子安宣邦のブログ -思想史の仕事場からのメッセージ-

「邦に道なし」                  子安宣邦

ミュンヘンのホーエンツォレルン通りを見下ろす一室に着いて一週間がたった。この部屋で私はもっぱら仁斎『論語古義』の現代語訳原稿の整理に励んでいる。「公冶長」と「雍也」の二篇の原稿整理を終えた。日本でやったら二月も三月もかかる仕事を一週間で終えることができた。空間的に自分を日本から隔離しても、ネットは通じている。「道なき邦」の情報は容赦なく私のパソコンに流れ込んでくる。そのことは私の仁斎による『論語』解読作業を妨げることにはならない。むしろ私の『論語』解読作業の動機をいっそう強めるものでもある。私の『論語』を読む作業は「道なき邦」への思想的対抗作業でもあるのだ。

孔子は「道なき邦」を去ることをしばしばいう。「道行われず。桴(いかだ)に乗りて海に浮かばん」(公冶長)といい、「邦に道なきに、富みて且つ貴きは恥なり」(泰伯)といい、「邦に道あるときは則ち知、邦に道無きときは則ち愚(邦に道あるときには知者として行動し、邦に道なきときには愚者として振る舞う)」(公冶長)などという。

ここには春秋戦国という乱世に諸国を巡遊する教説家としてあった孔子の生き方がある。だが私がいまこれらの孔子の言葉に注目するのはその生き方においてではない。私が注目するのは「有道」「無道」という国家評価のあり方についてだ。孔子は「道なき国」を棄てたのである。「国家」よりも重く、貴いのは「道」であった。そういえば、「道」の教説家である儒家として、それは当然の言説だと人はいうかもしれない。だがこれを当然とするのは、儒家というものの成立以降の後世的立場によってである。われわれが今注目すべきなのは、「道」が国家よりも、その支配者よりも優先する第一のものであることをいった最初の言説が孔子に成立したことである。私は「国家」が「民族」が優先する現代から驚きをもって孔子の「道」の言説を再発見する。彼は「道なき国」を見捨てたのである。

「道」とは何か。それは人間世界がそれをもって成立する地盤であり、それに由ることで人間が人間でありうる大路である。この「道」のない国家は国家ではなかった。孔子は「道なき国」で地位をえて富み、栄えることを恥としたのである。

われわれの国の政治家にとって「国家」すなわち「日本」に優先するものは何もない。ただひたすら「日本」をいうこととは「道なき国」の自己主張であり、自己証明でしかない。私はこの「道なき国」への対抗として『論語』の解読作業を進めている。

(16年8月5日)

「美しい日本」と相模原の反人間的テロ行為     子安宣邦

 

26日未明に相模原の障害者施設で起きた殺人事件は、世界各地で頻発している政治的テロ事件よりもさらに重大で深刻な反人間的なテロ行為である。重度障害者などは「いなくなればいい」と、その抹殺を意図したこの殺人事件は、弱者、障害者を含み込み、彼らを支えながら社会生活を成立させている人間社会に対するテロ行為である。これはもっとも悪質な反人間的なテロ行為である。

この事件を犯人の身勝手な思い込みといった個人的心理的動機に還元しては決してならない。日本の現代社会がこのような反人間的なテロ行為を生み出すようなものとしてある、そのことをこそわれわれは深刻に考えねばならない。

安倍政権という反人類史的な歴史修正主義者の政権が成立して以来、日本社会における反知性主義の瀰漫がいわれている。だがむしろ日本社会は安倍政権とともに道徳的に甚だしく劣化したのではないか。安倍と日本会議がいう「美しい日本」とは、ナチスの優生学的な民族主義的スローガンと同様な、経済的・政治的・民族的・社会的、そして身体的な強者のためのスローガンである。まさしく相模原の反人間的テロ行為の実行者は“beautiful Japan”をツイッターに書き込んであの犯行に及んだというではないか。

 (16年7月27日)

情況的発言:安倍と「日本会議」をめぐる2題

 

「9条は日本人の文化だ」—この質の悪い寝言   子安宣邦

 

憲法の第9条はすでに日本人の無意識に根差す「文化」なのだから、安倍らによるこの改正の企図は挫折せざるをえないという、きわめて耳障りな寝言が朝日新聞(6月14日)の一面全部を埋めた。この質の悪い柄谷行人の寝言をさらに増幅して伝える朝日新聞とは一体何なのか。この新聞とおさらばすべき時期が来たようだ。

「9条は日本人の文化だ」という言葉の向こう側から「伊勢は日本人の文化」だという言葉が私には聞こえてくる。安倍がサミットに集う世界の領袖たちを「日本文化の聖なる中心・伊勢」に案内し、大神宮の前に立たせたのはまさに世界史的な事件だといっていい。安倍らによる脱憲法的な事態はここまできているのである。

アメリカの大統領が、イギリスの首相が五十鈴川を渡ることを予想しただろうか。私には予想しえなかった。だが仮に予想することができても、私はそれに反対し、反対運動を起こすことができたか。できない。すでに伊勢は復活し、日々に訪れる数千数万の参拝客が「日本文化の神聖な中心・伊勢」を創り出しているのだから。

安倍と「日本会議」による脱憲法的、違憲的事態は国民に浸透しながら、ここまできているのである。それは安保法制による軍事的国家化、伊勢・靖国の国家神道的復活、教育内容についての国家的介入、隠微に進められる言論統制などなど。そして国家の軍事化の代償は社会的格差の増大と貧困層の切り捨て、社会保障体系の崩壊である。

9条を含む法文的改訂としての改憲の具体的提起は安倍と「日本会議」による日本の全体主義化の最後の仕上げともいいうることだ。だがそのときこの企図をだれが打破するのか。国民か。われわれはいま「9条は日本人の文化だ」といった寝言をいっている時ではない。私は昭和の全体主義の中で育ってきた。だから私は「全体主義化し、喝采する日本人」を知っていても、「喝采しない日本人」を十分には知らない。われわれはこの全体主義化への抵抗のなかでもう一つの日本人(喝采しない日本人)であることを証明するしかない。このもう一つの日本人であることの証明として、9条は初めてわれわれのものになるのである。それは決してすでに日本人の文化になっていたりするものではない。

(16年6月15日)

 

 

 

「日本会議」はまだ自分の作った大衆をしか掴んでいない

 

「天皇退位」問題で大騒ぎしてはならない。大騒ぎして21世紀の天皇制を創り出すような愚をわれわれは犯してはならない。無関心でいよ。無関心であることが天皇にとっても、日本人にとってももっともよいことだ。降って涌いた天皇問題が、われわれがいま徹底して考えるべき深重な問題を隠してしまう。われわれが直面すべき問題とは、すでに改憲の戦略的・戦術的日程を立てうるような改憲派の勝利をもたらした参院選をめぐる問題である。

与党側3分の2を支えた投票者は改憲のために投じたわけではない。野党側3分の1を支える投票者が主として護憲のために投じたこととそれは著しい対照をなしている。このことから私のいいたいことは、安保法制に反対し、9条護持をいう平和主義が日本の生活者をとらえているかということである。国益と民族感情をもって「前進」を高唱する安倍に対抗しうるような政治性も政治戦略も、反改憲をいう以外に野党側にはなかった。その野党が3分の1を保ち得たのは国民の憲法意識のお蔭である。だがその憲法意識に頼るだけでは安倍を喜ばすことにしかならないのではないか。この続きはまた書きます。

(16年7月14日)

 

その続きを書くと予告しながら、書きあぐねていた。悲観的な文字をただ書き連ねる気はなかった。ともあれ「日本会議」を読むことで続章への糸口をつかむことを私は考えた。昨日『日本会議の研究』(菅野完)を読んだ、あるいは読み飛ばした。これを読んで私は「日本会議」に恐れと驚きとをもつとともに、「日本会議」というものの徹底した擬似性(いんちき性)をも知ったのである。

「日本会議」を作った男椛島有三が率いる日本青年協議会の機関誌『祖国と青年』(2015年4月号)に連載されている漫画「憲法の時間です!」の一コマに「憲法改正まであと四百八十日」と書かれているという。菅野はこれを日本青年協議会による「改憲のカウントダウン」だというのである。480日後とは2016年7月25日、すなわち参議院議員任期満了日である。

実際に7月10日の参院選の結果、改憲勢力は衆参両院の3分の2を占めることになった。安倍による「改憲のカウントダウン」は現実のものになったのである。私にとってこれが恐れに似た驚きであるのは、この実現過程を予測し、その実現に向けて多面的に、有効に動く組織・機関が政権の背後に厳然と存在していたという事実である。

「改憲」とは安倍とその背後の「日本会議」の戦略目標である。だが彼らは「美しい日本」と同義の「憲法」の制定をいうだけで、何をどう改正するのかをいわない。彼らが作っている「美しい日本の憲法を作る国民の会」という組織名がいう通りである。そしてこれらはすべて「日本会議」とその遂行的中心の思惑通りであり、思惑通りに進んでいるのである。

伊勢の五十鈴川を渡り日々に皇大神宮に詣でる数千の日本人に憲法9条の改正の可否を問えば、その多くは改正に反対だと答えるであろう。その反対と答えたものがこの参院選で反改憲の野党に票を投じただろうか。恐らく逆だろう。彼らは「美しい日本」の側に票を投じたのである。あの参院選の結果もこの延長上に考えることができる。

『日本会議の研究』はこの参院選の勝利すなわち「改選のカウントダウン」に向けて組まれた周到な運動の実際を教えてくれる。この本の帯にはこう書かれている。「80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」によって日本の民主主義は殺されるだろう」と。著者が書いたのか、編集者によるものであるのかは知らない。しかしこれは衝撃的な文章である。もしこれが本当なら、議会主義的に議会を壟断していったナチズムの台頭と同じことが安倍・日本会議によって意図され、実現されていることになるだろう。

だが私がこの書によって読んだのは、「愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道」とその帯が称する運動の擬似性(いんちき性)である。彼らは「美しい日本」というナショナルな理念的目標を掲げた運動そのものが作り出した大衆をしかその基盤にもっていないのである。生活的要求をもった生活者が彼ら「美しい日本」のイデオローグを決して必要としているのではない。このことこそ反改憲・反安倍のわれわれの運動の再建への希望を見出しうる理由をなすものである。

われわれの運動に希望を与えるような平和主義とは、21世紀世界におけるアジアと日本の生活者の安定と自立とにとって不可欠であるような平和主義でなければならない。それは9条護持をただ念仏のように唱えて、あたかも幻想の平和を描き続けるような平和主義ではない。私のいう平和主義とは沖縄の戦いも、反原発の戦いも、そして反貧困と社会的公正のための戦いも、自由と人権のための戦いも一つになった平和的日本とアジアのための戦いである。

(16年7月18日)

 

[この文章を書いた直後に私のパソコンが壊れてしまった。それとともにハードディスク上の多くの私の文章が失われた。早くブログ上に公表すべきであった。その反省から、フェイスブックに載せた文章をあらためてブログで公表することにした。]

このページのトップヘ