連合設計社市谷建築事務所)JR飯田橋駅西口から徒歩5

 

「思想史講座」のお知らせー5月のご案内           子安宣邦

*思想史講座ー「江戸思想」と「昭和思想」を読む

 だれでも。いつからでも聴講できる思想史講座です。
 前期(4月〜9月)は「江戸思想」を、後期(10月〜2月)は「昭和思想」を読みます。

福沢諭吉は明治の変革に際し、「一身にして二生を経るが如し」といいました。これは明治維新を文明論的転換の体験としていったものです。しかし明治維新を文明論的転換としていうとき、その転換は非文明的な前近代社会から文明的な近代社会への転換として理解され、自覚されることになります。福沢だけではない。多くの日本人における明治の変革の体験とは、そうした文明論的な転換の体験であったように思われます。だが昭和の日本人にも継承されてきたこの文明論的転換の自覚は、はたして日本の近代を文化的、精神的に豊かにしたでしょうか。維新を文明論的転換として見るとき前近代として否定的に見られる江戸時代はむしろ知的、文化的に一つの成熟に達した時代です。この江戸を否定的にしか継承しない日本近代は自らを貧しくさせていると思わざるをえません。精神的にいよいよ貧しい現代日本にあって、己れ自身を豊かにするものとして、「一身にして二生を経る」体験をもう一度、受け身ではなく積極的に追体験してみようではありませんか。これが思想史講座で「江戸思想」を読む理由です。

江戸時代は人びとが儒学者、儒家思想家として社会的に存立し始めた時代です。近世儒家の存立のあり方を中江藤樹、熊沢蕃山、伊藤仁斎についてまず考えてみたいと思います。講座の各回ごとのテーマはその都度ご案内いたします。

*大阪教室:懐徳堂研究会
5月21日(土)・13時〜15時
「江戸思想」を読む・2:「熊沢蕃山ー「士の学」としての儒学の位相」
会場:梅田アプローズタワー・14階1404会議室


東京教室:昭和思想史研究会
5月14日(土)・13時〜16時
「江戸思想」を読む・2:「熊沢蕃山ー「士の学」としての儒学の位相」
会場:会場:早稲田大学14号館1054教室

  

*参考文献:一応、熊沢蕃山『集義和書』(日本思想大系)を挙げておきますが。強いて読む必要はありません。

 

論語塾―伊藤仁斎とともに『論語』を読む

『論語』はどこからでも新しく読むことができます。
 途中からでも自由にご参会ください。
『論語』とともに、伊藤仁斎の『童子問』を読みます。
『童子問』は日本近世最高の思想書とみなされる仁斎晩年の著作です。

 5月28日(土)12時〜15時  ① 憲問篇・6 ② 『 童子問』上

 資料は当日配布します。『童子問』のテキストも用意いたします。
なお岩波文庫に『童子問』はありますが、古書でしか入手できません。

 会場: rengoDMS(連合設計社市谷建築事務所)JR飯田橋駅西口から徒歩5分


もう一つのフランスー野沢協氏追悼        子安宣邦

 

ピエール・ベール著作集の個人全訳を成し遂げた野沢協さんが亡くなったのは昨年11月18日であった。私はその死を知らなかった。東大の仏文時代の旧友松原雅典からの年賀状によってはじめて私は彼の死を知った。なぜ私はその死を知らなかったのか。ほとんど新聞の見出しを眺める程度で、記事の中味を読みもしなくなったせいなのか。あるいは腰痛と高血圧に悩まされ、もっぱら自己への配慮に昨年中深入りしていたせいなのか。この忘れがたい人の死を私は知らずにいたのである。

仏文科の先輩である野沢さんから声を掛けられ、近づきになり、時には沢崎浩平らとともに彼の立派な書斎にまであがりこみ、夜を通して話をしたりしたのは1954年のことであったか、55年のことであったかはっきりしない。それは半世紀をこえる時の隔たりのせいだけではない。私は自分のキャリアーから仏文科時代を消し去ってきた。その時代のことをあえて語ることはなかった。野沢さんとの出会いがいつであったか不確かなのはそれゆえである。

1953年に仏文科に進学した私はすでに平和運動の活動家になっていた。その翌年の五月祭で原水爆禁止の署名運動をした私たちは戒告処分を受けた。私も研究室に呼び出され、主任教授渡辺一夫から戒告処分を言い渡された。私はそれ以来教室に出ることはなかった。私たち大学を離れた活動家たちはスターリン批判からハンガリー動乱(1956年)という世界史的転換の過程をマイナーな形でそれぞれに体験していった。私が余儀なく教室にもどったのは56年であった。その翌年に私はどうにか仏文科を卒業した。それ以来この仏文科時代を自分から語ることをしていない。野沢さんの死を聞くことがなければ、私はこのような回想を書くことさえしなかったはずである。

この一月、野沢さんの死を知らされたとき、野沢さんとの邂逅とはあの時代の消し去ることのできない、消し去ってはならない唯一の記憶であることを思い知ったのである。彼は仏文科で居場所のない私などに声を掛け、ただ向こう意気だけの話の相手になってくれたりした。野沢さんはわずか三つ年上の先輩であったが、ガラス書棚一杯にフランス17,8世紀の思想文献資料を集めて、すでに若手専門家の風をなしていた。だが彼は決して教師風に語ることはなかった。むしろ私たちの話の聞き手に廻ることの方が多かった。しかしそのような付き合いを通じて私はいつしかピエール・ベールから、ドルバック、エルヴェシュース、そしてディドロにいたるフランス啓蒙思想家たち、あるいは懐疑主義的批判哲学の継承者たちの名前や仕事を知るようになっていったのである。

野沢さんは東大仏文科のフランス、すなわち象徴主義と小林秀雄たちのフランスとは別のもう一つのフランスがあることを私に教えたのである。私は東大仏文科のキャリアーとともに、そのフランスを消し去ろうとしてきた。だが野沢さんの死は、私の中に消し去ることのできない、消し去ってはならない大事な記憶として彼が伝えたもう一つのフランスがあることを教えたのである。

鳥井博郎は戦前の唯物論研究会のメンバーで三枝博音の「日本哲学全書」の編集に協力し、戦後明治思想史などを研究し、昭和28年に41歳の若さで死去した。その鳥井の著書に『ディドローフランス啓蒙思想への一研究』がある。戦中になされた彼の研究であろう。戦後すぐの23年4月に国土社から刊行された。私は恐らく野沢さんに教えられてこの書をディドロについての卒論を書く際に読んだのであろう。この書を私はずっと捨てずにもっている。野沢さん回想の文章を書きながら、この書を開いてみた。鳥井はピエール・ベールの懐疑主義についてこう書いている。

「彼の懐疑主義は底知れぬほど気味の悪いものを持っている。デカルトは最も確実なものを求めるための所謂方法的な懐疑に止まったし、又新しい真理の体系を樹てるまで「暫定的道徳」に頼ることを決心した。然しベイルはこういう便宜的な手段には頼らない。彼の意図するところは一切の既成的なものの隅々まで懐疑の眼を向けさせ、固結した一切の旧観念を一度は完全に解体させることにあったのである。」

これはベールの影響を最も大きく受けたアンシクロペヂストたちをもその前でたちどまらせ、自らを区別させざるをえなかったベールの徹底的な懐疑主義である。私がいま野沢さんとともに回想し、21世紀的世界の中で読み直したいとおもっているのは、このベールの徹底的な懐疑主義哲学である。それはベール著作集の個人全訳を終えて逝った野沢さんの遺志でもあるだろう。
[野沢協先生を偲ぶ会が今日4月30日、東京市ヶ谷の私学会館で開催された。東大仏文科時代の野沢さんを知るものとして、わずかに生き残る私に偲ぶ会での発言の役が回ってきた。昨日、大急ぎでこの回想の文章を書きあげた。今日会場で60年前の面影を残している野沢さんの遺影を見て私は安心した。]
 

 

 

 

このページのトップヘ